MEMORIZERS
- レンタル日記メモライズコミュニティ -
HOME 新規登録 | ログイン | random | mobile | RSS | 検索

新着日記
ランキング
共通テーマ

thehungersite.com

1月ランキングTOP3
1.zara's voice recorder
2.M&N放送局
3.本を読もう!!VIVA読書

ご登録はこちら


2006年:今年の十大ニュースアンケート終了しました。ありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。
投票結果

※デッドリンクにつきましてはこちら







※投稿を見るには各テーマのタイトルをクリックして下さい

投稿するには→こちらへ

新規テーマ作成依頼はこちら

ご意見、ご要望は掲示板






スポンサー広告:共通テーマスポンサーサイト (-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)

社会・政治:共通テーマ人権と安全保障 (103)

アメリカ同時多発テロ911以来、先進国間でも国家の安全保障が見直されています。人権問題との両立が難しい国家の安全保障問題。人権と安全保障についての意見を聞かせてください。
  1. 2006/05/22(月)

http://memorizer.blog11.fc2.com/tb.php/179-2e749030
(※ご投稿は1テーマにつき1日2件、トータルで1日5件まで。
同一記事の複数テーマへのご投稿はご遠慮ください)

志村建世のブログ
パレスチナの国連加盟を支持したい at 2011/09/25(日) 11:32:42
 パレスチナ自治政府が、国連に加盟申請書を提出し、アッバス議長の国連総会演説では、大多数の加盟国代表が立ち上がって熱烈な拍手を送ったという。アメリカの代表は苦りきった顔をし、日本の代表は着席のまま拍手だけはしたとのことだ。  この加盟申請は、手順と...

志村建世のブログ
廃炉かな(帰ろかな・替え歌) at 2011/07/02(土) 12:00:37
淋しくって言うんじゃないが 廃炉かな 廃炉かな 故郷の暮らしは おかげで全滅 だけどやっぱり 帰ってみたい 廃炉かな 廃炉はよそうかな 恋しくって言うんじゃないが 電気だな 便利だな 使い放題 電化生活 なんにも気にせず いい気でいたが 廃炉かな...

志村建世のブログ
放射能について、わかっていること at 2011/05/25(水) 11:55:13
 いま日本の全土は、放射能という目に見えないもののおかげで、沈うつな気分に覆われているように見えます。ネット上には、いろいろ極端な情報も流れていて、若い人は早く外国へ逃げろというものまでありました。政府が発表する安全基準への疑問や不信も強いようです...

志村建世のブログ
憲法記念日の平和広告 at 2011/05/10(火) 16:41:07
 一週間遅れましたが、憲法記念日の新聞全面広告です。ご存知の方も多いでしょうが、憲法記念日に、平和を求める市民の声を明らかにするために、全国紙などに全面広告を出しています。「市民意見広告運動」のホームページ http://www.ikenkoukoku.jp/ によると、200...

志村建世のブログ
核やめて 平和な地球 子や孫に at 2011/04/02(土) 11:38:28
しつこいようですが、大震災以来、他のテーマで書こうとしても身が入りません。 今ならまだ間に合います。 核を使うのをやめましょう。 核の研究は、純粋な学術分野に限ること。 原発は新設しないこと。 今ある原発は厳重に管理して、節電とエコ発電に合わせて順...

志村建世のブログ
沖縄県前島・非武装で命を守った島 at 2011/02/26(土) 10:43:53
 昨夜の老人党護憲+の例会の講師は、明大政経学部準教授・生方卓(すぐる)氏の前島についてのレポートでした。沖縄本島の西、慶良間諸島渡嘉敷村に属する前島は、学校の分校長と区...

志村建世のブログ
聞きたかった「総理の演説」とは at 2011/01/06(木) 15:58:00
 昨夜のブログをアップしてから、「菅さんの挨拶がいまいち物足りなかったとして、それではどんな話を聞きたかったのか」を夜になってから考えた。そこで気がついたのは、最大の不満は「アメリカ追随が止まらない」ことだということだった。その他にもいろいろ不満は...

志村建世のブログ
12月8日で思い出すこと at 2010/12/08(水) 15:56:53
 69年前のあの朝、私は小学校2年生だった。目を覚ますと、家の中が妙に騒がしかった。ふだん無口な長兄までが、興奮気味にしゃべっているのが聞こえた。着替えして居間へ行き「どうしたの」と聞くと、兄は「米英軍ト戦闘状態ニ入レリ」と、臨時ニュースの言葉を繰り...

志村建世のブログ
国後島は取り返したい at 2010/11/02(火) 11:40:57
 メドベージェフ大統領の国後島訪問により、北方領土問題は一段と厳しくなった。日本は一貫して「四島一括返還」を要求するというのだが、これは現実的なのだろうか。  1956年(昭和31)に、鳩山一郎首相はソ連との国交を回復させた。このときに調印されたのが「日...

志村建世のブログ
尖閣諸島の領有権とは at 2010/09/30(木) 12:10:28
(熊さん)いきり立ってた中国が、ちょっと落ち着いて正常化に向いてきたようですね。 (ご隠居)ああ、日中関係をぶち壊しては元も子もないからな。船長も取り戻したし、潮時と思ったんだろう。だがな、中国は何をやるかわからん国だという警戒感は、日本国内にだい...

志村建世のブログ
新宿西口、土曜午後6時をよろしく at 2010/09/26(日) 10:52:52
 新宿駅西口で、毎週土曜日午後5時からは駅前歩道で、6時から7時までは地下広場の西口交番前で行われている、自由参加のスタンディングがあります。私はこれに「一人でもデモ」と名づけて、昨年の春から参加するようになりました。個人が思い思いの「言いたいこと...

志村建世のブログ
「貧者の兵器とロボット兵器」を見る at 2010/09/06(月) 11:26:28
 昨夜のNHKハイビジョン特集「貧者の兵器とロボット兵器」を見ました。アフガニスタンで9年間も戦われている、タリバンとアメリカ軍による戦闘の「非対称性」を衝いたものです。その典型的な姿は、手製の爆薬を身につけて自爆攻撃するイスラム戦士と、ラスベガス...

志村建世のブログ
良い戦争の条件とは(3) at 2010/08/15(日) 13:08:56
 多くの国民を無意味に死なせて負ける「悪い戦争」を経験しなかったアメリカは、第二次世界大戦後もアメリカ流「良い戦争」の改良に力を注ぎました。朝鮮戦争は対日戦争の亜流で、物量の優勢により敵を圧倒する戦術でしたが、地続きの中国から増援した大軍の歩兵部隊...

志村建世のブログ
良い戦争の条件とは(1) at 2010/08/13(金) 09:37:11
 奇妙なタイトルと思われるでしょうが、近年に至るまで「戦争は絶対の悪である」とする思想は、世界で常に少数派でした。正義にのっとり、公明正大・人道的に戦って国益を守る戦争は、どこの国でも必要と考えられていました。その「良い戦争」の条件とは、何でしょう...

志村建世のブログ
北の海と南の海と嫌米と at 2010/07/26(月) 10:56:02
 今夜出かけて、車中前泊つき2泊3日の予定で29日まで、函館方面へ行ってきます。「かわぐち えいこう」さんのいる椴法華(とどほっけ)海岸とはどんなところなのか。国道278号線をレンタカーで走って見てきます。縄文時代にも人が住んでいたそうですが、現代では、...

志村建世のブログ
従順な国民の救われ方 at 2010/07/22(木) 12:02:15
 いま「うたのすけ」さんのブログで「山田風太郎の『戦中派不戦日記』を読む」が佳境に入っています。昭和20年8月15日、終戦の日前後の若者たちの悲憤慷慨がリアルに表現されていて、...

志村建世のブログ
辺野古の岬の海を at 2010/07/18(日) 08:29:43
(「千の風になって」の曲による) 辺野古の岬の海を 埋めないでください ここは珊瑚の楽園 基地なんか要りません 戦争を 戦争をするために あのきれいな海を 使わせるなんて 夏には日照りの中で 昔を思い出す 今も洞窟のなか 遺骨は横たわる 爆音と...

志村建世のブログ
「銃・病原菌・鉄」を読む(4) at 2010/06/24(木) 09:49:31
 著者が100年後にまたこのテーマで本を書くとしたら、タイトルを「銃・病原菌・鉄・そして資本」としなければならないでしょう。100年後の世界がどうなっているか、この本の研究を未来へ延長したら、私たちの日本はどうなっているでしょうか。これは、とても楽しい歴...

志村建世のブログ
文明は挑戦する at 2010/06/11(金) 11:14:39
 いまジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」(倉骨彰訳・草思社・上下巻)を、珍しく図書館から借りて読み始めています。地球上の各民族が、どのようにして異なる文明を築き今に至ったのかを、なるべく予断なしに客観的事実のみに基づいて解明しようとした文明...

志村建世のブログ
無人機攻撃大国アメリカ at 2010/06/09(水) 11:08:37
 以前から「マスコミに載らない海外記事」さんの努力などで紹介されていた、アメリカCIAの「遠隔操作による無人機攻撃で『危険人物』を殺害する手法」が、ついに国連の報告書とし...

志村建世のブログ
核の傘ならぬ「核の避雷針」だったという驚愕 at 2010/06/06(日) 11:43:12
 老人党メールマガジンで知らされた掲示板に、驚くべき書き込みがあったので紹介します。日本はアメリカの「核の傘」で守られているから安心だと思うのは虚構で、じつは全面核戦争を避けるための「警告攻撃」の標的に提供されていたというのです。アメリカ本土を守る...

志村建世のブログ
普天間流れてどこどこ行くの(替え歌) at 2010/05/11(火) 07:43:19
喜納昌吉の「花」の替え歌です。「普天間流れて」 普天間流れてどこどこ行くの 鳩も流れてどこまで落ちる そんな流れが止まるころには 基地として基地として閉じてあげたい 泣きなさい笑いなさい いつの日かいつの日か 基地をなくそうよ 基地は要らぬと...

志村建世のブログ
鳩ポッポの沖縄日帰り旅行 at 2010/05/05(水) 13:16:45
(熊さん)昨日の鳩山さんは、また大きくテレビに出てましたね。 (ご隠居)ああ、「沖縄にもご迷惑かけますがよろしく」なんて言うから、地元の期待とは完全にすれ違いだな。叱られに行ったようなもんだ。 (熊)地元の反対がわかってるのに、それしか言えないんで...

志村建世のブログ
普天間に五月晴れの日は来るか at 2010/04/22(木) 14:23:27
 昨日の国会での党首討論は、またもや普天間問題の押し問答に終始していた。今の日本には、それ以外の論ずべき問題は存在しないかのようだ。狙いは明らかで、夏の参議院選挙に向けて「鳩山おろし」の雰囲気を盛り上げたい一心から出ている。  沖縄が新しいアメリカ...

志村建世のブログ
日本の新聞もテレビも伝えないこと at 2010/04/06(火) 16:20:15
 一転して今日は明るい日差しです。確実に春は来てくれます。ありがたいことです。「マスコミに載らない海外記事」さんは、日本の新聞やテレビには決して出ない情報を、いつもトラックバックで知らせて下さいます。ありがたいことです。  なぜ日本では知らされない...

志村建世のブログ
ジェームズ・ブラッドリー氏の講演を聞く at 2010/03/30(火) 10:56:36
 「硫黄島の星条旗」の原著者、ブラッドリー氏の講演を、国際文化会館で聞きました。ブラッドリー氏は、有名な「海兵隊員が山頂に星条旗を立てている写真」の中央にいる兵士の子息です。国際文化会館は、...

志村建世のブログ
戦争を語り継ごう・西羽潔氏の最期 at 2010/02/19(金) 13:55:22
 「戦争を語り継ごう・リンク集」の主宰者であった西羽潔氏が亡くなられました。同名のメーリングリストを通して、ご本人の名で「病状が悪化して、もう投稿ができなくなりました」とのメ...

志村建世のブログ
ブログ連歌(116) at 2010/01/30(土) 22:21:32
2299 何故にまた 小さき命 親が断つ (うたのすけ) 2300  文明の世に 人心枯れて (建世) 2301 誰がために 金はあるらむ 金はなからむ (玉宗) 2302  足らざるは苦なり 余るは毒なり (建世) 2302B  ミ-には非ず ユ-にも非ず? (花てぼ) 230...

志村建世のブログ
安保50年・なぜ検証しないのか at 2010/01/21(木) 11:55:00
 政治資金の問題で国中がかかり切りになっている状態でも、国内外の問題は待ってくれない。あれほど大騒ぎしたインド洋の給油打ち切りも、ろくに話題にさえならなかった。「テロとの戦いの生命線」などと宣伝していたのは、いったい何だったのだろう。  日米安保50...

志村建世のブログ
日米同盟・なぜ全体像が見えないのか at 2010/01/10(日) 21:43:07
 連休にもかかわらず、平野官房長官は普天間基地の移転先を求めて視察の旅を続けていたようだ。その感想として「アメリカ海兵隊の抑止力ということも考えなければならない」という言葉がテレビから流れたので、おやおやと思った。いったい海兵隊の存在で何が抑止され...

志村建世のブログ
日米安保解消論 at 2010/01/08(金) 11:04:15
(熊さん)あの鳩山さんてぇのは、どんな人なんですかね。基地問題は5月まで先送りとか、おいら江戸っ子にはじれったくてしょうがありませんぜ。日米同盟ってやつが、そんなに重荷なんですかね。 (ご隠居)日米安全保障条約ってのがあるからな。今年は今の日米安保...

志村建世のブログ
無人機攻撃への憎悪 at 2009/12/17(木) 11:51:01
 「マスコミに載らない海外記事」さんからのトラックバックなどで以前から気になっていたのだが、アメリカ軍がバキスタンやアフガニスタンで行っている無人機によるピンポイ...

志村建世のブログ
明日、中野で九条ウォーク at 2009/11/27(金) 10:40:38
 「九条の会・中野」の主催で、明日28日土曜日、第10回「九条ウォーク」が行われます。午後2時頃に8つのコースから出発し、3時頃に中野駅北口、区役所前広場に参集する予定です。公式チラシ(10月に作られたもの)による呼びかけは、以下の通りです。  「民、...

志村建世のブログ
基地問題、沖縄鳥獣戯画編 at 2009/11/22(日) 16:06:56
 読谷の風、高江洲さんのブログに、基地問題を動物たちの討論会にした「鳥獣戯画」が、10月25日、

志村建世のブログ
日米同盟という思い込み at 2009/11/15(日) 20:12:51
 これまでに何度も書いてきたのだが、日米間に軍事同盟を結んだ条約は存在しない。それなのに新聞もテレビも「日米同盟」が動かし難い既成事実であるかのようなニュースを流しつづけている。事実は、2005年に確認された「日米同盟・未来のための変革と再編」という外...

志村建世のブログ
普天間移転、辺野古新基地反対デモ at 2009/11/08(日) 23:42:28
「鳩山とオマバにモノ申す!普天間基地を即時閉鎖し、辺野古新基地を断念せよ!」という集会とデモ行進に行ってきました。沖縄での県民集会に呼応しての行動です。 銀座裏の水谷公園が集合地でした。参加者数は、主催者発表で400人ということでしたが、労働団体の...

志村建世のブログ
一人でもデモで考えたこと at 2009/10/24(土) 23:27:21
 土曜日6時の新宿西口「一人でもデモ」に参加したのは、この3月からですから、早いもので、もう8ヶ月目になりました。最初に大木晴子さんが立ち始めたのは、アフガンでブッシュの「テロとの戦い」が始まってからということですから、もう8年前のことになるでしょ...

志村建世のブログ
渡辺治氏の憲法講座 at 2009/10/18(日) 15:11:42
九条の会・中野が主催する「憲法問題連続学習講座」のご案内です。 今回のテーマは「新しい政治状況下で どうなる憲法9条」です。 2009年10月29日(木) 午後6時開場 6時30分より8時45分まで 中野区立勤労福祉会館3F大会議室(JR中野駅南口より徒歩5分...

志村建世のブログ
小森陽一氏の講演を聞く at 2009/10/12(月) 21:57:43
 万葉九条の会主催の「文化のつどい」で、小森陽一氏の講演を聞いてきました。小森氏は九条の会の事務局長ですが、私はこの3月に清瀬で香川香子さんのお話を聞き、陽一氏との親子対談集「青...

志村建世のブログ
日米同盟は条約ではない at 2009/09/24(木) 11:52:56
 鳩山首相とオバマ大統領が会談して、双方で「日米同盟の強化」に合意したというのが大きなニュースになっている。やはりそうかと、がっかりした気分だったが、ふと気になって問題の「日米同盟・未来のための変革と再編」という文書の英文を見てみた。そこで今まで気...

志村建世のブログ
日米同盟の怪 at 2009/09/22(火) 16:29:47
 鳩山首相がアメリカへ旅立った。アメリカを舞台として、諸外国首脳とのトップ会談も予定されている。そしてアメリカ側は、日米関係が従来と大きく変るとは考えておらず、日米同盟をさらに深めることを期待しているのだという。しかし、その前提としている「日米同盟...

志村建世のブログ
核武装論に驚いた at 2009/08/16(日) 11:38:37
(熊さん)ゆうべのテレビ「日本のこれから」の論争はすごかったですね。 (ご隠居)おう、お前も見てたか。「核廃絶は可能か」ってやつだな。核武装論者があんなにおるとは知らんかったので、驚いたよ。大まじめで「核兵器を持たなきゃ一人前の国じゃない」みたいな...

志村建世のブログ
悲しみの重さ at 2009/08/07(金) 11:40:51
 半月ほど前のDr.鼻メガネさんのブログに、「悲しみ」と題した、短いけれど印象的なエントリーがありました。 悲しみがあしにからみつくと 歩けない 歩こうとするとこけてしまう そ...

志村建世のブログ
安保懇報告を争点にせよ at 2009/08/05(水) 13:58:26
 麻生総理の私的諮問機関である「安全保障と防衛力に関する懇談会」が、報告書をまとめて提出した。今年の「防衛計画の大綱」改定にタイミングを合わせたものだという。その内容は、日本をどうしたいのかを明瞭に物語っている。  骨子は「集団的自衛権」をめぐる憲...

志村建世のブログ
なかったことにする政治手法をなくす at 2009/07/10(金) 15:51:00
 日本の非核3原則に抜け穴を用意した「日米安保の密約」については、ようやく全容が明らかになってきたようです。つまり核兵器の寄港や通過は「核の持ち込みではない」ことにして黙認することを、アメリカとの合意事項にしていたということです。しかし日本の国民感...

志村建世のブログ
マクナマラの悔恨 at 2009/07/08(水) 11:06:16
 ベトナム戦争当時のアメリカ国防長官だったマクナマラ氏が亡くなって、いくつかの記事が出ていた。朝日新聞「天声人語」によると、5万8千のアメリカ兵が死に、おびただしいベトナム人が殺された。それを晩年になって「ひどい過ちを犯した」と語っていたという。政...

志村建世のブログ
蓮池透さんの「拉致」を読む at 2009/06/26(金) 11:28:29
 先日「お玉おばさん」のところで紹介されていた「拉致・左右の垣根を超えた闘いへ」(蓮池透・かもがわ出版)を取り寄せて読んでみました。蓮池透さんは、帰国した蓮池薫さんの兄で、かつて拉致被害者家族会の事務局長をしていた人です。最近は運動からは距離を置い...

志村建世のブログ
新書「イスラエル」を読んで(5) at 2009/06/11(木) 13:07:17
 そもそもアメリカは、1948年の国連による「バレスチナ分割決議」を主導したとき、どんなイメージを持っていたのだろうか。地図によるとパレスチナを6つに分けて、そのうちの3つをユダヤ国家の予定地としている。そしてユダヤ予定地も非ユダヤ予定地も、境界線の交...

志村建世のブログ
新書「イスラエル」を読んで(4) at 2009/06/10(水) 14:44:08
 私はこの本の要約や紹介をしているのではなく、ほとんど自分の考えたことだけを書いているのだが、イスラエルの国内が一枚岩に結束した状態からはほど遠くて、今も混沌として流動していることを知ったのは大きな収穫だった。  初期の国づくりの中核になったのはヨ...

志村建世のブログ
新書「イスラエル」を読んで(3) at 2009/06/08(月) 16:42:14
 イスラエルは国づくりの戦乱の中で、1948年5月14日に独立宣言を発表した。この独立宣言では「イスラエル国はユダヤ人移民と離散民に開かれるであろう。」と述べて、イスラエルが広くユダヤ人のための受け皿になること、つまりユダヤ人の国になるべきことを規定してい...

志村建世のブログ
新書「イスラエル」を読んで(2) at 2009/06/06(土) 09:50:44
 ユダヤ人すなわちユダヤ教徒は、長い期間にわたって世界中に拡散していたから、人種としての同一性は、とっくの昔に失っている。言語も、それぞれが住み着いて暮らしいてた国に順応したから、共通の言語もなくしていた。それに、すべてのユダヤ教徒がパレスチナの地...

志村建世のブログ
新書「イスラエル」を読んで(1) at 2009/06/05(金) 16:05:13
 臼杵陽の岩波新書の新刊「イスラエル」を読んだ。中東問題については、さまざまな本が出ているが、この本では、ユダヤ国家イスラエルの建国と、それに伴って発生した困難な中東情勢の全体像が、バランスよく説明されている。  今の世界でイスラエルは決して大国で...

志村建世のブログ
ソマリアから引き返せ at 2009/06/01(月) 11:42:18
 ソマリア沖の海賊対策として、自衛艦の派遣に続いてP3C哨戒機の派遣が、当然のことのように進められている。もう、あきらめてしまったのか、反対運動が盛り上がる気配もない。日本の船を守るという大義名分が、反対論を出しにくくしているのではあるまいか。しか...

志村建世のブログ
少年期の戦中と戦後(69) at 2009/05/10(日) 13:45:19
変ったものと変らぬもの  昭和二十一年以後のことを書く前に、敗戦を境にして日本の何が変り、何が変らなかったのかを、引き続いてまとめて考えてみたい。日記を読み直して感じたのは、人間の生活習慣や感覚というものは、周囲の状況が変っても急には変らないとい...

志村建世のブログ
長沼判決・一瞬の青空 at 2009/04/30(木) 11:15:13
 今日の朝日新聞に、自衛隊に違憲判決を出した福島重雄氏のインタビュー記事が出ていた。昭和48年(1973)に、北海道長沼町の自衛隊ナイキ基地の建設に対し、自衛隊は憲法に違反するとの判断を示した裁判長である。この札幌地裁の判決が大きく報道されたとき、長い梅...

志村建世のブログ
戦争を卒業した国になろう at 2009/04/18(土) 22:26:21
 戦後つまり昭和20年(1945)8月15日以降に生まれた人が、人口の75%を超えたということだ。日本人の4人に3人が戦争と無関係ということになる。もう戦後派ではなくて戦無派と呼ぶ方が似合うだろう。戦争の話が昔々のお伽話か歴史資料のように思われても当然なのだ。...

志村建世のブログ
「日米同盟の正体」を読む(2) at 2009/04/10(金) 23:15:13
 前回述べたように、日米安保条約は、2005年から「日米同盟」へと、異質なものに変化しました。流血の反対運動まで押し切って成立させた条約は、1枚の合意文書に署名したことで、別な新しい条約に変ったのです。以後は「安保条約」と「日米同盟」とは別物として扱わ...

志村建世のブログ
疑似体験でも語り部ができる at 2009/03/20(金) 00:20:09
 高井戸・富士見ヶ丘・久我山九条の会(略称「こうふく九条の会」)の「憲法と平和のつどい」に行ってきました。私のおもな目的は、伊藤辰雄氏が指揮する合唱を聞くことで、沢田研二の「わが窮状」が本邦初演という混声4部で演じられました。その他「咲かそうよ9条」...

志村建世のブログ
東京都慰霊堂に見る震災と戦災 at 2009/03/10(火) 17:15:31
 3月10日は「東京都平和の日」です。都の公式行事を検索したら、都庁の大会議室で、「国歌斉唱」から始まる平和式典があったようです。参加希望者は2月12日までに往復はがきで申し込むようにと公示されていました。  私は東京都慰霊堂の「春季法要」に行ってきまし...

志村建世のブログ
ガザ復興をオバマの初仕事に at 2009/01/26(月) 15:23:58
オバマ大統領の圧倒的な人気と、ブッシュ後のアメリカへの期待が高まる中で、所詮はアメリカの大統領としての限界があるだろうし、むしろ、あの演説には失望したとの論調も散見するようになりました。  イスラエルのガザ侵攻は、ブッシュの「最後っ屁」になりました...

志村建世のブログ
自衛隊の海賊退治(落語) at 2009/01/09(金) 18:52:54
(熊さん)驚いたねご隠居、この文明開化の世の中に、海賊が出てきたってんで、自衛隊が征伐に行くって話じゃないですか。 (ご隠居)ああ、ソマリア沖の話だな。海賊ったって、髑髏マークの旗をつけた海賊船とはわけが違うぞ。国が乱れていて、資金稼ぎに通りかかる...

志村建世のブログ
オバマ氏はアメリカ系白人 at 2008/12/08(月) 13:57:57
少し前の新聞コラムで読んだのですが、黒人を基準にして考えると、オバマ氏は本当の黒人ではなくて「アメリカ系の白人」に分類されるのだそうです。これはとても面白いと思いました。  奴隷制時代のアメリカでは、白人が女の奴隷に生ませた子供は、奴隷とされました...

志村建世のブログ
アブグレイブ刑務所事件 at 2008/11/18(火) 18:03:35
昨夜のNHKスペシャルは「微笑と虐待 証言・アブグレイブ刑務所事件」でした。捕虜となったイラク兵を裸にして虐待しながら、アメリカの女性兵士が笑っていた写真の異様さは、発表された当時、世界に大きな衝撃を与えました。関係した兵士は軍事法廷で裁かれ、7名...

志村建世のブログ
拉致問題も本当のことを知りたい at 2008/11/11(火) 13:26:04
昨日の天木直人氏のブログ「拉致問題はどうなってしまったのか」を読み、そこで言及されていたコンビニ雑誌の「実話ナックルズ12月25日増刊号・激撮ナックルズ№4」を、近所のコ...

志村建世のブログ
こうして核は持ち込まれた・NHKスペシャル at 2008/11/10(月) 16:47:42
昨夜のNHKスペシャル「こうして核は持ち込まれた」は、日本がアメリカ核戦略の基地そのものであった事実を、明白な資料と証言で明らかにしてくれた力作でした。もっとも衝撃的だったのは、ベトナム戦争当時、アメリカ軍はソ連・中国との全面戦争に備えて、艦載機に...

志村建世のブログ
公妨は公暴にもなる at 2008/11/09(日) 09:51:46
麻生さんの家を見に行こうという企画で集まった人たちが、警察に阻止されて3名が逮捕されたという事件。3名は一週間かかって、ようやく釈放されたとのことです。このときに私服の刑事が叫んだ言葉が「コーボー」だったとのこと。現場にいた人は、一瞬、何のことかわ...

志村建世のブログ
自衛隊の誇りは at 2008/11/06(木) 11:26:58
先に政府見解と異なる論文公表で定年退職とされた田母神・前航空幕僚長は、懲戒処分の審問に応じて意見を述べることを希望していたと、新聞に報じられました。「懲戒手続きに協力を得られないと判断してて定年退職とした」とする防衛省の説明とは、正反対であったよう...

志村建世のブログ
自衛隊は国民軍か at 2008/11/03(月) 14:34:51
田母神論文に端を発した航空幕僚長の更迭人事は、防衛省全体をゆるがす問題となって尾を引いているようです。これでは隊員の志気にもかかわると、心を痛めている幹部もいることでしょう。  私の高校時代の親友だった花山勝音は、寺の息子で、父親は巣鴨刑務所で東条...

志村建世のブログ
田母神論文の深層 at 2008/11/02(日) 14:12:05
航空自衛隊の田母神幕僚長の論文事件は、更迭という形で政治的には決着が図られましたが、国民は今後自衛隊にどう向き合うべきかという課題を提起してくれました。  新聞の報道によると、この論文に応募した自衛官は、他にも複数いたようです。論旨は同じではないで...

志村建世のブログ
9.11から7年目 at 2008/09/11(木) 11:47:48
7年前の今日、私はゼンセン同盟の大会の取材で、前泊の札幌のホテルにいました。夜になってテレビをつけると、ニューヨークのビルで火災が起きたとかで、中継の画面が出ていました。双発の飛行機が衝突したという説明だったので、以前にエンパイア・ステートビルに爆...

志村建世のブログ
狂気の核武装大国アメリカ at 2008/09/10(水) 15:53:11
日本もアメリカも選挙モードの時期に、とんでもない本を読んでしまいました。集英社新書の「狂気の核武装大国アメリカ」(ヘレン・カルディコット著・岡野内正、ミグリアーチ慶子訳)です。 アメリカの核大国指向が、これほど強く、しかも現在も肥大化しつづけている...

志村建世のブログ
アフガニスタンの援助と空爆と at 2008/08/28(木) 16:32:32
アフガニスタンの復興と自立を助けるために、献身的に働いてきた日本の青年が、武装勢力に誘拐されて殺されたと、大きく報道されました。類いまれな勇気と能力をそなえた人材が、異国の地で理不尽な死を迎えてしまいました。憎むべき犯行グループの所業です。  同じ...

志村建世のブログ
高知白バイ事件の暗雲 at 2008/08/27(水) 21:04:57
先日の「司法の独立はどこへ」の記事に関連して、高知県に「白バイ事故冤罪事件」なるものがあることを知りました。ネット検索の「高知県 白バイ事故」で関連記事はすぐに発見できると思いますが、全国的な話題にならないうちに、権力犯罪型の怪事件があったようです...

志村建世のブログ
戦争と犯罪は人類を滅ぼすか(通算51) at 2008/08/22(金) 18:47:05
危険なエリート白人集団の反乱  名称はどうであれ世界統合組織が設立された後の世界を考えると、設立後の比較的短期間のうちに、有色人種の人口が圧倒的多数を占めるようになることは確実です。そして現在の人口増加率から推測しても、有色人種の優位は相当長期に...

志村建世のブログ
戦争と犯罪は人類を滅ぼすか(通算50) at 2008/08/21(木) 17:43:18
犯罪を病気として扱った国  一九世イギリスの風刺作家、サムエル・バトラーが書いた「エレホン(Erewhon)」という空想小説があります。題名はNowhere(どこにもない)を逆に綴ったもの(ただしwhは一音扱いでそのまま)です。これは機械の発達を一定のところで止め...

志村建世のブログ
戦争と犯罪は人類を滅ぼすか(通算47) at 2008/08/18(月) 10:43:09
いつになったら軍縮できるのか  軍備とは、本当にぜいたくなものです。品質優先で経済性は後回しにされ、費用対効果の計算もろくに成り立ちません。戦闘機一機の値段が何十億円などと聞くと、そのときは一瞬驚きますが、やがてそんなものかと半ばあきらめてしまい...

志村建世のブログ
戦争と犯罪は人類を滅ぼすか(通算46) at 2008/08/17(日) 16:52:48
世界の警察官アメリカ  今の世界でアメリカが突出した軍事大国であることは疑いようがありません。アメリカにとっては核兵器も特殊なものではなく、総合的な軍事力の一部分と位置づけられているように見えます。核兵器を使いやすいものにする研究は、その一環でし...

志村建世のブログ
人殺しの心理学(2) at 2008/08/16(土) 15:33:51
兵士は人を殺したがらない、しかし有効な発砲をさせないと軍隊は勝てません。第2次世界大戦まで、戦線で有効な発砲のできる兵士は、20%以下でした。紙の的でいくら練習しても、人を撃てるようにはならなかったのです。それに気づいたアメリカ軍は、的を人の形にして...

志村建世のブログ
戦争と犯罪は人類を滅ぼすか(通算45) at 2008/08/16(土) 11:05:38
核兵器は戦争を防いだか  第二次世界大戦の末期に広島と長崎に投下された原子爆弾は、それまで人類が経験したことのない悲惨な被害を残しました。この非人道的な兵器は使うべきではなかったという議論の一方で、原爆投下によって戦争が早期に終結したのだから有益...

志村建世のブログ
戦争を廃絶するために at 2008/08/15(金) 12:08:58
読みかけた本もあるし、先走りしすぎる議論は急には受け入れられないかもしれませんが、今日は敗戦を思い出す特別な日ですから、私の信じていることを書いておきます。  結論から言うと、すべての殺人の非合法化です。「汝殺すなかれ」を、世界の公法とするのです。...

志村建世のブログ
戦争と犯罪は人類を滅ぼすか(通算44) at 2008/08/15(金) 10:32:19
「武器よさらば」は否決された  二〇〇五年の十月、ブラジルで銃の自由販売を禁止するかどうかを問う国民投票が行われました。小さな記事でしたが興味をもって見ていたところ、投票の結果は、銃の規制は否決されたという続報が出ました。時事通信によると、ブラジ...

志村建世のブログ
戦争と犯罪は人類を滅ぼすか(通算43) at 2008/08/14(木) 17:11:35
なぜ戦争はなくならないのか  一つの戦争が終るたびに、人々は犠牲となった人たちに涙し、なぜこんな不条理なことが起こったのかと怪しみ、そして戦争を繰り返したくないと思った筈です。しかし、この世から戦争はなくなりません。なぜなのでしょうか。  世界連...

志村建世のブログ
人殺しの心理学(1) at 2008/08/12(火) 16:08:43
この暑さの中で、思いっきり重いテーマの本を読み始めてしまいました。正式なタイトルは「戦争における『人殺し』の心理学」(グロスマン著・安原和見訳・ちくま学芸文庫)です。初版は2004年、500頁の大冊です。半分ほど読んだところですが、戦争回顧のテレビ番組など...

志村建世のブログ
9.11はアメリカの謀略だった? at 2008/06/30(月) 17:13:11
今さら何をと思われる方もおられるでしょうが、ここ1週間の音楽談義に入る前に読んだ憲法9条メッセージ・プロジェクトのブックレット「9.11マスターキーから何が見える?」の内容は、刺激的でした。「9.11事件真相究明国際会議 in 東京から」と副題がついています。...

志村建世のブログ
戦車の轍を踏む at 2008/06/08(日) 16:01:10
今日の朝日新聞日曜版の「ナントカ学」に、日本の新型戦車の話が出ていました。この2月に公開された試作車は、世界の軍事関係者に注目されるほどの高性能だそうです。元・軍国少年の私は戦車も大好きでしたから、興味をもって読んだのですが、ふと我にかえると「日本...

志村建世のブログ
武装平和の終焉 at 2008/02/15(金) 11:20:50
憲法9条について3回にわたり書いてきましたが、脆くて非力だった非戦思想が、なぜ今空論でなくなったのか、反対側の武装平和の立場で考えてみましょう。19世紀から20世紀前半にかけて、世界の列強は、ほぼ対等に戦える常備軍を整備していました。国の安全のためには...

志村建世のブログ
平和伝道師の必携マニュアル at 2007/08/17(金) 12:08:13
「優しい光」さんが昨日から予告していた「理想とする日本の姿」を読みました。短い文の中で、日本が世界で果たすべき役割を示した上で、それを担う個人が...

志村建世のブログ
安全と軍備の3公理 at 2007/07/25(水) 15:28:10
以下は村野瀬玲奈の秘書課広報室に度々登場している、安全と軍備についての3公理です。すでにご存知の方もおられるでしょうが、全面的に賛同する趣旨で、引用させていただきます。 どんなに軍...

たぶん、リベラリスト。
アメリカ、半端な銃規制法案 at 2007/06/14(木) 12:56:24
バージニア乱射事件の教訓生かした銃規制法案、下院が可決 (2007年6月14日10時48分 読売新聞)>米下院は13日、銃の購入者の犯罪歴や精神障害歴を厳しくチェックする法案を賛成多数で可決した。人物の過去から現在、未来に銃による犯罪を起こす可能性が通常の人間よりも

ザメハブログ。
人権の神格化の原理主義 at 2007/06/05(火) 13:28:28
人権派弁護士ら人権原理主義者は、「人権とは人が生まれながらに保障されているものであるから」を理由に、例えば死刑制度を国家による人権侵害と解釈し、加害者の加害行為により被害者の人権が侵害されていることで「生まれながらにし

志村建世のブログ
銃犯罪を銃で防げるか at 2007/04/18(水) 11:06:54
32名の犠牲者を出したバージニア工科大学での乱射事件が、アメリカでも史上最悪の事件ということで、また銃規制とそれに対抗する運動とが盛り上がることでしょう。銃を持つことはアメリカの憲法で認められた自衛権だから手放せないというのが、全米ライフル協会を始め...

コラムニスト宣言
人権大国ニッポン!? at 2007/02/27(火) 17:05:24
 伊吹文明文部科学大臣の自民党支部大会での発言。以下、本日付の『朝日新聞』社説と『東京新聞』特報より引用する。 「どんなに栄養があっても毎日バターばかり食べていれば、皆さんはメタボリック症候群になる。人権だけを食べ過ぎれば、日本社会は人権メタボリック症候

Some Kind of Wonderful
メルマガ【アラビア・ニュース】を読もう! at 2006/12/10(日) 02:46:04
【アラブの声ブログ】より女衒が母親の定期的妊娠を義務付け胎児や新生児まで青田買い 国連の売春撲滅機関によると、トルコは売春輸出の主要通路で、親が100ドルで新生児を売る現実があるという。また白い奴隷を売買するマフィアが上げる利益は年間28億ドルを超え、こ

多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
【人権週間ギャラリー展】差別と戦争?「民族差別と同化政策 -アイヌ、沖縄、朝鮮-」(東本願寺)/NHKスペシャル「ワーキングプア2」 at 2006/12/09(土) 13:33:41
2006.12.09.13:30ころ 本日は手短に、イベントとテレビ番組のご紹介

ICCで「人間の安全保障」
「殺す(自衛軍)のですか? 救う(災害救隊)のですか?」(「自衛隊を災害救助隊へ」フォーラム&リーフレット) at 2006/11/22(水) 00:37:08
2006.11.22.00:30ころ 昨日、某レストランで、「自衛隊を災害救助隊

多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
虚構の上に立ついやしの「極右」か、現実の上に立つ節度ある「極右」か at 2006/11/19(日) 13:13:59
2006.11.19.01:00ころ 当ブログを地道にチェックしてくれている「極

多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
「寛容の精神」のない国と、他の人間を平気で「人間以下」と見下す者/「多民族共生教育フォーラム2006愛知」から教育基本法改定を目論む日本政府へ at 2006/11/13(月) 01:33:52
2006.11.13.01:30ころ 前回の記事では、「アメリカにあって日本にな

多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
教育基本法をイジる前に「外国人・民族的マイノリティ人権基本法」「人種差別撤廃法」の制定を! at 2006/11/12(日) 01:19:38
2006.11.12.01:00ころ 多くの方々がすでにお気づきのように、 安倍

Some Kind of Wonderful
明日、教育基本法特別委員会 at 2006/10/25(水) 00:25:26
明日、午前10時から教育基本法が審議されることになっています。【衆議院TV】http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfmこの法案のもっとも大きな問題点は、言うまでもなく愛国心でしょう。けれども愛国心に相当する項目は、すでに現行の指導要領に含まれてしまっています。

関係性
愛国心 at 2006/08/08(火) 16:57:51
 「愛国心」の議論が新聞やテレビで盛んである。そこで、私には愛国心があるのかないのかが分からない。 私は日本人の妻と子供を愛している。 私は刺身とラーメンが好きであるが、日本酒は嫌いである。 私は四季が巡り、季節毎に色々な花の変化を見るのが好きである。 

権力とマイノリティ
三宅島復興を伝えるナイスなドキュメンタリー at 2006/07/28(金) 21:11:26
■自然災害こそ、最大の「有事」! この夏の梅雨で各地で災害が多発している。どうもこれらの天変地異は、世界的な傾向であるらしい。ブログ「人類猫化計画」のロキさんが、「自然災害こそ最大の『有事』である」という記事をアップしているが、ホントにまったく同感!  

猫研究員の社会観察記
米連邦最高裁:グアンタナモ収容者の特別軍事裁判はジュネーブ条約と米国内法に違反 at 2006/07/03(月) 07:15:09
 対テロ戦争と人権尊重の調和は大変な難問である。いわゆる戦争とは異なるが、完全な平時とも異なる。このような状況下で、人権の侵害を最小限に抑えつつ一般国民の安全を最大限に確保するのが政府の果たすべき役目である。この問題に関する一つの事例として、米連邦最高裁

ネシカ's Modern Love
人権と安全保障 at 2006/05/23(火) 02:12:18
私が彼とイスラエル・パレスチナ情勢について話す時決まってたどり着くのが 「人権か、安全保障か」という所。私たちに限らず、結局はみんなそこへ行き着くと思う。人権を守るのは国の役目。けれど人権を侵害している張本人は多くの場合国。そして国はその...

このページについて | FAQ | お問い合わせ
dedicated to MEMORIZE

Powered By FC2
レンタルランキング・ユーザーランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。