MEMORIZERS
- レンタル日記メモライズコミュニティ -
HOME 新規登録 | ログイン | random | mobile | RSS | 検索

新着日記
ランキング
共通テーマ

thehungersite.com

1月ランキングTOP3
1.zara's voice recorder
2.M&N放送局
3.本を読もう!!VIVA読書

ご登録はこちら


2006年:今年の十大ニュースアンケート終了しました。ありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。
投票結果

※デッドリンクにつきましてはこちら







※投稿を見るには各テーマのタイトルをクリックして下さい

投稿するには→こちらへ

新規テーマ作成依頼はこちら

ご意見、ご要望は掲示板






スポンサー広告:共通テーマスポンサーサイト (-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)

映画・演劇:共通テーマ「 トンマッコルへようこそ」 (33)

1950年代、朝鮮戦争中、戦争とはまるで無縁の山奥の平和な村トンマッコル。アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍2人、人民軍の3人がそんな村へやってきて…。久石譲が音楽を担当したこの映画、あなたのご感想をどうぞ。
トンマッコルへようこそ (出演 シン・ハギュン、チョン・ジェヨン)公式サイト
  1. 2006/12/02(土)

http://memorizer.blog11.fc2.com/tb.php/215-f830dac4
(※ご投稿は1テーマにつき1日2件、トータルで1日5件まで。
同一記事の複数テーマへのご投稿はご遠慮ください)

銀の森のゴブリン
トンマッコルへようこそ at 2007/03/09(金) 19:49:13
2005年 韓国 2006年10月公開 評価:★★★★☆ 監督:パク・クァンヒョ

DVD Check
トンマッコルへようこそ at 2007/03/03(土) 19:12:30
トンマッコルへようこそ

スンホニ ときどき Jisub のちODA
ウェルカム・トゥ・トンマッコル at 2007/01/16(火) 18:47:10
今、映画館で上映されている「トンマッコルへようこそ」。原題が「ウェルカム・トゥ・トンマッコル」。日本上映はなぜ、原題通りじゃだめなのかしら?やっと、こ映画ストックの中にこの映画があったので観ました。

とにかく、映画好きなもので。
トンマッコルへようこそ at 2006/12/23(土) 13:33:54
どこかの山の奥にある村。そこは世間の争いとは無縁のゆったりとした時間が流れる平和な村でした。その名はトンマッコル。 1950年代の朝鮮戦争最中、この村にやってきたのはアメリカ人パイロットのスミス。韓国軍の2人と対立する人民軍の3人。 ....

梟通信~ホンの戯言
ウタキ 今帰仁 座喜味 トンマッコル・・人の愚かしさと見守るやんばるの神々 at 2006/12/18(月) 22:12:46
水族館を見た後、本部町の「紀ノ川食堂」でランチ、最近那覇から移転したという一家の店は素朴な家庭料理。店にたどり着くまでになんとなく”雰囲気”を感じたのでフト「このあたりにウタキはないですか」と尋ねると「ある」と。今まで岡本太郎や中沢新一の本で読んでいた

お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
「トンマッコルへようこそ」 at 2006/12/11(月) 02:14:41
(2005年・韓国/監督:パク・クァンヒョン) 今から56年前、朝鮮半島で勃発した、いわゆる“朝鮮戦争”を背景に、戦争の愚かしさをメルヘン

首都クロム
「トンマッコルへようこそ」 at 2006/12/09(土) 19:16:52
 コミカルな展開に笑い、破壊に衝撃を受け、離別に涙を禁じ得ない、それらの感情の殆ど全てが奇跡の理想郷で融合する。のほほんとした場面が多いのかと思いきや、血塗れの死体もその死に際も描かれることがあり、理想郷とのコントラストが凄まじかったです。

ジャスの部屋 -映画とゲーム-
トンマッコルへようこそ at 2006/12/06(水) 13:54:14
映画「トンマッコルへようこそ」の感想です

YOU-kiss
涙、涙・・・ at 2006/12/06(水) 06:51:22
久しぶりに先行試写会に行って来ました。 その名も『トンマッコルへようこそ』。 キャッチコピーは“800万人が笑って泣いた、感動のエンターテイメント”。う゛ーん。。。 この手のコピーの韓国映画で時間を無駄にしたこと、たぁくさんあります。“3人に1

唐揚げ大好き!
『トンマッコルへようこそ』 at 2006/12/05(火) 06:58:55
  『トンマッコルへようこそ』 笑顔が一番強いのです。 入場動員800万人、韓国国民の6人に1人が観たというこの映画。噂どおり面白かったです。画の構図や話の持っていき方、久石譲氏の音楽、効果的なCGと観るものを掴んで離さない魅力があります。

映画な日々。読書な日々。
『トンマッコルへようこそ』 試写会鑑賞 at 2006/12/05(火) 00:00:37
1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。その名はトンマッコル。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。顔を合わすなり、銃を持ってにらみ合う両者だが、

やまたくの音吐朗々Diary
「トンマッコルへようこそ」 at 2006/12/04(月) 20:21:57
2005年に韓国映画界に旋風を巻き起こしたパク・クァンヒョン監督の「トンマッコルへようこそ」の試写。幸せな映画を観た。宮崎駿の映画を観たあとような温かい感動と、三谷幸喜の映画を観たあとのような爽快感。この映画の音楽を『もののけ姫』や『ハウルの動く城』を担当し

シュフのきまぐれシネマ
トンマッコルへようこそ at 2006/12/04(月) 18:50:53
トンマッコルへようこそ 11月4日(土)@ユナイテッドシネマとしまえん監督:パク・クァンヒョン出演:シン・ハギュン、チュン・ジェヨン、カン・ヘジョン公式サイトはコチラ ?ロシア映画「ククーシュカ」のようだな~音楽もハナに付きそうだな~などと

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
映画「トンマッコルへようこそ」 at 2006/12/04(月) 18:08:47
原題:Welcome to Dongmakgol北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終焉を迎えようとし

奇跡の人の映画部屋
06-52 トンマッコルへようこそ at 2006/12/04(月) 15:47:23
鑑賞日 10月29日感 想  韓国で800万人が笑って泣いた!ナンバー1ヒット!!と

新・パンダは命の恩人です。
『トンマッコルへようこそ』★★★★★ at 2006/12/04(月) 11:20:40
片っ端から試写会を応募してるので、もはやどれで当たったのか分からないんですが…韓

映画・DVD blog
トンマッコルへようこそ at 2006/12/04(月) 00:44:42
800万人が笑って泣いた!! 2005年、観客に最も愛された映画 トンマッコル...

しんのすけの イッツマイライフ
「トンマッコルへようこそ」 at 2006/12/04(月) 00:34:51
 試写会で見てきました。 「トンマッコルへようこそ」  タイトルだけ見たら、“なんのこっちゃ?”って感じなんですが、 ファンタジー?コメディ?戦争映画? いえいえ、紛れもなく典型的な韓国映画です。  

映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
トンマッコルへようこそ at 2006/12/04(月) 00:20:13
トンマッコルとイノシシが取り持つ縁(笑 どんな映画かも知らずに行った。なんだか意外と良かった。 ちょっとクスクス笑えて悲しくなる。あー、、でもタイムリーな話題過ぎてちょっと素直に見られない自分が・・・

APRIL FOOLS
感想/トンマッコルへようこそ(試写) at 2006/12/04(月) 00:07:45
話題の韓国映画『トンマッコルへようこそ』10月28日公開。朝鮮戦争のさなか、"子供のように純粋な"という意をもつ村「トンマッコル」にバラバラと迷い込んだ6人の兵士。連合軍米人、韓国軍(南)と人民軍(北)の兵士、と敵対関係にある彼らだったけど、文明や争

みはいる・BのB
『トンマッコルへようこそ』 (初鑑賞107本目・劇場) at 2006/12/04(月) 00:01:09
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5)11月3日(金・文化の日) シネ・リーブル神戸シネマ3にて 18:30の回を鑑賞。

ノラネコの呑んで観るシネマ
トンマッコルへようこそ・・・・・評価額1450円 at 2006/12/03(日) 23:44:44
スタジオジブリ的アニメ風実写映画。人里はなれた山中に、誰も知らない理想郷があるという物語や伝説は多い。古くは陶淵明の「桃花源記」の中の桃源郷、近代ではヒルトンの「失われた地平線」のシャングリラなどがその代表だ

Osaka-cinema-cafe
トンマッコルへようこそ~現代のユートピア at 2006/12/03(日) 23:40:42
昨年の韓国で、ハリウッド映画などを抑えて、堂々の興行収入1位に輝いたのが、この映画「トンマッコルへようこそ」公開初日で20万人。1週間で200万人。そして、最終的には800万2千人となり、これは韓国人の6人に1人が見たという計算になります。完成試写会にも、一

てんびんthe LIFE
「トンマッコルへようこそ」 at 2006/12/03(日) 23:22:51
「トンマッコルへようこそ」ヤマハホールで鑑賞韓国では珍しいファンタジー作品だそうです。真夏のGTFでの試写会からすこぶる前評判のいい作品。あまりに期待していたらなかなか当たらなくてやっと今日みてきました。基本は朝鮮南北戦争。よくわからないけれども、南北戦争

ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL) at 2006/12/03(日) 23:16:56
「トンマッコル」子供のように、純粋な村戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。ひとり、空から落ちてきた。ふたり、森からやってきた、3人、山を越えて来た。彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでした。...

☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
『トンマッコルへようこそ』鑑賞! at 2006/12/03(日) 22:36:36
『トンマッコルへようこそ』鑑賞レビュー!笑顔が一番つよいのです....。トンマッコル、子どものように純粋な村人々が自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず暮らすこの村で偶然鉢合わせをした3組の敵対する兵士たち彼らが村人との交流を通じて人間本来の心を取り戻していく姿を

the borderland 
「トンマッコルへようこそ」 at 2006/12/03(日) 22:19:50
子供のような純粋な村という意味のトンマッコル。前半の微笑ましい村の様子や、敵同士の交流が人間の良さを写し出してる分、後半の村を守るための作戦がより切なくなります。イノシシとの格闘は、思いっきり「スウィングガールズ」でした(^^;【ネタバレです】オープニン

試写会帰りに
『トンマッコルへようこそ』 at 2006/12/03(日) 18:13:40
試写にて『トンマッコルへようこそ』鑑賞。しっかりと一貫した反戦のメッセージに添いながらも、のびのびとどこまでも自由で、昔の日本映画のような力強くのびやかな勢いを感じました。 トンマッコルへようこそ 『ククーシュカ ラップランドの妖精』と似たような話かな

カフェ☆小悪魔
トンマッコルへようこそ at 2006/12/03(日) 18:09:58
笑顔が一番つよいのです。入村する◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆争いを知らない村『トンマッコル』に迷い込んだ南軍兵士。しかし、そこへ敵対する北軍兵士がヨイルに導かれ入村する。彼らは村人を真ん中に挟んでにらみ合いを始める。そんな緊迫

そーれりぽーと
トンマッコルへようこそ at 2006/12/03(日) 16:26:42
東京国際映画祭の影響か、今週封切作品は大粒揃い。ロードショー当日は何を観ようか考えていたら、全くノーマークだった『トンマッコルへようこそ』をおすぎがテレビコマーシャルで大絶賛していたので、昨晩のうちにレイトショーに予約しておいて、さっき観てきました。★★

HELL C CINEMA
トンマッコルへようこそ at 2006/12/03(日) 15:52:28
オフィシャルHP トンマッコルへようこそ <あらすじ> 「子供のように純粋な村」トンマッコルで連合軍、韓国軍、人民軍3組の 兵士たちが鉢合わせ!

きららのきらきら生活
映画~トンマッコルへようこそ at 2006/12/03(日) 12:55:36
 「トンマッコルへようこそ」公式サイト期待の韓国映画その1、やっと試写会当たった♪うれしぃぃ☆1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村、トンマッコルが山奥にあった。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人

ネタバレ映画館
トンマッコルへようこそ at 2006/12/02(土) 23:28:56
でかいイノシシにはスローモーションがよく似合う。

このページについて | FAQ | お問い合わせ
dedicated to MEMORIZE

Powered By FC2
レンタルランキング・ユーザーランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。