MEMORIZERS
- レンタル日記メモライズコミュニティ -
HOME 新規登録 | ログイン | random | mobile | RSS | 検索

新着日記
ランキング
共通テーマ

thehungersite.com

1月ランキングTOP3
1.zara's voice recorder
2.M&N放送局
3.本を読もう!!VIVA読書

ご登録はこちら


2006年:今年の十大ニュースアンケート終了しました。ありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。
投票結果

※デッドリンクにつきましてはこちら







※投稿を見るには各テーマのタイトルをクリックして下さい

投稿するには→こちらへ

新規テーマ作成依頼はこちら

ご意見、ご要望は掲示板






スポンサー広告:共通テーマスポンサーサイト (-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)

書籍・読書:共通テーマ読書の日々2 (1000)

今日読んだ本、今日思い出した本。今日の一冊について、書いてください。
(これ以前は「読書の日々1」にあります。)

(管理人より
いつもご投稿ありがとうございます。
投稿数が1000になりましたら「読書の日々3」にご投稿をお願い致します。
よろしくお願い致します 2/10)

読書の日々3
  1. 2007/04/26(木)

http://memorizer.blog11.fc2.com/tb.php/224-b26ac654
(※ご投稿は1テーマにつき1日2件、トータルで1日5件まで。
同一記事の複数テーマへのご投稿はご遠慮ください)

手当たり次第の読書日記
『密偵』 秋山香乃 at 2010/07/06(火) 17:11:21
密偵/秋山 香乃 ¥1,680 Amazon.co.jp さんざん迷った挙句、「ミステリ」ということにしてみました。 ……時は明治19年。孝明天皇毒殺疑惑を裏付ける証拠が実在した!? 鍵を握る人物は北海道の監獄にいるという。政府の密偵・桐生征二は囚人に身をやつして...

手当たり次第の読書日記
『謎とき徳川慶喜』 河合重子 at 2010/02/25(木) 11:09:52
謎とき徳川慶喜―なぜ大坂城を脱出したのか/河合 重子 ¥2,310 Amazon.co.jp 父親が図書館から借りてきた本です。おや幕末ものだね、ってんで私も手を出してみました。 ふーん慶喜かあ、著者はどんな人なんだろ……と、中身を読む前にまずカバー袖の著者紹...

手当たり次第の読書日記
『ふしぎなたけのこ』 松野正子 at 2010/02/20(土) 17:36:33
ふしぎなたけのこ(こどものとも絵本)/松野 正子 ¥840 Amazon.co.jp 何だか年明けからこっち、訃報が立て続けです……。 ファイターズ小林コーチ急逝の衝撃も冷めやらぬうちに、サリンジャーにフランシス、立松和平さんに藤田まことさん。親疎の度合いの違...

志村建世のブログ
「働かざるもの飢えるべからず」を読む(2) at 2010/02/04(木) 13:50:28
 この本の中で私が特に興味深く読んだのは、第10章「安心して死のう」でした。非常に合理的にものを考える小飼弾氏の提言は、私の認識と一致する部分が少なくありません。その中に定年は自分で決めるということがあります。一律の定年制ほど不合理なものはありません...

志村建世のブログ
「働かざるもの飢えるべからず」を読む(1) at 2010/02/03(水) 13:40:46
 小飼弾の「働かざるもの飢えるべからず--ベーシックインカムと社会相続で作り出す『痛くない社会』」(?サンガ・単行本)を読みました。快刀乱麻の「弾流社会改革論」とも言うべきもので、非常に面白く読めます。著者のブログの歯切れよさを、通底する社会観・人...

手当たり次第の読書日記
『ライ麦畑でつかまえて』 J・D・サリンジャー at 2010/01/31(日) 16:13:12
ライ麦畑でつかまえて/野崎 孝 ¥1,785 Amazon.co.jp サリンジャーが亡くなったんですね。 何だか、ちょっと不思議な気持ちです。 語弊のある言い方になってしまいますが、「ああ、昨日までは御存命だったのか」とでもいうような。 ひとりの人としての彼...

手当たり次第の読書日記
『スカウト』 安倍昌彦 at 2010/01/30(土) 10:08:26
「週刊現代」編集部には、絶対、プロ野球好きがいると思います。 去年、ファイターズの記事がずいぶん何回も載るなあ、嬉しいけどでも何でだろ、と不思議がりつつ喜んでいたものでしたが。 注意して広告を見ていると、ファイターズに限らないんですよね。イーグルス山...

手当たり次第の読書日記
『新選組 幕末の青嵐』 木内昇 at 2010/01/23(土) 14:21:36
新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)/木内 昇 ¥860 Amazon.co.jp 文庫になってくれたので、やっと読めました。 新刊で出た時から知ってはいたんです、幕末ファンのブログ等で。しかし、?単行本だ(高い、場所をとる) ?書店で発見できなかった の理由により購...

手当たり次第の読書日記
『大問題’09』 いしいひさいち・峯正澄 at 2010/01/10(日) 13:33:35
大問題 ’09 (創元ライブラリ) (創元ライブラリ L い 1-44)/峯 正澄 ¥672 Amazon.co.jp いしいひさいちさん病気療養中、と発表されてから随分経ちます。 先日、「SIGHT」誌の最新号を買ってきたら、目次にこうありました。<いしいひさいちさんの

志村建世のブログ
「居住の貧困」を読む at 2010/01/07(木) 11:25:46
 「居住の貧困」(本間義人・岩波新書)を読みました。今の日本の社会格差は、人々の住居の面でも拡大しているという「もう一つの貧困問題」を掘り下げています。  一言で言うと、日本には「国民の健康で文化的な生活を保障する」憲法の理念を具体化する住宅政策は...

手当たり次第の読書日記
『サム・ホーソーンの事件簿 ?』 エドワード・D・ホック at 2009/12/27(日) 12:52:11
サム・ホーソーンの事件簿VI (創元推理文庫)/エドワード・D・ホック ¥1,050 Amazon.co.jp 最終巻となってしまいました。 老医師サム・ホーソーンが酒盃片手に若き日の自分の素人探偵っぷりを語って聞かせる、本格とコージーがうまいことミックスした楽し

志村建世のブログ
「子どもの世話にならずに死ぬ方法」を読む(3) at 2009/12/25(金) 14:50:22
 俵萌子さんの母親は、最後には結核性の脊椎カリエスを発症し、結核専門の隔離病棟で亡くなりました。こういう病気にかかると他の選択肢はなくなる、やっぱり死に方は選べないのだと俵さんは書いています。享年92歳、2002年のことでした。年齢に不足はなくても、悔い...

志村建世のブログ
「子どもの世話にならずに死ぬ方法」を読む(2) at 2009/12/24(木) 11:51:59
 この本の前半は、俵萌子さんと母親との最後の10年間の記録です。20歳違いの母親が80歳を超えたあたりから、「大老」と「中老」との老々介護が始まるのです。父親は10年ほど前に、すでに肺炎で急死していました。母親は大阪で、俵さんの弟一家と暮らしていました。母...

志村建世のブログ
「子どもの世話にならずに死ぬ方法」を読む(1) at 2009/12/20(日) 23:04:55
 俵萌子さんの「子どもの世話にならずに死ぬ方法」(中公文庫)を読みました。2005年に同社から出た単行本の文庫版です。俵萌子さんの最後の著書になったようです。  あえて著者をさん付けにするのは、私にとって、それだけ親しく感じられる人だったからです。私は...

志村建世のブログ
新書「生活保障」を読む at 2009/12/06(日) 22:59:29
 「生活保障・排除しない社会へ」(宮本太郎・岩波新書)を読みました。著者はストックホルム大学に勤務した経験も持つ比較政治、福祉政策論の専門家で、11月に出たばかりの新刊です。生活保障という言葉を「社会保障」や「生活保護」よりも一回り大きい「雇用と社会...

志村建世のブログ
内田樹の日本辺境論を読む at 2009/11/24(火) 15:11:38
 「日本辺境論」(内田樹・新潮新書)を読みました。著者の名はブログ「内田樹(たつる)の研究室」で知っていましたが、著書を読んだのは初めてでした。小飼弾氏のブロ...

志村建世のブログ
「ヒトラーの経済政策」を読む(2) at 2009/11/05(木) 14:37:30
 第一次世界大戦に破れたドイツは、連合国から多額の賠償金を課せられて、経済は文字通りに破綻しました。猛烈なインフレは、買い物には札束を積む手押し車が必要だったとか、店で注文したビールを飲み終わるまでの間に値上がりしたとか、数々の伝説を残しています。...

志村建世のブログ
「ヒトラーの経済政策」を読む(1) at 2009/11/04(水) 18:57:44
 「ヒトラーの経済政策・世界恐慌からの奇跡的な復興」(武田知弘・祥伝社新書)を読みました。何で今さらヒトラーなのかと不審に思われる方が多いでしょうし、私もそう思いました。しかし新刊の書棚で立ち読みしてみたら、非常に面白いのです。しかも不況からの脱出...

志村建世のブログ
花岡事件「尊厳」を読んで at 2009/10/14(水) 21:23:07
 新宿西口一人デモでご縁のできたOさんご夫妻に貸していただいた「尊厳・半世紀を歩いた花岡事件」(旻子著・山邉悠喜子訳・「私の戦後処理を問う」会編集・日本僑報社発行)を読んでいます。「日本人であることが辛くなって絶望したくなるほど」だったという紹介の...

志村建世のブログ
「新しい労働社会」を読む(3) at 2009/10/02(金) 17:06:38
 この本の主題は「新しい労働社会」を構想することですから、私も結論を急ぐことにします。日本型雇用に独特の長所があったとしても、その傘の下に入れるのは、公務員と中規模以上の企業の社員だけなのですから、日本の全国民がそれで守られるわけに行かないのは明ら...

志村建世のブログ
「新しい労働社会」を読む(2) at 2009/10/01(木) 16:01:51
 いつもと同じですが、私は本の内容を紹介するだけでなく、この本を読んで自分が考えたことを含めて書いています。  日本型雇用の原型は、江戸時代の「奉公」から始まったのでしょうが、そこには独特の長所もありました。たとえば高度成長期の技術革新に直面しても...

志村建世のブログ
「新しい労働社会」を読む(1) at 2009/09/30(水) 18:44:08
 「新しい労働社会・雇用システムの再構築へ」(濱口桂一郎・岩波新書)を読みました。日本の雇用・労働関係、つまりは社会システムが今後どのようになって行ったらいいのか、その全体像をEUモデルを手がかりとして見通しています。私の考えてきたことと近い部分も...

志村建世のブログ
「世界一幸福な国・デンマークの暮らし方」を読む(3) at 2009/09/15(火) 11:48:16
 医療と老人福祉についても、デンマークの「暮らしやすさ」には、地域に細かいセーフティーネットが張ってあるという共通点があります。担当する家庭医や福祉委員が決まっていて、誰でも困ったときはどこへ連絡したらいいかを知っているというのです。そして医療も介...

志村建世のブログ
「世界一幸福な国・デンマークの暮らし方」を読む(2) at 2009/09/14(月) 11:59:54
 女性の就業率が高いということは、いわゆる専業主婦が少ないということです。そこでの子育ては、公立の保育園が主役になります。その保育園で働いている職員には若い母親たちが多いのですから、これは要するに地域での共同保育を国全体でやっているのと同じことです...

志村建世のブログ
「世界一幸福な国・デンマークの暮らし方」を読む(1) at 2009/09/13(日) 16:58:01
 千葉忠夫著・PHP新書の新刊です。世論調査で「自分を幸せだと思っている」と答える人の率が、2008年に最も高い国がデンマークだったということです。著者は30年以上にわたってデンマークで福祉の現場活動に従事してきた人です。26歳のときに「ヨーロッパに住みや...

志村建世のブログ
「なぜ都市が空襲されたのか」を読む(2) at 2009/09/03(木) 11:54:49
 同じころヨーロッパではドイツ軍が大陸を制覇して、イギリス本土攻略を意図していました。上陸作戦を視野に入れた爆撃を繰り返していましたが、当初は目標を軍事施設に限定していました。ヒトラーが、イギリス空軍によるベルリンへの報復を恐れていたからと言われま...

志村建世のブログ
「なぜ都市が空襲されたのか」を読む(1) at 2009/09/01(火) 14:26:36
 遊工房さんもイラスト・アニメを描いている「わが町清瀬・戦争と平和を歩く」のビデオでご縁のできた定信夫さんのお宅で、先日「同じ本を2冊買ってしまったから」と、この本を頂いてきました。永沢道雄著・光人社発行(2003年初版)です。  著者は私より3年先輩...

志村建世のブログ
「消費税は0%にできる」を読む(3) at 2009/08/19(水) 11:43:03
 私の書き方は、書評なのか選挙への提言なのか、わからない状態になってしまいましたが、とりあえず書き残した部分を補足しておきます。  この本での最大の「目からうろこ」は、新自由・市場原理主義は経済の発展を保証しないということでした。日本では消費税を3...

志村建世のブログ
「消費税は0%にできる」を読む(1) at 2009/08/17(月) 11:24:26
 書店でこの表題を見たとき、いわゆる「トンデモ本」の一種かと思いましたが、パラパラ中身を見ると、私がふだん考えていることと非常に近いので気になり、翌日に買ってみました。菊池英博著・ダイヤモンド社の単行本(1500円)です。ここ10年以上の日本の経済政策が...

志村建世のブログ
平岡久の「あの戦争 あの軍隊」 at 2009/08/09(日) 15:25:55
 平岡久さんは1919年(大正8年)生れ、淡路島の津名町佐野(現在は淡路市)の人です。今年で90歳になられますが、お元気です。農漁業の後継者でしたが2度の兵役に服し、最後はフィリピンで飢餓の敗戦を経験しました。戦後は地方政治の革新に尽力し、町議から町長に...

手当たり次第の読書日記
『厭な小説』 京極夏彦 at 2009/08/08(土) 13:24:51
厭な小説/京極 夏彦 ¥1,890 Amazon.co.jp 発売を知ってから実際に買うまで、かなりの逡巡がありました(笑)。 おや京極ファンなのに何で、と思われるかもしれませんが、実はこう見えても全ての京極作品を購入している訳ではありません。『どすこい(仮)』は...

志村建世のブログ
「マルクスの逆襲」を読む at 2009/07/11(土) 11:44:31
 「マルクスの逆襲」(三田誠広・集英社新書)を読みました。題名に引かれて買ったのですが、著者は安保闘争世代に属する作家ということで、理論的な解説というよりも、多分に情緒的で文化的な呼びかけのように感じられました。  ソ連が崩壊したとき、これを社会主...

志村建世のブログ
校正技術の電子時代 at 2009/07/05(日) 23:13:26
 書籍編集の仕上げ段階で重要なのが校正の仕事です。印刷の原型となるゲラ刷りを読んで、見落とされている誤りがないか、あらゆる角度から見て確かめなければなりません。人間の思い違いというのは種が尽きないもので、「校正恐るべし」というタイトルの名著を読んだ...

志村建世のブログ
「グローバル恐慌」を読む(2) at 2009/07/01(水) 15:43:26
 この本で著者が考えようとしているのは、資本主義では定期的な恐慌は絶対に避けられないのだろうかという疑問です。その問いに答が得られたわけではありませんが、結論部分で「21世紀型資本主義」へのヒントを、いくつか述べています。私はこの本の全体をよく理解し...

志村建世のブログ
「グローバル恐慌」を読む(1) at 2009/06/30(火) 13:18:13
 「グローバル恐慌・金融暴走時代の果てに」(浜矩子・岩波新書)を読んでいます。世界の経済に何が起こってこうなっているのか、その全体像を掴むのに好適な本のようです。第1章の「何がどうしてこうなった」から、わかりやすい語り口に魅了されました。債権の証券...

志村建世のブログ
「寺よ、変われ」を読む(2) at 2009/06/21(日) 14:17:13
 遺族の悲しみの前に無力である自分は宗教者の名に値するのか、僧侶の務めとは何なのか、この衝撃が著者を寺の改革へと向かわせました。自分の寺を舞台として実行してきたさまざまな改革の事例が、この本の大きな部分を占めています。仏教界の人たちばかりでなく「檀...

志村建世のブログ
「寺よ、変われ」を読む(1) at 2009/06/19(金) 14:34:54
 「寺よ、変われ」(高橋卓志・岩波新書)を読みました。日本仏教の今の姿を象徴している寺の現状を報告し、大きな文化遺産である寺の再生を説いています。著者は長野にある神宮寺(臨済宗)の住職であり、またNPO法人の代表や大学の教員も勤めている活動家です。...

志村建世のブログ
「思考停止社会」を読む(2) at 2009/05/18(月) 12:06:32
 アメリカでは、すでに出回っている食品の回収は、健康被害が予想される緊急な場合に発動される公的な命令による以外は、あまり例がないそうです。日本では僅かな「不祥事」の発覚でも、全面的な自主回収に行き着かないと収まらないのは、どうしてでしょうか。日本人...

志村建世のブログ
少年期の戦中と戦後(77) at 2009/05/18(月) 12:04:04
飯炊き担当と食糧事情  国民学校卒業から受験、入学の前後に、私が一貫して担当していた家事は、かまどで飯を炊くことだった。まだ都市ガスは出ないから、台所の外に物置とつながる屋根を渡し、そこに大型の陶製のかまどが据えてあって、そこで毎日薪で飯を炊いた...

志村建世のブログ
「思考停止社会」を読む(1) at 2009/05/14(木) 10:55:42
 「思考停止社会・『遵守』に蝕まれる日本」(郷原信郎・講談社現代新書)を読みました。現代の日本には、さまざまな思考停止状態が見られます。それは製品不信による企業のバッシングから始まって、裁判員制度の既成事実化、官僚叩き、政治家不信へと、止まるところ...

志村建世のブログ
「アメリカの金権政治」を読む at 2009/05/06(水) 21:38:30
 ドキュメント「アメリカの金権政治」(軽部謙介・岩波新書)を読みました。アメリカの政治の実態について、今までよく知らなかったことが書いてあり、オバマ大統領のブームもまた「金の力に物を言わせた勝利」であったことに、改めて気づかされました。  アメリカ...

あれやこれや
千の風になって-新井満 at 2009/05/02(土) 11:56:58
「千の風になって」 新井満 最近天気がいいですね。春がもうやってきていたんですね。季節はいつのまにかやってきますよね。それもこれも目に見えない風が運んでくるからなのかもしれないですね。 最近転職した職場が「映画 耳をすませば」の記事にも書いた初デートで歩...

あれやこれや
ようちゃんの夜-前川梓 at 2009/04/29(水) 09:43:12
「ようちゃんの夜」 前川梓 おはようございます。 世の中はゴールデンウイークですね。みなさんはどれだけ大型連休をとれるのでしょうか。僕も来週はお休みをもらえるみたいです。ありがたいことです。 そんなゴールデンウイークの空気にやられちゃったのでしょうか。今...

志村建世のブログ
貫井徳郎の「乱反射」を読む at 2009/04/26(日) 17:16:50
 「全く新しい社会派エンターテイメント」と帯の背文字に記した500ページあまりのミステリー小説でした。この本との出会いがまたミステリーめいていて、昨年の11月にこのブログで「神田川のやさしさ」という記事を書いたのが発端でした。その元になったのは朝日新聞に...

あれやこれや
短い夜の出来事 奇妙で愉快なショートショート集-江坂遊 at 2009/04/25(土) 10:10:41
「短い夜の出来事 奇妙で愉快なショートショート集」 江坂遊 こんにちは。 ご無沙汰してしまいました。 新しいことを始めると時間が経つのがあっという間ですね。いつのまにか一週間が経っていてびっくりです。でも仕事をしている間はまだ一時間も経たないなぁ、なんて

あれやこれや
きみが見つける物語 十代のための新名作 放課後編-浅田次郎 石田衣良 橋本紡 星新一 宮部みゆき at 2009/04/14(火) 07:10:56
「きみが見つける物語 十代のための新名作 放課後編」 浅田次郎 石田衣良 橋本紡 星新一 宮部みゆき おはようございます。 昨日は新職場、初日でした。前の晩は緊張でうまく眠れず、遠足の前の日の小学生みたいになっていました。仕事は前職と同じなので、なんの心配も

あれやこれや
アンダー・マイ・サム-伊藤たかみ at 2009/04/12(日) 15:58:28
「アンダー・マイ・サム」 伊藤たかみ こんにちは。 落ち込んだりもしたけれど、わたしは元気です。 失職した日から、みなさんにはご心配、ご迷惑をおかけしました。でもやっと次の職場を見つけることができました。渡り鳥のようにいくつも職を変わっているのですけど、...

志村建世のブログ
「日米同盟の正体」を読む(1) at 2009/04/08(水) 11:47:40
 「日米同盟の正体・迷走する安全保障」(孫崎享・講談社現代新書)を読んでいます。元外交官で防衛大学校の教授でもあった人の書いたものだけに、非常に面白く、安全保障問題についての私たちの盲点を教えてくれます。  まず冒頭で、日米安全保障条約は、実質的に...

あれやこれや
夫婦茶碗-町田康 at 2009/04/06(月) 17:01:20
「夫婦茶碗」 町田康 こんばんは。 先日観た料理番組で、イチゴと鶏肉の焼き鳥が紹介されていました。串にさして、一緒に焼いて肉が焼き上がったらバルサミコをかけるそうです。イチゴは焼いても甘ったるくならず、甘酸っぱくさわやかな味を楽しめるとのこと。誰が最初に...

あれやこれや
風に舞いあがるビニールシート-森絵都 at 2009/04/04(土) 16:01:38
「風に舞いあがるビニールシート」 森絵都 こんにちは。 桜がきれいですねぇ。近所の桜並木を車で走ってきたのですけど、風に舞う花びらがきれいでthe春!って感じで顔が自然とにやけてしまいます。やはり今週にしておけばよかったんですね。来年はもっと綿密な調査をし

あれやこれや
映画 イエスマン \"YES\"は人生のパスワード at 2009/04/02(木) 11:37:03
「映画 イエスマン \"YES\"は人生のパスワード」(公式サイトへ) こんにちは。 就活もうまくいかず、酒を飲んでも記憶をなくしてばっかりで、最近一年ぶりに再開したダーツもどんどん下手になっていき、最近いいことないなぁと思っているkbbです。 気分転換でもしよう...

あれやこれや
ミッキーマウスの憂鬱-松岡圭祐 at 2009/04/01(水) 13:04:43
「ミッキーマウスの憂鬱」 松岡圭祐 こんにちは。MOWさんのところでこんな動画が紹介されていました。 音が出るので注意です。むしろ笑い声を抑えてください。 犬の中に人が入っているんじゃないかって思わせるような動画ですね。思わず大爆笑してしまうのは僕だけで

あれやこれや
なんでも屋大蔵でございます-岡嶋二人 at 2009/03/30(月) 20:25:24
「なんでも屋大蔵でございます」 岡嶋二人 こんばんは。 土曜日にお花見行ってきました。総勢16人ぐらい集まって大成功でした。 朝早くから起きてお弁当をつくり、開始時間の二時間前から場所取りを行い、ブルーシートの下には防寒対策で段ボールを敷き詰め、僕のために

あれやこれや
ドッペルゲンガー奇譚集 死を招く影-アンソロジー at 2009/03/28(土) 08:24:43
「ドッペルゲンガー奇譚集 死を招く影」 阿刀田高 小池真理子 筒井康隆 増田みず子 生島治郎 森真沙子 山川方夫 皆川博子 都筑道夫 赤川次郎 おはようございます。 とうとう仕事が終わりました。今日から無職です。というわけでお祝いをしにお花見に行って来ます。5時に

あれやこれや
ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶-大崎善生 at 2009/03/26(木) 03:12:01
「ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶」 大崎善生 こんばんは。 毎朝、毎朝どこから湧いてくるのかって思うほどたくさんの人が電車に乗っていますよね。恋人同士のベッドの上。海外から久しぶりに帰ってきた友人と抱き合う空港。どちらも距離が0になることは親密感...

あれやこれや
さよならスナフキン-山崎マキコ at 2009/03/22(日) 23:58:34
「さよならスナフキン」 山崎マキコ こんばんは。 東京でも桜の開花宣言がでましたね。今週末にお花見を計画しているので、ちょうどよい時期に咲いてくれてうれしい限りです。でもちょうど満開の時期なので場所取りが大変かもしれないです。あんまり人のいっぱいいると

あれやこれや
青春デンデケデケデケ-芦原すなお at 2009/03/22(日) 01:35:48
「青春デンデケデケデケ」 芦原すなお こんばんは。 まだ昨日の二日酔いが残っています。10年以上前、まだ若かったあのころなら朝まで飲んでも昼過ぎには二日酔いも解消してきて腹減ったなぁ、なんて思っていたのに、大田胃酸を飲んでも全然治りません。年取った証拠の

あれやこれや
きのう、火星に行った。-笹生陽子 at 2009/03/21(土) 18:36:53
おはようございます。 昨日はデンマークから友人が一時帰国したので酔っぱらってきました。彼女はイタリア人の彼を連れて帰ってきていて総勢8人でお食事会です。彼との会話はもちろん英語。つたないスピーキング力とリスニング力しかない僕はお酒に逃避してしまうわけで、..

志村建世のブログ
対談「青い空は青いままで」を読む at 2009/03/17(火) 15:58:00
 先日の「平和祈念フェスタin 清瀬」の会場で買った、小森香子と小森陽一の対談集「青い空は青いままで」(五月書房)を読み終りました。詩人の小森香子さんと、息子の国文学者で「全国九条の会」の事務局長でもある小森陽一氏との対談を一冊にまとめたものです。母と...

あれやこれや
イニシエーション・ラブ-乾くるみ at 2009/03/15(日) 21:07:55
こんばんは。 初恋の人から手紙が来ました。ちょっと長いけど引用したいと思います。 kbbさん、元気にしてる? 今でも長ズボンの丈は微妙に短いままですか?洗濯で縮んだって必死に言い訳していたkbbさんをなつかしく思います。 泣きじゃくる私にkbbさんが「別れても連..

あれやこれや
石川くん-枡野浩一 at 2009/03/15(日) 10:54:22
「石川くん」 枡野浩一 おはようございます。休日の朝早くという時間でもないですけど、どうしてこんな時間に起きているかというと、TOEICを受けてきます。少しばかり英語が得意なので、履歴書にウリを一つでも多くつけようかと思って。そんなこけおどしが効くのかどうか...

あれやこれや
ワーキングガール・ウォーズ-柴田よしき at 2009/03/14(土) 07:56:04
「ワーキングガール・ウォーズ」 柴田よしき おはようございます。 昨日の記事に書いた「転活日記」って言葉ですが、何回か発音してみると、「天かす日記」にしか聞こえなくなるのは僕だけでしょうか?なんだかおいしい天丼を食べたくなってきました。 さて、柴田よし

あれやこれや
此処彼処-川上弘美 at 2009/03/12(木) 23:47:58
「此処彼処」 川上弘美 こんばんは。このブログ、最近転職がうまくいかないことばっかり書いてありますね。なんだか転活日記って感じです。本の感想がメインのはずだったのに。。。(笑)。 経済成長率 世界、軒並み落ち込み 「各国GDP比2%の財政出動」 米、G20会議...

あれやこれや
流星の絆-東野圭吾 at 2009/03/11(水) 02:08:21
「流星の絆」 東野圭吾 こんばんは。全然眠れなくてこんな時間に更新です。土日月と三連ちゃんで飲み過ぎてしまいました。そして今日の火曜日。なんだか体の芯から疲れが来ているような気がします。飲み過ぎで内蔵が疲れているのかもしれないですね。といって全然眠れな

あれやこれや
真昼の花-角田光代 at 2009/03/07(土) 17:10:26
「真昼の花」 角田光代 こんばんは。やっと転職活動が一段落しました。っていっても応募していた企業ほとんどから残念ですがって連絡がきただけなんですけどね。あと一社だけ連絡が来ていないところがあるので、それに賭けてみようかしらなんて思っています。人に審査さ

あれやこれや
コンピュータの熱い罠 at 2009/03/01(日) 15:04:10
「コンピュータの熱い罠」 岡嶋二人 こんにちは。 もう3月です。今年も六分の一が終わりましたね。時のすすみは早いようです。 って毎回こんなことを言っている気がしますけど、分数にしちゃうとなんかはやく進む気がしませんか?例えば僕はもう人生の二分の一を過ぎてい...

あれやこれや
世界中が雨だったら-市川拓司 at 2009/02/28(土) 16:31:51
「世界中が雨だったら」 市川拓司 こんにちは。 就職活動っていろんなことを教えてくれますね。実は自分がネクタイの結び方を知らなかったことを教えてくれたり、更級日記の作者が菅原なんとかさんだって教えてくれたり、how many times ~をhow often ~で書き換えられる...

高橋さんの写真館
葉子5 at 2009/02/28(土) 00:06:55
  *? 僕は未だに葉子の顔を知らない。そして、葉子も又、僕の本名を知らない。住所を匿した(かくした)この手紙をポストに投函した瞬間から、復た(また)僕は僕自身の生意気さを呵責(かしゃく)し、後悔した。折角、葉子が書いて呉れた手紙なのに、結局僕の正体を明...

高橋さんの写真館
かさぶた6 at 2009/02/28(土) 00:05:52
  *  漸く(ようやく)保健室の入り口に着いた。どうやらKさんに事情を話さなくて済んだとほっとした矢先だった。保健室の先生が、「どうしたの? どうしてこうなったの?」と、Kさんと同じ質問を僕に投げかけられた。Kさんは、「それが私も訊いたんだけど教えて...

高橋さんの写真館
かさぶた5 at 2009/02/27(金) 01:03:29
  *  「おい、どうしたんだ?」先生は細かい事情を僕に訊こうとした。「…な、何でも、ありません!」僕が口を閉ざすと、H君が、「あの、先生。T君の腕、凄い血だらけなんです」先生に言ってしまった。先生は、「うん? どうした、T!その腕、見せてみろ」先生に...

志村建世のブログ
「子どもの貧困」を読んで(2) at 2009/02/26(木) 11:45:26
「子どもの貧困」を読んで(2)  貧困の定義で国際的によく用いられるのは、その国の所得水準の中位の半分以下の所得しかない場合であるという。年収400万円が中位とすれば、200万円以下ということになる。この水準になると、いわゆる「世間並み」の生活が難しくなる...

高橋さんの写真館
かさぶた4 at 2009/02/26(木) 02:15:17
――大して美味い(うまい)ものではない!それはやけにぱさぱさして、それでいて歯にくっ付き易く食べ難いものだった。然し、僕にとって、この行為もまた恍惚(エクスタシー)の一つに同化てしまった。この行為は母を非常に吃驚(びっくり)させ、落胆させ、憤怒(ふんぬ...

高橋さんの写真館
葉子4 at 2009/02/26(木) 02:14:30
  *  僕は、心に楔が打ち込まれていたのを憶い(おもい)出した。昨夜、葉子から貰ったファンレターが僕の脳裡に甦った。――僕は幸福な気持ちで一杯だ。何故ならば、僕には、僕のことを知りたがって呉れている女性(ひと)がいるから。同時に、恥ずかしい気持ちで一...

志村建世のブログ
「子どもの貧困」を読んで(1) at 2009/02/25(水) 15:29:37
 またまた大変な本を読んでしまった。「子どもの貧困--日本の不公平を考える」(阿部彩・岩波新書)である。日本が子どもたちや母親に対して冷たい国だとは感じていたが、これほどとは思わなかった。少子化対策に担当大臣を置けばいいといったレベルの話ではない。...

高橋さんの写真館
かさぶた3 at 2009/02/25(水) 13:21:05
かさぶたは、それぞれその中心に黒くまん丸の直径1ミリ位の胡麻のような点(実はそこが傷口部分なのだが)がついていて、まるで蛙の卵のようだった。彼らは余りにも小さすぎて、爪の間から取るに取れず、困った。然し、僕はコンパスの針先のような。尖鋭(せんえい)なも...

高橋さんの写真館
葉子3 at 2009/02/25(水) 13:20:19
  *  「キャンパスを歩いても、楽しくない!」一年程前、僕と付き合っていた日置(ひき)信子がぽつりと呟いて、学校を退めた(やめた)。僕は信子を佐けて(たすけて)あげられなかった。でも僕はこれで良かったと思っている。仮に第三者から僕を冷酷者と叱責されよ...

高橋さんの写真館
かさぶた2 at 2009/02/25(水) 13:19:13
「ハイ、君はT君だね?」医者は僕の半袖の洋服を肩まで捲り(まくり)上げながら、無愛想に言った。僕が「はい」と小さな声で頷くと今度は黙ったまま、僕の腕にアンモニア消毒液を塗ると、例の判子のようなものを取り出した。アンモニアの臭いがつんと鼻を衝いた(ついた...

高橋さんの写真館
葉子2 at 2009/02/25(水) 13:18:26
  *  翌朝、僕は眠い目を擦りながら学校へ向かった。僕は昼間は一応大学生だが、授業なぞはあまり参加していない。大学受験では、文学部を選んだのだが、「文学部」らしきことは、悲しい哉、行ったことがない。僕が大学受験時(じ)に文学部を選んだ理由は、女の子が...

高橋さんの写真館
かさぶた1 at 2009/02/25(水) 13:08:01
さて、今回から「かさぶた」を掲載します。^±^ノ文芸春秋に出したのは、「葉子」と「かさぶた」だけで、ほかに「手鏡」という作品もあったんですが原稿用紙ごと紛失してしまい、今も家のどこかに眠っているかもしれません。かさぶたかさぶたというものは、一度気になり...

高橋さんの写真館
葉子1 at 2009/02/25(水) 13:07:05
昔、文春に投稿した小説をこの場をお借りして・・・。小説より拙文だってば。x±x身の程知らずにもほどがあるぞ~(゚Д゚)ノ作品は全2作です。「かさぶた」「葉子」では、「葉子」から・・・。 序この小説はフィクションであり、登場する人物、場所などは一切架空のも...

あれやこれや
余白の愛-小川洋子 at 2009/02/22(日) 16:01:19
「余白の愛」 小川洋子 こんにちは。 先日、待ち合わせをしていてしばらくハチ公前にいたのですけど、待ち合わせをしている男女の会話を聞いていて思ったことがありました。 男) 待った!? 女) 大丈夫だよ。 っていう会話がそこそこで聞こえたのですけど、これって以...

あれやこれや
エンジェル-石田衣良 at 2009/02/21(土) 15:55:45
「エンジェル」 石田衣良 こんにちは。 誰しもあるとは思いますけど、思い出したくないこと、考えたくもないことってありますよね。でも記憶っていうのは残酷なもので、そういうことに限ってなかなか忘れてくれないんですよね。いやになっちゃいますね。パソコンのよう...

あれやこれや
最後の恋-三浦しをん 谷村志穂 阿川佐和子 沢村凛 柴田よしき 松尾由美 乃南アサ 角田光代 at 2009/02/17(火) 07:39:37
「最後の恋」 三浦しをん 谷村志穂 阿川佐和子 沢村凛 柴田よしき 松尾由美 乃南アサ 角田光代 おはようございます。 おとといぐらいから鼻水はじゅるじゅるだし、のどはイガイガしているし、目はカユカユだしで完璧に花粉症の症状ですね。まだ二月だっていうのに、早す...

あれやこれや
羊をめぐる冒険-村上春樹 at 2009/02/15(日) 08:09:55
「羊をめぐる冒険 上」 「羊をめぐる冒険 下」 村上春樹 おはようございます。 先日新宿にあるベルギービール屋さんに行ってきました。一頃流行りましたね。そこで食べた牛肉の煮込みがすっごい柔らかくて、どれだけ仕込みに時間をかけているのだろうとびっくりしました...

あれやこれや
1973年のピンボール-村上春樹 at 2009/02/14(土) 13:54:14
「1973年のピンボール」 村上春樹 こんにちは。 先日中国で移植に必要な臓器を日本人が買いに行ったというニュースを見ました。その是非はともかく、それをみて気づいたことがありました。移植っていうのは全然別の個体がはいってくるのにもかかわらず、うまくいけばそ

あれやこれや
風の歌を聴け-村上春樹 at 2009/02/13(金) 17:09:44
「風の歌を聴け」 村上春樹 18歳の頃、もう12年も経つ。そのころつきあっていた女の子が薦めてくれたのが村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」。今となってはどんな言葉でその本を薦められたのか思い出すこともできない。それまでは、(それが悪いとは思わないけれど)

あれやこれや
アッシュベイビー-金原ひとみ at 2009/02/12(木) 08:07:47
「アッシュベイビー」 金原ひとみ こんばんは。 最近なんだか短いスカートの女の子が多い気がしませんか?まだまだ空気は寒いのに、季節感はそれよりも一足早く来るんでしょうね。先日デンマークに住んでいる女の子から絵はがきが届いたのですけど、デンマークは氷点下

梟通信~ホンの戯言
ワーキングプアでワーカホリックの生活白書 津村記久子「ポトスライムの舟」(文藝春秋3月号) at 2009/02/11(水) 21:35:57
第140回芥川賞受賞作。 29歳、独身、大学を出て入社した会社をモラルハラスメントにあって退社、流れてきた乳液のキャップを固く閉めて、表裏上下とひっくり返して確かめ、再びコンベアに戻すそれだけをする人間になって時給800円のパートから手取り13万8千円...

あれやこれや
村上春樹にご用心-内田樹 at 2009/02/11(水) 15:29:39
「村上春樹にご用心」 内田樹 こんばんは。 目の前にあるのに見えないものっていっぱいありますね。例えば親の愛。例えば友人の言葉。例えば捨て牌に見える当たり牌。困った物です。 さて、以前「羊男のクリスマス」を読んだときに村上春樹を読み返してみよう、と書い...

あれやこれや
真相-横山秀夫 at 2009/02/09(月) 18:33:44
「真相」 横山秀夫 こんばんは。 最近麻雀をやっても勝てないし、役満あがられるし、逆に役満をあがれなかったし、とツキがありません。バイオリズムが低下しているのかもしれませんね。この時期に何をしてもうまくいかないとは思いますけど、でも動かないといけないの

梟通信~ホンの戯言
好いなあ、落語の世界 堀井憲一郎「青い空、白い雲、しゅーっという落語」(双葉社) at 2009/02/08(日) 22:15:01
暮れの週刊文春に書いた落語家ベスト150で柳家小さんを150人の中に入れてなかった堀井憲一郎、落語の趣味は合う。 (baka)正直(そう)なところも。 今度は寄席やらホールなどに行った時に見聞きした愉快な話を達者な漫談口調で披露している。 いわば“寄...

あれやこれや
スキップ-北村薫 at 2009/02/08(日) 08:40:00
「スキップ」 北村薫 こんばんは。 先日駅で知り合いを見かけました。といっても顔は知っているのに、名前もどこで会った人かも思い出せなくて悶々としてしまいました。なんだかとっても悲しい気分になりますね。 さて、以前創作表現の本を読んだのですけど、なんにも

あれやこれや
こうふく あかの-西加奈子 at 2009/02/07(土) 23:38:12
「こうふく あかの」 西加奈子 こんばんは。あんまり更新しないと、前回の痴漢はおまえじゃないかと疑われちゃいそうですね。あぶないあぶないだぜ。 さて、アントニオ猪木です。なんだかとってもこの人を尊敬しているというか、この人からパワーをもらっている人が多い...

あれやこれや
こうふく みどりの-西加奈子 at 2009/02/04(水) 23:27:17
「こうふく みどりの」 西加奈子 こんばんは。 今朝通勤中に京王線で痴漢が捕まっているのを目撃しました。 被害者とおぼしき女性が男性を駅員さんに突きだしていました。なんだかこわくなってしまいました。 冤罪だったら自分がその立場になりえるわけででこわいですし...

梟通信~ホンの戯言
旅行情報誌よりは面白い特集「本当は知らない韓国 『国文学 2月号』(学燈社) at 2009/02/04(水) 00:32:42
こんな雑誌、随分とご無沙汰だ。 大昔に小津安二郎(野田高吾)の脚本についての特集を読んだことがあるような気がする。 「言語生活」とかいう雑誌の方がいくらか馴染みがあるかな。 これはもう廃刊だったか。 二三度旅行に行っただけで「本当は」ではなくてほと

あれやこれや
ダーティ・ワーク-絲山秋子 at 2009/02/03(火) 22:01:21
「ダーティ・ワーク」 絲山秋子 こんばんは。 タバコやめる宣言したのにいつまでもやめられません。なんか画期的なアイデアがあればやめるんですけどね。禁煙している最中もとっても楽しい気分になれるなんかがあればね。 さて、絲山秋子「ダーティ・ワーク」です。 冒...

あれやこれや
肩胛骨は翼のなごり-デイヴィッド・アーモンド at 2009/02/03(火) 11:08:11
「肩胛骨は翼のなごり」 デイヴィッド・アーモンド おはようございます。 今日は仮病を使ってサボリです。これぐらい許されますよね。 先日ケーブルテレビで映画を観ました。その名も「天然コケッコー」。主演の夏帆ちゃんがとってもかわいい映画でした。ストーリーは東

梟通信~ホンの戯言
ノーマ・フィールド「小林多喜二ー21世紀にどう読むか」(岩波新書) at 2009/02/01(日) 22:39:26
「蟹工船」の作者、小林多喜二、30歳は1933年2月20日、警視庁特高ナップ係の中川成美とその部下たちによって拷問され死んだ。 3時間の拷問は情報を吐き出させるのが主眼ではない。多喜二の苦しみを味わう時間を彼らは必要としていた、としか理解しようがない。...

あれやこれや
東京タワー-江國香織 at 2009/02/01(日) 01:17:21
「東京タワー」 江國香織 こんばんは。 安心していた日々もいつか終わりが来て、新たなところへ旅立っていかなければならないんでしょうね。 さて、江國香織「東京タワー」です。 たまに読むたくなるんですよねぇ、江國香織。文章というか、世界に触れたくなるんでしょ

梟通信~ホンの戯言
乞食を逮捕した明治の東京府 塩見鮮一郎「江戸の非人頭 車善七」(河出文庫) at 2009/01/31(土) 22:14:53
穢多(エタ)・非人という差別されてきた人々。 江戸時代には世襲の非人頭や穢多頭がいて幕府の統治機構に組み入れられていた。 それなのに天保10年(1839年)に町奉行が浅草の非人頭を呼びだして、非人の定義と起源を訊ねている。 彼らも分からなくなっていたの...

あれやこれや
ハードボイルドで行こう-火浦功 at 2009/01/31(土) 17:38:24
「ハードボイルドで行こう」 火浦功 こんにちは。 こんな世の中だから「ハードでなくては生きていけない。優しくなければ生きる資格がない」 って感じでハードボイルドに生きていこうと思うのですけど、ハードボイルドになれるほどかっこよくない僕の場合は荻原浩の「ハ...

志村建世のブログ
「森の力」を読む(1) at 2009/01/31(土) 15:17:57
「森の力」(浜田久美子・岩波新書)を読みました。著者は精神科のカウンセラーを経て、森の魅力に触れて森林をテーマとした著述業に転進したということです。この本では、人間にとって森林がいかに大切なものであるかを説き、日本の森林の未来に、光明を見出そうとし...

あれやこれや
羊男のクリスマス-村上春樹 佐々木マキ at 2009/01/31(土) 13:28:21
「羊男のクリスマス」 村上春樹 こんにちは。 ともすれば、一人に時につい落ち込んでしまうけど、そんなときはほのぼのとした本を読みたいですね。前に飲んだ友達と村上春樹のことで盛り上がったときに教えてもらった作品です。佐々木マキとの絵本のような作品。そう「

手当たり次第の読書日記
『夕ばえ作戦』 光瀬龍 at 2009/01/31(土) 10:26:00
夕ばえ作戦 (ハルキ文庫)/光瀬 龍 ¥966 Amazon.co.jp 『銀河英雄伝説』に『ルー=ガルー』、愛読小説が2つもマンガ化されている「COMICリュウ」。当然欠かさず立ち読みしている訳ですが(←買えよ/爆)、まさか3つ目がこれになるとは……! 光瀬龍ジュブナ...

梟通信~ホンの戯言
チェ・ゲバラの素顔 アレイダ・マルチ「わが夫、チェ・ゲバラ 愛と革命の追憶」(朝日新聞出版) at 2009/01/30(金) 23:17:34
チェ・ゲバラはバティスタ政権打倒後、工業、銀行、農業、教育、、多くの部門の責任者としてキューバの建設に心血を注ぐ。 自己献身、弱いものへの思いやり、平等主義、、まさに愛こそ革命家の本質、日々生長する革命家だった。 革命戦争をともに戦い結婚してからも秘...

あれやこれや
黄色い目の魚-佐藤多佳子 at 2009/01/30(金) 22:55:18
「黄色い目の魚」 佐藤多佳子 こんばんは。 今日は豪華二本立てです。 最近の日本の女子テニス勢は大活躍ですね。杉山愛は惜しくも敗れましたけどダブルスで決勝に行きましたし、なんといっても伊達公子でしょう。13年ぶりに四大大会ってどんだけスーパーウーマンなん

あれやこれや
殺人!ザ・東京ドーム-岡嶋二人 at 2009/01/30(金) 22:32:43
「殺人!ザ・東京ドーム」 岡嶋二人 こんばんは。 ご無沙汰です。景気が悪くなってからどんどん人員整理が行われていますね。派遣切りやらなんやら。一週間ぐらい前まではそういうニュースを見ても他人事だったのですけどね。 どうやら僕はリストラされるようです。三月...

梟通信~ホンの戯言
坊っちゃん+チュンバ+東堂二等兵 鈴木隆「けんかえれじい」(岩波現代文庫) at 2009/01/27(火) 22:34:44
痛快、爽快、愉快、快男児・麒六の青春一代記。 岡山で厳格なカトリックの父に育てられ教会に通いながらも喧嘩道を究めることを目指す。 弱くても勝てる修行、先生はスッポン先生。 非道、弱いものいじめ、衆を頼む、空疎な権威主義、、こういうものに合うとある時点で...

手当たり次第の読書日記
『江戸時代を[探検]する』 山本博文 at 2009/01/24(土) 23:50:43
江戸時代を“探検”する (新潮文庫)/山本 博文 ¥460 Amazon.co.jp 父親が図書館から借りてきたのをまた私が拝借して読んでみました。画像の表紙とは微妙にタイトルの表記が違ってますが、父が借りたのが単行本のほうだったので(笑)。 書き下ろしではなく

梟通信~ホンの戯言
牢屋では隠語を使わないと無教養の誹り? at 2009/01/24(土) 23:16:09
今読んでる「けんかえれじい」に出てくる留置場のなかの犯罪者たちの隠語、いくつ分かりますか。 ひとつも分からなくても恥じる必要はないのです。 キスグレ セブリ ダイキョウ ガリ ケダモノ ハダシ ハナレル キャタツ レンコン ヤチハクイ ヒツジ フロ ...

あれやこれや
女たちは二度遊ぶ-吉田修一 at 2009/01/24(土) 11:37:45
「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一 こんにちは。 最近ついつい会社帰りに遊び過ぎちゃって更新がおろそかになってしまいました。遊び過ぎちゃうとどうしても生活が乱れてしまいますね。朝起きれなくなったり、ゴミを出し忘れてしまったり。いけないけないと思いつつも次の

梟通信~ホンの戯言
KY結構上等じゃないか 「防衛省元幹部3人の志」(3・箕輪登) at 2009/01/22(木) 22:19:30
箕輪登。 1924年生まれ、北大医学専門部卒、医師となる。 1967年衆議院に、以後8期連続当選。 防衛政務次官、衆議院安全保障特別委員長、自民党国防部会長、日韓防衛議員連盟幹事長、日本戦略研究センター理事長などを歴任、政府自民党の「専守防衛」の憲法解...

手当たり次第の読書日記
『遠山金四郎』 岡崎寛徳 at 2009/01/21(水) 11:56:20
遠山金四郎 (講談社現代新書)/岡崎 寛徳 ¥777 Amazon.co.jp 遠山金四郎、つまり「金さん」です。遠山左衛門尉景元。 こういう書名ですが、彼のことについてばかり書かれている本じゃないんですね。その父・遠山景晋の事績についても実に詳しく述べられてい

梟通信~ホンの戯言
国家の品格・竹岡の論「防衛省元幹部3人の志」〈2・竹岡勝美) at 2009/01/20(火) 23:27:39
竹岡勝美。 1923年生まれ。京都大学法卒後、警察庁上級職。 岡山・鳥取県警本部長歴任後、防衛庁に。 官房長、調達実施本部長を歴任1980年退官。100万年単位の人類の歴史は間違いなく進歩している。〈略)このモラルの進化の方向は、すべての人間が平等に、...

梟通信~ホンの戯言
小池清彦・竹岡勝美・箕輪登「我、自衛隊を愛す 故に、憲法9条を守る 防衛省元幹部3人の志」(1) at 2009/01/19(月) 23:02:35
憲法第9条と自衛隊の関係。 いろんな考え方があって”素人”にはどれが正しいのか、分からなくなる。 「戦争は絶対嫌だ」、それでみんなが一致するかと思えば、すでにそこで「嫌だといって済んでいれば世話はない。お前が考えるより現実は厳しい。」などとまるで俺が小...

あれやこれや
八月の路上に捨てる-伊藤たかみ at 2009/01/18(日) 00:00:59
「八月の路上に捨てる」 伊藤たかみ こんばんは。 先日の鴻池官房副長官の女性問題のニュースをネットでみていて不思議に思いました。 官房長官、鴻池副長官に厳重注意 週刊誌報道巡り 河村建夫官房長官は15日、鴻池祥肇官房副長官が知人の女性に議員宿舎の鍵を渡し

梟通信~ホンの戯言
貧しきことは幸いなるかな 土屋賢二「ツチヤの貧格」(文藝春秋) at 2009/01/17(土) 21:55:42
本に意味を求めるのは、底のないバケツをさがすようなものだ本書に数多記されているツチヤ師の含蓄に富んだ奥深いお言葉のひとつである。挫折するためにも目標は立てなければならない深遠だノウ。 師の畏るべき妻の現在一番の望み(五百万個ある望みの内の一番という意...

あれやこれや
新婚旅行は命がけ 新婚物語?-新井素子 at 2009/01/17(土) 17:47:41
「新婚旅行は命がけ 新婚物語?」 新井素子 こんにちは。 先日友人からこんな質問をされました。 「近々結婚するの?」 そんな予定も相手もあらず、どうしてそんなこと聞くのだろうかと考えてみたら、一つ思い当たる節が……。 今年の年賀状を送るのに、友人に住所を聞い...

あれやこれや
一人ひとりに未来を創る力がある テラ・ルネッサンス ?-西原大多郎 田原実 at 2009/01/17(土) 00:33:28
「一人ひとりに未来を創る力がある テラ・ルネッサンス ?」 西原大多郎 田原実 こんばんは。 今朝起きてテレビを見たら旅客機が墜落、なんてニュースが出ていて一気に目が覚めてしまいました。スーパーで「乗員乗客115人」なんて書いてあって、最後まで読まずに悲惨な事...

あれやこれや
ほぼ日刊イトイ新聞の本-糸井重里 at 2009/01/16(金) 23:40:05
「ほぼ日刊イトイ新聞の本」 糸井重里 こんばんは。 俺ってセクシーだろ? タクシーの間違いじゃない? ってどこかのお笑い芸人が言っていましたけど、まさに僕のことでしょうかね。 さて、「言いまつがい」や「オトナ語の謎」のようなコンテンツがあるここならそんな...

手当たり次第の読書日記
......意味が判らない(苦笑) at 2009/01/16(金) 16:40:52
『さよなら僕の夏』に大喜びしたのは、これが正真正銘『たんぽぽのお酒』の続編、ブラッドベリの作品だったからです。 でも、こちらの続編情報は、正直、判断に困る訳でして。 『クマのプーさん』80年ぶりの続編が、10月に出版されるのだそうですが……。 作者ミルンは...

手当たり次第の読書日記
『リアルのゆくえ』 大塚英志+東浩紀 at 2009/01/12(月) 12:07:53
リアルのゆくえ──おたく オタクはどう生きるか (講談社現代新書)/東 浩紀 ¥903 Amazon.co.jp 大塚英志愛読者の端くれであるつもりの私ですが、この本は、最初買おうというつもりは全くありませんでした。 というのは、大塚さん単独の作物じゃないから。...

志村建世のブログ
「森林と人間」を読む(1) at 2009/01/11(日) 18:35:03
石城(いしがき)謙吉の「森林と人間」(岩波新書)を読みました。正月の書店で、ふと自然に帰りたいような気分があって、目に止まりました。著者は北大の苫小牧演習林の林長を長く勤め、荒れていた森林を整備して、森と人間との共生の場に育て上げた人です。もとは動...

あれやこれや
しょっぱいドライブ-大道珠貴 at 2009/01/11(日) 02:05:18
「しょっぱいドライブ」 大道珠貴 こんにちは。 いつまで経っても山崎ナオコーラをオナコーラって覚えてしまっていて治りません。どうにかならないのでしょうか。 さて今日の作品ですが、実は手元にありません。読んだその日に飲んだ友人に貸してしまったのです。「人

梟通信~ホンの戯言
ベストセラーを読みますか? 岡野宏文・豊崎由美「百年の誤読」(ちくま文庫) at 2009/01/10(土) 22:21:53
1900年から2004年までのベストセラー100冊以上を改めて読み直した二人が読後感を楽しく戦わす。 率直にけなしたりからかったり讃嘆したりする。 居酒屋で飲んで、知ってる本のことなんかをアーダコーダ言うのって楽しい(相手にも寄るけれど)。 ちょうど...

あれやこれや
マリモ 酒漬けOL物語-山崎マキコ at 2009/01/10(土) 13:34:57
「マリモ 酒漬けOL物語」 山崎マキコ こんにちは。 酒好きの僕ですが、周りの女の子にそれにつきあって同じようなペースで飲んでくれる人がいなくていつもつまらない思いをしています。 そんな僕と一緒に飲んでくれる酒漬けOLさんはいないかと周りを見回していたところ...

手当たり次第の読書日記
行ってみましたジュンク堂書店! at 2009/01/10(土) 11:27:12
札幌は大通の丸井今井デパート南館、何と地下2階から地上4階までを占拠する、これまで北海道内に存在した書店の中で最もデカいのは間違いがない「ジュンク堂書店」! 年末の慌しさと職場のシフトのせいで、とっくにオープンしているにもかかわらず今まで行けずじまいでし...

あれやこれや
天下り酒場-原宏一 at 2009/01/08(木) 23:24:20
「天下り酒場」 原宏一 こんばんは。 電車の中で「いいまつがい」を読むOLを見つけました。。 いつクスっとやるかちらちらと観察してしまいました。やな趣味ですよねー。クスリともせずつまらなさそうに読んでいたのがちょっとショックだったんですけどねぇ。 同じよう...

あれやこれや
温室デイズ-瀬尾まいこ at 2009/01/05(月) 04:11:11
「温室デイズ」 瀬尾まいこ こんばんは。 まずいです。全然眠れません。不規則な生活を正月にしてしまったからでしょうかね。明日から仕事だっていうのにねぇ。どうしましょ・・・。 まぁ気分転換にブログでも書きますかね。 先日ケーブルテレビでハリウッド版「ゴジラ

あれやこれや
オテル モル-栗田有紀 at 2009/01/03(土) 17:29:09
「オテル モル」 栗田有起 こんにちは。 もう正月三が日も終わりですね。なんだかんだでだらだらと過ごしています。正月休みも明日で終わりだなんて、寂しいですね。こうやって毎日毎日どんどん過ぎていくんですね。って年末にも同じような反省をしていたのはきっと気の

梟通信~ホンの戯言
いつも”仕掛けられる“罠 デニス・ルヘイン「運命の日」(上下)(早川書房) at 2009/01/02(金) 22:18:50
1918年のワールドシリーズ、シカゴ・カブスとボストン・レッドソックスのメンバーは第4試合に臨むべく鉄道で移動していた。 途中、オハイオで列車が故障して長時間停車している間にベーブ・ルースが野原を歩いてぶつかった(ベーブが天真らんまんに彼らに声をかける...

あれやこれや
もうひとつの恋-俵万智 浅井慎平 at 2009/01/01(木) 14:16:38
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくおねがいいたします。 今日はいい天気ですね。初日の出もきれいに見えたことでしょうね。 といっている僕は、昨日の23時に眠りに落ちてしまって年始から早寝早起きを達成しました!ってどんだけポジティブかよって..

あれやこれや
リセット・ボタン-伊藤たかみ at 2008/12/31(水) 18:42:56
「リセット・ボタン」 伊藤たかみ こんばんは。 みなさま、今年も一年間ありがとうございました。2005年にこのブログをはじめましたけど、初めて一年間を通して記事をアップできる年になりました。今年は247冊の本を読めたみたいです。三日で二冊ぐらいでした。一日一冊...

あれやこれや
太陽の季節-石原慎太郎 at 2008/12/31(水) 17:47:44
「太陽の季節」 石原慎太郎 こんばんは。 昨日は久しぶりにゴルフに行ってきました。スコアはあまり聞かないでくださいな。一打100円しかかかっていないからお得なゴルフでしたってだけ言っておきましょうかね。予報では寒くなるって聞いていたのですけど、すっごいいい...

あれやこれや
ロマンティック-大久秀憲 at 2008/12/31(水) 17:23:31
「ロマンティック」 大久秀憲 こんにちは。今年の垢は今年の内にということで今年読んだ本は今年中に。怠けていた証拠なんですけど、今年読んでまだ記事にしていないのが、あと三冊もあるんです。今年中におわるこかしら。 さて、「ロマンティック」、大久秀憲です。表

あれやこれや
戦国自衛隊-半村良 at 2008/12/31(水) 16:59:56
「戦国自衛隊」 半村良 こんにちは。とうとう大晦日ですね。 今年もどこかのテレビ局で忠臣蔵をやるんでしょうかね。毎年恒例のことですから、どこかでやっていないと心配になっちゃいますよね。自分のところだけテレビが映らなくなったのかしら、ってね。 さて「戦国自...

梟通信~ホンの戯言
今年読んだ本ベスト20(と少し) 世の中、神聖喜劇ならざる“真正悲劇”だぜ at 2008/12/30(火) 22:09:06
あっちこっちで今年のベスト、俺もやってみよう。 今年「 今週の1冊、又は2・3冊」に書いた記事は110件、上下とかもあるから、おおむね三日に一冊強読んだことになる。 このほかに記事に載せなかった本とか、途中で止まっている本も多い。 若い頃はちょっと

あれやこれや
ななつのこ-加納朋子 at 2008/12/29(月) 16:29:36
「ななつのこ」 加納朋子 こんにちは。とうとう29日ですね。年賀状も書き終わって、忘年会の予定もすべてこなしたあとは新しい年を静かに待つだけですね。テレビも相変わらずお笑い番組だらけっていうのも例年通りの日本のようで安心ですね。今年の反省でもしながら新し

あれやこれや
スモールトーク-絲山秋子 at 2008/12/28(日) 17:41:41
「スモールトーク」 絲山秋子 こんにちは。 またやってしまいました。例年のことですが、今年のいやなことを忘れるはずの忘年会でまたもや忘れられないポカをやっちゃいました。もう俺ってだめだなぁ、なんて酒が覚めてから思い始めてもおそいんですよね。だいたい反省す...

あれやこれや
コイノカオリ-アンソロジー at 2008/12/27(土) 15:06:38
「コイノカオリ」 角田光代 島本理生 栗田有起 生田紗代 宮下奈都 井上荒野 こんにちは。 今日は友人と忘年会の予定です。14人集まってどんちゃんさわぎです、ってお店には迷惑なだけですね。今日はデンマーク在住の友人も来てくれることになっています。毎回誕生日会で...

あれやこれや
客室乗務員は見た!-伊集院憲弘 at 2008/12/27(土) 14:04:01
「客室乗務員は見た!」 伊集院憲弘 こんにちは。 小学校のときの夏休みの宿題のように最後の帳尻を合わせるかのように更新していますけどお許しを。 さて、僕の働いているところは昨日で仕事納めでした。というわけで酔っぱらって帰ってきたわけですが、まだ仕事納め

あれやこれや
いま、会いにゆきます-市川拓司 at 2008/12/27(土) 13:09:11
「いま、会いにゆきます」 市川拓司 こんばんは。 先日家に帰ろうと電車に乗ろうとしていました。扉があいた電車から突然五歳ぐらいの男の子が飛び出してきました。その後ろからお母さんが「たーいむ!!」と大きな声で言ったらその子が急ブレーキをかけて止まりました

梟通信~ホンの戯言
左翼とアメリカはシャム双生児? 佐伯啓思「自由と民主主義をもうやめる」〈幻冬舎新書) at 2008/12/26(金) 22:37:12
第二次大戦と冷戦における自由と民主主義の勝利は、世界を20世紀初めの状態に戻した。冨を実現し、人々の欲望を解放することが、社会の規律を衰弱させる。秩序を維持しようという人間の意志を麻痺させてゆく。市民社会の道徳や正義に確かな根拠を与えられなくなる。人々...

志村建世のブログ
湯浅誠の「反貧困」を読む(2) at 2008/12/23(火) 13:23:14
この本で知った印象的な事実は、生活の破綻は自助努力の不足からではなく、自助努力の過剰から起こる場合が多いということでした。教育の格差などでもともと弱い立場の人が安定収入を失った場合、視野が狭いためにすべてが自分の責任だと思いこみ、自分の正当な権利や...

あれやこれや
サラダ記念日-俵万智 at 2008/12/23(火) 10:42:45
「サラダ記念日」 俵万智 「この味がいいね」と君が言ったから十二月十三日は鍋記念日 おはようございます。 おとといはあんなに暖かかったのに、今日はとっても寒いですね。布団から出るのがいやになっちゃいます。でも、考えてみるとたった一日暖かかっただけですし、...

志村建世のブログ
湯浅誠の「反貧困」を読む(1) at 2008/12/22(月) 11:53:42
湯浅誠の「反貧困」(岩波新書)を読みました。もっと早くに読むべき本でした。この4月に出ていたのに、なぜか見落としていました。天木直人氏が湯浅誠に政治改革の期待を寄せ、この本に感動したと書いているのを見て、ちょうど入荷したばかりの重版を買ってきました。...

あれやこれや
約束-石田衣良 at 2008/12/21(日) 18:51:32
「約束」 石田衣良 こんばんは。 今年の垢は今年の内にとよくいいますけど、最近更新をさぼっているおかげで机の横に8冊の本が貯まっています。というわけでこの本たちの感想は今年中に書ければいいなぁ。 っていうかもう、今年も終わりですね。今年獲得したものは何か...

手当たり次第の読書日記
「本の雑誌」 at 2008/12/21(日) 18:04:01
本の雑誌 306号 ¥530 Amazon.co.jp 昨日今日始まったことではありませんが、いやあ不景気ですね。 私の職場では、今年はボーナスが頂けない模様です。しかしこれは正直、非常に納得がいかない。だって製造業じゃないし、金融危機の影響を被るような業種で...

梟通信~ホンの戯言
自分の作った武器が子どもを殺してる? 島本慈子「ルポ 労働と戦争 -この国のいまと未来」(岩波新書) at 2008/12/19(金) 22:40:22
憲法9条があっても日本人のかなりの人が戦争に加担している。 米軍基地、武器製造、航空、、。 これらは目に見える形での加担だ。 特にハイテク兵器は部品が細分化して作られているから生産に携わっている人はそれが武器になってイラクやアフガニスタンで使われてい...

志村建世のブログ
貧困のない世界を創る(2) at 2008/12/19(金) 16:00:36
ムハマド・ユヌスが携帯電話事業の次に手がけたのは、子どもたちの栄養改善に役立つ食品事業でした。発育不良で障害を起こすような子どもを作らないためには、コカ・コーラよりも安くて、栄養価の高い食品が必要であることは明らかでした。この事業で、ムハマド・ユヌ...

あれやこれや
嫌われ松子の一生 上下-山田宗樹 at 2008/12/18(木) 22:17:35
「嫌われ松子の一生 上」 href=\"http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344405625/drintearandme-22/ref=nosim\">「嫌われ松子の一生 下」 山田宗樹 こんばんは。 先日フットサルで足首を捻挫した、と書きましたけど、それがいつまでも治らなくてだんだん不安に..

志村建世のブログ
貧困のない世界を創る(1) at 2008/12/18(木) 00:12:25
タイトルは、ムハマド・ユヌスの著書(早川書房)で、副題は「ソーシャル・ビジネスと新しい資本主義」、著者はバングラディシュで貧困層のためのグラミン銀行を創立して以来、貧困を解消するソーシャル・ビジネスで大きな成果をあげつつある実践家です。一人のノーベル...

あれやこれや
吉祥寺幸荘物語-花村萬月 at 2008/12/18(木) 00:08:58
「吉祥寺幸荘物語」 花村萬月 こんばんは。 最近なんだか人と話すのが辛いです。まぁいつものことなんですけどね。人と飲みに行ってもちょっとした沈黙に耐えられなくて、無理矢理話題をつくとうとするのですけど、その話題が唐突であったりつまらないものであったりと

志村建世のブログ
小学三年生で経験した静岡空襲 at 2008/12/15(月) 11:36:54
(志村ひさ江・記)  昭和二十年八月十五日、終戦の日。その日の正午、疎開先の祖父の生家、梅ケ島村花崎の家の縁側に村中の人が集まって一台のラジオを囲み、玉音放送を聞きました。三年生になったばかり、九歳の私には内容はよくわからなかったけれど、天皇陛下と...

あれやこれや
ドライブイン蒲生-伊藤たかみ at 2008/12/14(日) 18:52:46
「ドライブイン蒲生」 伊藤たかみ こんばんは。 金曜日に会社の人とフットサルに行って来たのですけど、アップも終わってさぁがんばろうと、ボールを追いかけていたら、一試合目に足をひねってしまいました。足を着くこともできずその後はずっと見学なんて、なにしにいっ...

梟通信~ホンの戯言
サブプライム問題の意味 水野和夫「金融大崩壊 “アメリカ金融帝国”の終焉」 at 2008/12/12(金) 22:52:13
16世紀に誕生した資本主義では、はじめ資本と国家と国民が三者に利害が一致していた。 それがべトナム戦争の頃から市場を思うように拡大できなくなって労働者への分配率を切り下げるようになった。 福祉国家・「大きな政府」の終焉に代わって新自由主義、「努力すれば...

あれやこれや
君の鳥は歌を歌える-枡野浩一 at 2008/12/10(水) 23:06:09
「君の鳥は歌を歌える」 枡野浩一 こんばんは。 韓国語の勉強を始めたと以前書きましたけど、とりあえず初学者向けの本を読みはじめました。日本語の50音に対応させたハングルの表なんかも見つけて自分の名前を書いて喜んでいます。英語を最初に勉強したときもそうやっ

梟通信~ホンの戯言
好きだなあ、こういうオッサン R・D・ウィングフィールド「フロスト気質」(創元推理文庫)  at 2008/12/08(月) 22:03:57
「クリスマスのフロスト」「フロスト日和」と読んで好きになったジャック・フロスト警部。 着たきり雀のコートにジャケット、イギリスの片田舎って寒いんだろうな、小汚いエビ茶色のマフラーもトレードマーク。 惚れて一緒になった女房にも直ぐにアイソをつかさ

あれやこれや
視えずの魚-明石散人 at 2008/12/07(日) 03:04:58
「視えずの魚」 明石散人 こんばんは。 昨日のニュースで見たのですけど、写楽が扇に書いた肉筆画がギリシャの美術館で見つかったそうですね。(って今ネットで調べたらもう半年くらい前のお話だったようです。)こんな長い間誰にも写楽作だって気づかれなかった作品もす...

あれやこれや
そして扉が閉ざされた-岡嶋二人 at 2008/12/06(土) 13:06:06
「そして扉が閉ざされた」 岡嶋二人 こんにちは。 同僚に毎朝いろんな飲み物を飲みながら喫煙室に入ってくる人がいます。ある日はウーロン茶、ある日はコンビニで売っているスターバックスのカフェオレ、ある日は野菜生活などなど。野菜生活飲むぐらいなら、それに入っ

志村建世のブログ
「武装解除・紛争屋が見た世界」を読む at 2008/12/05(金) 13:52:02
「武装解除・紛争屋が見た世界」(伊勢崎賢治・講談社現代新書)を読みました。著者はインドへの留学中にボンベイ(ムンバイ)スラム街の住民運動にかかわり、国際NGOに身を投じたのを皮切りとして、世界の紛争地帯で平和構築の最前線で活躍するようになった快男児...

あれやこれや
現代語訳 徒然草-吉田兼好 佐藤春夫 at 2008/12/05(金) 00:00:34
「現代語訳 徒然草」 吉田兼好 佐藤春夫訳 こんばんは。 今日電車の中で本を読んでいたら小学生四人組の会話が聞こえてきました。その中で中心となっているような男の子が 「相対性理論なんてまともに説明できる人は世界に何人もいない。」 と言い出しました。なんでもい...

梟通信~ホンの戯言
ユーウツな裁判員制度の発足 コリンP.A.ジョーンズ「アメリカ人弁護士が見た裁判員制度」(2) at 2008/12/04(木) 22:47:02
コリンは云う。裁判員制度は裁判所に対する批判をなくすためにある。今まであった「常識がない」とか「量刑がおかしい」「冤罪」、、多くの裁判に対する批判が、裁判員を関与させることによって封じられるのだと。 そうじゃないだろう! 裁判員制度支持派はいうだろ

梟通信~ホンの戯言
お役所が作るお役所のための日本の法律 コリンP.A.ジョーンズ「アメリカ人弁護士が見た裁判員制度」 at 2008/11/30(日) 22:16:39
日本の法律はお役所が自分の仕事をやりやすいように、自分たちの権限と威厳のために作る。 だから法律ごとに役所の縄張りがある。 役所は権限を持って国民に強制したり命じたりいろいろできるけれど、それは役所の裁量にゆだねられていることが多く、法律の定め通り実行...

あれやこれや
地下鉄(メトロ)に乗って-浅田次郎 at 2008/11/29(土) 14:39:55
「地下鉄(メトロ)に乗って」 浅田次郎 こんにちは。 昨日はお誕生日でした。とうとう30の大台です。これからは単位を10として、三ちゃいとして生きていこうと思います。 さて、昨日は誰もつきあってくれる人がいなくて一人で飲む予定だったのですけど、おめでとうメ

志村建世のブログ
「日本語が亡びるとき」を読んで(4) at 2008/11/29(土) 11:52:09
日本語の長所として、私が日ごろ感じているのは「速読性」です。文章の中に散らばる漢語が目印になって、要点を掴むのが非常に早くできるのです。「ななめ読み」という言葉がありますが、資料探しなどで飛ばし読みをするとき、文面を数秒間見回すだけで、書かれている...

あれやこれや
夜のピクニック-恩田陸 at 2008/11/27(木) 22:37:02
「夜のピクニック」 恩田陸 こんばんは。 左の自己紹介のところで、切り捨てで20歳って書いてあるのですけど、とうとう明日で切り捨てても20にはなれなくなっちゃいます。これからは10の位を切り捨てて0ちゃいって紹介することにしようかしら、なんて考えているのですけ...

手当たり次第の読書日記
『第六の大罪 伊集院大介の飽食』 栗本薫 at 2008/11/27(木) 12:45:55
第六の大罪―伊集院大介の飽食 (講談社文庫)/栗本 薫 ¥520 Amazon.co.jp 最初にタイトルだけ見た時は、てっきり「あ、伊集院大介シリーズの長編がまた出た」と思ったんですけれども。これは何だか物凄く久し振りな気がする、中・短編集でした。 このシリ

志村建世のブログ
「日本語が亡びるとき」を読んで(2) at 2008/11/27(木) 11:31:36
私はこの本の紹介文を書くつもりではないのですが、実物を読まない人のために、概略を整理してみます。  言語には、生まれた土地で自然に身につく「現地語」と、国民国家の成立により定められた「国語」と、民族を超えた知的共有を可能にする「普遍語」と、3つの階...

あれやこれや
告白。-芦原すなお 安藤由希 岩井志麻子 岸虎次郎 本沢みなみ 前川麻子 若竹七海 at 2008/11/27(木) 00:42:52
「告白。」 芦原すなお 安藤由希 岩井志麻子 岸虎次郎 本沢みなみ 前川麻子 若竹七海 こんばんは。みなさんご無沙汰しております。韓国から26日に無事帰国いたしました。 ところでさっき自分のブログを開いてみたのですけど、海外の変な広告サイトに飛ばされて、seesaa

梟通信~ホンの戯言
やはり女性は太陽だった 福岡伸一「できそこないの男たち」(光文社新書) at 2008/11/26(水) 15:13:01
人は女に生まれるのではない。女になるのだ。シモーヌ・ド・ボーヴォワールは「第二の性」にこう書いた。 生物学的にみれば人は男に生まれるのではない。男になるのだ。胎内に宿った子どもは全て、最初は女性であって、その後、SRY遺伝子が存在すればその指令により基...

志村建世のブログ
「日本語が亡びるとき」を読んで(1) at 2008/11/26(水) 11:17:30
水村美苗の「日本語が亡びるとき・英語の世紀の中で」(筑摩書房)を読みました。新書的な解説とは全く異質の、長編小説を読み終えたような読後感です。日本語に対する愛しさを込めて書かれた、「日本語の生涯」を永遠に人類の歴史にとどめるための著作でした。  こ...

世界でいちばん深い海にはまだ誰も潜ったことがない
「レッド・ドラゴン」 at 2008/11/24(月) 17:00:08
枕元の電気スタンドは、一時はそれしかない部屋の灯りだった。 夫の単身赴任で色々な物が二重に要るが、また一緒に暮らせば無駄になる。 だから、なるべく買うのは必要最小限に、と思ったわけ。 そこで、寝室の照明は、夫のキッ

志村建世のブログ
「ブログ論壇の誕生」を読む at 2008/11/23(日) 15:45:54
「ブログ論壇の誕生」(佐々木俊尚・文春新書)を読みました。ブログに論壇と言えるほどのものが存在するのか、現在どれほどの力があり、今後にどのような展望が得られるのか、そうしたことがわかるかと、期待しながら読んでみました。結論は、ちょっとはぐらかされたよ...

手当たり次第の読書日記
『漂う殺人鬼』 ピーター・ラヴゼイ at 2008/11/23(日) 11:54:17
漂う殺人鬼 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 3-24 ダイヤモンド警視シリーズ)/ピーター・ラヴゼイ ¥1,155 Amazon.co.jp ラヴゼイの人気シリーズ、ピーター・ダイヤモンド警視を主人公にした1冊です。 といっても今回は、ダイヤモンドが登場してくるまでちょっ...

あれやこれや
定年ゴジラ-重松清 at 2008/11/20(木) 08:54:23
「定年ゴジラ」 重松清 おはようございます。 今日も寒いですね。天気予報をみていたら、ソウルの現在の気温は-3℃だそうです。寒いんでしょうねぇ。そんな寒いところに行っても朝布団からでることができずに無駄にだらだら過ごしてしまいそうな気がしてしまいます。ま

あれやこれや
欲シガリマセン欲しがります-井上ひさし編 at 2008/11/19(水) 22:40:28
「欲シガリマセン欲しがります」 井上ひさし編 こんばんは。 とうとう明日から韓国です。やっと韓国の友人と連絡もとれ、泊まるところも確保できました。あとはパスポートと航空券さえわすれないで時間通りに空港にいけば韓国の地を踏むことができそうです。入国を断ら

あれやこれや
小さいつが消えた日-ステファノ・フォン・ロー at 2008/11/18(火) 06:00:31
「小さいつが消えた日」 ステファノ・フォン・ロー おはようございます。 昨日のことなんですけど、朝の6時過ぎ、まだまだ気持ちよく暖かい布団の中で眠っていたときのことです、突然隣の部屋の弟が「起きろー!!!」と騒ぎ出しました。なんなんだ、と耳をすましてみる...

あれやこれや
サウスバウンド-奥田英朗 at 2008/11/17(月) 01:51:28
「サウスバウンド 上」 「サウスバウンド 下」 奥田英朗 こんばんは。 フリマが中止になり、昼間からビールを浴びて酔っぱらったところでフテ寝をしていたら0時近くに電話で起こされてしまって寝られなくなってしまったkbbです。 さて、サウスバウンドです。読もう、読...

梟通信~ホンの戯言
知性が尊敬された時代 ダニエル・ケールマン「世界の測量 ガウスとフンボルトの物語」(三修社) at 2008/11/16(日) 21:20:59
人間がある時代に生まれ、望もうが望むまいがずっとそれに拘束されるというのは奇妙なことだし、公正じゃない。存在というものの、お粗末な偶然の好例だ。過去に対して不適切な優位を生み出すものであって、人を未来の道化にしてしまうのだ。1828年、「整数論」の天才...

あれやこれや
ロボットは人間になれるか-長田正 at 2008/11/16(日) 10:59:02
「ロボットは人間になれるか」 長田正 こんにちは。 クルム伊達公子がテニス全日本選手権で優勝しましたね。テレビで見ていたのですけど、すごーいの言葉しかだすことができませんでした。相手の選手は21歳ということで、あんなおばさんに、って悔しいだろうけど、これ

梟通信~ホンの戯言
色の物語 「定本 和の色事典」(視覚デザイン研究所) at 2008/11/15(土) 21:31:30
前に紹介した「色の手帖」とは違って色の名が和名になっている。 紅で云うと、牡丹色、躑躅色、紅、苺色、薔薇色、猩紅、紅鶸色、紫式部、貝紫、臙脂色、紅藤色、撫子色、槿花色、中紅(なかのくれない)色、御所染、退染(あらそめ)、滅紅、牡丹鼠(ぼたんねず)、紫檀...

あれやこれや
雪が降る-藤原伊織 at 2008/11/15(土) 10:48:33
「雪が降る」 藤原伊織 おはようございます。 先週の土曜日ですが、フリーマーケットを計画していました。以前のフリマの時に友人一同から集めたものの売れ残ってしまったものをいい加減売らないと僕の部屋は足の踏み場もない。ってその前からそうだったんですけど、今

あれやこれや
仙人の壺-南伸坊 at 2008/11/13(木) 22:02:20
「仙人の壺」 南伸坊 こんばんは。 今日驚きのニュースが舞い降りてきました。 僕は実家に住んでいるわけですが、実家の固定電話が解約されていました。しかも9月に。もう二ヶ月も経つのに、それを知らされていなかった僕ってどうなんでしょうかね。勤務先にも前の番号

梟通信~ホンの戯言
欲望を抑制する合意がなくなると社会は決壊する? at 2008/11/12(水) 21:25:07
「決壊」の中で。今ある人間のシステムを破壊もしくはシステムが成立しているという幻想を打ち砕く。 そのために、自ら主体的に、この世界の一切から、--法からも、道徳からも、倫理からも、離脱して、殺せ!という殺人への呼びかけに応じて連鎖的な殺人事件が発生する...

あれやこれや
間違いだらけのビール選び-清水義範 at 2008/11/11(火) 22:20:36
「間違いだらけのビール選び」 清水義範 こんばんは。 最近、お昼に裏の喫茶店へ行くのをやめて、近くの移動販売のお弁当屋さんで買ったお弁当を持って公園でまったりとしています。オフィス街にでてくる弁当屋さんのお弁当があんなに安くておいしいのを初めて知ってび

梟通信~ホンの戯言
赦しとは、愛とは、人間とは? 平野啓一郎「決壊」(上下)(新潮社) at 2008/11/10(月) 20:44:54
主人公(男・心優しき見者・賢者)の義妹は妊娠中に、父親の血も流れていることを感じるのとは別に「この子は自分だけの分身だ」という感覚をもつ。 その感覚を主人公は解釈するのだ。 すでに母親が所有している胎内と云う空間に子どもはその場所を許される形で生まれて...

あれやこれや
泣かない女はいない-長嶋有 at 2008/11/09(日) 16:12:19
「泣かない女はいない」 長嶋有 こんにちは。 さきほど、いやなことがあって、って書きましたけど、そんなことは歯を食いしばって我慢して酒でも飲んで早く寝るのが一番ですね。 さて、長嶋有の作品です。「泣かない女はいない」。いいタイトルでしょ?久しぶりにタイ

あれやこれや
納棺夫日記 増補改訂版-青木新門 at 2008/11/09(日) 15:29:09
「納棺夫日記 増補改訂版」 青木新門 こんにちは。 さきほど、本の整理をしてみました。おかげで本棚のスペースが増えてまだもう少し本がおけると安心したところです。といっても、少し本を移動しただけなので、またすぐにいっぱいになっちゃうんでしょうけどね。 さて...

あれやこれや
だれかのいとしいひと-角田光代 at 2008/11/09(日) 14:39:15
「だれかのいとしいひと」 角田光代 こんにちは。 4冊目の更新ですね。ここまでくるとおまえ、何冊ストックしてあるんだよ!?って感じですよね。フフフ。まだまだあるんですよ、実は(笑)。更新していないときでも、通勤時間中に一日一冊ぐらい読んでしまうんですもの

あれやこれや
魔王-伊坂幸太郎 at 2008/11/09(日) 14:16:49
「魔王」 伊坂幸太郎 こんにちは。 さて、今日三回目の更新です。「ぺ」がつまらなかったからだとか言って「にぎやかな部屋」をアップしましたけど、そんなのただのいいわけで、ちょっとイヤなことがあったので、それを忘れるために文章を書いて忘れていたいだけなんで

あれやこれや
にぎやかな部屋-星新一 at 2008/11/09(日) 13:32:21
「にぎやかな部屋」 星新一 こんにちは。 先ほどアップした記事で、今日を終わるのはあまりにもひどいなぁと自分がいやなので、今日の2本目です。 星新一の「にぎやかな部屋」。先ほどアップした「ぺ」と同じ時に買った本です。どうしてもその日は星新一の気分だったん...

あれやこれや
ぺ-谷川俊太郎 at 2008/11/09(日) 13:15:15
「ぺ」 谷川俊太郎 おはようございます。 先日、初恋の人を駅で見かけたということをここに書きましたが、その後もなんどかその子を見かけました。今までも同じ時間の電車に乗っていたようですね。ただ僕の目に入らなかっただけなのでしょうね。まぁ相も変わらず声をか

梟通信~ホンの戯言
そのきれいな目を汚さないで 野里洋「癒しの島、沖縄の真実」(ソフトバンク新書) at 2008/11/08(土) 23:12:40
(黄金の花・作詞・岡本おさみ、作曲・知名定男) 作曲者に著者が聞いたところによると、この歌は中東や南米などから日本に出稼ぎに来た人たちへの心を込めた愛の歌であるという。 しかし、沖縄の現状をみると、沖縄の内に向かって歌われたような気がする、と著者は嘆...

◆笑ったメモ~実録マンガの素~
「京大芸人」(菅広文)感想(ロザン宇治原にプチはまり中。) at 2008/11/08(土) 00:38:33
クイズ番組好きなのでお目にかかる機会の多いロザン宇治原くん。 最近プチはまり中です。 高学歴を売りにしてても菊川怜はわけがわか...

梟通信~ホンの戯言
若者に読んで欲しい 柳井乃武夫「万死に一生 第一期学徒出陣兵の手記」(徳間文庫) at 2008/11/07(金) 00:03:58
昭和18年(1943年)11月、東大2年生、20歳の著者は学徒出陣する。 見習士官になるまでは内地で教育するという話を信じて、ごく気楽に両親と別れてきたのに、広島に向かう車中で流れてきた噂はフィリッピン行き、デマであれかしとの願いも虚しく船舶隊に入れら...

あれやこれや
LOVE or LIKE-石田衣良 中田永一 中村航 本多孝好 真伏修三 山本幸久 at 2008/11/06(木) 21:52:36
「LOVE or LIKE」 石田衣良 中田永一 中村航 本多孝好 真伏修三 山本幸久 こんばんは。 今日の朝、いつも通り、ぎりぎりの時間に目覚めて顔を洗うのもそこそこに駅まで走っていったのですけど、いつも乗る電車が行ってしまったあとでした。しょうがないなぁ、今日は遅刻...

あれやこれや
結婚失格-枡野浩一 at 2008/11/05(水) 23:33:29
「結婚失格」 枡野浩一 こんばんは。 このあいだよく行くお店に飲みに行ったら、もうかれこれ5-6年ぐらい前から知っているそこの店長さんが結婚することを知りました。そして結婚式にお呼ばれしてきました。ついこの間生涯初めての結婚式を経験してきたのに、もう二度目...

梟通信~ホンの戯言
佐野真一「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」(集英社インターナショナル) at 2008/11/04(火) 22:16:28
沖縄は島ではなく、国だったわけです。ところがいまは、手を広げ口を開けて(日本からの補助金を)待っているだけの島になってしまった。かつての琉球王国は、ボロ船に乗って隣の国に行って貧乏な可愛そうな国だと思わせながら、帰りは豪華な船に乗って帰って来るようなし...

あれやこれや
作家24人の名作鑑賞 私を変えたこの一冊-アンソロジー at 2008/11/03(月) 22:59:27
「作家24人の名作鑑賞 私を変えたこの一冊」 北方謙三 夢枕獏 久世光彦 橋本治 小池真理子 阿刀田高 田辺聖子 立松和平 原田宗典 秋元康 ねじめ正一 三田誠広 大林宣彦 谷川俊太郎 清水義範 俵万智 柳美里 畑山博 氷室冴子 武田鉄矢 林望 群ようこ 中沢新一 大沢在昌 こ

あれやこれや
間宮兄弟-江國香織 at 2008/11/03(月) 21:54:38
「間宮兄弟」 江國香織 こんばんは。 いい加減に酔っぱらってきましたよ。ってずいぶんはやいですよね。最近お酒に弱くなってきたんですよね。お酒が強いことだけが自慢だったのに。僕からお酒が強いことをとったら優しさしか残らないじゃないですかね。 なんだかいつ

あれやこれや
水曜の朝、午前三時-蓮見圭一 at 2008/11/03(月) 20:48:23
「水曜の朝、午前三時」 蓮見圭一 こんばんは。 小学生の頃から、夏休みの宿題は9月の提出前に終わらせるような子供でした。ってことがいまでも続いているようで、10月に読んだ本もいっぱいたまってこの三連休でいっぱい書こうと思っていたのに、それもままならず。まま...

あれやこれや
まほろ駅前多田便利軒-三浦しをん at 2008/11/03(月) 01:39:51
「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん こんばんは。 大学時代の友人が町田に引っ越したのですけど、町田って街はなんだかとっても中途半端なところですよね。都心からは車でも電車でも行きにくいし、かといってわざわざ都心に出てこなくても、駅前にいくつもデパートや

あれやこれや
最高の銀行強盗のための47ヶ条-トロイ・クック at 2008/11/02(日) 14:03:12
「最高の銀行強盗のための47ヶ条」 トロイ・クック こんにちは。 最近寒いですね。このあいだ、どっかのお手洗いにあった風で洗った手の水を飛ばして乾かしてくれるジェットタオルに手を入れたら、その風がとっても冷たかったです。夏の間はあの風が気持ちよかったのに

梟通信~ホンの戯言
ブッシュも麻生も読書ってするんだろうか at 2008/11/02(日) 09:57:40
アメリカについて、その病巣について書かれた本。 今までにも結構読んだ。 最近では「お節介なアメリカ」とか「暴走する資本主義」、ちょっと前になるけれど「アメリカ狂乱 次の大統領は誰か」や「新自由主義 その歴史的展開と現在」などなど。 ブッシュ政権の謀略...

あれやこれや
仕事、三谷幸喜の-三谷幸喜 at 2008/11/01(土) 10:57:06
「仕事、三谷幸喜の」 三谷幸喜 こんにちは。 最近、会社の人と飲む機会が増えてきました。というわけで、せっかくの節酒の覚悟がうすれてきています。っていうか、二日酔いの日が増えているのは、体力の衰えなのでしょうかね。 さて、三谷幸喜のエッセイです。この本

志村建世のブログ
「フィンランド豊かさのメソッド」を読む at 2008/10/31(金) 15:25:19
国の作り方にもいろいろある。政治で国民が幸せになることもあるのだということを、しみじみと考えさせてくれる本でした。堀内都喜子の「フィンランド豊かさのメソッド」(集英社新書)を読んだ感想です。  フィンランドというと、私の記憶では、第二次世界大戦中に...

あれやこれや
フィルム-小山薫堂 at 2008/10/30(木) 23:51:27
「フィルム」 小山薫堂 こんばんは。 もう先週になっちゃいましたけど、結婚式に行って来ました。 結婚式っていいもんですね。挙式と披露宴の両方に出席してきたのですけど、挙式で新婦がウエディングドレスで出てきたときから涙が止まりませんでした。あの子がこんな

梟通信~ホンの戯言
見守ろうよ、裁判制度のこれからを 木村晋介・監修「激論!『裁判員』問題」(朝日新書) at 2008/10/29(水) 21:33:46
裁判員制度が来年行なわれることはマズ間違いなさそうだ。 最高裁長官人事もそれを強く意識している。 だからと言って裁判員制度についての関心をなくしていいことにはならない。 この制度導入の目的が「司法に対する国民の理解の増進と信頼の向上」(裁判員法)にある...

梟通信~ホンの戯言
いい本にめぐりあった 観世寿夫「観世寿夫 世阿弥を読む」(平凡社) at 2008/10/26(日) 21:15:36
雨模様の日曜日、FMから謡いが聴こえてくる。 2年前だったらすぐにチャンネルを変えただろう。 番組の最後に笛の音が聴こえたらジンとしてしまった。 この本を読むのは楽しくて楽しくてしょうがなかった。 電車の中で読んだりするのには小難しい本は向かない。 ...

あれやこれや
Re-born-伊坂幸太郎 瀬尾まいこ 豊島ミホ 中島京子 平山瑞穂 福田栄一 宮下奈都 at 2008/10/25(土) 00:17:58
「Re-born はじまりの一歩」 伊坂幸太郎 瀬尾まいこ 豊島ミホ 中島京子 平山瑞穂 福田栄一 宮下菜都 こんばんは。 あさっての結婚式に向けて、やっとちゃんと僕の胃腸が言うことを聞いてくれるようになりました。まだ怖いから整腸剤を飲んではいるけど、今日も久しぶり

あれやこれや
サイレントリー-鈴木光司 at 2008/10/24(金) 00:04:32
「サイレントリー」 鈴木光司 こんばんは。昨日ちらっと書いたんですけど、今度の日曜日に友達の結婚式に行って来ます。人生初結婚式です。ネクタイの色は?とか新札はどこで手に入れるの?とか、いろいろわからないことだらけなんですけど、楽しみです。その子は美人さ

手当たり次第の読書日記
『漆黒泉』 森福都 at 2008/10/23(木) 10:25:14
漆黒泉 (文春文庫 (も19-2))/森福 都 ¥730 Amazon.co.jp この人の長編は初めて読みました。 舞台は宋代の中国。開封の都で茶商を営む晏延政の一人娘・芳娥は、「ゆくゆくは男をも凌ぐ長身に成長するであろう」と、この時代の女性としては非常にありがた

あれやこれや
生物としての静物-開高健 at 2008/10/22(水) 22:52:56
「生物としての静物」 開高健 こんばんは。相変わらずスパスパとタバコを吸っています。お酒は今日で飲まなくなって4日目です。まぁ今週末には友人の結婚式があるので、禁酒期間もどうしてもそこまでにしかならないんですけどね。結婚式なんて大手を振るって飲めるところ...

あれやこれや
いちど尾行をしてみたかった-桝田武宗 at 2008/10/21(火) 22:19:44
「いちど尾行をしてみたかった」 桝田武宗 こんばんは。ずいぶん更新があいてしまいました。週末からおなかを壊して、土曜日までは元気いっぱい飲みまくっていたんですけど、それから固形物を一切口にすることができませんでした。今はもう大丈夫なんですけどね。おかげ

梟通信~ホンの戯言
なぜ俺は島尾敏雄が気になるのか 島尾伸三「小高へ 父 島尾敏雄への旅」(河出書房新社) at 2008/10/19(日) 21:10:02
「死の棘」、「死の棘日記」、「出発は遂に訪れず」などで紹介した島尾敏雄の長男(写真家)の父との思い出、7編、いずれも心象風景や家族の写真が数枚添えられる。 狂乱・地獄と化した家庭で小学校に入ったばかりのシンゾーが、ませた口ぶりで両親の喧嘩の仲裁をす...

梟通信~ホンの戯言
俺は老眼の近眼の乱視だけど 辺見庸「目の探索」(朝日新聞社) at 2008/10/17(金) 22:52:41
能・「鵺」を又観た(国立能楽堂、普及公演)。 浅見真洲のシテ、亀井忠雄の大鼓がよかった。 後シテが我悪心外道の変化となって、仏法王法の障りとならんと、王城近く遍満してと云うのだが、その「遍満」を解説の村瀬和子さんは「悪がはびこる、と言うこと、素敵な

志村建世のブログ
「好戦の共和国アメリカ」を読む(2) at 2008/10/15(水) 11:44:16
南北戦争後も大きな連邦常備軍を持たなかったアメリカでしたが、スペインと戦ってフィリピンを獲得をしてからは、有力な海軍国になりました。第一次世界大戦では、初めて「民主主義の秩序を守る」目的で、ヨーロッパに大軍を送りました。その姿勢は第二次世界大戦に引...

梟通信~ホンの戯言
ブログは日本を変えるか? 佐々木俊尚「ブログ論壇の誕生」(文春新書) at 2008/10/14(火) 20:52:15
筆者は、かつて存在した「論壇」が今や消滅したに等しい、その代わりに社会的影響力を持ちはじめたのが「ブログ論壇」だという。 中心になるのはブログであり、2ちゃんねるのような掲示板やソーシャルブックマークが論壇を巨大化する。 その特徴は 1、発言のほと...

あれやこれや
潤一-井上荒野 at 2008/10/13(月) 18:59:11
「潤一」 井上荒野 こんばんは。 芸術の秋!というわけで昨日は友人がやっている吹奏楽団の発表会を聞いてきました。サックスを教えてくれている友人の発表会だったのですけど、みんなが集まって一つの音楽をつくるっていうのっていいですよね。以前キューティーハニーで...

志村建世のブログ
「好戦の共和国アメリカ」を読む(1) at 2008/10/13(月) 13:38:10
「好戦の共和国アメリカ・戦争の記憶をたどる」(油井大三郎・岩波新書)を読みました。アメリカに「好戦国」のレッテルを貼ってしまうのは抵抗を感じますが、今の世界で唯一、近代戦で国内に深刻な被害を受けたことがなく、基本的にアメリカがする戦争は「よい戦争」で...

梟通信~ホンの戯言
俺も刑務所に入った方がいいかな 山本譲司「累犯障害者 獄の中の不条理」(新潮社) at 2008/10/12(日) 20:35:59
30年以上も前に亡くなった伯母は聾学校の熱心な教師だった。 休日、台風が来て道路が不通になったときに「這ってでも学校に行かなくてはいけない」と云ったものだ。 クリスチャンでもあって癌になったことを知った途端、蒲団から起き上がって今まで以上に教会活動を熱...

あれやこれや
重力ピエロ-伊坂幸太郎 at 2008/10/11(土) 00:28:30
「重力ピエロ」 伊坂幸太郎 こんばんは。 電車内の広告で電話番号にふりがながふってあるのにこんなのをみつけました。 読むなら サンスポ この読むならってところの数字が467なんですけど、これって「読むな」っていう風にしか思えなかったんですけど、その番号を変

梟通信~ホンの戯言
現代の家族の実相 巧みなミステリ 湊かなえ「告白」(双葉社) at 2008/10/10(金) 22:48:00
中学の女性教師、夫は”世直しやんちゃ先生”としてマスコミでも有名な熱血教師。 出来ちゃった婚を目前にして夫がエイズに感染していることが判明する。 うまれてくる子ども(感染はしていなかった)のことを考えて二人は別れる。 女性教師は生まれた娘に全ての愛情を...

梟通信~ホンの戯言
アメリカ人よ目を覚ませ ノーム・チョムスキー「お節介なアメリカ」(ちくま新書) at 2008/10/07(火) 23:37:26
アメリカ大統領選挙は、ほとんど集団ヒステリー状態といえるほどの過熱ぶりを見せているものの、健全な民主主義欲求をみたしているとはいえない。 アメリカ人は、投票をするよう促されることはあっても、政治の世界に本格的に参加するよう求められているわけではない。本...

あれやこれや
レインレイン・ボウ-加納朋子 at 2008/10/06(月) 23:46:31
「レインレイン・ボウ」 加納朋子 こんばんは。 雨の日と人身事故と月曜日ではじまった今週でした。久しぶりにホームに入れないほどの混みようで困ってしまったのもつかの間、いつもより長い時間本が読めると少しうれしくなったのは内緒です。 そういえば加納朋子には

あれやこれや
死日記-桂望実 at 2008/10/05(日) 12:12:51
「死日記」 桂望実 こんにちは。 昨日の記事の教訓は、風邪を引いたときには情報を発信するなってことですかね。普段から何を言っているかわからないのに、いつもよりももっとわからなくなっていていやになっちゃいますものね。 風邪はおかげさまですっかり熱もひいて

志村建世のブログ
あとがきと予告(通算93) at 2008/10/04(土) 16:21:56
あとがき 前著「おじいちゃんの書き置き」の最後に、私は 「これは最後の一冊のつもりだったが、そうではなかった 複雑に分解して行くように見える現代の世の中で 人間の『知の統合』をめざす最初の一冊になる」 と予告しました。そうして二冊目として書いたの...

あれやこれや
一千一秒の日々-島本理生 at 2008/10/04(土) 13:20:23
「一千一秒の日々」 島本理生 こんにちは。 月曜日・・・昔から行っていた飲み屋に別件で電話をすると、たまには遊びに来てくださいよ、と言われ調子のいい僕は一人で飲みにいくことに。二日酔いになる。 火曜日・・・二日酔いで調子のあがらない体を引きずりながら、

志村建世のブログ
人類百世紀の概観(通算92) at 2008/10/03(金) 14:11:10
人類は新人類へ飛躍するか  五十世紀から百世紀の終りまで、五千年という長い時間経過があるのですが、その間に特に記述しておきたいような大事件がないのはどうしたことでしょうか。もちろん正規の歴史記録はあるのですが、それらはおしなべて人事記録であり、固...

梟通信~ホンの戯言
能の歴史を考えたら今の問題なんて小さい小さい 横浜能楽堂編「能楽事件史」 at 2008/10/02(木) 22:58:37
能の歴史、600年を振り返り、エポックメイキングな「事件(=代表的人物と能の関わり方も含めて)」を6つ選び出し、作家や研究者などにインタビューしたり鼎談で話をしてもらう。 司会、インタビューアーはNHKの葛西聖司アナウンサー、軽妙で面白い。 第一講...

志村建世のブログ
人類百世紀の概観(通算91) at 2008/10/02(木) 14:27:23
人間の暮らし今と昔  三十一世紀以降、人類は長く続く安定期に入りました。人口が増えないということは、人間の暮らし方を根本的に保守的にすることが証明されました。子供の世代と親の世代で人数が同じならば、新しい家を建てる必要がなくなります。少しずつ手直...

志村建世のブログ
人類百世紀の概観(通算90) at 2008/10/01(水) 10:50:19
平和と安全の代償  世界連邦の成立当時、平和は最優先で守るべき絶対的な価値でした。戦争とテロ攻撃の恐怖に疲れ果てていた人類は、永続する平和への最後の望みを託して世界連邦の結成へと向かったのでした。曲がりなりにもそれが実現した後も、人口百億人時代に...

梟通信~ホンの戯言
すでに脱線しているかも? ロバート・B・ライシュ「暴走する資本主義」(東洋経済新報社) at 2008/10/01(水) 00:23:29
冷戦は資本主義の勝利に終わったが、それは同時に民主主義の敗北の始まりでもあった。 冷戦中に開発された科学技術がそれまでの寡占大企業による”見せかけの黄金時代”に風穴を開けた。 規模が小さくても世界中から新しい製品やサービスを安価に安定的に確保でき

志村建世のブログ
人類百世紀の概観(通算89) at 2008/09/30(火) 10:44:07
一つになった世界の言語  エスペラントは当初から世界の共通補助言語として開発されました。世界の言語に取って代わることを意図せず、共通の補助語に徹するところにエスペラントの真価があったのでした。ですから世界連邦がエスペラントを公用語の一つとして公認...

志村建世のブログ
人類百世紀の概観(通算88) at 2008/09/29(月) 11:28:58
人口安定までの十世紀  首都が広島に移ってから、世界連邦はようやく名実ともに連邦国家の役割を果たせるようになりました。独立機関の性格を残していたユネスコ、ILO、IMFなどの各種機関も、首相が統率する内閣の機関として、担当閣僚の指揮下に入りました...

あれやこれや
デッドエンドの思い出-よしもとばなな at 2008/09/28(日) 23:09:05
「デッドエンドの思い出」 よしもとばなな こんばんは。 知らない街を歩くのが好きだ。海外に行ったりすると、一日中歩いていても飽きることがない。小さな店から出てきた人を観察してみたり、通りを渡ってきた風の薫りを感じてみたり。知るはずもない曲がり角を曲がっ

あれやこれや
空を飛ぶ恋 ケータイがつなぐ28の物語-アンソロジー at 2008/09/28(日) 09:41:05
「空を飛ぶ恋 ケータイがつなぐ28の物語」 島田雅彦 小池真理子 大岡玲 阿川佐和子 重松清 堀江敏幸 唯川恵 石田衣良 高橋源一郎 藤田宣永 川上弘美 吉田修一 谷村志穂 立松和平 藤沢周 高樹のぶ子 佐野史郎 佐伯一麦 椎名誠 平野啓一郎 星野智幸 柳美里 町田康 金原ひ

あれやこれや
チーム・バチスタの栄光(下)-海堂尊 at 2008/09/27(土) 11:09:59
「チーム・バチスタの栄光(下)」 海堂尊 おはようございます。 「チーム・バチスタの栄光」下巻です。上巻の記事から先にどうぞー。 さて、下巻に入りがらっと物語がかわります。厚生省の役人技官・白鳥が登場します。上下巻が一緒になっていた単行本ならここで物語

あれやこれや
チーム・バチスタの栄光(上)-海堂尊 at 2008/09/27(土) 09:48:17
「チーム・バチスタの栄光(上)」 海堂尊 おはようございます。 動物園行って来ましたよ。ズーラシアです。朝早くに起きておにぎり作って行って来ました。 先日のMOWさんとのやりとりで興味深いことがわかったと書いたんですけど、なにがわかったのをすっかり忘れてし

志村建世のブログ
人類百世紀の概観(通算85) at 2008/09/26(金) 10:07:33
国家全盛の二十世紀  人類史上もっとも興味をそそる時代は二十世紀と言われますが、その特徴を一言で言えば、国家の全盛期だったと位置づけてよいと思います。  生産力に裏付けられて国力を増した先進諸国は、十九世紀から二十世紀の初めにかけて世界分割の大競...

志村建世のブログ
人類百世紀の概観(通算84) at 2008/09/25(木) 10:21:18
産業革命が人間を変えた  十五世紀に入ると、印刷術や航海用羅針盤がヨーロッパで発明され、沈滞していた中世の文明社会に新しい刺激を与えました。宗教改革は印刷術の普及によって、大航海時代は羅針盤の開発によって、それぞれ可能になったのでした。宗教改革は...

梟通信~ホンの戯言
地獄から地獄へ、そして地獄を描く 島尾敏雄「出発は遂に訪れず」(新潮文庫)(2) at 2008/09/24(水) 22:21:53
「出発は遂に訪れず」 13日の夕方、特攻隊発動の信令を受けてから発信の合図のないまま玉音放送を聞き部下にそれを伝えるまでの「私」(島尾=S中尉)の行動と想念を描く。 経験がないためにそのどんなかたちも想像できない戦いが、遠まきにして私を試みはじめる

梟通信~ホンの戯言
特攻出撃直前に終戦を迎えた作家 島尾敏雄「出発は遂に訪れず」(新潮文庫)(1) at 2008/09/24(水) 22:09:30
「死の棘日記」「死の棘」で紹介した島尾敏雄。 奄美群島加計呂島に特攻隊長として赴任、1945年8月13日に出撃準備命令が下るが、発信命令がないまま15日を迎える。 そのときのことを書いた小説2編を読んだ(この短編集には9編収められている)。 「島...

志村建世のブログ
天皇の玉音放送(6) at 2008/09/24(水) 12:08:56
私は今までに一度だけ、「終戦のときに天皇制を廃止しておくべきではなかったか」と思ったことがあります。安保闘争の嵐の中で行われた総選挙の最中に、立会い演説中の社会党・浅沼委員長が、壇上で右翼の少年に刺殺されたときです。日本の国内に、救いようのない過去...

志村建世のブログ
人類百世紀の概観(通算83) at 2008/09/24(水) 10:30:39
人類百世紀の終りに当って  この章は九九九九年、百世紀が終る前年に身を置いて書くことにします。来年は百世紀最後の年、そして再来年は百一世紀に入るというので、いろいろ記念の行事が予定されているようです。私も百世紀までの歴史を概観して、私の考え方を具...

梟通信~ホンの戯言
顰蹙を買わなきゃ文学じゃねえ 高橋源一郎×山田詠美「顰蹙文学カフエ」(講談社) at 2008/09/23(火) 21:34:33
高橋と山田が毎回ゲスト(写真で見てください)を迎えて日本文学の現状を明るく激越に語る。 作家の生態、本音、文学賞選考の表裏が暴かれる。 やっぱり芥川賞ってたいそうなものなんだネ。 村上春樹やよしもとばななについて、島田はグローバル文学みたいと云っ...

あれやこれや
怪しいお仕事!-北尾トロ at 2008/09/23(火) 08:19:32
「怪しいお仕事!」 北尾トロ おはようございます。 晴れてよかったですねぇ。今日は動物園に行くということで、きのうはあれからすぐに寝たんですけど、そしたら朝の5時に目が覚めてしまって、お弁当も作り終わっちゃいました。おにぎりはつくったんですけど、卵も鶏肉...

あれやこれや
オートフィクション-金原ひとみ at 2008/09/22(月) 21:49:40
「オートフィクション」 金原ひとみ こんばんは。 最近なんだか寒いですね。今年は残暑なんかなかったんじゃないですか?人間にとっては過ごしやすかったとしても、この季節に涼しかったりしたら動物や植物にとっては決していいことではないのではないかしらと心配にな

志村建世のブログ
人間の幸せに奉仕する科学技術(通算82) at 2008/09/22(月) 09:40:01
再び問う、人間の幸せとは  人間の幸せに奉仕する科学技術を考える最後に、人間の幸せとは何かを、再度確かめておく必要がありそうです。私の定義によれば、人間とは「かなり高度な知能を持ち、自分の領域を広げることを喜びとし、仲間といっしょにいることを好む...

梟通信~ホンの戯言
そうだ、源氏を読もう 三田村雅子「源氏物語ー物語空間を読む」 at 2008/09/22(月) 07:41:32
昨日の朝、トイレにいたらグラグラっと来た。 下から突き上げるような揺れ、直下型地震かと、アァ、危ないのかな、と思えどもアクションは起こさない。 苦しまずに死ねればいいなあ、でもこの姿じゃちょいとみっともないか、くらいのことはちょっと頭をかすめた。 志ん...

あれやこれや
グラスホッパー-伊坂幸太郎 at 2008/09/22(月) 03:49:02
「グラスホッパー」 伊坂幸太郎 こんばんは。 最近日曜や祝日の夜に眠れない。連休なんかになっちゃうともう眠れないのは確実ですね。昼間寝てしまうっていうのが一番の原因だっていうのは自分でもよくわかっているんですけど、それ以上に次の日が仕事の夜は眠れないん

志村建世のブログ
天皇の玉音放送(4) at 2008/09/21(日) 15:35:15
昭和21年の年頭に発表された天皇の「人間宣言」と、間もなく始まった天皇の「地方巡幸」について、その助言者として学習院の英語教師であり、私の恩師でもあったR.H.ブライス師の名が挙げられている部分については、非常に懐かしく思いました。ブライス師は、日本人以...

あれやこれや
僕たちの戦争-荻原浩 at 2008/09/21(日) 14:03:57
「僕たちの戦争」 荻原浩 こんにちは。 先日ボディーボードを初体験して、「こんなの初めて(ハート)」なんて発言をしてきたんです。でも全然波に乗れなくて自分ってなんて駄目な男なのだろうかって落ち込む原因になっちゃったんですけどね。 さて、現代の根拠なしポ

志村建世のブログ
人間の幸せに奉仕する科学技術(通算81) at 2008/09/21(日) 11:48:55
人間とコンピューターの共存  コンピューターは人類の発明品としては新参者です。しかし、これほど人類の未来に大きな影響を与えそうなものはありません。人類は五千年もかけて営々と文明を築いてきましたが、そのすべての集積を呑み込む存在としてコンピューター...

志村建世のブログ
天皇の玉音放送(3) at 2008/09/20(土) 12:17:16
遅かった玉音放送でしたが、ともかく戦争は終りました。次の難題は、軍隊の降伏を円滑に行うことでした。そこで登場したのが東久邇宮を首相とする史上唯一の「宮様内閣」でした。天皇の名代として軍部を従わせる役割を期待されたのです。その東久邇宮が記者会見で述べ...

志村建世のブログ
人間の幸せに奉仕する科学技術(通算80) at 2008/09/20(土) 09:52:52
科学技術と人間の生命  科学技術は医療の世界でも大きな成果をあげてきました。どこの国でも中世までは人の平均寿命は二十五歳程度だったと推定されていますが、今の日本では男は七八・三二歳、女は八五・二三歳で、これは世界最高水準です。長い間人類を苦しめて...

あれやこれや
ランドマーク-吉田修一 at 2008/09/19(金) 23:35:42
「ランドマーク」 吉田修一 こんばんは。 朝の電車に乗ると、肌寒いのに、ミニスカートをはいた子がいたり、かわいらしいワンピースを着た子がいたりしてとっても幸せな一日のはじまりだったkbbです。会社に入ってはじめて今日が金曜日だって気づいて、金曜日の朝はいい...

志村建世のブログ
天皇の玉音放送(2) at 2008/09/19(金) 13:36:55
いつものように、本の内容を単に要約するのが私の本意ではありませんから、以下は、この本を読んだ上での私の判断です。日本の降伏は、ナチス・ドイツと違って、旧体制を維持したままでの「丸ごと」の戦争終結でした。天皇の意識にあったのも、神代につながる皇統と三...

志村建世のブログ
人間の幸せに奉仕する科学技術(通算79) at 2008/09/19(金) 10:04:57
人間の快適な生活とは  便利なもの、役に立つもの、生活を楽にしてくれるものを求めて、人間は科学技術を発達させてきました。人類に恩恵をもたらした史上最大の発明は、二十世紀初頭から本格化した電気の利用であったと私は思います。そして、それがわずか百年前...

志村建世のブログ
人間の幸せに奉仕する科学技術(通算78) at 2008/09/18(木) 11:03:26
宇宙開発はどこまで行くか  人類は地球環境という奇跡のように恵まれた空間に生きています。この場所を離れても生存できるようには作られていません。それでも人類は天空の彼方にあこがれ、莫大な費用と時間を費やして月面に立つまでになりました。今では無数の人...

あれやこれや
ララピポ-奥田英朗 at 2008/09/18(木) 00:58:34
「ララピポ」 奥田英朗 こんばんは。 村上春樹の\"四月のある晴れた朝に100%の女の子に出会うことについて\"(カンガルー日和所収)が短編映画になってインターネットで公開しているようです。 それは「昔々」ではじまり、「悲しい話だと思いませんか?」で終わる

梟通信~ホンの戯言
暗闇の密室で起きたこと、明るい外で起きたこと 古処誠二「フラグメント」(新潮文庫) at 2008/09/17(水) 21:24:32
どいつもこいつも自分の頭の悪さに気づかないゆえ人を見下せる連中だった。ひとりでは満足に歩けないことにさえ気づいていない。群れる理由がそこにあることも自覚していない。 端的に言えば能無しであり、放し飼いにされている犬だった。不良番長とその取り巻き連中のこ...

志村建世のブログ
天皇の玉音放送(1) at 2008/09/17(水) 13:40:41
天木直人氏のブログで紹介されていた「天皇の玉音放送」(小森陽一・朝日文庫)を読み始めています。原著は2003年に五月書房から出されたものだそうです。天木氏はこれを、若い人たちにぜひ読んでおいてもらいたい本として激賞していました。私も、これまで考えつづけ...

志村建世のブログ
人間の幸せに奉仕する科学技術(通算77) at 2008/09/17(水) 10:04:53
新優生学への期待と不安  優生学はダーウィンの進化論の人間への応用として、十九世紀の終りから提唱されてきました。優秀な子孫を残すことで民族の資質を向上させようとするもので、劣悪な遺伝子を持つ人に子孫を作らせないことで目的を達しようとしました。これ...

志村建世のブログ
人間の幸せに奉仕する科学技術(通算76) at 2008/09/16(火) 14:56:58
遺伝子操作はどこまで許されるか  遺伝子情報を運ぶDNAの構造が解明されたことは、コンピューターの開発とともに、人類の科学技術史上の大事件として長く記憶されるでしょう。  遺伝子操作による動植物の品種改良は、現在すでに実験段階を超えようとしていま...

あれやこれや
編集者T君の謎 将棋業界のゆかいな人々-大崎善生 at 2008/09/16(火) 00:08:08
「編集者T君の謎 将棋業界のゆかいな人びと」 大崎善生 こんばんは。 三連休も終わっちゃいますねぇ。ずっと休みが続けばいいのに、なんて学生みたいなこと行っていますけど、そうは問屋が卸してくれないですね。明日のために寝なきゃなんて思いつつ、これから本でも開

志村建世のブログ
人間の幸せに奉仕する科学技術(通算75) at 2008/09/15(月) 18:39:29
IT化社会と個人情報管理  社会のIT化が個人情報の管理と結びつくことについて、あまり良い印象を持たない人が多いように感じますが、私はむしろそこに人間が大切にされる社会の可能性を期待したいと思っています。人間は全く自由気ままであることが幸せではな...

あれやこれや
ぼくらのサイテーの夏-笹生陽子 at 2008/09/15(月) 14:27:34
「ぼくらのサイテーの夏」 笹生陽子 こんにちは。 土曜日はあんまり酔っぱらわずにワインを飲むことができましたよー。いつも記憶をなくすような飲み方しかできなかったのに、少しはオトナになったのかしら。土曜日はですね、友人の誕生日をお祝いしたんですけど、近辺

梟通信~ホンの戯言
人中島岳志+西部邁「パール判決を問い直す 『日本無罪論』の真相」(講談社現代新書) at 2008/09/14(日) 21:48:17
東京裁判で、ただ一人A級戦犯に無罪の判決書を書いたインド人判事、パール。 彼の思想の根底には、ヒューマニズムがあった。人間は本来「善」なる存在であり、その「善」なる部分を全面展開すれば、やがて「大多数の人間が信用できる人間」になるという発想です。そうす...

志村建世のブログ
人間の幸せに奉仕する科学技術(通算74) at 2008/09/14(日) 15:10:31
脳科学とコンピューター  最近の脳科学についてのテレビ番組を見て、衝撃を受けたことがあります。視力を失った障害者の視力を回復させるために、眼科の医療によらず、ビデオカメラの映像信号を直接に脳に送り込む試みが、ある程度の成果を上げたというのです。ま...

梟通信~ホンの戯言
寄席は名人ばかりでは成り立たない 色川武大「寄席放浪記」(河出文庫) at 2008/09/13(土) 16:29:58
先代の鈴々舎 馬風、刑務所に慰問に行って「満場の悪漢どもよ」と云った 鈴々舎 馬風のちょっといい話を矢野誠一がする。女ばかりの楽団の一座に入って、旅の間に馬風さんはアコーディオンの子とできちゃって、もうひとりの講釈師はコントラバスの子とできちゃった。でき...

志村建世のブログ
人間の幸せに奉仕する科学技術(通算73) at 2008/09/13(土) 14:03:10
科学技術は人間を幸せにしたか  知恵ある動物として出現した人類は、さまざまな道具を発明し火の利用も覚えて、文明への長い旅路につきました。好奇心に富み、今までにないものを作り出すことに喜びを感じ、自分の得た新しい知識を、言葉や文字を通して仲間と共有...

あれやこれや
優しい音楽-瀬尾まいこ at 2008/09/13(土) 10:52:27
「優しい音楽」 瀬尾まいこ こんにちは。 今日の夜は飲みに行くので早い時間の更新です。 ってただ早くに目が覚めてしまって他にすることがないだけなんですけどね。今までだったらパチンコ屋へと足を向けていたのでしょうけど、もうそんなことはしない、あんまり・・・

あれやこれや
恋愛小説-川上弘美 小池真理子 篠田節子 乃南アサ よしもとばなな at 2008/09/12(金) 22:59:09
「恋愛小説」 川上弘美 小池真理子 篠田節子 乃南アサ よしもとばなな こんばんは。 最近、ノンフィクションが多い気がしています。小説の読めない体になってしまったのかしら。きゃっ、やめて! はい、すみません。取り乱しました。というわけで、アンソロジー「恋愛

志村建世のブログ
「アフリカ・レポート」を読む at 2008/09/12(金) 15:43:20
「アフリカ・レポート」(松本仁一・岩波新書)を読みました。私のアフリカの現状についての認識が、かなりクリアになったような気がしています。アフリカの人たちの、自立へ向けての努力に頼もしさを感じるとともに、遅れている、あるいは、そもそも出発点から間違っ...

梟通信~ホンの戯言
昭和について、天皇について考えよう 保阪正康「戦争と天皇と三島幸由紀夫」(朝日文庫) at 2008/09/12(金) 06:26:06
保阪正康(1939年生まれ、昭和史研究)が朝日カルチュアセンターで2005年に行なった対談集。 その相手と面白かった発言をあげてみる。 引用の形式でない文章も本書における対談者の発言内容です。 「昭和の戦争と天皇」 半藤一利(1930年生まれ、ジ

あれやこれや
裁判長!ここは懲役4年でどうすか-北尾トロ at 2008/09/11(木) 23:12:02
「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」 北尾トロ こんばんは。 ニューヨークに飛行機がつっこむというもすごい映像が飛び込んできてから7年も経ちましたね。 そんな日に三人の死刑が執行されましたね。人間の命がいかにたやすく絶たれるかっていうのがよくわかる日になり...

あれやこれや
聖書1 旧約編 姦淫するなかれ-ジョージ秋山 at 2008/09/10(水) 22:49:44
「聖書1 旧約編 姦淫するなかれ」 ジョージ秋山 こんばんは。 最近少し、おかしいのです。時計が少し先にすすんでいるようなのです、自分の中の時計が。毎朝起きると日付が一日だけ先にすすんでいます。今日は水曜日だなぁ。あと三日働けば連休だ、なんて思って電車に乗...

あれやこれや
黒笑小説-東野圭吾 at 2008/09/08(月) 20:59:47
「黒笑小説」 東野圭吾 こんばんは。昨日の日曜日に映画を見てきました。以前読んだ「ジャージの二人」です。 やっぱり、原作を好きになれなかった作品は映画になってもおもしろいとは感じられない物なんですね。原作がイマイチだったものの映画化をはじめて見たのでそ

梟通信~ホンの戯言
確かに傑作だよ、カズオ・イシグロさん レドモンド・オハンロン「コンゴ・ジャーニー」(上下)(新潮社) at 2008/09/07(日) 21:04:17
1947年生まれ、オックスフォード大学文学部出身の著者は素晴らしい探検家であり旅行作家だ。 スポンサーに頼るのではなく全財産を金に換えて、字義どおり”必死の”探検をするだけでも凄いのに、旅行記が格別。 哲学、博物学、生物学、、博い知識に裏付けられた思索...

あれやこれや
気まぐれコンセプト クロニクル-ホイチョイ・プロダクションズ at 2008/09/07(日) 20:54:26
「気まぐれコンセプト クロニクル」 ホイチョイ・プロダクションズ こんばんは。 前々回の記事で辞書付くって言葉が正しくない日本語かも、って書いたと思いますが、づくじゃなくて、憑くだったらどうでしょうかね。もしくは付くってことなんでしょうかね。 二つの物が

手当たり次第の読書日記
『役にたたない日々』 佐野洋子 at 2008/09/06(土) 09:19:21
役にたたない日々/佐野 洋子 ¥1,575 Amazon.co.jp 一気読みしてしまいました! 物凄く大雑把に言ってしまうと、5年前からの著者の日常生活を描いたエッセイ、ということになりますか。著者略歴を見ると佐野さんは昭和13年生まれとありますから、60代後半

手当たり次第の読書日記
『猫のパジャマ』 レイ・ブラッドベリ at 2008/09/06(土) 09:19:00
猫のパジャマ/レイ・ブラッドベリ ¥1,890 Amazon.co.jp 猫のパジャマ、とは一体何のことかと思ってしまいますが、素晴らしいもの・人を表す俗語なんだそうです。うーん、どうせなら、何で猫のパジャマが素晴らしいということになるのかまで、もうちょっと

梟通信~ホンの戯言
戦争を知らない世代が本当の戦争を見抜いているのか 古処誠二「接近」(新潮文庫) at 2008/09/04(木) 23:06:50
「戦争文学を読む」で”戦争を知らない世代の戦争文学を読む”というテーマでゲストとして鼎談に加わっている古処(こどころ)誠二という作家(1970年生まれ)に惹かれた。 自衛隊にいた.ことがあり戦史・戦記をしっかり読んでいるという。 寡黙、必要なことしか述

あれやこれや
オトナ語の謎。-糸井重里 ほぼ日イトイ新聞 at 2008/09/04(木) 21:12:54
「オトナ語の謎。」 糸井重里 ほぼ日刊イトイ新聞 こんばんは。 最近の電車には女性の車掌さんが多いですね。今日の帰りに乗り合わせた電車の車掌さんの声もかわいかったなぁ。混んでいる車内で他の人と体が触れ合うのに不満を感じながら彼女の声で癒されていました。自...

あれやこれや
博士と狂人 世界最高峰の辞書OEDの誕生秘話-ウィンチェスター at 2008/09/03(水) 22:07:11
「博士と狂人 世界最高峰の辞書OEDの誕生秘話」 ウィンチェスター こんばんは。 最近辞書づいています。 -づく・・・他の語に付いて五段動詞をつくり、そういう状態または趣になる意を表す。(広辞苑) 辞書の状態ってなんなんでしょうか?辞書の趣ってなんなんでしょ...

手当たり次第の読書日記
『街道をついてゆく』 村井重俊 at 2008/09/01(月) 15:53:56
街道をついてゆく 司馬遼太郎番の6年間/村井 重俊 ¥1,470 Amazon.co.jp 最初にこの本の広告を見た時、大の司馬ファン、特に「街道をゆく」シリーズが大好きで常に繰り返し読み続けている我が父親に、こんなのが出たよと話を振ったのですが、反応ははかばか...

手当たり次第の読書日記
『初心者のための「文学」』 大塚英志 at 2008/09/01(月) 15:52:46
初心者のための「文学」 (角川文庫 お 39-14)/大塚 英志 ¥700 Amazon.co.jp 一見、よくある普通のブックガイド、読書入門、のようにも思える書名と装丁ですが。 何たって著者が大塚英志です。これはもう絶対に、一筋縄ではいかない内容に決まってる!って...

あれやこれや
辞書はジョイスフル-柳瀬尚紀 at 2008/08/31(日) 13:32:14
「辞書はジョイスフル」 柳瀬尚紀 こんにちは。八月最後の週末ですが、なんだかもう秋が始まったって言う感じの陽気ですね。朝晩が涼しくて昼暑いだなんて一日の中に四季がある感じですね。って喜んでもいられないですよね。日本らしくないですものね。 さて、全然関係

梟通信~ホンの戯言
文句なしに面白い トム・ロブ・スミス「チャイルド44」(上下)(新潮文庫) at 2008/08/30(土) 21:11:44
スターリンの恐怖政治下のソ連。 恐怖が革命を守る。一定のレベルの恐怖を持続するためには、常に民衆に恐怖そのものが供給されなければならない。恐怖供給機構の元締めともいえる国家保安省であるがその国家保安省自体も恐怖によって支えられる。 本書の主人公、レオ...

あれやこれや
ゴミの定理-清水義範 at 2008/08/30(土) 01:17:55
「ゴミの定理」 清水義範 こんばんは。 先日すごいニュースを見ました。三井化学が二酸化炭素からプラスチックを作るための実証実験プラントを作るという物でした。技術はもうほぼできあがっていて、あとは大規模にできるかどうかって段階まできているようです。 原油価...

梟通信~ホンの戯言
松本仁一「アフリカ・レポートー壊れる国、生きる人々」(岩波新書) at 2008/08/28(木) 23:41:43
この5月、横浜で日本政府が主催して「第4回アフリカ開発会議」が開かれた。 政府は会議は成功だと評価して、福田首相は今後5年間で対アフリカ政府援助(ODA)を倍増すると約束した。 会議には、アフリカの現地NGOが58団体も参加していたが、彼らはその大盤振...

梟通信~ホンの戯言
石寒太「心に遺したい季節の言葉 絶滅寸前『季語』事典」(ベスト新書) at 2008/08/27(水) 22:47:09
ようやくオリンピックの興奮は冷めたかのようですね。 女子マラソン、ほんとに野口さん残念でした、って俺も執念深い。 マラソンで給水は大事なんですね。 子どもの頃は走る時に水を飲んではいけないなんて云われたけれど、あれは間違いだった。 「振舞水(ふ...

あれやこれや
ま・く・ら-柳家小三治 at 2008/08/25(月) 22:19:13
「ま・く・ら」 柳家小三治 こんばんは。 土日を使って、夏の最後の思い出を、ということで友人11人と一泊で九十九里浜に行って来ました。初日はあいにくの天気で浜まで行ったはいいものの、寒くて誰も水着になろうともせず早めに切り上げてバーベキューの食材とお酒を

あれやこれや
男のための自分探し-伊藤健太郎 at 2008/08/22(金) 23:39:47
「男のための自分探し」 伊藤健太郎 こんばんは。 昨日は日本のソフトボールが金メダルをとりましたね。表彰式の中継まで見ていましたけど、悔し涙あり、すがすがしい笑顔あり、やりきった笑顔あり、胸をはってメダルを受け取る選手あり。涙が出てきてしまって困ってし

梟通信~ホンの戯言
戦後のスタートに間違いあり 「戦争文学を読む」(朝日文庫)? at 2008/08/21(木) 22:05:34
「二十四の瞳」、壺井栄の原作も読んだが映画も見た。 まだ小学校だったか中学に入っていたか、見たということは学校で連れて行ったか許可があったということだ。 高峰秀子の大石先生と子どもたちの物語にこちらも子どもだったが泣いた記憶がある。 この映画について...

あれやこれや
参加型猫-野中柊 at 2008/08/21(木) 22:00:42
「参加型猫」 野中柊 こんばんは。うちには犬います。ミニチュアダックスフンドのボビー君です。このブログでネットデビューもしました。もうおじいちゃんで15年も生きてりゃ目も耳も悪いし、歯槽膿漏なのか、口は臭いしです。でも食欲は若かったころよりもあるんじゃな

あれやこれや
六枚のトンカツ-蘇部健一 at 2008/08/20(水) 20:33:05
「六枚のトンカツ」 蘇部健一 こんばんは。 毎日暑いですねぇ(ってここ最近は涼しいですけどね・・・)。そんな暑い夏に負けないようにビタミンBがいいみたいですよ。そう豚肉に多く含まれているあれですよ。そういうわけでみなさん油っこいからいやだなんて言わずに揚...

あれやこれや
愛妻日記-重松清 at 2008/08/19(火) 00:07:01
「愛妻日記」 重松清 こんばんは。 やっとたまってた本がなくなりまして、これからは普通の更新ができると思うとうれしい限りです。といってもまたすぐにためちゃうのでしょうけどね。この性格をどうにかして直したいなぁ。 男がすけべなように、この性格はきっと一生

あれやこれや
ラジ&ピース-絲山秋子 at 2008/08/18(月) 22:55:02
「ラジ&ピース」 絲山秋子 こんばんは。 さて昨日の問題ですが、答えは反転させておきますので、ドラッグしてお読みくださいね。 偉い順に海賊をA,B,C,D,Eとする。 まずEに一枚の金貨をあげる。残りの三人は自分の取り分が多くなるので賛成するため、親分は殺されない...

あれやこれや
非公認 Googleの入社試験-竹内薫編 at 2008/08/18(月) 00:00:43
「非公認 Googleの入社試験」 竹内薫編 こんばんは。本日五回目の更新です。確変に突入した感じですね。おっと、いけないいけな。もうパチンコは卒業したんです。だから、二度と僕を誘わないでくださいね。わかりましたか、そこの君。 さて、確変で五回大当たりが連チャ...

あれやこれや
太陽の塔-森見登美彦 at 2008/08/17(日) 23:21:20
「太陽の塔」 森見登美彦 あぁ、もうこんな時間なんですね。時が経つのはずいぶんは早いですねぇ。これも年をとった証拠なんでしょうかね。子供の頃は生後一日の赤ん坊にとってその一日が人生の全てである。生後二日になるとその一日は人生の二分の一になる。成長してい

あれやこれや
ハチ公の最後の恋人-吉本ばなな at 2008/08/17(日) 22:52:46
「ハチ公の最後の恋人」 吉本ばなな こんばんは。さてこの三日間の遅れを取り戻すべく、鋭意更新中です。まとめてエイヤってやっちゃわないと、たまっていく本のプレッシャーにやられそうなんですもの(笑) 部屋の本棚に「キッチン」「白河夜船」「うたかた/サンクチュア...

あれやこれや
ランチブッフェ-山田宗樹 at 2008/08/17(日) 21:54:12
「ランチブッフェ」 山田宗樹 こんばんは。本日二度目の更新です。 オリンピックやってますねぇ。今更ですけどね(笑) 昨日は陸上100mで驚異の世界新がでたりしてすごいですよねぇ。人間が100mを、といっても世界で今のところ彼一人ですけど、9秒6代で走れるんですもの

あれやこれや
言いまつがい-糸井重里 at 2008/08/17(日) 21:20:48
「言いまつがい」 糸井重里 こんばんは。 昨日までの三日間、韓国から韓国人の友人が遊びに来ておりました。アメリカで知り合い、僕が韓国に行ったときにはガイドをびっちりとやってくれて、そのお返しとばかりに滞在中はずっとつきっきりでガイドをしていました。計画

梟通信~ホンの戯言
これもお勧め 矢野誠一「人生読本 落語版」(岩波新書) at 2008/08/14(木) 21:23:42
著者は高校を卒業するまでに岩波文庫の緑帯を7割方制覇したけれど人生論とか思想書は殆ど読まなかったという。 矢野にとってのほんとうの人生の教師役は、若い頃から馴染んできた落語だともいう。けっして世のため、人のためにはならないが、貧しいながら楽しく人生を送...

あれやこれや
谷川俊太郎質問箱-谷川俊太郎 at 2008/08/14(木) 00:58:49
「谷川俊太郎質問箱」 谷川俊太郎 こんばんは。夜中のドライブのおかげで更新できなかった昨日のために、今日は豪華二本立てです。 ってか、この作品は本当によかったので、多くの人に読んでもらいたい。 本よみうり堂の書評のページでみつけたこの本のページ。 「ど

あれやこれや
百鬼園随筆-内田百?(ひゃっけん) at 2008/08/14(木) 00:36:34
「百鬼園随筆」 内田百?(けん) 23時。家に帰ってビールでも飲みながらブログでも書こうかと思っていると弟から電話がありました。 車の鍵を無くしたから迎えに来てほしい。 と。場所を聞くと、沼津の近くということで、片道2時間ぐらいかしらと、次の日仕事にも関わ...

梟通信~ホンの戯言
芥川賞、医療費削減の犯人、橋龍の米原万里スキャンダル 文藝春秋9月号 at 2008/08/13(水) 23:22:48
昨日会社の帰りに買ったばかり、とりあえず芥川賞受賞作品、楊逸(ヤン・イー)の「時が滲(にじ)む朝」を読んだ。 1989年の天安門事件の頃に中国で大学生だった男の青春から壮年までの物語だ。 父親は北京大学時代に文化革命の中で右翼反動分子として下放され息子...

梟通信~ホンの戯言
能は庶民の芸能だ 木村利行「増補 能の繪本」(飛鳥書房) at 2008/08/12(火) 21:18:36
昨日は落語をちょっと変わった切り口で紹介した本。 今日は能の入門書、著者は普通の入門書は堅苦しくて理解しにくい仕組みになっていると云い能を観たことのない人、能を知りたい人にとっては、だからもう一つ手前の入り口が必要なのだと思う。と「序に代えて」で書...

あれやこれや
オトナの片思い-アンソロジー at 2008/08/11(月) 00:31:35
「オトナの片思い」 石田衣良 三崎亜記 井上荒野 栗田有起 大島真寿美 佐藤正午 伊藤たかみ 大崎知仁 角田光代 山田あかね 橋本紡 こんばんは。 この二日間で5冊の本の感想を書けました。実は手元にあと8冊の感想待ちの本が積んであります。読むべき本も積んであるのに

あれやこれや
All Small Things-角田光代 at 2008/08/10(日) 23:51:35
「All Small Things」 角田光代 こんばんは。 今までで一番印象に残っているデート。それは、晴海埠頭をみたあとにお台場にまわってベイブリッジに回るような計画的なものでも、東京タワーや六本木、国会議事堂を回るような東京観光的なデートでもない。 学校帰りの彼

あれやこれや
female-アンソロジー at 2008/08/10(日) 00:09:04
「female (フィーメイル)」 小池真理子 唯川恵 室井祐月 姫野カオルコ 乃南アサ こんばんは。最近は花火大会がいろんなところで開催されているせいか、浴衣で電車に乗る女の子が多くて、思わず興奮してしまいますね。あれこそ究極のワンピースですものね。なんの飾りが...

あれやこれや
卵の緒-瀬尾まいこ at 2008/08/09(土) 22:49:45
「卵の緒」 瀬尾まいこ こんばんは。 昨晩書いた文章を今読み返すと恥ずかしいですね。酒の力に後押しされて、勢いのままに感情を押し出して書いていますね。自己主張だけの、空虚な文章になっている気がします。 人物と適度な距離を持ちながら著者の感情が前面にでてこ...

あれやこれや
「神に迫るサイエンス」 BRAIN VALLEY研究序説-瀬名秀明編 at 2008/08/09(土) 02:48:34
「『神』に迫るサイエンス-BRAIN VALLEY 研究序説」 瀬名秀明編 澤口俊之 山元大輔 佐倉統 金沢創 山田整 志水一夫 瀬名秀明 こんばんは。甲子園が始まっていますね。今年はオリンピックのせいで、前倒しで始まっているそうですね。そんな開会式の直前に発覚した桐生第一...

あれやこれや
36倍売れた!仕組み思考術-田中正博 at 2008/08/07(木) 01:13:17
「36倍売れた! 仕組み思考術」 田中正博 こんばんは。 会社にいると毎日のように、営業の電話がありますね。そんな電話があるたびに、もう少しうまくやればいいのに、なんて思いつつ、今忙しいからと電話を切ってしまいます。 そんな営業電話をかけてくる人に思わず、...

梟通信~ホンの戯言
大塚英志「護憲派の語る『改憲』論ー日本国憲法の『正しい』変え方」(角川ONEテーマ21) at 2008/08/06(水) 20:48:07
今秋に予定されている結婚の準備に忙しい(前撮りなんてことを教えてくれた)20代の美容師と話していて何かの弾みで「女性には選挙権がない時代があったんだよ、それも大昔って訳じゃなくて60年ほど前のことだ」と云ったらびっくりしていた。 「長い歴史の上に勝ち取...

あれやこれや
秘密-東野圭吾 at 2008/08/05(火) 23:32:39
「秘密」 東野圭吾 こんばんは。昨日はすてきな夢をみてしまいました。夢の中で誰かと戦っていて、最後は華麗なかかと落としを決めた!ところが現実にはそんな相手がいるはずもなく、フローリングの床に思いっきりかかとを打ち付けることになりました。おかげで歩くのに

あれやこれや
鍋の中-村田喜代子 at 2008/08/03(日) 15:56:51
「鍋の中」 村田喜代子 こんばんは。 もう八月になってしまいましたね。毎年同じことを言っているような気もしますけど、時の経つのが早いものでもう今年も残すところあと4ヶ月ですね。2/3がもう終わってしまったということですね。みなさん充実した時間を過ごしてい

手当たり次第の読書日記
『龍馬を斬る』 黒鉄ヒロシ at 2008/07/31(木) 10:07:53
龍馬を斬る―誰が龍馬を殺したか/黒鉄 ヒロシ ¥1,500 Amazon.co.jp こういうものを置いててくれるから、たまに大型書店に行かなきゃならんのですよね。 黒鉄さんの「歴画」です! 奥付を見たら、ちょうど1年前に出た本のようですが、全然知らなかったな

あれやこれや
こうばしい日々-江國香織 at 2008/07/31(木) 00:38:20
「こうばしい日々」 江國香織 こんばんは。最近薄着の女の子や丈の短いスカートをはいた女の子が多くてウハウハなkbbですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。でも見慣れてくると不思議なことにすぐに見飽きてしまうんですよね。それってきっと彼女たちは僕の手の届...

梟通信~ホンの戯言
裁判は共同幻想のつっかい棒? 山口宏・副島隆彦「新版 裁判の秘密」(宝島社) at 2008/07/28(月) 21:19:58
1954年生まれ、早稲田大学を出て民事弁護士が長い山口、開口一番私は、もう弁護士をやめたい。日本の裁判の実際を歯に衣着せず活写し告発する。 弁護士稼業がいかに間尺に合わないかを縷々説明する、嘆き節。 といっても東京生まれ、しかもあの早稲田の在野精神が脈...

あれやこれや
あした天気にしておくれ-岡嶋二人 at 2008/07/27(日) 23:44:37
「あした天気にしておくれ」 岡嶋二人 こんばんは。先ほどの更新はコミックということで、番外編でした。というわけで、岡嶋二人の作品です。西岸良平のミステリーもいいのですが、やはりミステリーといえばよく練った作品をつくる岡嶋二人ですね。 この作品は江戸川乱

あれやこれや
鎌倉ものがたり傑作選 胸に残る思い出編-西岸良平 at 2008/07/27(日) 23:12:14
「鎌倉ものがたり 傑作選 胸に残る思い出編」 西岸良平 こんばんは。 少し気分を変えてみようと、久しぶりに漫画を読んでみました。雑誌をぱらぱらとめくることはあっても一冊まるまる読んだのはどれぐらいぶりだろうか。 本が好き!からの献本です。西岸良平の「鎌倉

手当たり次第の読書日記
『幽談』 京極夏彦 at 2008/07/27(日) 12:34:53
幽談 (幽BOOKS)/京極夏彦 ¥1,449 Amazon.co.jp 夏といえば。 怖い話、ですね。 という訳で、とても季節感たっぷりに、京極夏彦最新刊です。 今回は、京極堂シリーズでも巷説百物語シリーズでも多々良先生シリーズでもありません。妖怪は出てこず、作中...

あれやこれや
クライマーズ・ハイ-横山秀夫 at 2008/07/26(土) 01:32:34
こんばんは。 今日は映画を見てきました。最近イクスピアリのレイトショーがお気に入りです。「マジックアワー」もここで見てきました。安いし、すいているし、言うことないです。ということで、「クライマーズ・ハイ」を見てきました。原作を読んできたばっかりで、原作..

あれやこれや
ユリイカ-青山真治 at 2008/07/25(金) 00:16:08
「ユリイカ」 青山真治 こんばんは。 自分の性格を忘れていました。最近なぜかパチンコにはまっていて、ちょこちょこ勝っていたんです。こんなくだらないことなんでやっているんだろうと思いつつ、なぜか入り口をくぐってしまう。きっとパチンコってカタルシスを味わう

志村建世のブログ
人間はどんな国を作ってきたか(通算23) at 2008/07/24(木) 10:21:20
民主主義は最高で最善か  国の作り方つまり人間支配の方法として、民主主義は本当に最高で最善のものでしょうか。民主主義に対してよく持ち出される批判は、それは「衆愚政治」であるというものです。往々にして大衆の判断よりも、たった一人の哲人の方が正しい判...

あれやこれや
不恰好な朝の馬-井上荒野 at 2008/07/24(木) 00:05:10
「不恰好な朝の馬」 井上荒野 こんばんは。 先日芥川賞、直木賞の発表がありましたね。芥川賞は中国出身の楊逸。「時が滲む朝」でしたね。そして直木賞が井上荒野。「切羽へ」でしたね。 北京オリンピックというイベントを控えているということもあり、楊逸が芥川賞を

あれやこれや
野生の風-村山由佳 at 2008/07/23(水) 23:41:34
「野生の風」 村山由佳 こんばんは。 僕の好きな色はオレンジ色なんですけど、この色をみていると、なんだか元気になれる気がします。何でかって聞かれると困るんですけどね。携帯電話もスニーカーもこのあいだ買ったポロシャツも気付いたらオレンジ色でした。こういう

志村建世のブログ
戦後日本の軌跡から学ぶこと(通算21) at 2008/07/22(火) 11:05:10
人間はどうなるのか  私がこの本で考えたいのは、経済と人間との関係です。経済活動が人間生活を豊かにすることは疑いありません。戦後の復興期から高度成長期まで、日本人の生活は目ざましく向上してきました。かつては雲の上のようだったアメリカ人の生活さえも...

あれやこれや
謎の母-久世光彦 at 2008/07/21(月) 14:52:30
「謎の母」 久世光彦 こんにちは。三連休も終わっちゃいますね。なんだかこの三連休は遊び倒して充実なものになったんですけど、みなさんはどうでしたか? 久世光彦。初めて読む作家さんでした。川上弘美の「センセイの鞄」をWOWOWで放送したときの演出をした方です。と...

志村建世のブログ
戦後日本の軌跡から学ぶこと(通算20) at 2008/07/21(月) 11:30:21
コストとしての人間の格差  企業が正社員を減らしてパート労働者と置き換えようとするのは、両者のコストが大きく違うからです。平均的時間給の比較で、現在の日本ではパートは社員のほぼ半額ですが、それだけではありません。各種の保険料や事務管理、福利厚生な...

梟通信~ホンの戯言
孤児は大人になって何をみたのか カズオ・イシグロ「わたしたちが孤児だったころ」(ハヤカepi文庫) at 2008/07/20(日) 20:51:53
イギリスがアヘンを持ち込み数知れぬ中国人を廃人とし莫大な利益をあげてテンとして恥じるところもなかった頃のことだ。 アヘンに関わった貿易会社に勤める父と反アヘン運動に熱心な母に慈しまれて上海租界に育ったイギリス人・クリストフアー・バンクスが主人公。 両親...

あれやこれや
ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺-田中啓文 at 2008/07/20(日) 11:31:29
「ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺」 田中啓文 こんにちは。 世の中おかしなことばっかり起こるようで、禁煙をすすめるためのタバコ税の増税が、ただの税収アップが目的だったってことをこのあいだニュースで読みました。一箱千円にしてしまうと、禁煙する人が増えて...

志村建世のブログ
戦後日本の軌跡から学ぶこと(通算19) at 2008/07/20(日) 09:51:53
安定雇用の喪失と消費縮小 話が抽象的にならないように、ここでも私の体験から始めましょう。私は幼児・家庭教育用ビデオの制作・販売をする小さな会社を経営しています。不況の時代に入ってから、たしかに売上が落ちました。書店を通しての販売は、書店販売網の全...

志村建世のブログ
戦後日本の軌跡から学ぶこと(通算18) at 2008/07/19(土) 11:05:56
長期デフレの中での構造改革  一九九〇年代に始まったデフレ時代は、私にも初めての珍しい経験になりました。物価がだんだん下がってくるというのは、少なくとも当面は、それほど悪いものとは思えませんでした。たとえば、私が長年にわたって通っていた床屋さんは...

あれやこれや
DIVE!!4 コンクリート・ドラゴン-森絵都 at 2008/07/19(土) 03:03:56
「DIVE!!4 コンクリート・ドラゴン」 森絵都 こんばんは。 とうとう「DIVE!!」も終わってしまいます。漢字に全部ふりがなが振ってあって読みにくかったり、途中で突然著者の声が入ったりして視点変更についていけないところも有りましたが、なんとか読み終えることがで

世界でいちばん深い海にはまだ誰も潜ったことがない
西の魔女が死んだ at 2008/07/18(金) 18:53:20
素敵なお話だった。 明るくてのどかで、広々していて、そして素敵で退屈だった。 なかなか集中できなくて、だから感情移入することもなく読み進めた。 探しものをしながら。

志村建世のブログ
戦後日本の軌跡から学ぶこと(通算17) at 2008/07/18(金) 10:51:02
不良債権の処理からデフレの時代へ  本筋に戻ってバブル崩壊後の日本の歩みを見てみましょう。株価と地価の暴落は、日本の多くの企業の資産を大きく減らすことになりました。株も土地も、自分で持ちつづけているものの価値が下落するのは、さほど打撃にはなりませ...

あれやこれや
DIVE!!3 SSスペシャル\'99 at 2008/07/18(金) 00:33:13
「DIVE!!3 SSスペシャル\'99」 森絵都 こんばんは。 愛知のバスジャック事件ですけど、三崎亜記の「バスジャック」を読んで犯行を思い立ったものじゃないことを祈っております。犯行方法を聞いてみると乗客の携帯電話を取り上げたりと、いくつか同じようなことが書いて

志村建世のブログ
戦後日本の軌跡から学ぶこと(通算16) at 2008/07/17(木) 10:38:54
通貨と賢くつきあう方法  戦後日本の悪性インフレは、一九四九年の終り頃、生産力が回復して民需品が世の中に出回るようになって、ようやく終息に向かいました。今も通用している十円玉が発行されたのは、一九五一年のことです。その後物価は安定してきましたが、...

あれやこれや
DIVE!! 2 スワンダイブ-森絵都 at 2008/07/17(木) 00:34:46
「DIVE!!2 スワンダイブ」 森絵都 こんばんは。 きのうの記事を改めて読み返してみると、なんだか本の紹介をまったくしていないですね。表現と伝わることについてせっかく考えたのにね。オリンピックイヤーにふさわしい作品なのに、なんだかもったいない。 きょうのは

梟通信~ホンの戯言
100万回目に亡くなったお母さん 佐野洋子「シズコさん」(新潮社) at 2008/07/16(水) 23:07:56
大分前から気になっていた本。 なんだか読むと切なくなって困るだろうと思って買わなかった。 結局何人かに薦められて読んだ。 切なくはなった(ほとんど泣けた)が困りはしなかった。 むしろほっとするような温かい気持ちになれた。 俺には身につまされるよう

志村建世のブログ
戦後日本の軌跡から学ぶこと(通算15) at 2008/07/16(水) 10:23:44
一銭玉が通用していた時代  日本の通貨単位は「円」ですが、その下に銭や厘の単位があったことを、現代の人はほとんど実感していないでしょう。しかし日本の通貨は、明治四年に「円」を基本単位と定めて以来、一度も切り下げられてはいません。ですから銭は円の百...

あれやこれや
DIVE!! 1 前宙返り3回半抱え型-森絵都 at 2008/07/16(水) 07:57:37
「DIVE!!1 前宙返り3回半抱え型」 森絵都 おはようございます。 昨日の夜、NHKで放送していた「爆笑問題のニッポンの教養」という番組をみていました。爆笑問題の二人がいろんな学者のところにいき、話を聞くという番組で、昨日は東京藝術大学の学長、宮田さんが出演

あれやこれや
愛の保存法-平安寿子 at 2008/07/15(火) 22:22:20
「愛の保存法」 平安寿子 こんばんは。 チョコレートは冷凍してからじゃないと食べないkbbです。冷凍したやつを口の中で溶かしながら食べるのが一番おいしいと思うのですけど、いかがでしょうか?飲み物は牛乳が最高ですけど、お酒とでもまぁ楽しめますよね。 そんな感...

梟通信~ホンの戯言
ジャーナリズム腐敗の法則って? 別冊宝島編集部・編「戦後ジャーナリズム事件史」(宝島社) at 2008/07/15(火) 21:06:15
神戸児童殺害事件で少年Aの顔写真を載せた「フォーカス」の山本副編集長(当時・山本夏彦の息子)。 「わいせつコミック」で警察の取り締まりに頭をさげずに最高裁まで争った出版社長。 篠山紀信撮影・樋口可南子のヘアヌード写真集を出した朝日出版社の編集者。 ベト...

志村建世のブログ
戦後日本の軌跡から学ぶこと(通算14) at 2008/07/15(火) 10:48:57
土地は誰のものなのか  土地を作り出した人はいません。公共事業で埋立地が出来たりすることはありますが、それは例外で、土地は海と同じように地球の自然物です。それなのに日本の国土で公有地を含めれば誰のものでもない土地というものは存在せず、世界にも南極...

梟通信~ホンの戯言
ゲットーに木はあったのか? ユーレク・ベッカー「ほらふきヤーコプ」(同学社) at 2008/07/14(月) 20:59:34
明日、世界が   滅びるとしても 今日、あなたは   リンゴの木を植える 開高健が書いていた言葉が好きだ。 ナチスの設けたゲットーでは飢えと恐怖、寒さへの不安が極限状態だったそうだ。 ある意味ではそれ以上にナチスの悪魔性を明らかにしているのはつまり

志村建世のブログ
「イスラーム主義とは何か」を読む(3) at 2008/07/14(月) 16:25:32
いつもそうですが私の場合、読んだ本の紹介は忠実な書評ではなくて、読みながら私が勝手に考えたことが中心になっています。  この本に出てくる「イスラーム復興」ということも、私の今までの漠然とした理解とは違っていました。イスラム教では1日に何回ものお祈り...

手当たり次第の読書日記
『語り女たち』 北村薫 at 2008/07/13(日) 11:43:14
語り女たち (新潮文庫 き 17-10)/北村 薫 ¥540 Amazon.co.jp 今更ながら、どうにも釈然としない訳であります。 何でこの連作、評判悪かったのかなあ。 直木賞の候補に入りながら落っこちるのは北村さんの恒例行事のようなものですが(笑)、この時は相手が...

志村建世のブログ
戦後日本の軌跡から学ぶこと(通算12) at 2008/07/13(日) 11:36:48
高度成長とバブルとその崩壊  埼玉県草加市の公団住宅に住んでいた私が、団地のすぐ近くに土地を購入したのは一九七二年のことです。高度成長は何年も継続して、自動車をはじめとする国産品の性能が向上しアメリカへの輸出が本格化してきました。国内では「列島改...

あれやこれや
無名時代の私-文藝春秋編 at 2008/07/13(日) 09:17:34
「無名時代の私」 文藝春秋編 こんばんは。昼間の雷はすごかったですね。突然強い雨が降り出して、雷が鳴り続けるなんてまるで夏の夕方、もしくは熱帯地方のスコールを見ているようでした。もう梅雨をすっとばして夏がやってきたんでしょうか。このままだと確実に水不足

志村建世のブログ
「イスラーム主義とは何か」を読む(2) at 2008/07/12(土) 17:53:32
私たちは何となく、宗教色が薄まり世俗化することが近代化だと思い込んではいないでしょうか。たとえば日本の仏教などは極端で、墓では寺の世話になっていても、酒を飲んだり肉食することを、仏教徒だから遠慮するという人は、皆無ではないでしょうか。日常生活はもち...

志村建世のブログ
戦後日本の軌跡から学ぶこと(通算11) at 2008/07/12(土) 12:43:38
焼け跡からの復興と成長 一九四五年の敗戦から間もない頃に、父に連れられて東海道線の列車に乗ったことがあります。東京駅を出てから品川、川崎、横浜を過ぎて戸塚あたりで丘陵地帯に入るまで、窓の外の景色は戦災による廃墟の連続で、まともに操業しているらしい...

あれやこれや
スペインの雨-佐藤正午 at 2008/07/12(土) 10:56:49
「スペインの雨」 佐藤正午 こんにちは。 佐藤正午の「スペインの雨」です。以前読んだ、「ジャンプ」から気になりつつも読まないでいた佐藤正午ですけど、とうとう読んでしまいました。「ジャンプ」はラストだけ変えられた村上春樹作品のようであまり入り込めなかった

志村建世のブログ
「イスラーム主義とは何か」を読む(1) at 2008/07/11(金) 23:10:17
「イスラーム主義とは何か」(大塚和夫・岩波新書)を読みました。最新刊ではなくて2004年4月の発行ですが、もっと前に読んでおくべきでした。私は、イスラム教はまだ宗教改革を経験しておらず、近代との調和ができていないという、漠然たる印象を持っていたのですが、こ...

志村建世のブログ
私たちはどんな時代にいるのか(通算10) at 2008/07/11(金) 11:04:35
トータルで考えたらどうなるか  私たちがどんな時代にいるのかを考える最後に、世界の今をトータルで見てみたいと思います。個々の分野についてはそれぞれの専門家がさまざまの発言をしていますが、世界の全体はいったいどうなって行くのか、それを考えないと私は...

梟通信~ホンの戯言
読売新聞社会部著「ドキュメント 裁判官 人が人をどう裁くのか」(中公新書) at 2008/07/10(木) 23:08:03
裁判員制度に関心を持ってからできるだけ裁判に関する本を読む努力をしている。 食欲をそそる本が積読になって「早く、読め~」と喚いたり「忘れちゃいやよ」と流し目をくれるのだが。 法律に詳しい友人と雑談していて裁判員制度をどう思うと尋ねたら「日本の刑事事

あれやこれや
包帯クラブ-天童荒太 at 2008/07/10(木) 21:52:10
「包帯クラブ」 天童荒太 こんばんは。今日家に帰ってきたら、昔の彼女宛のダイレクトメールがうちに届いていました。一人暮らしだった彼女はほぼうちに入り浸っていて、郵便物もうちに届くようにしていました。七年も前の話なのに、彼女の名前を見た途端に昔のことをい

志村建世のブログ
私たちはどんな時代にいるのか(通算9) at 2008/07/10(木) 09:45:49
電脳化時代の不気味  コンピューターは今やどこの家にもありふれた電化製品の一つになり、携帯電話と連動してコミュニケーションのありようを根本的に変えつつあります。若い世代と子供たちはその適応力の高さから、一歩先んじて電脳製品の上手な使い手になりまし...

志村建世のブログ
私たちはどんな時代にいるのか(通算8) at 2008/07/09(水) 09:56:11
金とは何かという素朴な質問  ところで「お金」とはいったい何でしょうか。もともとは物々交換に由来する「何とでも交換できる持ち運びに便利な財産」であったことは明らかです。希少な金属の代表だったきん金の字を当てていることからもそれはわかります。日本で...

あれやこれや
号泣する準備はできていた-江國香織 at 2008/07/09(水) 06:14:50
「号泣する準備はできていた」 江國香織 こんばんは。 最近車に乗らずに電車で移動することが多いのですけど、昔は車かバイクでしか移動しないってほど、それらに頼っていました。デートの時もドライブってことが多かったのですけど、最近電車で行って駅前で降りると、

あれやこれや
シンボーの常識-南伸坊 at 2008/07/08(火) 21:29:50
「シンボーの常識」 南伸坊 こんばんは。 世の中いろんな常識にがちがちに固められているようですね。例えばスカートをはくときは中に黒井スパッツをはくとか。ってこれがただの僕の願望でしたね。ごめんなさい。 そんなわけで、もう二十年以上前に書かれた「シンボー

志村建世のブログ
私たちはどんな時代にいるのか(通算7) at 2008/07/08(火) 11:18:59
万事が金の現代社会  ラオス駐在の大使だった人から印象的な話を聞いたことがあります。ラオスの辺境に生まれたふつうの女の子は、今でも半径五キロ程度の生活圏の中だけで一生を終ってしまう、こうした人たちの可能性つまり人生の選択の幅を少しでも広げてあげら...

梟通信~ホンの戯言
観たかったなあ、もう一つの都庁舎 平松剛「磯崎新の『都庁』 戦後最大のコンペ」 at 2008/07/07(月) 23:15:14
新宿に偉容(異様?)を誇る東京都庁舎。 その設計コンぺが行なわれた。 1985年のことだ。 丹下健三と鈴木都知事(当時)の親密度などから丹下への特命と思われていた。 指名されたところはいずれも大手の設計事務所ばかり、所詮は丹下の出来レースとも見られた。...

志村建世のブログ
私たちはどんな時代にいるのか(通算6) at 2008/07/07(月) 09:58:21
金に支配されなかった人たち  これは少し古い笑い話です。文明開化が南アジアの島国にも及びはじめた頃、日本がドイツ領だった南洋諸島を委任統治領としていた昭和初期の話かもしれません。  南の島の豊かな自然と、そこで暮らす温和な人たちを見たとき、文明国...

あれやこれや
バスジャック-三崎亜記 at 2008/07/07(月) 08:09:26
「バスジャック」 三崎亜記 こんばんは。 車で走りながら、遠くの方にぼーっと見えるものがあって、なんだろうあれは、なんて眼をこらしながら近づいていくとだんだと見えてきてすっきりしたってことありませんか?それが例え歯医者の看板でもなんでもいいです。とにか

梟通信~ホンの戯言
バレ噺でばれてしまったかな 川柳川柳「天下御免の極落語」(彩流社) at 2008/07/06(日) 15:40:40
漫談でつなぐ軍歌、ジャズ、そして興が乗ればおまけにソンブレロをかぶりサラッペを肩にかけてギターを抱えて「ラ・マラゲーニア」を小噺入りでやってくれる。 喜寿だというのによく通る声、リズム感も若々しく楽しい。 偉大なるマンネリ、とでも言うべきか、寄席でこ...

あれやこれや
本は10冊同時に読め!-成毛眞 at 2008/07/06(日) 15:18:51
「本は10冊同時に読め!」 成毛眞 こんにちは。たまに駅のそばの立ち食いソバ屋さん(ダジャレでしたすみません)に入ると、すっごく甘ったるい汁の時がありますよね。そんなときは七味をバーっていれて掻き込んでしまえばなんとかなるってものですね。ってこれって味

志村建世のブログ
私たちはどんな時代にいるのか(通算5) at 2008/07/06(日) 11:30:22
マクドナルドの法則  マクドナルドの法則というものをご存知でしょうか。ハンバーガーショップのマクドナルドがある国同士は戦争をしない、というのです。マクドナルドのない国同士、あるいはマクドナルドのない国とマクドナルドのある国とは戦争をするが、両方の...

梟通信~ホンの戯言
さあ、これで小説が書けるか? 北村薫「北村薫の創作表現講義」(新潮選書) at 2008/07/05(土) 21:39:33
母校の早稲田大学・文学部で二年間にわたって行った講義の一部を活字にしたもの。 後輩に「空飛ぶ馬」を教えられて「夜の蝉」「秋の花」などの円紫シリーズにはまりこみ、その頃は覆面作家の彼を彼女と思い込んでいた。 行きつけの本屋も女性作家の棚に「スキップ」「タ...

あれやこれや
楽園のつくりかた-笹生陽子 at 2008/07/05(土) 13:30:52
「楽園のつくりかた」 笹生陽子 こんにちは。 昨日のオアシスの時に一緒に買った作品「楽園のつくりかた」です。この人も知らない人だぞ、と思いつつ表紙の学生服姿の男の子に眼がない(ハードカバーを買いました)のが気になって買いました。 読みやすい文章に流れる

志村建世のブログ
私たちはどんな時代にいるのか(通算4) at 2008/07/05(土) 11:05:43
経済グローバル化の嵐  二十一世紀初頭の世界を特徴づけているのは経済のグローバル化です。資本は国境を越えて自由に往来しながら、最適の場所で最大の利益を上げることに専念するようになりました。国境を自由に越えられるようになったのは、各国が資本移動の自...

梟通信~ホンの戯言
「悲劇週間」とは違うよ 矢作俊彦「傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを」(講談社) at 2008/07/04(金) 22:37:47
石山信次郎・東京都知事(ネオバンク都民、なる破綻銀行の仕掛け人でもある)が東京オリンピック開催の前に新宿歌舞伎町の大掃除、ガイジン絶滅のために仕掛けた悪巧みとは? 謎の美女、こいつが悪の元締め? それにしてはちょいと凄みが足りない。 ホリエンモンを

あれやこれや
オアシス-生田沙代 at 2008/07/04(金) 19:42:56
「オアシス」 生田沙代 駅前の大通りから一本細い道に入ったところを左に折れさらに細く、暗い道を行く。その店はそんな路地に面した地下にあった。昭和な感じの無口な旦那さんとその奥さんが二人でやっているようなお店だった。無駄なことは一切言わず、代わりにすべて

志村建世のブログ
「介護・現場からの報告」を読む at 2008/07/04(金) 17:55:46
「介護・現場からの報告」(結城康博・岩波新書)を読みました。今のところ問題は感じていないのですが、自分もやがて世話になるかもしれないと思い、そのときはどんなことが問題になるのか、概略を知っておきたいと思ったのです。その意味では「現場からの報告」とい...

志村建世のブログ
私たちはどんな時代にいるのか(通算3) at 2008/07/04(金) 10:08:51
未来がバラ色に見えたとき  今からわずか十五年ほど前のことですが、一九八九年のベルリンの壁崩壊とその二年後のソ連解体は、核戦争の恐怖にさらされていた世界の緊張を一挙に緩和していました。ソ連共産党の最後の書記長ゴルバチョフは、一党独裁による計画経済...

志村建世のブログ
私たちはどんな時代にいるのか(通算2) at 2008/07/03(木) 10:27:45
不安と不満の時代  二十一世紀が始まったばかりの今、日本の社会は不安と不満が渦巻いているように見えます。世の中はだんだん良くなっていくと思っている人よりも、世の中がおかしくなってきている、将来は不安だと感じている人の方が、ずっと多くなっているよう...

あれやこれや
沖で待つ-絲山秋子 at 2008/07/03(木) 07:35:29
「沖で待つ」 絲山秋子 こんばんは。毎朝駅に向かう途中で国道を渡るのですけど、普段渋滞して横断歩道のところまで車がはみ出しているはずの道に車がほとんどいない。これはどういうことだろう、なんて考えているとガソリン代が更に値上げされたんでしたっけね。レギュ

志村建世のブログ
私たちはどんな時代にいるのか(通算1) at 2008/07/02(水) 14:15:10
人類を突然死させないために  二〇〇五年の夏の終り、七十二歳のときに私はこの本を書きはじめます。この本を書く動機を簡単に言うと、「人類をなるべく突然死から遠ざけて、自然死へ導きたい」ということになります。現実から遊離した夢想のようだと思われるかも...

あれやこれや
菊葉荘の幽霊たち-角田光代 at 2008/07/02(水) 06:53:33
「菊葉荘の幽霊たち」 角田光代 おはようございます。満員電車に乗っていて不思議に思うことがあります。これだけ肌をくっつけあっているのに誰も彼もがお互いを知らない。目を合わせることもない。むしろ迷惑に思っているのが普通でしょう。みんないらいらしているのを

志村建世のブログ
あなたの孫が幸せであるために at 2008/07/01(火) 11:10:21
「あなたの孫が幸せであるために」というのは、私が2年前に出した本のタイトルです。自費出版系出版社と呼ばれる中でも大手の新風舎から出したのですが、ここがこの春に倒産しました。その後、同系出版社の文芸社が、既刊本の流通を引き受けるというので待っていまし...

あれやこれや
生物と無生物のあいだ at 2008/07/01(火) 00:59:16
「生物と無生物のあいだ」 福岡伸一 こんばんは。ここに自分が存在しているのはなぜか。そんなことはお酒を毎晩補給してなくなったら、また入れる。そんな風に思っているわけで。まぁ普段はそんな哲学的なことはまったく考えていないんですけど、たまには考えてみるのも

あれやこれや
テロリストのパラソル-藤原伊織 at 2008/06/30(月) 01:16:40
「テロリストのパラソル」 藤原伊織 こんばんは。最近では眠れないから本を読むのか、本を読むから眠れないのかわからない夜を過ごしています。今日も三崎亜記の作品を読みながらどのタイミングで本を閉じて目をつむるか悩んでいるところです。 さて、最近ナンパな作品

志村建世のブログ
長谷場夏雄「かけがえのないあなたへ」を読む at 2008/06/29(日) 22:02:22
青少年福祉センターの創始者であり、50年にわたってその活動をリードしてきた長谷場夏雄氏の語録ですが、センター職員のための教材であるとともに、すぐれた教育論になっています。センターの活動の中心は、義務教育を終了する15歳から18歳までの「高齢児童」を援助す...

あれやこれや
もつれっぱなし-井上夢人 at 2008/06/29(日) 20:33:48
「もつれっぱなし」 井上夢人 こんばんは。週末になると寝過ぎてしまったりお酒を飲み過ぎてしまって思い通りにいかない生活をしているkbbです。 さて、岡嶋二人の片割れ、井上夢人の作品です。全編が男女の会話だけでできている短編集です。タイトルの「もつれっぱなし...

梟通信~ホンの戯言
抑制・謙虚・情熱・信念 吉村昭「わたしの普段着」(新潮文庫) at 2008/06/27(金) 21:39:05
吉村が書いた小説・「黒船」の主人公堀達之助(幕末のオランダ通詞)が愛した妻・美也の墓を下北半島にまで訪ねる。冬季には全く雪に埋もれている墓も春の到来とともに、雪がとけ、徐々に全身をあらわしてくる。そういう墓をみて”爽やかな感動が胸にひろがった”著者は自...

あれやこれや
あの日にドライブ-荻原浩 at 2008/06/27(金) 21:34:26
「あの日にドライブ」 荻原浩 こんばんは。昨日は試写会に行って来ました。「ラストゲーム 最後の早慶戦」というやつです。いい映画でしたよー。泣きたい人も泣きたくない人も見終わった後にはほろっとさせてくれる映画でした。決して泣かせようとしていないからこそ、号...

手当たり次第の読書日記
『維新回天 高杉晋作』 村上元三 at 2008/06/26(木) 15:26:49
高杉晋作―維新回天 (人物文庫 む 3-33)/村上 元三 ¥1,029 Amazon.co.jp 佐幕派びいきに似合わぬ選択ですが、実はこれ、作者名買いです。 私にとって、村上元三といえば『新選組』。こんな直球なタイトルからは誰も想像できないであろう、オリジナル設定

あれやこれや
きいろいゾウ-西加奈子 at 2008/06/25(水) 22:39:36
「きいろいゾウ」 西加奈子 こんばんは。最近なんだか、田舎に住みたいって欲求がでてきています。飽きっぽい僕は満員電車に飽きちゃったんでしょうかね。山が間近にせまるような景色を思い浮かべているんですけど、そんなところで何ができるってわけでもないんですけど

あれやこれや
青空チェリー-豊島ミホ at 2008/06/24(火) 22:50:56
「青空チェリー」 豊島ミホ こんばんは。 先日、駅で前を歩くすっごい短いワンピースをはいた女の子を見つけました。膝上30センチというか、歩いて裾が揺れただけでパンツがみえちゃうんじゃないかとこちらが心配になっちゃうほど短いワンピース。どきどきしながらも後

あれやこれや
ガラス張りの誘拐-歌野晶午 at 2008/06/23(月) 05:29:52
「ガラス張りの誘拐」 歌野晶午 おはようございます。なんかすっごい大切なことを見つけて、おおすごい!と思いつつ、それをそっと人に話すのだけれど、誰一人として共感してもらえないことが最近多くて、僕にはそう見えるのに誰一人としてそうは見てもらえないのかぁと

梟通信~ホンの戯言
苦しんでいる若者に読ませたい W・E・フランクル「夜と霧」(みすず書房) at 2008/06/22(日) 20:52:46
このあまりにも有名な“必読書”を今やっと読み終えたことを言うのはちょっと恥ずかしい。 しかし、読んで良かった。 間に合った。 何に? それは分からない。 分からないけれど、間違いなく間に合ったのだ。 “生きる”とはそういうことだと本書は教えてくれる。 ...

あれやこれや
幽霊狩人 カーナッキの事件簿-W・H・ホジスン at 2008/06/22(日) 13:16:55
「幽霊狩人 カーナッキの事件簿」 W・H・ホジスン こんにちは。風邪も熱燗が追い出してくれたようでだいぶよくなりました。やっぱり酒は百薬の長ですね。ってそういう意味ではないですよねぇ……。 さてそんなふわふわとしたよくわからない意識の元、本が好き!経由でい...

あれやこれや
北村薫の創作表現講義 あなたを読む、わたしを書く-北村薫 at 2008/06/21(土) 13:06:34
「北村薫の創作表現講義 あなたを読む、わたしを書く」 北村薫 こんにちは。せっかくの週末だというのに、風邪をひいてしまったようです。木曜の夜に友達と飲みに行った飲み屋さんですでに、鼻はじゅるじゅる、くしゃみはしょっちゅうって感じでした。昨日も会社に行くと...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 勝間 和代 at 2008/06/19(木) 07:05:04
今回のフォトリーディングのターゲットは、勝間和代さんの『ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力』です。 副題は、「ビジネス思考法の基本と実践」です。 出版ペースが超速い勝間さん、今年も勢いは止まり そうもありませんね。今回のネタは「ビジネス思考法」です...

あれやこれや
スティル・ライフ-池澤夏樹 at 2008/06/18(水) 23:06:48
「スティル・ライフ」 池澤夏樹 こんばんは。最近タバコ税の話題がよくでてきますね。また増税されちゃうんでしょうかね。この国は嫌いではないけれど、これ以上税金を負担させられちゃったら、ただでさえ薄い愛国心がますますすり切れていっちゃいそうです。 そんな愛

梟通信~ホンの戯言
ナチスは環境問題の優等生だった? 住 明正「地球温暖化の真実」(ウエッジ選書) at 2008/06/18(水) 21:28:08
環境問題、とくに二酸化炭素と温暖化の因果関係について書かれた本が多い。 立ち読みしたり買ったり。 やはり本当はどうなんだ?ってタレントの離婚の真相なんかより気になる。 俺は誰が誰と結婚しているかも知らないのだけれど。 本書はとても冷静である意味で

志村建世のブログ
K9MPの書籍 at 2008/06/18(水) 18:48:57
K9MPとは、「憲法9条メッセージ・プロジェクト」の略称です。私は「まいさん」のブログでその存在を知ったのですが 一人ひとりの強い意思が 戦争をくいとめ 憲法と 世界の希望を守りぬく というスローガンのもとに、一流の論客がメッセージを発信してい...

あれやこれや
随筆 おにやらい-巖谷大四 at 2008/06/17(火) 23:42:52
「随筆 おにやらい」 巖谷大四 こんばんは。昨日の作品名なんですけど、「めしたのこいびと」ではなくて「もっかのこいびと」です。今だけとかって意味に近い言葉ですね。ちゃんとふりがなふっておけばよかったと今更ながらに思っています。なんでこんなこと書くかってい...

梟通信~ホンの戯言
子どもたちを怖がってはいけない 宮崎哲弥+藤井誠二「少年をいかに罰するか」(講談社+アルフア文庫) at 2008/06/17(火) 22:35:44
少年による殺人事件は増えているか? 1948年から1967年にかけて殺人事件で検挙された少年は毎年340人以上、最大で448人(1951年)を数えている。 人口10万人あたりで2人台を越える年が多い。 毎日ひとりづつ検挙されていた勘定になる。 この

あれやこれや
目下の恋人-辻仁成 at 2008/06/16(月) 07:52:14
「目下の恋人」 辻仁成 こんばんは。昨日は友人の結婚式の二次会というやつに生まれてはじめて行って来ました。知らない人がいっぱいいて、一緒にいった人に紹介してもらおうと思っても、人を人に紹介するのってなかなか難しいんですよね。で、紹介されないとうまく話の

あれやこれや
大人の心に効く童話セラピー-アラン・B・チネン at 2008/06/15(日) 14:14:30
「大人の心に効く童話セラピー お姫さまと王子さまが中年になっても幸せでいるために」 アラン・B・チネン こんにちは。もうすぐ、30歳。毎日お酒を飲んで、毎日タバコを吸って、なんにも変わらない自堕落な生活をしている気がします。歳でなにかが変わるとは思えないけ

あれやこれや
邪魔-奥田英朗 at 2008/06/14(土) 17:39:43
「邪魔」 奥田英朗 こんにちは。昨日は金曜日!ということで、合コンに行くのか勝負服に身を包んで準備万端の女の子の集団がいたり、彼氏を喜ばせるのか彼に見せるためだけにチラッとセクシーなところがある服を着た女の子がいたりして、華やかな銀座でしたね。 そんな

梟通信~ホンの戯言
嫌でも見なければならない貧困 湯浅誠「反貧困ー『すべり台社会』からの脱出」(岩波新書) at 2008/06/13(金) 23:05:14
凄まじい勢いで貧困層が拡大している。 東京新聞、2007年3月25日付は雇用、社会保険、公的扶助(生活保護)の三つのセーフテイネットがほころび始めたことを報道した。 1995年からホームレスの支援活動を行なっている著者は最後の砦であるはずの生活保護

梟通信~ホンの戯言
うつ病にどう対処したらいいのか 和田秀樹「精神科医が信用できるか」(祥伝社) at 2008/06/13(金) 00:41:36
今日本にはうつ病の人が400万人くらいいると推定されるそうだ。 急激に増えている。 自殺者がこの9年間毎年3万人超えと言うことだ。 そのうち8割は心を病んでいたという。 著者はこれはあきらかに小泉に代表される新自由主義政策の影響だとみる。 良くも悪

あれやこれや
あの日、「ライ麦畑」に出会った-アンソロジー at 2008/06/12(木) 23:32:22
「あの日、「ライ麦畑」に出会った」 角田光代 加藤千恵 久美沙織 桜井亜美 下川香苗 谷村志穂 中村航 野中柊 藤野千夜 前川麻子 横森理香 吉元由美 こんばんは。最近穀物の価格がすっごいあがっているみたいですね。人間にとってなくてはならないものなのに、どこまでこ...

梟通信~ホンの戯言
どんな風に逝きたい? 斎藤美奈子「冠婚葬祭の秘密」(岩波新書) at 2008/06/11(水) 21:45:15
妻は死を覚悟してからも肉親以外には会いたがらなかった。 葬式についてはホスピスの構内を散歩していて入った教会が気に入ってキリスト教式でやってくれと云ったほかは注文がなかった。洗礼を受けないでもいいのか? 仏式のお墓に入る俺とか子供たちとあの世があるとす...

あれやこれや
gift-古川日出男 at 2008/06/10(火) 23:03:43
「gift」 古川日出男 こんばんは。今日は仕事帰りに銀座を通って新橋、赤坂、永田町と約一時間半徘徊してきました。むしゃくしゃしているときは歩くのがいいですね。「もう疲れた」とか「足が痛い」とか考えてしまって、他のこと考えられないから。 前文とまったく関係

あれやこれや
海を抱く BAD KIDS-村山由佳 at 2008/06/09(月) 23:18:55
「海を抱く BAD KIDS」村山由佳 こんばんは。昨日の記事をそのまんまにして、全然書かなかったら、ブログとさようなら、みたいに思われたらいやだなぁって自分の記事を書いて思っちゃいました。前科ものですしね(笑) さて、相変わらず読むという約束をなかなか果たせ

梟通信~ホンの戯言
丸山茂徳「『地球温暖化』に騙されるな!」(講談社) at 2008/06/09(月) 22:30:16
アラスカの凍土に建てられた家が傾いている。 キリマンジャロの雪が年々減っている。 グリーンランドの氷が無くなっていく。 、、、。 「温暖化」の影響として報道される定番の映像。 迫力があるね、つべこべ言うな!これをみれば一目瞭然じゃないか。 一刻も早く手...

梟通信~ホンの戯言
史上最悪のスキャンダル 伊藤公紀・渡辺正「地球温暖化のウソとワナ」 at 2008/06/08(日) 22:47:30
なんだか「地球温暖化」の話ばっかりだ。 今や二酸化対策ガスを減らすことに協力しなければ国賊、人類の敵と言われそうだ。 でもここまでマスコミや、あのお役人、政治家どもまで口をそろえて同じことを言いだすとちょっと胡散臭い、きな臭い感じがしてくる。 「進め...

あれやこれや
今度こそ、さうようなら 新・別れの言葉辞典-現代言語セミナー編 at 2008/06/08(日) 02:34:07
「今度こそ、さような-新別れの言葉辞典」 現代言語セミナー こんばんは。明日は、というかもう今日ですが、フリーマーケットに行く予定です。以前もこんなことがありましたが、またもや雨の予報です。友人から集めた服が部屋で山となっていて早く片づけたいのに。 で、...

梟通信~ホンの戯言
ウインドゲイト緑「アナタが裁判員になったら」 一橋総合研究所「エブリワン氏の『裁判員日記』」 at 2008/06/07(土) 22:16:32
裁判員制度について反対の本は既に西野喜一「裁判員制度の正体」や井上薫「つぶせ!裁判員制度」(写真のみ)を紹介した。 推進側の本がなかなか見つからないので最高裁のHPとか「首相官邸」掲載の「裁判員制度・刑事検討会」の議事録などを読んだ。 まだ読み込みは...

手当たり次第の読書日記
『なんて素敵にジャパネスク』 氷室冴子 at 2008/06/07(土) 15:56:18
なんて素敵にジャパネスク (第1巻) (白泉社文庫)/氷室 冴子 ¥610 Amazon.co.jp 新井素子作品ほど、熱心に読んでいた訳ではありません。 新井作品は欠かさず買っていましたが、こちらは立ち読みですませてました……(汗)。 どちらかというと、小説それ自体...

梟通信~ホンの戯言
立川一門・噺家群像 立川談春「赤めだか」(扶桑社) at 2008/06/06(金) 22:09:54
中学のときは休みになると競艇場に通った。 競艇選手になりたかった。 補導されちゃあ困るからサングラスをかけ母親の眉墨で髭を描いて。 体重は増やさないように気をつけていたが如何せん身長が伸びすぎて競艇選手の資格が無くなった。 夢破れて、あとはどうなっても...

あれやこれや
ジャージの二人-長嶋有 at 2008/06/05(木) 23:39:14
「ジャージの二人」 長嶋有 昨日のタイミングの話ではないですけど、「タイミングがとりづらいものランキング」というものを見つけました。一位は電話を切るタイミング、二位は沈黙を破るタイミング、三位は下着を捨てるタイミング、四位は謝るタイミングらしいです。

手当たり次第の読書日記
『道化の町』 ジェイムズ・パウエル at 2008/06/05(木) 00:04:02
表題作「道化の町」を、人に薦めたくてとてももどかしい思いをしたことがあります。数年前のことでした。 当時よく訪れていた個人ホームページで、管理人さんの好みに合いそうだなと思ったのです。掲示板で内容を簡単に紹介したら、思った通り、それはぜひ読んでみたいな...

梟通信~ホンの戯言
警察小説における”リアル”の意味 堂場瞬一「雪虫」(中公文庫) at 2008/06/04(水) 23:38:19
久しぶりに国産の警察小説。 俺は警察の実情をホンの少しだけど知っている。 そういう目からみると日本の警察小説はどうもウソくさい。 端的な例が警視庁(東京都警察、他県警察に命令指示はできない)と警察庁(警察の中央官庁、警察庁長官は警視総監よりエライ)の区...

あれやこれや
Love Letter-アンソロジー at 2008/06/04(水) 22:25:59
「Love Letter」 石田衣良 島村洋子 川端裕人 森福都 前川麻子 山崎マキコ 中上紀 井上荒野 桐生典子 三浦しをん いしいしんじ こんばんは。 先ほど、テレビで神戸の小中学校は校内に土足ではいるために、靴箱がないっていうことを紹介していました。靴箱がなかったら、...

あれやこれや
あおい-西加奈子 at 2008/06/03(火) 21:20:17
「あおい」 西加奈子 こんばんは。 seesaaのサービスで検索ワードを調べられるんですけど、以前こんなワードで検索していらっしゃった人がいるようです。 ナイスボディーになるには その方はこのブログを読んで答えをみつけられたんでしょうかね。ってか、そんなのを

あれやこれや
縁切り神社-田口ランディ at 2008/06/02(月) 00:17:46
「縁切り神社」 田口ランディ こんばんは。またやってしまいました。昨日は友達が結婚したということで、内輪でパーティをしました。いつものおいしい南欧料理屋さんへ行き、飲み放題ということでワインをかぶのみしていました。ケーキやプレゼントや花束も無事に渡し終

あれやこれや
敵-筒井康隆 at 2008/05/31(土) 12:10:25
「敵」 筒井康隆 こんにちは。金曜日は朝寝坊してしまい、いつも乗る電車に乗り遅れてしまいました。電車が遅れていたので遅延証明書がもらえたからいいようなものの、やばかったです。いつもは朝にシャワーを浴びるんですけど、寝坊のせいで浴びれず、自分が臭ってない...

あれやこれや
母恋旅烏-荻原浩 at 2008/05/30(金) 22:22:10
「母恋旅烏」 荻原浩 きのうは銀座の食事をしました。といっても古くからある中華料理屋で小汚いところで一人で餃子をつまみに瓶ビールを二本開けてきました。店に入る直前に見た素敵なワンピースを着た女の子を目の前に座らせてね。といっても想像の中だけでしたけど。

梟通信~ホンの戯言
信じられるかなあ、あの頃の情熱 荒岱介「新左翼とはなんだったのか」(幻冬舎) at 2008/05/30(金) 21:53:14
先日「松崎明 秘録」を紹介して直ぐに書店で見かけた本だ。 著者は1945年生まれ、早大入学後べトナム反戦闘争を契機に学生運動に身を投じ第2次ブント社学同委員長、三里塚闘争、安田講堂闘争で実刑判決を受け3年余刑務所に入った。 略歴を読んで「フーン、...

手当たり次第の読書日記
この秋ジュンク堂書店が札幌にオープン! at 2008/05/30(金) 13:23:41
札幌近郊の人にしか意味のない話題になってしまいますが(汗)、嬉しかったもので、つい。 今日の北海道新聞1面に載っていたニュースです。 丸井南館に最大級書店 今秋にも ジュンク堂が道内進出 うわあ、これは活字中毒者にはビッグニュースですよ! この記事...

あれやこれや
ハヅキさんのこと-川上弘美 at 2008/05/27(火) 22:57:34
「ハヅキさんのこと」 川上弘美 こんばんは。今日のお昼は風が強かったですねぇ。ミニスカートをはいたOLがいつも行く喫茶店の前の定食屋さんで並んでいたんですけど、風が強いのにまったく裾を押さえようとしないので、じっと見てしまって本を読む時間が少なくなってし

梟通信~ホンの戯言
アメリカは混乱する、日本は大丈夫か 日高義樹「アメリカ狂乱 次の大統領は誰か」 at 2008/05/27(火) 16:23:42
著者は元NHKニューヨーク、ワシントン支局長、米国総局長を経てハドソン研究所首席研究員。 ハドソン研究所はブッシュ政権の政策つくりに携わったネオコンの牙城らしい。 アメリカの大統領に国民が求めるのは強さ、とくに米軍の最高司令官としての強さを求めている...

あれやこれや
短篇ベストコレクション-アンソロジー at 2008/05/26(月) 22:39:14
「短篇ベストコレクション 現代の小説2005」 宮部みゆき 唯川恵 熊谷達也 絲山秋子 平安寿子 三羽省吾 関口尚 朱川湊 奥田秀朗 高樹のぶ子 小川洋子 石田衣良 筒井康隆 村松友視 中島らも 内海隆一郎 かんべむさし 草上仁 薄井ゆうじ 泡坂妻夫 阿刀田高 浅田次郎 こんば

志村建世のブログ
「金融権力」を読む at 2008/05/26(月) 14:13:12
「金融権力」(本山美彦・岩波新書)を読み終りました。経済学の素養のない私としては、上すべりのところがあるかもしれませんが、著者の指し示している方向性は、つかめたような気がします。かつて有名になったホリエモンこと堀江貴文社長の「金儲けして悪いですか」...

あれやこれや
すいかの匂い-江國香織 at 2008/05/25(日) 20:23:15
「すいかの匂い」 江國香織 こんばんは。 昨日はフリーマーケットをやる予定だったのですけど、予報で朝は晴れていても、昼から雨ということで中止にしたのですけど、朝からいい天気で、昼ご飯のラーメン屋さんで流れていたラジオでも行楽日和なんていいやがって、まっ

あれやこれや
考える人-雑誌 at 2008/05/24(土) 08:41:11
「考える人」 雑誌 おはようございます。昨日は大好きな川上弘美を読んで寝たので、寝不足気味です。でも、好きな本を読んだ次の朝に目覚ましをかけないでいいっていうのはとっても素敵なことですね。でも、平日の朝よりも早く目が覚めてしまいました。どうして、週末の

あれやこれや
風花-川上弘美 at 2008/05/23(金) 22:53:14
「風花」 川上弘美 こんばんは。給料日で金曜日の今日、男女問わずいろんな人に連絡をとって予定を埋めようとしたのに、誰も一緒に飲みにいってくれなかった。今日は誰かと飲みたい気分だったのになぁ。会社からまっすぐ帰ってスーパーの半額になったお弁当を一人寂しく

あれやこれや
陸の海賊-コナン・ドイル at 2008/05/22(木) 23:31:56
「陸の海賊」 コナン・ドイル こんばんは。僕はいつまでも逆上がりのできない小学生でした。未だにできません。逆上がりができなくたって、ちゃんと生活はできるけど、子供ができて、お父さん教えてよ、なんて言われた時のために世の中のお父さんは練習しちゃうんでしょ

梟通信~ホンの戯言
ヤクザと革命運動の違いは? 聞き手・宮崎明「松崎明 秘録」(同時代社) at 2008/05/22(木) 21:29:33
その世界では知る人ぞ知る「鬼の動労」の元委員長。 反体制的労働運動の中でももっとも急進的先鋭的な活動でストライキの旗を振ってきた松崎明。 国鉄改革に際して傍目には180度転身、国労と袂を分かってJRの誕生に全面的な協力をしJR東労組の委員長として絶大な...

手当たり次第の読書日記
『港町食堂』 奥田英朗 at 2008/05/22(木) 10:00:16
港町食堂 (新潮文庫 お 72-1)/奥田 英朗 ¥460 Amazon.co.jp この人の『野球の国』が滅法面白かったのですが、書店の平積み台で見つけたこの本も、どうやら似た傾向のエッセイ集のよう。という訳ですぐさま購入決定と相成ったのですが、 期待に違わぬ楽しさ

あれやこれや
袋小路の男-絲山秋子 at 2008/05/21(水) 22:17:52
「袋小路の男」 絲山秋子 こんばんは。今日も電車に乗ってかわいい女の子を見つけて、同じ駅で降りた彼女の後にくっついてエスカレーターを登り彼女のきれいな足を眺めていたkbbです。 そんなのと比べたらかわいそうですけど、どうしようもない男とどうしようもない女を...

あれやこれや
ますの。 枡野浩一短歌集-枡野浩一 at 2008/05/20(火) 22:37:15
一時間 並んで食べる ラーメンを 一口たべて 口に広がる寂しさ こんばんは。随分と不格好な短歌になっちゃいました。 ラーメン屋に一時間並びながら考えて、15分後にニンニク臭い息を吐きながら完成させてみました 。 枡野浩一の作品を読むと、なんとか自分でも詠んで..

梟通信~ホンの戯言
俺が食べ残しをしなくなった訳 アーサー・ビナード「空からきた魚」(集英社文庫) at 2008/05/20(火) 14:10:20
著者は小学校三年生の時、朝登校前にピアノを習いに通った。 両親にむりやり通わせられて、「ゼッタイ覚えないでやろうと決め込んでいたピアノも、いつの間にか少し弾けるように」なったのは、アイバン先生が早朝レッスンを\"お茶のひととき\"に替えてくれたおかげだと言...

梟通信~ホンの戯言
「自分」から自由になる沈黙入門小池龍之介( 幻冬舎) at 2008/05/20(火) 14:06:01
人は非難されると傷つく。 この場合の「非難」とは「自分の意見や好き嫌いに反するあらゆる物事」。 世の中に満ち満ちている。 花粉を少しづつ浴びていると、いつか蓄積の限界が来て花粉症が発症する。 同じように非難されて傷つくたびに不快感が蓄積されてゆく。 ...

梟通信~ホンの戯言
人生の名人 桂文楽「芸談あばらかべっそん」 (ちくま文庫) at 2008/05/20(火) 14:02:08
先代(第八代)桂文楽の自伝、正岡容の聞き書き。 落語関係の文章によく引用される。 古本屋で買ってそのままになっていたのを一気に読んだが初めてのような気がしない。 知っている\"文楽伝説\"が沢山出てくるからだ。 1892年、青森に生まれた。 といっても御典医の...

梟通信~ホンの戯言
今ごろ読んだ ヘンリー・デイヴイッド・ソロー「一市民の反抗」 at 2008/05/20(火) 13:56:58
1817~1862年、有名な代表作「森の生活」を読みもしないで、何となく湖のほとりに小屋を建てて孤独な隠棲を続けた偏屈な老人というイメージを持っていたら、たった44年の生涯だった。 だいたい昔の偉人などについてはその業績に眩惑されるせいか彼らの年齢を見誤っている...

梟通信~ホンの戯言
魂は売らない ヘンリー・D ・ソロー「生き方の原則」 at 2008/05/20(火) 13:48:57
「政治とか毎日の決まりきった仕事とか、人々の注意を最も強く引くものは、確かに人間社会の重要な機能です。しかし、人間の体の大切な機能と同じように無意識に行われるべきです。(略)病気になると、人は消化がうまく行っているのかどうかを意識し、そのためにかえって消...

あれやこれや
勝手にしゃべる女-赤川次郎 at 2008/05/19(月) 21:58:48
「勝手にしゃべる女」 赤川次郎 こんばんは。 久しぶりの赤川次郎です。中学、高校の時いっぱい読みましたけど、買いに行くたんびに新しい作品が2-3冊でていていやになちゃった赤川次郎です。ショートショートということで、星新一を思い浮かべながら読んだのですけど、...

あれやこれや
ジョッキー-松樹剛史 at 2008/05/18(日) 13:02:13
「ジョッキー」 松樹剛史 こんにちは。今テレビで「ウチくる」を見ていてびっくりしています。あの美人の江口ともみの旦那がつまみ枝豆!美女と野獣カップルってこういうのをいうんでしょうね。世の中にはなんでこの美女とこんな男が!?って思う人を見かけますけど、ま

あれやこれや
村上朝日堂の逆襲-村上春樹 安西水丸 at 2008/05/15(木) 23:21:38
「村上朝日堂の逆襲」 村上春樹 安西水丸 こんばんは。昨日の記事に村上春樹の新潮文庫2がなくて云々なんて書きましたが、あの記事を書いて本を本棚にしまおうとすると、なんとそこには!村上朝日堂が2冊になっちゃいました・・・。なかったのは1の「螢・納屋を焼く・そ...

志村建世のブログ
「右翼と左翼はどうちがう?」を読む at 2008/05/15(木) 13:02:37
雨宮処凛の「右翼と左翼はどうちがう?」(河出書房新社)を読みました。「14歳の世渡り術」シリーズの中ですから、中学3年生に、大人の社会のことを教えてあげる趣旨で書かれています。しかし、とても面白く読めました。著者はかつて右翼団体に入って活動していた時...

あれやこれや
村上朝日堂-村上春樹 at 2008/05/14(水) 22:17:44
「村上朝日堂」 村上春樹 安西水丸 どうも、こんばんは。普段からエッセイは読まないとか言っています。村上春樹の「走ることについて語るときに僕が語ること」を読んだときも、もう二度と読みたくないって言った気がします。 でも読んでしまいました。村上春樹のエッセ...

あれやこれや
メリーゴーランド-荻原浩 at 2008/05/13(火) 20:27:12
「メリーゴーランド」 荻原浩 こんばんは。サックスを習い始めたと書きましたが、先日の日曜日の練習で曲を吹かせてもらったんですけど、リズムがとれない・・・。まったくだめ。頭の中でも、その人が吹いているのも、口ずさむことだってできるのに、自分が吹く段になる

志村建世のブログ
「グラミンフォンという奇跡」を読む at 2008/05/11(日) 14:41:10
世界の貧困を救うかもしれない「グラミンフォンという奇跡」(ニコラスPサリバン著・東方、渡部訳・英治出版)を読みました。以前に一部を紹介した「貧困の終焉」は、途上国への有効な援...

あれやこれや
喫茶店で2時間もたない男とはつきあうな-齋藤孝 倉田真由美 at 2008/05/11(日) 02:54:15
「喫茶店で2時間もたない男とはつきあうな」 齋藤孝 倉田真由美 こんばんは。突然ですが、サックスを習い始めました。といっても、ヤマハ音楽教室に行くとかってわけじゃなくて、サックスをやっている人に個人授業を受けています。夕暮れ近くの砧公園へ行き、街頭の下で

手当たり次第の読書日記
『大盗禅師』 司馬遼太郎 at 2008/05/10(土) 09:17:58
大盗禅師 (文春文庫)/司馬 遼太郎 ¥700 Amazon.co.jp 望外の喜びです。今頃こんなものに出会えるとは! 司馬遼太郎の長編です!! 全集未収録とのことですが、単行本や文庫本も殆ど出回っていない作品のような気がするのですけれども、どうでしょう? 今

あれやこれや
バッテリー3-あさのあつこ at 2008/05/07(水) 00:04:12
「バッテリー3」 あさのあつこ こんばんは。飲み過ぎたのにぜんぜん二日酔いになりませんでした。それだけでうれしいですね。こんなよく晴れた日で布団を干してパタパタとする音が聞こえている平和な一日なのに、せんべい布団の中でうなっているのはつまらないですものね...

あれやこれや
椿山課長の七日間-浅田次郎 at 2008/05/06(火) 01:39:36
「椿山課長の七日間」 浅田次郎 飲み過ぎて死んでしまったほうがよっぽど楽になれるんじゃないかと思うkbbです。こんばんは。人は死んだらどこへいくのか。そもそもお葬式は誰のためにあげるのか。なかなかむずかしい問題ですよねぇ。 そんな問題に答えを与えてくれる作...

あれやこれや
競作 五十円玉二十枚の謎-若竹七海他 at 2008/05/05(月) 00:16:34
「競作五十円玉二十枚の謎」若竹七海ほか こんばんは。近くの公園で女の子三人が繰り返し繰り返しかけっこをしていました。20メートルぐらいだったかな。なんどもなんども同じところをいったりきたりしながら。誰が一番早いっていうこともなかったんですけど、どの子もま...

僕のつぶやき。 ネットの窓から。
警視庁情報官 濱 嘉之著を読んだ at 2008/05/04(日) 11:53:53
警視庁情報官濱 嘉之講談社このアイテムの詳細を見る この本は「公安警察」を描いた小説である。ノンキャリエリート警視が追尾・秘聴・協力者作りなどの手法を駆使して活躍する。公安内部がよくわかる作品だ。  

僕のつぶやき。 ネットの窓から。
憲法9条の思想水脈 山室信一著を読んだ  at 2008/05/04(日) 11:53:02
憲法9条の思想水脈 (朝日選書823)山室 信一朝日新聞社このアイテムの詳細を見る この本はなぜ日本国憲法9条生まれてきたのかとゆう疑問を思想的に明らかにした書物である 9条は突然生まれたものではなく世界の思想史の中、また文明開化以降の日本において、どのように生...

僕のつぶやき。 ネットの窓から。
バブル田中森一/著 夏原武/聞き手を読んだ at 2008/05/04(日) 11:51:48
バブル夏原 武,田中 森一宝島社このアイテムの詳細を見る 本書は弁護士で元東京・大阪地検特捜部検事の田中森一さんと漫画『クロサギ』の原案を担当した夏原武さんの対談を書籍にした本である。 中身は闇社会、つまり”ヤクザ”と銀行、検察と警察の裏側について、バブル

あれやこれや
世にも奇妙な物語 小説の特別編 遺留品-勝栄 中村樹基 橋部敦子 山内健司 at 2008/05/04(日) 00:53:18
「世にも奇妙な物語-小説の特別編 遺留品」 勝栄 中村樹基 橋部敦子 山内健司 こんばんは。先日の映画の日に見てきましたよ。「死神の精度」(小説の感想はこちら)。もう公開終了間近で東京でやっている劇場は二つだけという遅ればせながらの鑑賞でしたけど、見に行って...

あれやこれや
どしゃ降りでダンス-新野剛志 at 2008/05/03(土) 11:20:35
「どしゃ降りでダンス」 新野剛志 こんばんは。昨日は取り乱してしまってすみませんでした。よくわからない文章でしたね。自分にもよくわからないことだったんです。女の子のこともよくわからないけど、自分のこともよくわからないですね。 というわけで、どしゃ降り(

手当たり次第の読書日記
『深淵』 大西巨人 at 2008/05/02(金) 22:49:31
深淵(上) (光文社文庫)/大西 巨人 ¥620 Amazon.co.jp 読み終わったのはもう何箇月も前のこと(確かまだ去年のことだったような/汗)。 どうにも感想を書きあぐねて、ずっと放置してしまっておりました。 単につまらなかった、とか、期待外れだった、とか...

志村建世のブログ
「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」を読む at 2008/05/02(金) 20:38:18
「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」(城繁幸・ちくま新書)を読みました。昭和的価値観のアウトサイダーとなった若者たちの「その後」の歩みを具体的に追っていますが、その大半は自らの価値観を信じて這い上がった、成功者たちの事例です。固定観念に縛られなけれ...

あれやこれや
心に水をやり育てるための50のレッスン-廣瀬裕子 at 2008/05/02(金) 00:16:44
「こころに水をやり育てるための50のレッスン」 廣瀬裕子 なんかおかしい。最近おかしい。ここ二週間ぐらい自分がまとまってない。 人と会いたいくせに会いたくない。人と飲みたいくせに、一人で飲んでいたい。誰かと話していたいくせに、早く家に帰りたい。かわいい女

あれやこれや
バッテリー2-あさのあつこ at 2008/05/01(木) 08:03:39
「バッテリー2」 あさのあつこ こんばんは。もう五月ですね。もうすぐ今年も半分経とうとしていますね。 さて中学生の成長が描かれた昨日のバッテリーの第二弾です。中学入学前に出会った、キャッチャーの豪とともに中学に入った巧は当然のことながら野球部に入ります。...

あれやこれや
検死審問 インクエスト-パーシヴァル・ワイルド at 2008/04/30(水) 07:58:44
「検死審問 インクエスト」 パーシヴァル・ワイルド おはようございます。なんだか気分を変えたくて、そしてタグを使ってみたくなって背景を変えてみました。そしたらタイトル画像のいれ方がわからなくなり、めんどくさい!ってあきらめてしまいました。崩れて表示される...

梟通信~ホンの戯言
女性たちが創り上げた最高の芸術作品 皆本二三江「だれが源氏物語絵巻を描いたのか」(草思社) at 2008/04/29(火) 20:52:20
国宝・「源氏物語絵巻」の魅力を解き明かす。 俺は芸術新潮、2008年2月号(ginsuisenさんに教えていただいた)を手元に所載の絵図や三田村雅子の解説と見比べながら源氏の世界に迷い込む。 著者は長年、美術教育に携わって造形表現における男女の性差を...

あれやこれや
バッテリー-あさのあつこ at 2008/04/29(火) 14:38:43
「バッテリー」 あさのあつこ こんにちは。先日の日曜日は芸術の秋ならぬ、芸術の春というわけでいくつかの団体が演奏を行った吹奏楽の演奏会を聞きに行って来ました。 その中に区立の中学の吹奏楽部がいて、これがまたよかったぁ。三曲演奏していたんですけど、二曲目

あれやこれや
スワロウテイル-岩井俊二 at 2008/04/28(月) 22:27:57
「スワロウテイル」 岩井俊二 こんばんは。 久しぶりの岩井俊二です。「ラブレター」以来ですね。ってそのラブレターを探していたんですけど、本棚に見あたらない。僕の本棚はなんだか四次元ポケットがついているみたいです。いるんな本がどこかへ行ってしまっています

梟通信~ホンの戯言
その時歴史は動いた 古代史新聞編纂委員会編「古代史新聞」(日本文芸社) at 2008/04/28(月) 21:40:40
「世界各地の古代史の現場から迫真のレポート!」と腰巻に大書してある。 BC44年からBC34年号の紙面を紹介しよう。 トップ記事は「カエサル暗殺さる」。 ローマ=BC44年の記事は「ブルトゥス、お前もか!」「多数の暗殺者 一斉に終身独裁官を襲う」「ロー...

梟通信~ホンの戯言
70年代が目の前に 佐藤嘉尚・編「面白半分 BEST随舌選」(文藝春秋) at 2008/04/27(日) 21:05:11
「面白半分」という雑誌を知っている人も少なくなったも知れない。 1972年から1980年まで122冊発行された月刊雑誌だ。 前に紹介したことがある佐藤嘉尚が発行人、編集長は吉行淳之介、野坂昭如、開高健、五木寛之、藤本義一、金子光晴、井上ひさし、遠藤周作...

あれやこれや
シルエット-島本理生 at 2008/04/24(木) 21:07:55
「シルエット」 島本理生 こんばんは。 島本理生の15歳、16歳、17歳の時の作品が収録されている作品集「シルエット」です。15歳、16歳の時の原石見て取れます。今は亡き雑誌「鳩よ」の掌編小説\"ヨル\"が収録されています。 感想はといえば、、、原石が見て取れる、そ

梟通信~ホンの戯言
ほんとうはどうなんだい? 池田清彦・養老孟司「ほんとうの環境問題」(新潮社) at 2008/04/23(水) 22:04:32
「ペットボトルは生ゴミと一緒に焼却した方がずっと経済的でありかつ環境にもやさしい」「巨額な税金を投じ使い続けているダイオキシン対策の焼却炉はまったく無意味だ。なぜならゴミの焼却程度で発生するダイオキシンが有害とはいえないから」などなどについては既に紹介...

あれやこれや
さくら-西加奈子 at 2008/04/23(水) 21:42:11
「さくら」 西加奈子 こんばんは。以前MOWさんのところで紹介されていた(著者や主人公が、と言う意味ではなく)女の子の作品「さくら」です。 なんというか、この作品、大好きになりました。読む前は「さくら」というのが桜だと思っていたんですけど、それは主人公の薫...

手当たり次第の読書日記
『キャラクターメーカー』 大塚英志 at 2008/04/23(水) 16:35:28
キャラクターメーカー―6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」 (アスキー新書 62)/大塚 英志 ¥780 Amazon.co.jp 序文によれば、この本は、こういう本です。  本書は、「キャラクターづくり」のマニュアルです。  ワークショップごとに「作...

あれやこれや
爆笑問題の日本原論-爆笑問題 at 2008/04/23(水) 07:57:52
「爆笑問題の日本原論」 爆笑問題 こんばんは。小学生の頃、夕方にお笑い漫画道場という番組があって学校帰りに家に帰ってからいつも見ていました。そこにでていた富永先生のエッチな絵や、それに負けない川島なお美の美しさに並んで爆笑問題という二人組のタレント、そ

あれやこれや
原宿セントラルアパート-浅井愼平 at 2008/04/22(火) 21:56:12
「原宿セントラルアパート物語」 浅井愼平 こんばんは。人間はいくつまでなにかの卵でいられるんでしょうかね。 そんな卵がいっぱいいたという伝説のアパート、原宿セントラルアパートの物語「原宿セントラルアパート物語」です。写真家の浅井愼平が(たぶん)自己の経

志村建世のブログ
「昭和天皇」を読む at 2008/04/21(月) 22:04:42
原武史・岩波新書の「昭和天皇」を読みました。わが国始まって以来の大変動の時代に天皇の位にあり、天寿を全うした人の記録です。一般に知られることの少ない宮中祭祀についての記述が詳しく、皇居の内側における天皇の役割というものを理解させてくれます。宮中祭祀...

あれやこれや
もう切るわ-井上荒野 at 2008/04/20(日) 11:56:48
「もう切るわ」 井上荒野 おはようございます。最近、肝臓が悪くなっているのか、普段はビールからはじめて、焼酎か日本酒へと晩酌は続くのですが、ビール一本でもういいや、ってなってしまうときがあります。人からはフォアグラみたいな脂肪肝って言われるんですけど、

あれやこれや
月曜日の水玉模様-加納朋子 at 2008/04/19(土) 10:27:05
「月曜日の水玉模様」 加納朋子 おはようございます。今日はやっと晴れましたが、雨が続いていましたね。月曜日は四週連続で雨だったみたいですよ。カーペンターズの歌じゃないですけど、なんだか憂鬱になりますね。誰か雨の日は祝日にするって法律を作ってくれる政治家

梟通信~ホンの戯言
意味づけを拒絶する世界 辺見庸「もの食う人びと」(角川文庫) at 2008/04/17(木) 21:57:27
1994年に刊行されて世評の高かったノンフィクション。 芥川賞の「自動起床装置」と並んで著者のいわば出世作だ。 この人の名前は今はブログをやめてしまった(俺が観ることのできる範囲では)sakuraasako さんが、とても高く評価されていたので、「いまここに在るこ...

手当たり次第の読書日記
『殺しが二人を別つまで』 ハーラン・コーベン編 at 2008/04/17(木) 00:00:13
殺しが二人を別つまで (ハヤカワ・ミステリ文庫 コ 12-1) (ハヤカワ・ミステリ文庫 コ 12-1)/ローラ・リップマン ¥1,050 Amazon.co.jp 知らない作家ばかりでも、内容保証されたも同然な「アメリカ探偵作家クラブ」のアンソロジーです。 今回、パッと見メ...

あれやこれや
人生を変えた5つのメール-濱田秀彦 at 2008/04/16(水) 22:00:53
「人生を変えた5つのメール」 濱田秀彦 こんばんは。先日初の出張に行きまして、人生三度目の新幹線に乗りました。今まで新幹線なんて、夜行で行った京都の帰りに行きと同じだけ電車に乗るのはいやだなぁととっても根性なしの結果の時と、名古屋の友達に飲みに来いって言...

あれやこれや
流しのしたの骨-江國香織 at 2008/04/15(火) 23:15:24
「流しのしたの骨」 江國香織 こんばんは。先日の花見は桜も散って一本の桜にだけ花がついているだけというのに、その三十倍ぐらいのグループがブルーシートを敷いて宴会をしていました。その仲間入りをしている自分はほっといてみんな物好きだなぁ、なんて、思ったので

あれやこれや
七年目の脅迫状-岡嶋二人 at 2008/04/14(月) 21:37:16
「七年目の脅迫状」 岡嶋二人 こんばんは。桜花賞ですっごい馬券がでましたね。大穴派の僕としては取れていたんじゃないかしら、と思うんですけど、ここ何年も買っていないので取れるはずもないんですけどね。といっても、今まで大穴を買って当たったことはないんですけ

梟通信~ホンの戯言
辛辣・皮肉な高島先生  高島俊男「しくじった皇帝たち」(ちくま文庫) at 2008/04/14(月) 20:46:36
ふたつの話からなる、文庫書き下ろし。 ひとつは「隋の煬帝」。 ”父殺しの大罪を犯し放埓な政治を行なって隋を在位たった15年で滅亡させた二代目皇帝”。 ということになっている。 平凡社の「アジア歴史事典」、中華人民共和国「中国歴史大事年表」のどちらも父...

志村建世のブログ
「あの戦争は何だったのか」を読み直す at 2008/04/14(月) 14:29:27
書店の店頭で「あの戦争は何だったのか」(保阪正康・新潮新書)を手にとって立ち読みし、「大人のための歴史教科書」という副題通りに、なかなかいい本だと思って、レジへ向かって歩きはじめたところで、ある予感がして立ち止まりました。家に帰って書棚を見たら、果...

志村建世のブログ
著作の紹介と販売 at 2008/04/14(月) 14:28:56
著作の直接販売が可能なように、口座を開設しました。自費出版したもの、共同出版した版元が倒産して流通が中古品だけになったものなどを、順次扱えるようにして行きます。メールでご注文を受け、現品先送りで代金は郵便振替で払い込んでいただく方式とします。ご注文...

志村建世のブログ
おじいちゃんの書き置き・21世紀を生きる君たちへ at 2008/04/12(土) 15:00:46
私が2005年の7月に碧天舎から出した、単行本としては最初の著作です。版元はすでに倒産しましたが、買い取った残部が少しありますので、直接販売に加えることとしました。売り切れた場合は、自費出版として復刻しようと考えています。  この本は、当時小学1年生に...

梟通信~ホンの戯言
トリスバーも登場します セピア色の風景 井伏鱒二「駅前旅館」(新潮社) at 2008/04/12(土) 12:08:26
「駅前旅館」つながりで全集を引っ張り出してきた。 業界用語や旅館業の裏舞台が面白い。 団体、連れ込み、家族連れ、東北、関西、、客の属性にあわせた接客、とくに客引きのやり方を変える話など前にも書いたイベントの客引きやチラシ配りのことも思い出した。 スレッ...

あれやこれや
毒笑小説-東野圭吾 at 2008/04/11(金) 23:52:43
「毒笑小説」 東野圭吾 こんばんは。あしたは井の頭公園でお花見です。といっても、今週の暴風雨で全部桜は散っちゃってるんでしょうけどね。葉桜見物会だっていいじゃないか!ってちょっと古いですが、森山直太郎の「さくら」を聞きながら今この記事を書いています。気

あれやこれや
ジャンプ-佐藤正午 at 2008/04/10(木) 21:38:41
「ジャンプ」 佐藤正午 こんばんは。いつもお昼を食べに行く喫茶店にメガネをかけた胸の大きい、素敵なOLさんがいます。今日の帰り、駅まで歩いていると、どこかでみたような人が携帯電話で話しているのを見て、思わず顔に見いちゃったのですけど、それが毎日喫茶店で見

あれやこれや
オロロ畑でつかまえて-荻原浩 at 2008/04/09(水) 21:36:38
「オロロ畑でつかまえて」 荻原浩 こんばんは。先日、あるテレビでスイスのある地方の法律に生後八週間以下のうさぎは一羽だけで飼ってはいけない、というものがあるということを紹介していました。その理由は、うさぎはさみしがり屋さんだからだそうです。 午後のワイ

手当たり次第の読書日記
『花嫁のさけび』 泡坂妻夫 at 2008/04/09(水) 09:35:29
先日放送の土曜ワイド劇場原作です。 いつもならAmazonの画像データを載せるんですけど、アフィリエイト検索で引っかかってこなかったので(これを入れておかないとは怠慢だぞっ)買いたい方はこちら をどうぞ。 ということをしていることからもお判りのように、不肖

あれやこれや
ハッピーロンリーウォーリーソング-枡野浩一 at 2008/04/08(火) 22:14:00
「ハッピーロンリーウォーリーソング」 枡野浩一 お花見の 確認メール 送ったら 桜もないのに なぜやるのと返事 (字余り) 今日の悲しい出来事を短歌にしてみました。 「ショートソング」の枡野浩一の短歌集「ハッピーロンリーウォーリーソング」を読んだ直後だったの...

あれやこれや
ALONE TOGETHER at 2008/04/07(月) 21:46:36
「ALONE TOGETHER」 こんばんは。グーグルのロゴでももうご存じの方も多いかとは思いますが、四月七日は「鉄腕アトム」のアトムの誕生日のようです。2003年誕生ということで、五歳の誕生日ですね。男の子ということで七五三のお祝いをしなているんでしょうかね。千歳飴で...

梟通信~ホンの戯言
悪魔は俺の中にいる スタヴ・シェレズ「野良犬の運河(上下)」(ヴィレッジブックス) at 2008/04/07(月) 21:43:13
ミステリだけれど謎の追っかけよりいろんな道具立てがいい。 と言うわけで今回はこの小説のキーワード・道具立てを並べてみよう。 [舞台]  アムステルダム、世界中から好色な男が集まる「飾り窓の女」のいる町、アンネ・フランクの隠れ家のある町。 ユダヤ歴史博...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
100%幸せな1%の人々@小林 正観 at 2008/04/06(日) 11:14:57
今回のフォトリーディングのターゲットは、小林 正観さんの『100%幸せな1%の人々』です。 副題は、「すべてが幸せになる59の法則」です。 そもそも100%幸せってどういうこと? と思って思わず買ってしまったのがこの本でした。 著者の小林 正観さんは、ご自分...

あれやこれや
まぶた-小川洋子 at 2008/04/05(土) 09:04:17
「まぶた」 小川洋子 おはようございます。昨日は久しぶりに残業もなく、早く帰れる日なのに誰とも約束がない。よく飲みに行くやつの顔を頭に思い浮かべてみたけどそいつらが今日はだめだと以前言っていたのをすぐに思い出した。 他に誰か誘えそうなやつはいないか、こ

手当たり次第の読書日記
『川に死体のある風景』 歌野晶午・黒田研二・大倉崇裕・佳多山大地・綾辻行人・有栖川有栖 at 2008/04/04(金) 23:56:02
『吹雪の山荘』が面白かったので、中身も確かめずに買ってきました。競作短編集です。 書名がすなわち、競作のお題。 序文はこう始まります。  目を閉じて思い浮かべてください。  あなたの前を川が流れています。  ごつごつした岩の間を飛沫をあげて流れ落ちる...

あれやこれや
最悪-奥田英朗 at 2008/04/03(木) 23:23:24
「最悪」 奥田英朗 こんばんは。先日、地下鉄市ヶ谷の駅でミニスカートをはいたかわいらしい女の子をみました。5歳から6歳ぐらいで、携帯片手にお母さんらしき人と会話をしていました。「二番線なんて見あたらないよー」なんていいつつ、「ワタシ、なんか飲み物買ってか

梟通信~ホンの戯言
くどいのは嫌だなあ 中村明「作家の文体」(ちくま学芸文庫) at 2008/04/01(火) 22:44:54
今の若い作家は自分の想像力をひけらかしすぎるんですよ。読者が想像力を働かす余地をあたえないんだ。僕は十のものを六,七ぐらい言っといて、あとの三,四は読者の想像力で補ってもらう、読者の想像力に期待する、そういうやり方ですね。余白の意味を重要視するんですよ...

あれやこれや
僕は結婚しない-石原慎太郎 at 2008/04/01(火) 22:14:47
「僕は結婚しない」 石原慎太郎 こんばんは。四月一日ですね。新社員の方々、おめでとうございます。これからつらいこともいっぱいあると思うけど、がんばってくださいね。出社時間が遅いので新入社員が満員電車にすし詰めにされる洗礼が見られなかったのですが、いつも

あれやこれや
古書店アゼリアの死体-若竹七海 at 2008/03/31(月) 06:39:18
「古書店アゼリアの死体」 若竹七海 おはようございます。昨日はいやなことがあって、昼間から一人でビール、焼酎と飲みながら酔った勢いで一人なのに、ピザを頼んでしまいました。40-50分で届くということで待っていたのですけど、なかなか来ません。踏んだり蹴ったりっ...

あれやこれや
犬の話-角川書店編 at 2008/03/30(日) 15:06:59
「犬の話」 角川書店編 こんにちは。うちには14歳になるミニチュアダックスフンドのボビー君がいるんですけど、この犬がもうぼけはじめたのか、耳は遠くなったし、目もあまりみえないようです。僕が名前を呼んでも無視します。外に自由に出入りできるようにはなっている

梟通信~ホンの戯言
ワキの役割は脇役ではない 安田登「ワキから見る能世界」(NHK出版) at 2008/03/29(土) 23:34:22
能のシテを主役とすればワキは脇役か? そうではない。 「ワキ」とは「分く」、すなわち「分ける」人であり「分からせる」人なのだ。 他の人には不可視の霊=シテを見ることができて、その存在を観客に「分からせる」。 シテの乱れに乱れている残恨の思いを聴いて、そ...

あれやこれや
館という名の楽園-歌野晶午 at 2008/03/28(金) 00:05:49
「館という名の楽園で」 歌野晶午 小学校の卒業文集の将来の夢という欄に弁護士になりたいと書いていました。火曜サスペンス劇場なんかを見ていて、法廷に颯爽と立つ弁護士たちにあこがれていたというなんともミーハーな夢でしたけど。ところがただでさえきれいな女の子

あれやこれや
チョコレートゲーム-岡嶋二人 at 2008/03/27(木) 23:22:29
「チョコレートゲーム」 岡嶋二人 暖かい日が続いて桜も暑い暑いとつぼみというコートを脱ぎだしたようです。というわけで薄着の女性を見るよりは薄着の桜をみにいきましょう。 という枕ではじまるお花見の招待状をメールで送ったのですけど、誰もこの枕についてふれず

手当たり次第の読書日記
『ミステリ十二か月』 北村薫 at 2008/03/26(水) 12:01:54
ミステリ十二か月 (中公文庫 (き26-3))/北村 薫 ¥980 Amazon.co.jp 書店で単行本を見かけてから3年半。文庫になるのを今か今かと待っていました(笑)。 作家として第一人者であるのみならず、アンソロジストとしても希代の達人北村薫が、子供・若い読者向け

梟通信~ホンの戯言
文章のグルメが選ぶ短編集 北村薫 宮部みゆき 編「名短編、ここにあり」(ちくま文庫) at 2008/03/25(火) 21:16:23
俺の好きな二人の作家が選んだ短編集、読みたくなるよね。 まず半村良の「となりの宇宙人」で落語の世界に連れて行ってくれるなんざ、さすがに円紫師匠の北村さん、宮部さんも新作落語の選考委員をやったほどの落語通だけに、楽しい艶っぽい落語みたいなSFが皮切り。...

あれやこれや
シュガータイム-小川洋子 at 2008/03/25(火) 02:13:14
「シュガータイム」 小川洋子 「 東芝の体重体組成計が欲しい! 」とブログに書くと、抽選でプレゼントという企画をブログ村でやっているので、とりあえず書いてみました。 目の前の利益と将来の不利益を天秤にかけて目の前の利益をとるという、経済学の考え方。だから

梟通信~ホンの戯言
農業問題は農地問題だ 神門善久「日本の食と農 危機の本質」(NTT出版) at 2008/03/24(月) 23:47:26
あてもなく散歩していると途轍もなく豪壮な邸宅があって表札をみると歴史上名高い人物の姓だったりする。 多くの場合、豪邸をみた時の俺の感想は「掃除と整頓が大変だろうな」だ。 だがそんな感想をはねつけるほどの規模の豪邸ってのがあるんだな。 住み主が掃除をする...

あれやこれや
木野塚探偵事務所だ at 2008/03/24(月) 21:12:44
「木野塚探偵事務所だ」 樋口有介 こんばんは。学校が春休みに入ったようで、短いスカートをはいた高校生ぐらいの女の子を電車の中で見つけました。あんな短いスカートをはいていたらちょっと風がふいたぐらいでめくれちゃうんじゃないかしらと心配になっちゃいます。で

梟通信~ホンの戯言
今読まれるべき巨編 大西巨人「神聖喜劇」(光文社文庫) at 2008/03/23(日) 21:24:54
ついに読み終わった。 500頁を超える文庫本5冊、400字詰め原稿用紙約4700枚、「奥書き」によれば作者は、1955年2月28日深更にその稿を起し、1980年正月8日午前にその稿を脱した。だがしかし、この小説は1942年1月10日から4月24日までの...

あれやこれや
未来(あした)のおもいで-梶尾真治 at 2008/03/23(日) 14:48:59
「未来(あした)のおもいで」 梶尾真治 こんにちは。昨日の宣言通り、いろんな種類のビールを飲めるお店に行って参りました。アンバーエールやIPA、スタウトとIPAのハーフ&ハーフなど、世の中にこんなにいろんな種類のビールがあるのかと、少し驚きました。今まで知ら

あれやこれや
ビールボーイズ-竹内真 at 2008/03/22(土) 01:32:18
「ビールボーイズ」 竹内真 僕は毎日お酒を飲まなきゃやっていられないわけですが、とりあえず家に帰ってあけるのは缶ビールです。グラスになんていれる時間はもったいないとばかりに缶からそのままのどに流し込みます。でもこれが、最近流行の発泡酒や第三のビールとい

あれやこれや
生存者、一名-歌野晶午 at 2008/03/21(金) 00:05:38
「生存者、一名」 歌野晶午 こんばんは。昨日は地下鉄サリン事件から13年目だったんですね。当時高校生の僕はもちろんまじめに高校なんていってなかったわけで、そのおかげで日比谷線の隣を走る東横線にのることもなく、おかげで夕方に起き出してバイト先にいってはじめ

あれやこれや
1ポンドの悲しみ-石田衣良 at 2008/03/20(木) 14:07:16
「1ポンドの悲しみ」 石田衣良 こんばんは。昨日は友人と市ヶ谷で飲んできました。だんだんと市ヶ谷近辺のお店を発掘しているわけですが、まだまだ情報募集中ですので、コメントくださいな。おねがいしまーす。 まぁそんなわけでよっぱらいながら、その彼の恋愛模様を昼...

手当たり次第の読書日記
『鞍馬天狗1 角兵衛獅子』 大佛次郎 at 2008/03/19(水) 23:59:49
この間までやってたNHK木曜時代劇「鞍馬天狗」、最終回には「完」のクレジットが出ましたが、そう言わず是非とも第2弾をお願いしたいものです。原作はまだまだまだまだ残っているようですし、シリーズ化してほしいなあ。 敢えて隙だらけツッコミどころ満載の明るく楽

フォトリーディング@Luckyになる読書道
売れるキャッチコピーがスラスラ書ける本@酒井とし夫 at 2008/03/19(水) 06:32:49
今回のフォトリーディングのターゲットは、酒井とし夫さんの『売れるキャッチコピーがスラスラ書ける本』です。 著者の酒井さんは、20年近く販促を手がけ、その間に数千のコピーや文章を作成した方。 今ではちょっとしたキャッチコピーはすぐに思いつくそうです。 でも...

あれやこれや
西の魔女が死んだ-梨木香歩 at 2008/03/18(火) 07:57:44
「西の魔女が死んだ」 梨木香歩 こんばんは。日に日に女の子のスカートが短くなり、日に日にスカートの生地がうすくなる今日この頃ですがみなさんいかがお過ごしでしょうか。 kbbさんは。インフルエンザとぎっくり腰と花粉症のトリプルパンチに悩まされています。なんだ...

あれやこれや
ベリーショート-谷村志穂 at 2008/03/17(月) 03:37:00
「ベリーショート」 谷村志穂 おはようございます。なんだかとても楽しい夢を見ました。とっても視点の入れ替わりの激しい夢でした。自分は甲子園を湧かせてプロ入りを果たしたスーパースター。開幕前のオープン戦でも見事な仕上がりをみせて開幕一軍入りは決定済み。今

梟通信~ホンの戯言
サクラこそ日本人そのものだ 三浦祐之「古事記講義」(文春文庫) at 2008/03/16(日) 21:02:27
古事記をその序文にあるように「天武天皇の勅命で作られたというよりももっと古くからの口承による日本神話や伝承の積み重ねではないか」とみる著者が行った4回の講義をまとめたもの。 同じく天武天皇の勅命でつくられた日本書紀が律令国家の権威づけ・根拠づけとなる理...

あれやこれや
葉桜の季節に君を想うということ at 2008/03/16(日) 06:36:43
「葉桜の季節に君を想うということ」 歌野晶午 こんばんは。インフルエンザで寝込んでいて、外にでていない間に春がやってきていたんですね。冷たい風が吹いても、肌を刺すような痛い寒さではなくて、どこか優しいそんな春の風に変わっていましたね。 そんなこんなで今

あれやこれや
走ることについて語るときに僕の語ること-村上春樹 at 2008/03/15(土) 00:10:33
「走ることについて語るときに僕の語ること」 村上春樹 こんにちは。正月の箱根駅伝で東海大学の選手が踏みきりで足をくじいてから歩くのもつらいだろうに何キロも何キロも走り、棄権した。どうしてそこまで彼は走らなければならなかったのか。マラソンでどんなにつらく

あれやこれや
荻原浩-噂 at 2008/03/14(金) 01:24:52
「噂」 荻原浩 こんばんは。会社行ってきましたよ。なんかみんなに心配されちゃってよけい恐縮してしまいました。かといって、まだ咳をしている僕に、帰ってもいいんだよ、といってくれた上司に、いなくてもまわるのか、と少し寂しくなったのもほんとのことですけどね。 ...

手当たり次第の読書日記
『ダルジールの死』 レジナルド・ヒル at 2008/03/13(木) 00:07:33
これはまた、シリーズ愛読者が見るなりぎょっとするようなタイトルがついてます。主人公を名指して、その「死」だ、というんですから。 訳者あとがきにもある通り、「名探偵はときに作者の手で消されることがあるが、レジナルド・ヒルもとうとうダルジールを退場させよう...

あれやこれや
カフェー小品集-嶽本野ばら at 2008/03/13(木) 00:01:59
「カフェー小品集」 嶽本野ばら こんにちは。ある友人の恋愛がいつもうまくいかないのは、なぜだろうと、最近分析していて、きっとこの子は自分にとってベストの人としか付き合わないからいつもうまくいかないんじゃないかしらという結論に至りました。これは僕にとって

あれやこれや
ビッグボーナス-ハセベバクシンオー at 2008/03/12(水) 14:26:06
「ビッグボーナス」 ハセベバクシンオー こんばんは。先日新宿で一円パチンコというものにいってまいりました。普通は一玉4円のところ1円で遊べるって事で同じ値段で四倍の量遊べるって事であんまりお金を気にしないで遊べるのがいいですね。友達と待ち合わせしていると

フォトリーディング@Luckyになる読書道
家賃30%アップでも!あなたのアパートマンションを即満室にする方法@浦田 健 at 2008/03/11(火) 13:45:01
今回のフォトリーディングのターゲットは、浦田 健さんの『家賃30%アップでも!あなたのアパートマンションを即満室にする方法』です。 引越しシーズン真っ只中、気になる1冊を発見しました。 著者の浦田 健さんは、ファイナンシャルプランナーにして「一生、大家さん...

あれやこれや
怪笑小説-東野圭吾 at 2008/03/11(火) 12:37:42
「怪笑小説」 東野圭吾 こんにちは。笑うとのどが痛くて、テレビのバラエティなんてみたくない感じです。今年の目標はいつも素敵な笑顔のkbbさんだったのに! というわけで、テレビでなく本で笑ってみようというわけでアンソロジー以外では初の東野圭吾作品です。といっ...

梟通信~ホンの戯言
一中国人民の半生から見た中国現代史 丁如霞著・和多田進聞き書き「丁家の人びと」(バジリコ) at 2008/03/10(月) 22:26:56
主人公=語り手は1946年、篆刻芸術の聖地を目指して作られた結社である西泠印社の創立メンバー丁仁の孫として上海に生まれる。 中国杭州における名門中の名門、清時代に編纂された「四庫全書」が太平天国の乱で散逸したのを私財をなげうって集め完全修復を果たしたとこ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
「やる気を出せ!」は言ってはけない@石田淳 at 2008/03/10(月) 18:12:47
今回のフォトリーディングのターゲットは、石田淳さんの『「やる気を出せ!」は言ってはけない』です。 副題は「行動科学で見えてくるリーダーの新常識」です。 本書はタイトルからしてかなり刺激的です。 会社だけでなく、色々な場面でリーダーとなる人は自分のチー..

あれやこれや
死体を買う男-歌野晶午 at 2008/03/10(月) 14:13:56
「死体を買う男」 歌野晶午 おはようございます。昨日はだいぶ楽になったと書きましたが、なんだかインフルエンザにかかっていたようです。午後から病院に行って来ますが、インフルエンザなんてかかった記憶がないので、びくびくしながらわくわく、と思うのは少し不謹慎

あれやこれや
ウエハースの椅子-江國香織 at 2008/03/09(日) 11:46:29
「ウエハースの椅子」 江國香織 おはようございます。昨晩は風邪で39.8の熱がでて意識が朦朧としていました。どうして高熱がでているときって悪い夢をみるんでしょうかね。今回僕がみた夢は延々と細かい字を見ながら間違っているところを探すという夢でした。それで目が

志村建世のブログ
「自死という生き方」を読む(4) at 2008/03/09(日) 11:02:31
自死を論じるについて、具体的な方法を考えないわけには行きません。著者の須原氏の場合は、あらかじめ選定しておいた木での縊死でした。絶対に失敗しないように、頚動脈も切ってあったそうです。場所は発見が容易な場所とし、臓器提供のカードは、すべてに○をつけた...

あれやこれや
ウフ2007年3月号 at 2008/03/08(土) 12:30:42
「ウフ 2007年4月号」 雑誌 おはようございます。花粉症だと思っていたら風邪をひいていたみたいです。昨日も飲み会で敏感でナイーブだから花粉症になっちゃうんだよ、なんて説明をしていたのに、風邪だったなんてみんなに知られたらただのアホっていわれちゃいますね。

手当たり次第の読書日記
「丕緒の鳥」 小野不由美 at 2008/03/06(木) 23:35:25
という訳で、初めて買いましたよ、「yom yom」。季刊の、文芸誌、ということになるんでしょうね。紙質も体裁もペーパーバックのようで、思いっ切りお買い得な価格になっておりますが。ちょっと厚い文庫本1冊くらいのお値段で、小説エッセイ各10本以上が読めます。し...

志村建世のブログ
「自死という生き方」を読む(2) at 2008/03/06(木) 16:23:34
本文の最初に示されるのは、ソクラテス、三島由紀夫、伊丹十三の3人の事例です。共通して言えるのは、3人とも避けようと思えば避けられたであろう死を、あっさりと引き受けてしまったことです。ソクラテスの場合は「悪法も法」というような深遠な真理に殉じたという...

志村建世のブログ
「自死という生き方」を読む(1) at 2008/03/05(水) 14:05:51
たいへんな本を読んでしまいました。須原一秀の「自死という生き方・覚悟して逝った哲学者」(双葉社)です。著者が考えた原題は「新葉隠・死の積極的受容と消極的受容」でした。著者は2006年4月に自死していますが、それは浅羽通明氏の解説によれば、ひとつの「哲学的事...

あれやこれや
ダーリンは外国人2-小栗左多里 at 2008/03/02(日) 23:33:33
「ダーリンは外国人2」 小栗左多里 こんばんは。最近よく思い出す子がいます。大学の同級生だった子なんですけど、ちっちゃくてかわいらしい女の子で、大学入学と同時に「初めてのメーク」のような本を買っちゃう、そんな女の子でした。彼女の家にみんなで遊びに行ったと...

志村建世のブログ
地球は人類の円形劇場 at 2008/03/02(日) 14:02:35
「シェイクスピアのたくらみ」(喜志哲雄・岩波新書)を読んだ後、なんだか地球全体が一つの円形劇場のように思えてきました。主役は人類、つまり、いま生きているあなたと私です。観客席にいるのは誰でしょうか。宇宙外生物でしょうか、全知全能の神様でしょうか。 ...

あれやこれや
しゃべれどもしゃべれども-佐藤多佳子 at 2008/03/01(土) 12:39:20
「しゃべれどもしゃべれども」 佐藤多佳子 小学校の時、たしかあれは五年生の学芸会だったと思います。リア王だか、ハムレットだかのシェイクスピアの作品をやることになり、記念に準主役あたり(主役じゃないところがおかしいですね)の王様役に立候補したことがありま

手当たり次第の読書日記
『聖なる道化師』 トニイ・ヒラーマン at 2008/02/28(木) 23:31:43
トニイ ヒラーマン, Tony Hillerman, 大庭 忠男 聖なる道化師 先日、俳優の浅野忠信さんのお祖父さんがアメリカのナヴァホ族出身だったと新聞で読みました。彼はアメリカで、「アメリカにルーツを持つ日本人俳優」と報じられたとか。 特別に浅野ファンという訳で...

あれやこれや
ウフ二月号-雑誌 at 2008/02/28(木) 21:21:22
「ウフ」 雑誌 どうも、こんばんは。 普段雑誌というものはほとんど買うことがなく、立ち読みは足がつかれるのがいやなので、R25ぐらしか読んでいないんですけど、本が好き!で「ウフ」という文芸雑誌?を献本してくれるというので、申し込んでみました。 だいたいが小...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
ナマケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本@アーニー・J・ゼリンスキー at 2008/02/28(木) 12:38:52
今回のフォトリーディングのターゲットは、アーニー・J・ゼリンスキーさんの『ナマケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本』です。 日本語訳は前田 曜 さんです。 副題は「あくせく働かずに豊かな暮らしを実現させる134の法則」です。 “幸せなお金持ち” どっかで..

あれやこれや
マドンナ-奥田英朗 at 2008/02/27(水) 22:13:01
「マドンナ」 奥田英朗 こんばんは。明石家さんまが以前言っていたんですけど、仕事がつまらないときはどうすればいいですか?の質問に、会社に一人あこがれの人を作ればどんなにつらくても会社が楽しくなると。仕事がどんなに辛くても、その人の前ではどうしても笑顔を

あれやこれや
裁判官の爆笑お言葉集-長嶺超輝 at 2008/02/26(火) 21:04:42
「裁判官の爆笑お言葉集」 長嶺超輝 先日、「ざらざら」の記事で書いたように、富山の銘菓 月世界を富山出身の心優しき友人にねだっていたところ、昨日頂いちゃいました。ありがとー! さっそくあけていただいてみましたが、これはお酒とは合わないことが判明しま...

手当たり次第の読書日記
丕緒とは国家の大業という意味らしい。 at 2008/02/26(火) 16:08:59
たたた、大変だあ! 新潮社の季刊誌「yom yom」、今まで手に取って見たことは只の一度もありませんでしたが。 ネットサーフィンしていたらえっと驚く重大情報に出っくわし、泡食って新潮社のサイトに飛んで行ってみたら! 小野不由実「十二国記」新作『丕緒(ひしょ

あれやこれや
男たちへ フツウの男をフツウでない男にするための54章-塩野七生 at 2008/02/25(月) 23:33:22
「男たちへ フツウの男をフツウでない男にするための54章」 塩野七生 やっと春一番が吹きましたね。せっかくあたたかくなっておしゃれをしようしてスカートをはいたら風がつよいなんて、女性は大変ですよね。おかげでこちらは休日の新宿でおしゃれなかわいらしい女性をた...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【究極の耳勉本】朝の3分声トレで、あなたの話し方が9割変わる@白石 謙二 at 2008/02/25(月) 12:10:59
今回のフォトリーディングのターゲットは、白石 謙二さんの『朝の3分声トレで、あなたの話し方が9割変わる』です。 白石 謙二さんは日本では、あまり聞きなれないヴォイスティーチャー。 ヴォイスティーチャーは知らない人や誤解している人が多いのですが、 歌手に声...

梟通信~ホンの戯言
驚きこそ生きてる証拠 「文体練習」(2) at 2008/02/24(日) 22:21:01
先日書いた「文体練習」をやってみよう。 原文は次の通り。午後3時過ぎの公園。 足の不自由な老人が一人で歩いていく。 いつもより早い時間だ。 向こうから5歳くらいの男の子が走って来てぶつかりそうになる。 後ろにいた母親が大声で注意したので子供は立ち止まろ...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
春夏秋冬占い 恋愛編@來夢 at 2008/02/23(土) 13:13:03
今回のフォトリーディングのターゲットは、來夢さんの『春夏秋冬占い 恋愛編』です。 來夢さんと言えば、神田 昌典さんと共著も書かれるなど占いとビジネスの結びつきに関するイメージが強い方がいらっしゃると思います。 そんな來夢さんの新作はなんと恋愛占いもの。以..

志村建世のブログ
「虞美人草」の人生第一義 at 2008/02/21(木) 21:57:07
夏目漱石の「虞美人草」に「人生の第一義」ということが書いてあったのを思い出しました。「人生には第一義の大切なものと、第二義以下の付随的なものとがある。その第一義とは、生か死かの問題である」という趣旨だったことを覚えていました。読んだのは高校3年のと...

あれやこれや
増量 誰も知らない名言集-リリー・フランキー at 2008/02/21(木) 20:17:50
「増量 誰も知らない名言集」 リリー・フランキー 僕は基本的に泣かせようと企画されたものが嫌いで、あまりそういうのに触れないようにしています。だって、世の中にはそんなことしなくても、もっと悲しくなるもの、涙を流したくなるような感動するものがたくさんあるん...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
それでも脳はたくらむ@茂木健一郎 at 2008/02/21(木) 16:10:29
今回のフォトリーディングのターゲットは、茂木健一郎さんの『それでも脳はたくらむ』です。 NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」でおなじみ、脳学者である茂木さんの本です。 脳はこうなっているから、という話ではなく、人間ってこういうことが大事だよね、という..

あれやこれや
ラヴ・コール-伴一彦 at 2008/02/20(水) 07:00:22
「ラヴ・コール」 伴一彦 おはようございます。最近なんだか、電話で人と話すのが億劫になってしまって、はやく切ろうとしてしまいます。若かりし頃にはデートに誘うために夜の8時ぐらいに電話をかけ、いつのまにか「あれ、朝日がのぼってきたよ」なんていいながら「新

あれやこれや
七つの黒い夢-乙一 恩田陸 北村薫 誉田哲也 西澤保彦 桜坂洋 岩井志麻子 at 2008/02/19(火) 21:28:06
「七つの黒い夢」 乙一 恩田陸 北村薫 誉田哲也 西澤保彦 桜坂洋 岩井志麻子 こんばんは。久しぶりに家で一人でワインを飲んでいます。どこに「久しぶり」がかかるかはご想像にお任せしますが、夢見心地です。このブログの最近の記事を読み返してみると、なんだか夢の話...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。@清水克衛 at 2008/02/19(火) 10:37:17
今回のフォトリーディングのターゲットは、清水克衛さんの『「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。』です。 副題は、「オーラが良くなる読書術」です。 著者の吉越浩一郎さんは、東京の書店「読書のすすめ」の店長にして、NPO法人日本読書普及協会の理事長を..

手当たり次第の読書日記
『新訂福翁自伝』 福沢諭吉:著、富田正文:校訂 at 2008/02/19(火) 00:08:12
福沢 諭吉, 富田 正文 新訂 福翁自伝 (岩波文庫) 『風雲児たち』に幕末編8巻から出てくる福沢諭吉の、初登場シーンは20歳の時です。 適塾入門を決意するに至ったいきさつを緒方洪庵に語るという形で、彼のそれまでの生い立ちが説明されるのですが、そのくだりの章題

フォトリーディング@Luckyになる読書道
デッドライン仕事術@吉越浩一郎 at 2008/02/18(月) 18:13:44
今回のフォトリーディングのターゲットは、吉越浩一郎さんの『デッドライン仕事術』です。 副題は、「すべての仕事に「締切日」を入れよ」です。 著者の吉越浩一郎さんは、女性下着メーカーである「トリンプ」を なんと19年連続で増収・増益に導いたという経歴の持ち..

梟通信~ホンの戯言
「体」のことを思うとき 川上未映子「乳と卵」(文藝春秋3月号) at 2008/02/17(日) 18:13:07
昨夜2時過ぎ、厭な夢を見ているなあと思ったら腹痛、そして動悸が激しい。 トイレに行って深呼吸をして自律神経の薬を飲んで横になったが眠れない。 馬生や小さん(故人の)の世話になってもだめだ。 だんだん不安になってきた。 このまま、逝っちゃうってこともあり...

あれやこれや
ガール-奥田英朗 at 2008/02/17(日) 12:54:17
「ガール」 奥田英朗 おはようございます。先日も飲みに行ってきたんですが、そんなに量を飲んだ覚えがないのに、帰り道の記憶がまったくありません。焼酎は飲んでいるときはなんともないけど、立ち上がった瞬間に酔いがまわるとよくいいますが、本当にそんなこと体験し

あれやこれや
不良少女-樋口有介 at 2008/02/16(土) 20:12:50
「不良少女」 樋口有介 こんばんは。バレンタインデーはいかがおすごしでしたか?会社帰りに街を歩いていたら、チョコを渡し終えて幸せを感じている子か、これから彼にチョコを渡せることに幸せを感じている人しか見当たりませんでした。朝、電車の中で誰もがもっていた

フォトリーディング@Luckyになる読書道
世界一愚かなお金持ち、日本人@マダム・ホー at 2008/02/16(土) 07:59:27
今回のフォトリーディングのターゲットは、マダム・ホーさんの『世界一愚かなお金持ち、日本人』です。 著者のマダム・ホーさんは、なんと20代にして億の資産を築いたという方。 僕から見たら、遠い人のような感じがしました。 でもこの本は、「真の豊かさを広めるた..

手当たり次第の読書日記
『新訂海舟座談』 巌本善治:編、勝部真長:校注 at 2008/02/14(木) 23:04:20
巌本 善治, 勝部 真長 新訂 海舟座談 (岩波文庫) 特に何を買うという当てもなく新刊書店をぶらついていて、岩波文庫の棚の前で足が止まってしまいました。 『風雲児たち』ファンごころをくすぐる書名を、いくつも見つけてしまったのです……桂川甫周の手による大黒

志村建世のブログ
「憲法9条の思想水脈」を読む(3) at 2008/02/14(木) 12:46:40
この本は声高に思想・信条を述べることなく、誠実に歴史を辿って、憲法9条が制定されるまでを解き明かして終っています。著者はあとがきの中で「強靭な意志と強い権力をもった人によって非戦の時代がもたらされるとは私には想像できません。……非戦思想が他者を力に...

あれやこれや
誰もわたしを愛さない at 2008/02/14(木) 06:44:18
「誰もわたしを愛さない」 樋口有介 おはようございます。昨日は水曜日なのにもかかわらず、街で見かける女の子がみんなミニスカートにロングブーツというおしゃれな装いだったんですけど、なにかあったんですかね?なんだか街が華やかというか、浮き足立っている印象を

志村建世のブログ
「憲法9条の思想水脈」を読む(2) at 2008/02/13(水) 19:11:51
言うまでもなく人類は文明の始まりから争いを続けてきました。古代も中世も戦争の連続ですが、近代以前の戦争は、おもに国王が起こすもので、実際の戦闘は騎士など職業軍人の仕事でした。それが国民国家の成立以後は、国をあげての総力戦になり、科学の進歩とともに犠...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
幸せな経済自由人という生き方 ライススタイル編@本田健 at 2008/02/13(水) 06:32:02
今回のフォトリーディングのターゲットは、本田健さんの『幸せな経済自由人という生き方 ライススタイル編』です。 お金と幸せという一般的には相反するテーマを扱いながらも、いつも心温まる内容を届けてくれる本田健さんの書き下ろし最新刊です。 今回は「幸せな小金...

あれやこれや
アヒルと鴨のコインロッカー-伊坂幸太郎 at 2008/02/13(水) 04:01:11
「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎 途中の駅で彼女が乗り込んできた。背が低くて、髪の毛にかかったウェーブが彼女のもののようにしか見えなかった。以前つきあっていて、それまでの恨みをはらすかのように振った彼女だ。それで、見事なまでに、完璧に僕は落ち...

手当たり次第の読書日記
『吹雪の山荘』 笠井潔・岩崎正吾・北村薫・若竹七海・法月綸太郎・巽昌章 at 2008/02/12(火) 23:58:18
笠井 潔, 岩崎 正吾, 北村 薫, 若竹 七海, 法月 綸太郎, 巽 昌章 吹雪の山荘―赤い死の影の下に (創元クライム・クラブ) 何か最近、企画ものの本ばっかり読んでる気がしますが、またしても。リレー・ミステリです。 どうですか、このタイトル! 柴田よしきに『ゆき

志村建世のブログ
「憲法9条の思想水脈」を読む(1) at 2008/02/12(火) 15:09:08
山室信一の「憲法9条の思想水脈」(朝日選書823)を読み始めました。今年度の司馬遼太郎賞受賞作品です。日本の憲法9条に結実した非戦の思想が、世界の思想史の中で、また文明開化以降の日本において、どのように生まれて発展し受け継がれてきたかを、綿密に跡づけて...

梟通信~ホンの戯言
文章のフーガ 洒落てるね レーモン・クノー「文体練習」(朝日出版社) at 2008/02/11(月) 20:52:18
最初に「メモ」と題して200字ほどの文章が提示される。 混雑したバスの中で見かけた若い男がつまらない喧嘩をしている様子。 その後、別の場所で再びその男を見た時の出来事。 淡々と事実のみを順を追って叙述してある。 その後、付録も入れると101編の文章が...

あれやこれや
風味絶佳-山田詠美 at 2008/02/11(月) 16:45:09
「風味絶佳」 山田詠美 沢尻エリカってかわいいですね。映画「シュガー&スパイス 風味絶佳」をテレビでやっていました。動いている彼女、演じている彼女、映画の中の彼女をはじめてみましたけど、以前連日ワイドショーで流されていた舞台の上の彼女とは大違いでした。当..

梟通信~ホンの戯言
愚かしい人間に対する罰なのか ダニエル・T・マックス「眠れない一族」(紀伊國屋書店) at 2008/02/10(日) 22:23:05
「食人の痕跡と殺人タンパクの謎」が副題。 事件はあちこちで起きた。 1)1725年に初めてヴェネツイエアの高貴な一族に記録が現れる致死性家族性不眠症(FFI)。 多くは中年になると発病、異常発汗、瞳孔収縮などの末に不眠状態に陥りやせ衰えて死に至る。 ...

無節操ニンゲンのきまま生活
伊坂幸太郎 「チルドレン」 講談社文庫 at 2008/02/10(日) 11:55:20
チルドレン (講談社文庫 (い111-1))/伊坂 幸太郎 ¥620 Amazon.co.jp 今年は伊坂作品が続いています。 今読んでるのも別の伊坂作品。 私が家庭教師している子が東北大を受けるので、 東北大出身の伊坂さんとも何かの縁でしょうか^-^;; ☆*゚

あれやこれや
お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人-吉村葉子 at 2008/02/10(日) 05:16:49
「お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人」 吉村葉子 雪が積もったパリにたどり着いたのは陽が落ち街が薄暗くなってからだった。ロンドンから電車に乗り、ドーバーで船に乗り換え、大陸側についてからまた電車にのる。途中でパスポートコントロール...

梟通信~ホンの戯言
永遠の青年か? 柳家小三治「落語家論」(ちくま文庫) at 2008/02/09(土) 16:07:35
朝ブログを書いてから読み始めて今読み終えた。 25年ほど前、小三治が45・6の頃の文章だ。 「民族芸能を守る会」というマイナーな雑誌に「紅顔の噺家諸君!」と題して連載(無料で)したもの。「とにもかくにも今すぐにもお客に受けたい」の一心からせっかく有望な...

あれやこれや
ダレカガナカニイル…-井上夢人 at 2008/02/09(土) 13:21:53
「ダレカガナカニイル…」 井上夢人 学生時代の友人と勤務先が沿線で、今後市ヶ谷でお店を発掘して定期的に飲もうって話しになっているんですけど、どっかいいお店ないですかね?値段はそこそこで、落ち着いて飲めるこじんまりしていて、あんまり混んでいないようなお店

手当たり次第の読書日記
『妖怪変化 京極堂トリビュート』 あさのあつこ・西尾維新・原田眞人・牧野修・柳家喬太郎 他 at 2008/02/09(土) 00:00:48
西尾 維新, あさの あつこ, 諸星 大二郎 妖怪変化 京極堂トリビュート ブックオフのコミックスの棚で、背表紙にミステリコミックアンソロジーと書かれた1冊を見つけました。 こういうのは同人誌作品のアンソロジーですね。ひょっとしてミステリ小説のパロディや2次

あれやこれや
死ぬまでにしたい10のこと-齋藤薫 角田光代 MAYA MAXX 横森理香 倉田真由美 八塩圭子 酒井順子 しまおまほ 谷村志穂 室井佑月 at 2008/02/07(木) 03:50:19
「死ぬまでにしたい10のこと」 齋藤薫 角田光代 MAYA MAXX 横森理香 倉田真由美 八塩圭子 酒井順子 しまおまほ 谷村志穂 室井佑月 おはようございます。昔つきあっていた子に素敵なことばをかけられました。いい声してるね、とかそんな感じで。あんなに嫌われてしまった

手当たり次第の読書日記
『数独パズル殺人事件』 シェリー・フレイドント at 2008/02/05(火) 23:57:41
シェリー・フレイドント, 田口 俊樹 数独パズル殺人事件 (ヴィレッジブックス F フ 12-1) 初めて名前を聞いた作家です。この版元の本も、今まで一度も買ったことはありません。 ミステリの場合、手に取る気が起きるかどうかについて「どこから出てるか」というのは

あれやこれや
どーなつ-北野勇作 at 2008/02/05(火) 22:09:15
「どーなつ」 北野勇作 韓国人のような中国人のようなアジア系の顔をした兵士が突然銃を突きつけてきた。突然のことだったが、おれはかっこよくその銃を蹴り上げて遠くへ飛ばす。まわりにおれを救出に来た兵士の姿が見えた。おれを襲ってきた兵士は反乱兵のようだ。反乱

あれやこれや
ドナウよ、静かに流れよ-大崎善生 at 2008/02/04(月) 21:15:51
「ドナウよ、静かに流れよ」 大崎善生 雪ふりましたね。今日は立春だっていうのに、朝から昨日の雪が凍ってなんども滑りそうになって、駅に着くまでにいつもの倍かかってしまいました。受験シーズンでみんな無事に試験をうけられたかしらって心配になっちゃいました。

手当たり次第の読書日記
『相棒』 五十嵐貴久 at 2008/02/03(日) 21:07:14
五十嵐 貴久 相棒 この作者のものを読むのは2冊目です。 デビュー作の『リカ』を以前に読んでたんですが、ホラーサスペンス大賞受賞作というだけあって、もう半端じゃなく怖かった! それも「怪談」の怖さじゃない、現代の「ホラー」の怖さなんです。という訳で読

あれやこれや
真夜中のマーチ-奥田英朗 at 2008/02/03(日) 16:38:52
「真夜中のマーチ」 奥田英朗 春が立ち 冷たい露に じっとたえ 君を待ちらむ 梅の花 おはようございます。また記憶がなくなるぐらい飲んでしまいました。最近いやなことが多いのでしょうか。それともお酒に弱くなっちゃったのかしらね。昨日は人生初の合コンという名の...

あれやこれや
神様のボート-江國香織 at 2008/02/02(土) 11:42:58
「神様のボート」 江國香織 先日杉並吹奏楽団の定期演奏会に行って参りました。アマチュアの吹奏楽団ですが、入場無料ですし、素敵な音楽につつまれながらゆったりとした休日を過ごすことができました。何回か聞きにいってるのですが、少しずつ少しずつよくなっているよ

あれやこれや
永遠。-村山由佳 at 2008/02/01(金) 21:10:18
「永遠。」 村山由佳 こんばんは。いつもくだらない前置きが長いので今日はさっそく本題にいきましょう。 今日の作品は村山由佳の「永遠。」です。内山理名、堤真一などがでている映画「卒業」のサイドストーリーとして描かれたのが「永遠。」です。 村山由佳作品だけ

手当たり次第の読書日記
『マイ・ベスト・ミステリー ?』 日本推理作家協会:編 at 2008/01/31(木) 23:20:33
鮎川 哲也, 日本推理作家協会 マイ・ベスト・ミステリー 5 (5) (文春文庫 編 17-5) なかなか大型書店に行けないもので、こんなアンソロジーが出ていたなんて、まるで知りませんでした。文庫は昨年秋ですが、単行本に至っては、4年前の出版だったというのに……不覚!

志村建世のブログ
市民にとっての沖縄戦 at 2008/01/31(木) 11:48:29
初めてネット上に公開された、貴重な資料をご紹介します。「読谷の風」高江洲瑩さんのブログに連載された「那覇市史を読む」のシリーズです。「記事カテゴリー」の一番下にある同名の項目を指...

あれやこれや
誘拐ラプソディー-荻原浩 at 2008/01/31(木) 00:03:45
「誘拐ラプソディー」 荻原浩 どうもこんばんは。ふとテレビを見ていたら、姓名判断についてやっていたので、ネットで調べて自分のをみてみました。 どこかのサイトに姓の最初と名の最初の画数は同じにしちゃだめって書いてあって、もろそうですし、総画数が25でこれは...

手当たり次第の読書日記
『名短編、ここにあり』 北村薫・宮部みゆき:編 at 2008/01/30(水) 00:01:33
半村 良, 北村 薫, 宮部 みゆき 名短篇、ここにあり (ちくま文庫 き 24-1) 書店で平積みになっているのを見かけるなり、中身も確かめずに買いました。 だって、「北村薫 宮部みゆき 編」のアンソロジーです。でもって帯のコピーが「意外な作家の意外な逸品」です

あれやこれや
ざらざら-川上弘美 at 2008/01/29(火) 23:59:29
「ざらざら」 川上弘美 こんばんは。根気強く川上弘美布教活動をしてきたせいか、最近、まわりに川上弘美ファンが増えてきてうれしい限りです、「センセイの鞄」は名作だ!といってくれる友人や、すすめてもいないのに、「ハヅキさんのこと」や「真鶴」を手に入れた友人

あれやこれや
イッツ・オンリー・トーク-絲山秋子 at 2008/01/28(月) 21:01:12
「イッツ・オンリー・トーク」 絲山秋子 この本の書き出しはあれにしようって思っていたのに、それをすっかり忘れてしまいました。あれがこうだから、身近なものを亡くした\"第七障害\"のお話しに続けられてなんて思っていたのに、何があれでどうしたらこうなのかさっぱ

あれやこれや
大人たばこ養成講座 at 2008/01/28(月) 07:55:14
「大人たばこ養成講座」 えっと、以前このブログにも書いたかもしれないのですけど、禁煙して、それに失敗しました。みんなに最後の一本は絶対に吸わないとして、煙草のパッケージにいれたまま、写真まで撮ったのに、3ヶ月ぐらいして、もう吸っても常用はしないかしらっ

梟通信~ホンの戯言
これがアメリカだ オーガステン・バロウズ「ハサミを持って突っ走る」(バジリコ) at 2008/01/27(日) 22:32:59
アル中で大学教授の父と、毎日書いている詩がいつかはニューヨーカーに載り有名な女になると信じている母は喧嘩が絶えない。 殺しあいに近い。 どうにもならなくなると精神病医のフインチ先生がやってくる。 7つ違いの兄は16歳の時に家を出て行った。 両親が離婚し...

あれやこれや
トキワ荘の青春 僕の漫画修行時代-石ノ森章太郎 at 2008/01/27(日) 00:06:06
「トキワ荘の青春 ぼくの漫画修行時代」 石ノ森章太郎 中学から高校の頃まで毎週8冊の週刊漫画誌を読んでいた。何が楽しかったかと聞かれるとなんとも言えないけど、習慣となっていたのかもしれない。電車に乗る前に駅の売店で一冊買って、乗り換えの駅でもう一冊買う。

あれやこれや
ナイフ-重松清 at 2008/01/26(土) 02:17:01
「ナイフ」 重松清 もうやめてー。目の前にきれいなOLさんが座っている昼時の喫茶店で、本を開くのがやっとという感じに混み合っている帰りの電車の中で、なんどもそう叫びそうになりました。いじめの描写、いじめられている子たちの感情、それを見守る大人たちの心の動...

梟通信~ホンの戯言
空は何色? 色の手帖(小学館) at 2008/01/25(金) 22:02:31
朝、家を出るとキーンと身が引き締まる冷たさだった。 でも、空を仰ぐと「Oh What A Beautiful Morning」と歌い出したくなるような素晴らしい青空だ。 左は朝、右は昼、下は夕方、携帯で撮ったのだし方角も違うから何とも言えないがどことなく色が違う。 tonaさんの

あれやこれや
さらわれたい女-歌野晶午 at 2008/01/24(木) 21:02:11
「さらわれたい女」 歌野晶午 散り行きて 桜に道を ゆずりても 白き美しさ 思う人あり もうちょっと後の季節でしたけど、ずっと昔に詠んだ歌です。散ってしまって誰にも見向きされなくなった梅があまりにもかわいそうで、俺はみているんだぞって宣

あれやこれや
真鶴-川上弘美 at 2008/01/23(水) 05:29:42
最初の記憶はおばあちゃんの家の窓際にあったロッキングチェアにすわっている三歳ぐらいの男の子の姿だ。青い半ズボンとTシャツをきてぽつねんとしている。自分の記憶であるはずなのに、天井から第三者のような自分をみている。すごくつまらなさそうな顔をして、窓の外を..

あれやこれや
ハードボイルド・エッグ-荻原浩 at 2008/01/22(火) 03:50:11
「ハードボイルド・エッグ 荻原浩 こんばんは。みなさんの今の自分は昔想像していた自分と一緒ですかー?難しいですよね。そういう違いを受け入れるのが大人になるってことなんでしょうかね。 そんな探偵さんが主役の物語が「ハードボイルド・エッグ」です。MOWさんの

梟通信~ホンの戯言
浅草初詣 八木忠栄「落語はライブで聴こう」(新書館) at 2008/01/20(日) 17:52:14
今年初の浅草。 ちょっと前は正月は二日に出勤してお客様を迎えたり店を回って挨拶したり、獅子舞とか餅つきなどのイベントに加わったり、、忙しくも楽しい半日を過ごすと社員の若手などを誘って浅草に行った。 そういうことがなくても松の内に浅草に行かないことは...

あれやこれや
コールドゲーム-荻原浩 at 2008/01/20(日) 13:34:28
「コールドゲーム」 荻原浩 こんばんは。最近寒くて朝布団から出るのがいやになっちゃいますね。というか、布団の中にいるといつのまにか時間が経ってしまっているのはなぜでしょうか。あと五分暖まっていようと思っているといつのまにか、十五分、三十分と経ってしまっ

あれやこれや
ミステリー傑作選・特別編5 自選ショート・ミステリー-赤川次郎他16人 at 2008/01/19(土) 02:08:18
「ミステリー傑作選・特別編5 自選ショート・ミステリー」 赤川次郎他16人 こんばんは。会社で歓迎会をやってもらいました。結構飲んだんですけど、そのうち26歳の同僚の目がすわってきて、ひとしきり演説をしました。彼の言いたいことはよくわかるんですけど、他の同僚

あれやこれや
誰かに解かせたくなる算数・数学の本-秋山仁 at 2008/01/17(木) 20:29:57
誰かに解かせたくなる算数・数学の本 秋山仁 こんばんは。みなさんは友人の友人に会うことってありますか?自分は友人が少ない方なので、まだないんですけど。というより、友人の友人はすでに友人だったってことの方が多いからなぁ。 そんなことの確率を数学的にお話し

フォトリーディング@Luckyになる読書道
やる気のある自分に出会える本@笹氣 健治 at 2008/01/16(水) 19:14:08
今回のフォトリーディングのターゲットは、笹氣 健治 さんの『やる気のある自分に出会える本』です。 ずっと「やる気」を持ち続けられる人っているんでしょうか? 僕は結構やる気がない時ってあります。 やる気が出ない時、人は自分を責めてしまいがち。 でも本書による..

志村建世のブログ
「靖国への帰還」を読む at 2008/01/16(水) 18:30:50
昨日、書店で偶然のように「靖国への帰還」(内田康夫・講談社)を手にとって立ち読みしたら止まらなくなり、その夜のうちにほとんど全部読んでしまいました。内田康夫氏は私の小学校の1年後輩で、沼津の疎開学園にも同時に行っているのですが、ミステリー作家という...

手当たり次第の読書日記
『中村雅楽探偵全集? 松風の記憶』 戸板康二 at 2008/01/16(水) 00:02:30
戸板 康二 松風の記憶 (創元推理文庫 M と 2-5 中村雅楽探偵全集 5) 中村雅楽全集ラスト、『松風の記憶』『第三の演出者』の2長編一挙収録です。 これは2冊とも古本で探し当てて既に持っているのですが、文庫全集全5冊をきちんと揃えたくて買いました。そうしたら、

フォトリーディング@Luckyになる読書道
ダメな議論@飯田泰之 at 2008/01/14(月) 11:57:14
今回のフォトリーディングのターゲットは、飯田泰之さんの『ダメな議論』です。 先日読み、このブログでもご紹介した、三輪裕範さんの 『人間力を高める読書案内』の中で紹介されていた1冊本書。 勝間和代さんの、『自分をグーグル化する方法』でも知の3点測量法が ...

手当たり次第の読書日記
『1984年のビーンボール』 小田嶋隆 at 2008/01/11(金) 20:35:16
小田嶋 隆 1984年のビーンボール 『サッカーの上の雲』が面白かったので、書店で見かけるなり迷わず買ってきました、柳の下の2匹目のドジョウ本(笑)。 と、タイトルだけ見ればこういう失礼なことを思わず言ってみたくなる訳ですよ(笑)。 あとがきで著者自ら、内容

フォトリーディング@Luckyになる読書道
幸せの法則@望月俊孝 at 2008/01/10(木) 16:43:32
今回のフォトリーディングのターゲットは、望月俊孝さんの『幸せの法則』です。 幸せになれる人と、幸せになれない人。 その違いはほんのわずかしかありません。 幸せの法則を知り、それを実行しているかどうかだけなのです。 本書は40もの幸せの法則を紹介しています...

手当たり次第の読書日記
『女のハイウェイ』 田辺聖子 at 2008/01/09(水) 21:12:36
田辺 聖子 女のハイウェイ―カモカシリーズ 4 殆ど30年前のことでいい加減しつこいと思われるでしょうが、あと1つだけ、「江川問題」がらみで思い出した本の話を。 田辺聖子さん「カモカ・シリーズ」の中に、「悪役にごほうび」というタイトルで、この件について...

志村建世のブログ
「弱き者の生き方」を読む at 2008/01/08(火) 22:14:00
五木寛之と、考古学者・大塚初重の対談で、「日本人再生の希望を掘る」と副題がついています。私には双方ともとくに親しんでいる人ではなかったのですが、みどりさんのお薦めがあって読んでみました。私の経験してしてきたことが、戦争の体験ではなくて、戦争の傍観で...

手当たり次第の読書日記
『変人十二面相』 小林信彦 at 2008/01/08(火) 16:19:01
小林 信彦 変人十二面相 (1981年) 得意の連想式読書法。『江川さんちのスグル君』を読んだので思い出しました。そういえば大の大人が江川をめぐってケンカになるという場面の出てくる小説を昔読んだっけ、と。 「中三時代」1980年4月号から7月号、「バラエティ」同

梟通信~ホンの戯言
面白いことは面白いが ジェフリー・ディーヴァー「ウオッチメーカー」(文藝春秋) at 2008/01/08(火) 00:42:39
「このミステリーがすごい!」の海外部門で第一位というだけではなくこのシリーズは今までどれを読んでも堪能できたから年末年始休暇のお供にと買った。 前に「クリスマス・プレゼント」や「ボーン・コレクター」は紹介した。 捜査中に事故に遇い四肢麻痺となった天才...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
効率が10倍アップする新・知的生産術【その1】@勝間和代 at 2008/01/07(月) 14:52:39
今回のフォトリーディングのターゲットは、勝間和代さんの『効率が10倍アップする新・知的生産術』です。 副題は、「自分をグーグル化する方法」です。 昨年「10倍アップ」シリーズ?をはじめとする著作で 大活躍された勝間さんの最新刊。 今回は副題の「自分をグ...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人間力を高める読書案内@三輪裕範 at 2008/01/06(日) 10:57:50
今回のフォトリーディングのターゲットは、三輪裕範さんの『人間力を高める読書案内』です。 本書は、書店の店頭で見て即買いしました。 オビの言葉が目を惹きます。 仕事も人生も、まずはここから始めよう。 現役ビジネスマンにしてハーバードビジネス・スクールに留..

梟通信~ホンの戯言
いいねえ、スカッとするぜ 檀一雄「石川五右衛門(上下)」(講談社・大衆文学館) at 2008/01/04(金) 21:47:50
落語に「お血脈(おけちみゃく、と読む)」というのがある。 善光寺でお血脈というのをおでこにポンと捺してもらうと如何なる罪業も消えて極楽に行けるという。 身に覚えのある人は、押すな押すなとナニ捺してもらいに善光寺参り。 あおりを食って地獄は不景気そのも...

手当たり次第の読書日記
「ミス・ビアンカ」シリーズ マージェリー・シャープ at 2008/01/02(水) 16:40:32
2008年あけましておめでとうございました(←北海道方言:過去形)。 今年も何とぞよろしくお願い申し上げます! さて、今年の干支は「子」。ネズミ年、でありますね。 という訳でネズミの出てくる話です。何か物凄く安直ですが(笑)。 マージェリー・シャープ...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
きっと、よくなる!2(お金と仕事編)@本田 健 at 2007/12/31(月) 09:20:39
今回のフォトリーディングのターゲットは、本田 健さんの『きっと、よくなる!2(お金と仕事編)』です。 本田 健さん、2年ぶりの書き下ろしということで 多くの方が待っていた1冊ではないでしょうか? 多くの人から質問される「お金」「仕事」について 纏めたのが...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【トンデモ本!?】マリッジコード・ミロス@ミロス研究所 at 2007/12/31(月) 09:03:10
今回のフォトリーディングのターゲットは、Amazonで妙に話題の『マリッジコード・ミロス』です。 副題は「結婚に全ての秘密があった」です。 本のタイトルからして何じゃこりゃ?って感じですが、 そもそもこの本を発見するきっかけになったのはAmazonの 和書ランキン...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
春夏秋冬占い ベーシック編@來夢 at 2007/12/31(月) 07:38:54
今回のフォトリーディングのターゲットは、來夢さんの『春夏秋冬占い ベーシック編』です。 僕が占いの本を手に取ることは、非常に少ないのです。 何故って占いは特に信じていなかったからです。 コールドリーディングの本なんか読んでしまってますし。 では何故この本..

志村建世のブログ
「誰のための『教育再生』か」を読む at 2007/12/26(水) 13:34:06
藤田英典編・岩波新書の「誰のための『教育再生』か」を読みました。読み終りましたが、レポートとして何を書くか、難しさを感じています。執筆者は編者のほかに佐藤学、尾木直樹、中川昭、喜多明人、西原博史の諸氏です。書いてあることはよくわかるし大事な問題を指...

手当たり次第の読書日記
「夜明けのフロスト」 R・D・ウィングフィールド at 2007/12/25(火) 23:42:22
R・D・ウィングフィールド 夜明けのフロスト (光文社文庫) ふと思い立って始めてみたクリスマス特集ですが、最後になって今更なことに気付いてしまいました。 取り上げた作品がどれも、何というか……どっちかといえばネタ系(汗)。 季節の行事を真面目に祝おう、楽

フォトリーディング@Luckyになる読書道
学校で教えない億万長者の授業@鳥居 祐一 at 2007/12/25(火) 12:29:29
今回のフォトリーディングのターゲットは、鳥居 祐一さんの『学校で教えない億万長者の授業』です。 副題は「お金持ちになる魔法の人脈力」です。 ミリオネア・コンサルタントという初めて聞く コンサルタントである鳥居さん。 あの世界No1コーチであるアンソニー・ロ...

手当たり次第の読書日記
『イギリスは愉快だ』 林望 at 2007/12/24(月) 23:10:46
林 望 イギリスは愉快だ クリスマス・イヴとなりました。 日本では何故だかクリスマス当日よりも盛り上がる日な訳ですが、我が家では都合によりケーキその他は明日回し。本日の夕食は湯豆腐でした(笑)。 ニュースを観てたら、全国各地の光のイベント等を紹介して

フォトリーディング@Luckyになる読書道
非効率な会社がうまくいく理由@中嶋セイジ at 2007/12/23(日) 17:33:25
今回のフォトリーディングのターゲットは、中嶋セイジさんの『非効率な会社がうまくいく理由』です。 副題は「伸びる企業は知っている「情動力」アップの方法」です。 会社、仕事と言えばいかに効率を上げ、より安く高品質に、 というのが最善。それ以外の企業は淘汰さ..

手当たり次第の読書日記
「もみの木」 トーベ・ヤンソン at 2007/12/21(金) 19:51:19
トーベ・ヤンソン, 山室 静, Tove Jansson ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫 や 16-3) これは珍しい、ムーミンシリーズの中のクリスマスものです。 何で珍しいかというと、ムーミン一家は秋には冬眠に入ってしまうから。クリスマスなんて先祖代々全くご縁がない…

梟通信~ホンの戯言
やあ健在だ!懐かしいミステリ at 2007/12/21(金) 10:17:33
デイック・フランシス。 元女王陛下の騎手。 ミステリ作家となって「本命」でデビューしたのはもう四十年以上前だろう。 俺はその頃から毎年一冊出る競馬シリーズが好きでハヤカワのポケット版を随分揃えたものだ。 名古屋にいるとき他の本と一緒に会社に寄附してしま...

手当たり次第の読書日記
『さむがりやのサンタ』 レイモンド・ブリッグズ at 2007/12/19(水) 17:20:20
クリスマスで一番盛り上げやすい本といえば、絵本でしょうね。ロングセラーから新作まで、今年も山ほどの絵本が書店の平台に並んでいるものと思います。 で、クリスマス絵本の最重要キャラといえば、言うまでもない気がしますが、サンタクロース! 留守中にサンタがあが...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
できる人になる3分間マネジメント@萩原 一平 at 2007/12/18(火) 07:40:15
今回のフォトリーディングのターゲットは、萩原 一平さんの『できる人になる3分間マネジメント』です。 副題は「ダメな自分を劇的に変える法」です。 本書は基本はNLPです。 ただし、単なるNLPのテクニック本でも無い。 他にNLP本が多数ある中で、本書は著者...

梟通信~ホンの戯言
グルメは味音痴? 福岡伸一「ロハスの思考」(2) at 2007/12/15(土) 23:34:38
刺激に対して応答する。 生命現象の基本だ。 その場合の刺激と応答の関係はリニア(線形)ではなく非線形なのだという。 弱い刺激レベルでは応答は微弱で、あるレベル(閾値)を越えると急に鋭敏な応答をし、さらに大きなレベルの刺激になると再び鈍くなる。 味覚や...

志村建世のブログ
「家族と法」を読む at 2007/12/15(土) 17:02:41
「家族と法・個人化と多様化の中で」(二宮周平・岩波新書)を読みました。思ったよりも現行法の解説を主とした実用書に近い内容でしたが、現代の個人と、家族・家庭との関係について、現在の法律と合わなくなっている点を指摘するなど、著者の問題意識も示されていま...

梟通信~ホンの戯言
モースよお前はまだ若いぞ コリン・デクスター「ジエリコ街の女」(ハヤカワ文庫) at 2007/12/15(土) 00:13:05
コリン・デクスター、モース警部シリーズの第5作、1981年英国推理作家協会賞シルヴァー・ダガー賞受賞作だ。 つまり大分の作品、モース警部も「すこし腹が出て、かなり頭がはげ、墓地へむかって五十の坂をくだ」っている頃だ。 ナーニ、今からみれば若い盛りなんだ...

手当たり次第の読書日記
まだ読んでないけどとりあえず! at 2007/12/13(木) 19:50:02
いや、最近これに勝る驚きはなかったかも! 今日の北海道新聞朝刊2面下をどどーんと占領してる新刊広告を見た瞬間、「ええええーーーーっ!!」と絶叫しそうになりました。危うく踏みとどまったのは、職場の昼休みだったからというだけのことに他なりません。 鈴井

梟通信~ホンの戯言
勉強をしよう 本当の世界を知るために 福岡伸一「ロハスの思考」(ソトコト新書) at 2007/12/12(水) 23:55:33
あの「生物と無生物の間」は今年読んだ本のベスト3に入るかもしれない。 新聞恒例の著名人のベスト3にもあちこちで顔を出している。 この著者が「生物と、、」より一年前に出したこの本も面白い。 いずれちやんと紹介するつもりだが今日は予告編代わりに『吉兆味ばなし...

手当たり次第の読書日記
『にぎやかな眠り』 シャーロット・マクラウド at 2007/12/12(水) 22:34:30
高田 恵子, シャーロット・マクラウド にぎやかな眠り (創元推理文庫) クリスマスの時季といえば、最近ますます増えてきているのが、一般家庭のイルミネーション。うちの近所にも何軒もあります。 ニュースなんか観ていると、ご町内殆ど全部がやっていて、見物客が

手当たり次第の読書日記
『クリスマス12のミステリー』 アシモフ他編 at 2007/12/11(火) 21:23:48
アイザック・アシモフ, 池 央耿 クリスマス12のミステリー アドベントカレンダーの気分で、という訳でもありませんが、これから当日までの2週間ばかり、クリスマスにちなんだ本を集中的に行ってみようかと思います。絵本とかミステリとか、好きな分野と相性のいい...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
あなたがリーダーになれば、すべてが変わる! at 2007/12/10(月) 06:37:09
今回のフォトリーディングのターゲットは、岡崎太郎さんの『あなたがリーダーになれば、すべてが変わる!』です。 あなたがリーダーになればすべてが変わる! この本は、ビジネス書としては珍しくストーリー仕立て。 リーダーとして目覚めるには、どうしたら良いのか? そ..

フォトリーディング@Luckyになる読書道
なぜあなたはその仕事を抱え込んでしまうのか? at 2007/12/09(日) 08:32:13
今回のフォトリーディングのターゲットは、笹氣 健治さん(著)、堀ノ内高久さん(監修)の『なぜあなたはその仕事を抱え込んでしまうのか?』です。 副題は「自己変革のための問題解決レッスン」です。 この本は、なかなか仕事を断れない、人に頼めないために 自分で仕事

フォトリーディング@Luckyになる読書道
忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス at 2007/12/08(土) 11:16:32
今回のフォトリーディングのターゲットは、明橋 大二さんの『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』です。 200万部突破の『子育てハッピーアドバイス』シリーズ最新刊。 ワークワイフバランスを考えると、子育てに父親の貢献が 必要になってきています。 そう

フォトリーディング@Luckyになる読書道
最高の人生を引き寄せる法@クリス 岡崎 at 2007/12/08(土) 10:56:09
今回のフォトリーディングのターゲットは、クリス 岡崎さんの『最高の人生を引き寄せる法』です。 副題は「可能性の扉を開く7つの鍵」です。 クリス岡崎さんは、世界最高の成功のコーチ、アンソニー・ロビンズから「クリス、」と君は僕の日本のパートナーになれ。そし

手当たり次第の読書日記
『中村雅楽探偵全集? 劇場の迷子』 戸板康二 at 2007/12/05(水) 22:55:04
戸板 康二, 日下 三蔵 劇場の迷子 (創元推理文庫―中村雅楽探偵全集 (Mと2-4)) そういえばこの本がほったらかしでした。もう書いたとばかり思ってた(汗)。このところ大型書店に行けてないので未確認なのですが、もう最終巻の『松風の記憶』も出てますよね、きっと。

フォトリーディング@Luckyになる読書道
バカにならない読書術@養老 孟司 at 2007/12/05(水) 10:19:36
今回のフォトリーディングのターゲットは、養老 孟司さんの『バカにならない読書術』です。 この本、基本的には養老 孟司さんが前半を書いています。 そして、後半は養老 孟司/池田 清彦/吉岡 忍というお三方の鼎談になっています。 鼎談の内容は、テーマ別の推薦書につ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法@石井 裕之 at 2007/12/04(火) 15:07:02
今回のフォトリーディングのターゲットは、石井 裕之さんの『「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法』です。 副題は「思い通りに自分を動かす4つの法則」です。 カリスマセラピストにして、パーソナルモチベーター石井さんの本。 このブログでも何冊も紹介させても

梟通信~ホンの戯言
死を招く恐ろしい病気 岩波明「うつ病ーまだ語られていない真実」(ちくま新書) at 2007/12/02(日) 21:08:04
今や国民病、生活習慣病とでもいえるほどに一般的になったうつ病。冒頭、ヘミングウェイがうつ病になり貧困妄想(収入が途絶えて税金が払えなくなる)、被害妄想(FBIにつけまわされている)に陥り自殺にいたる経過が述べられる。日本における無理心中などうつ病が原因と

梟通信~ホンの戯言
東京は寄席があるから好い 小沢昭一「小沢昭一がめぐる寄席の世界」(朝日新聞社) at 2007/12/01(土) 21:52:37
”子どものころから落語ってものが性に合っていて、落語は自分の恩人だ、自分の文化は落語によってできあがった”という著者。”寄席という故郷に帰ってみたい”、寄席の世界を隅々まで歩きたいと思って、落語の師匠連はもちろん、講談や浪花節や色物の芸人さん、落語を研究

志村建世のブログ
阿川弘之「大人の見識」を読む at 2007/12/01(土) 16:23:10
新潮新書のこの本を、まず書店で立ち読みしてみて、思ったよりも軽い感じの本だな、とは思いました。しかし好きな作家の最新刊ですから、迷うことなく買ってきました。日本の戦争を記録した文学作品として、この人の「雲の墓標」は最高の水準にあると私は思っています...

梟通信~ホンの戯言
松本清張と水上勉の「点と線」 大村彦次郎「文壇挽歌物語」(筑摩書房) at 2007/11/28(水) 22:03:33
日本交通公社(現在のJTB)発行の雑誌「旅」の編集者・岡本喜秋は、松本清張が「別冊・文藝春秋」に書いた「ひとり旅」という短編を読んで、心惹かれるものがあり原稿を依頼した。それが縁となり清張は同誌に何本かの紀行文を自筆のペン画入りで書く。元は鉄道の会員雑誌

フォトリーディング@Luckyになる読書道
お金は銀行に預けるな@勝間和代 at 2007/11/28(水) 06:52:49
今回のフォトリーディングのターゲットは、勝間和代さんの『お金は銀行に預けるな』です。 副題は「金融リテラシーの基本と実践」です。 今年、乗りに乗ってる著者の一人、勝間和代さんの新書。 これまで年収10倍アップシリーズで勉強法や時間投資法を 説いてきた勝間

フォトリーディング@Luckyになる読書道
超暴露本?それともトンデモ本?●超不都合な科学的真実 at 2007/11/27(火) 06:33:09
今回のフォトリーディングのターゲットは、ケイ・ミズモリさんの『超不都合な科学的真実』です。 副題は「もうからない重要な発見はすべて潰される!」です。 本書は徳間書店の五次元文庫の1冊ということで手にとってみました。 そもそも「五次元文庫」というネーミン

フォトリーディング@Luckyになる読書道
ウェブは本質か?ウェブ時代をゆく@梅田 望夫 at 2007/11/26(月) 06:45:49
今回のフォトリーディングのターゲットは、梅田 望夫さんの『ウェブ時代をゆく』です。 副題は「いかに働き、いかに学ぶか」です。 ウェブ進化論の梅田さんの最新刊ということで買いです。 ウェブ進化論ではネットの概念を「こちら側」と「あちら側」 という言葉で表現

志村建世のブログ
「人口学への招待」を読む at 2007/11/25(日) 16:09:11
「人口学への招待」(河野稠果・中公新書)を読みました。タイトルの通り、学問として人口問題を考えるための入門書です。世間一般になんとなく信じられている人口についての常識が、学問としては不正確であることがわかります。とはいっても、学問が正しくわかれば、人...

梟通信~ホンの戯言
泣けたよ 映画好きにはおすすめ 金城一紀「映画篇」(集英社) at 2007/11/25(日) 11:49:18
だいぶ前に買って最初の一編だけ読んでそのままになっていた。そらさんのブログで同じ作者の「フライ・ダデイ・フライ」(同名の映画は前に観たのことを書いてあるのを読んで続きを読む気になった。3連休でもあるし。一気読みだった。5つの短編集、連作と言ってもいいよう

フォトリーディング@Luckyになる読書道
速読のために最も重要なこと at 2007/11/25(日) 08:12:34
今回はフォトリーディングを含む「速読」ネタです。 今までも何回か速読に必要なことをまとめた記事を書いてきました。 今回は、 「速読のために一番重要だと思うことを1つだけ紹介するとしたら?」 という問いへの僕なりの答えを書こうと思いました。 速読できる人

手当たり次第の読書日記
「ちくま日本文学」刊行! 文庫全30巻! at 2007/11/24(土) 23:20:46
尾崎 翠 尾崎翠 [ちくま日本文学004] (ちくま日本文学 4) 別に私は筑摩書房の回し者でも何でもないんですが、ここはぜひ進んで宣伝の片棒を担いでおこうかと。「ちくま日本文学」全30巻、ちくま文庫で刊行スタートです。これは1991年から1993年にかけ

梟通信~ホンの戯言
殺人者予備軍を育てている日本人 柳田邦男「壊れる日本人」(新潮文庫) at 2007/11/23(金) 22:33:15
佐世保市で小学校6年生の女児が同級生を殺害した事件は記憶に新しい。こうした低年齢の児童による悲惨な事件が起きるたびに加害者について「おとなしく手のかからない子」とか「普通の子だったのに」というような言葉が聞かれる。著者は、この「普通の子」という捉え方が問

梟通信~ホンの戯言
男はつらいよ シアトル版 ニュートン・ソーンバーグ「獅子の涙」(ハヤカワ文庫) at 2007/11/21(水) 22:26:49
性格は違うが幼い頃から仲良しの従兄弟同士。コールは農場をやるのが一番好きなのにうまく行かなくて手放してしまう。今はケンのところに居候。大学出のハンサム、ケンも実は失職中でフィアンセのダイアンのところに居候中、つまり美女にして不動産売買に辣腕を振るうヤッピ

梟通信~ホンの戯言
お早めにお召し上がり下さい 東海林さだお「東海林さだおの弁当箱」(朝日文庫) at 2007/11/19(月) 22:15:37
カップ麺はスーパーのレジのところで言い訳ができない。その人の食事の全貌があからさまになってしまう。インスタントラーメンならば「これに野菜とか、卵とか、お肉とか入れて栄養のバランスを撮るのよね」と言い訳ができるのに。駅弁は、食べ始めてから食べ終わるまでの列

手当たり次第の読書日記
『鞄に本だけつめこんで』 群ようこ at 2007/11/19(月) 15:23:28
群 ようこ 鞄に本だけつめこんで (新潮文庫) 『自伝の人間学』を読んでいたら、他のところで名前を見た本が取り上げられていました。「女が書く女の怖さ」という章は、著者保阪正康氏が「面白くてためになる」と言う、女性の手になる自伝や自分史についての章です。

志村建世のブログ
「沖縄戦の真実と歪曲」を読む at 2007/11/18(日) 15:51:12
沖縄史料編集所主任専門員だった大城将保氏の「沖縄戦の真実と歪曲」(高文研)を読みました。史料の専門員であるだけに、記述は正確で説得力がありました。教えられたことは多々ありますが、沖縄県の特殊事情もその一つです。沖縄は当時の日本で、郷土で編成された連...

梟通信~ホンの戯言
家父長的男性支配を糾弾する サラ・パレッキー「ゴースト・カントリー」(ハヤカワ文庫) at 2007/11/17(土) 22:52:09
かつては世界のオペラ界に名を馳せたディーヴァは盛りを過ぎて深刻なアル中。自らの才能に対する自負と一度は手にした栄光・名声が邪魔をして奇矯な自己中心的行動に走り双子の弟夫妻からも爪弾きである。14歳の姪だけが”おばちゃん”の支持者。大病院の院長の孫の姉妹。

梟通信~ホンの戯言
落語特集雑誌 「男の隠れ家」と「サライ」 勝敗はどちらに?(SDまがい) at 2007/11/16(金) 22:02:34
27歳の男のやったことをなんで母親が記者会見をして謝罪しなければならないのか。する方もする方だが報道する方も可笑しい。それを見ている俺も馬鹿だと思ってチャンネルを変えたがどこを見てもやっている。先日は親の代わりに謝った息子もいるし、部下のせいにしている創

志村建世のブログ
「いのちの初夜」を読む at 2007/11/16(金) 11:50:42
昨夜、北條民雄の「いのちの初夜」を読みました。本を買いもせず図書館へも行かず、パソコン画面で一つの作品を読んだのは、初めての経験でした。ハンセン病資料館へ行ったとき、みどりさんから教えられて、他の方のコメントも見ているうちに、検索したら簡単に出てき...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
直感力●ファミレスのメニューは3秒で決めろ! at 2007/11/16(金) 06:59:45
今回のフォトリーディングのターゲットは、端河 光二さんの『ファミレスのメニューは3秒で決めろ!』です。 副題は「最適なものを瞬時に掴み・発見し・選択する思考回路の磨き方」です。 著者の端河さんは、人材育成コンサルタント。 脳と心、潜在意識のメカニズムをマ

梟通信~ホンの戯言
すばらしい! 立川談志 写真・田島謹之助「談志絶倒 昭和落語家伝」(大和書房) at 2007/11/15(木) 22:06:40
1925年生まれ、子どもの頃から写真と寄席に夢中になったという、なんとも”おあつらえ向きな”写真家・田島氏が1954(昭和29)年から55年まで人形町末広と落語家の自宅を集中的に撮り続けた。その数2000以上、その中から談志が選んだ26人の噺家の写真と彼

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【偉大!】ザ・シークレット at 2007/11/13(火) 06:34:16
今回のフォトリーディングのターゲットは、『ザ・シークレット』です。 ロンダ・バーン著 山川 紘矢訳、山川 亜希子訳、佐野 美代子訳(敬称略) 本書はYouTubeでも話題になった「The Secret」の日本語版書籍です。 短期間で全世界で860万部を突破ということで、その話題

手当たり次第の読書日記
『新選組籐堂平助』 秋山香乃 at 2007/11/12(月) 20:31:48
秋山 香乃 新選組藤堂平助 (文春文庫 (あ44-2)) 前に『歳三往きてまた』を読んだ際に教えて頂き、読まなきゃ読まなきゃと思ったまま放ったらかしにしてたんですが。このたび何と文庫化されて、これはもう無精してないでとっとと読めという神様のお達しですね(笑)。

フォトリーディング@Luckyになる読書道
広告コピーってこう書くんだ!読本@谷山 雅計 at 2007/11/12(月) 10:30:13
今回のフォトリーディングのターゲットは、谷山 雅計さんの『広告コピーってこう書くんだ!読本』です。 著者の谷山 雅計さんは、コピーライター。しかもプロ中のプロ 記憶に新しいところでは・・・ 東京ガス「ガス・パッ・チョ!」、 資生堂/TSUBAKI「日本の女性は、

フォトリーディング@Luckyになる読書道
宝地図入門●コミック 幸せな宝地図であなたの夢がかなう at 2007/11/10(土) 09:22:44
今回のフォトリーディングのターゲットは望月俊孝さん(マンガ部分は金子明佑紀さん)の『コミック 幸せな宝地図であなたの夢がかなう』です。 本書は、宝地図の入門編ともいうべきコミック版です。望月さんをはじめ、宝地図の効果を示す全部で7つの短編漫画で構成され

手当たり次第の読書日記
『自伝の人間学』 保阪正康 at 2007/11/09(金) 16:51:38
保阪 正康 自伝の人間学 (新潮文庫 ほ 19-1) 雑誌連載時のタイトルが「自伝の書き方教えます」、単行本になって『自伝の書き方』。そして文庫版で『自伝の人間学』。つまり、そういう本です。自伝や自分史を書こうと思っている人に向けて、心がけたほうがいいこと

梟通信~ホンの戯言
そうだ、小沢・小渕党首会談もあった 魚住昭「証言 村上正邦 我、国に裏切られようとも」(講談社) at 2007/11/08(木) 21:03:16
生長の家から参議院・全国区議員となり労働大臣、参院自民党幹事長、議員会長を歴任、「参議院のボス」「帝王」などと呼ばれるほどの権勢をふるうが2001年KSD事件で受託収賄容疑で逮捕される。議員も辞職、1・2審有罪で上告中。 この本は魚住との対談をもとに魚住

志村建世のブログ
「日本語の源流を求めて」を読む at 2007/11/08(木) 11:44:35
「日本語の源流を求めて」(大野晋・岩波新書)を読みました。大野先生の授業は大学時代に受けたことがあり、吉川幸次郎先生とともに、聴講した国文科の方に、むしろ記憶に残る先生が多かったような気がします。大正8年生まれ、88歳になられる先生の、生涯をかけた研究...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
和田裕美の「稼げる営業」になる! at 2007/11/05(月) 06:32:03
今回のフォトリーディングのターゲットは和田 裕美さんの『和田裕美の「稼げる営業」になる!』です。 副題は「お金と感謝がやってくる3つのステップ」です。 和田裕美さんは外資系のブリタニカで世界142社中の営業で2位を 獲得した経歴を持つ、トップセールス。 そん

フォトリーディング@Luckyになる読書道
黄金律●7つの習慣 at 2007/11/04(日) 09:05:14
今回のフォトリーディングのターゲットは(著)スティーブン・R・コビー、(訳)ジェームス・スキナー/川西 茂の『7つの習慣』です。 7つの習慣―成功には原則があった! 言わずと知れた全世界的ベストセラー。 実はまだ読んでいませんでした(汗) 本の帯に、「この本を読ん

梟通信~ホンの戯言
あァ、俺も津田塾に学びたかったぜ 大庭みな子「津田梅子」(朝日文庫) at 2007/11/03(土) 22:41:06
新劇「駅・ターミナル」で津田梅子の生涯に興味を惹かれた。今年78歳で亡くなった著者は津田梅子が64歳で亡くなった翌年生れ、津田の創設した津田塾大学で英文学を学んだ。太平洋戦争後間もない日本はまだ飢えから解放されず、物質的には極貧の時代にあったが、武蔵野の

志村建世のブログ
岩波新書「アラビアンナイト」を読む at 2007/11/01(木) 16:18:55
「アラビアンナイト・文明のはざまに生まれた物語」(西尾哲夫・岩波新書)を読みました。アラビアンナイトは、バートン版を大場正史が翻訳した角川文庫で、21冊を読み通したことがあります。失業時代からNHKに就職した初期にかけて、「電車の中だけで読む本」に決...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
Viva!動画●ポッドキャストでガンガン稼ぐ at 2007/10/31(水) 06:53:05
今回のフォトリーディングのターゲットは 中嶋 茂夫さんの『ポッドキャストでガンガン稼ぐ』です。 かなりの広がりを見せつつあるポッドキャスト。 興味はあったのですが、なんとなく手が出しにくかった、 ということで全然活用していません(汗) そんな時、smoothさん

手当たり次第の読書日記
「十月のゲーム」 レイ・ブラッドベリ at 2007/10/30(火) 23:26:47
レイ・ブラッドベリ, 小笠原 豊樹 とうに夜半を過ぎて 『たんぽぽのお酒』を思い出して『さよなら僕の夏』を読んで、すっかりブラッドベリづいているところで、まあタイミングよくというべきか、ハロウィーンですね。最初に読んだブラッドベリ作品が『ハロウ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
交渉術●論理と心理で攻める 人を動かす交渉術 at 2007/10/30(火) 06:33:25
今回のフォトリーディングのターゲットは 荘司雅彦さんの『論理と心理で攻める 人を動かす交渉術』です。 筆者の荘司さんは東大法学部卒で、旧長銀などを経て 弁護士として活躍されている方。平均的な弁護士の 10倍もの案件を精力的にこなしているそうです。 そんな荘司

フォトリーディング@Luckyになる読書道
影響力●神様に選ばれるただひとつの法則 at 2007/10/29(月) 06:35:57
今回のフォトリーディングのターゲットは 三浦 博史さんの『神様に選ばれるただひとつの法則』です。 副題は『人生を勝利に導くコミュニケーション術「プロパガンダ」』です。 著者の三浦さんは「選挙プランナー」という職業。 PRの中でも最も難しいとされる選挙PRのプ

手当たり次第の読書日記
「別冊宝島1485 僕たちの好きな京極夏彦 全小説徹底解析編」 at 2007/10/28(日) 23:52:24
僕たちの好きな京極夏彦 全小説徹底解析編(別冊宝島) (別冊宝島 1485 カルチャー&スポーツ) 全著作を網羅してる訳ではないけれども「愛読者です!」と胸を張って名乗れるくらいには読んでるぞ、との自負はあります、京極夏彦。基本的にこの手のムックは「まだ知

梟通信~ホンの戯言
漢字が伝える古代の世界 白川静・監修 山本史也・著「神さまがくれた漢字たち」(理論社) at 2007/10/28(日) 23:43:33
漢字がつくられたのは、およそ3300年前、殷王朝の頃とされている。当初一万字にも満たない文字の集合体が漢字の世界だ。一つひとつの文字が孤立しているのではなく強いつながりを保ち調和した整然とした世界なのだ。一字一字の漢字には、中国古代の人々の祈りや思い、ま

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【図解】フリーランスのための超簡単 初めての青色申告 at 2007/10/28(日) 14:40:04
今回のフォトリーディングのターゲットは塚田 裕子さんの『フリーランスのための超簡単 初めての青色申告』です。 副題は「確定申告らくらくクリア!経理が分からなくても、3日で攻略できる!」です。 著者の塚田さんはAll Aboutのフリーランスガイドをされてる方。

フォトリーディング@Luckyになる読書道
ベストフレンド・ベストカップル at 2007/10/27(土) 09:34:33
今回のフォトリーディングのターゲットは (著)ジョン・グレイ (訳)大島渚の 『ベストフレンド・ベストカップル』です。 この本は、以前ご紹介した『ベストパートナーになるために』 の続編というか、後に書かれた本。 前書では、男と女は違う星から来た、というのがキー

手当たり次第の読書日記
『さよなら僕の夏』 レイ・ブラッドベリ at 2007/10/27(土) 00:18:58
レイ・ブラッドベリ, 北山 克彦 さよなら僕の夏 読みました! 『たんぽぽのお酒』は、12歳の少年ダグラスの夏の物語でした。この『さよなら僕の夏』では、ダグラスは14歳になろうとしています。季節は、秋。 12歳のダグラスは、夏の最初の日、「子供」から「少年」

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人を動かす その5●人を動かすリーダーの言葉 at 2007/10/26(金) 06:41:59
今回のフォトリーディングのターゲットは 片山 修さんの『人を動かすリーダーの言葉』です。 今週のテーマ「人を動かす」の五日目です。 経営評論家として30年以上の取材歴をもつ片山さんが、 日本のリーダー113人発した人を動かす至極の一言を厳選。 ビジネスの...

梟通信~ホンの戯言
そうだ!負けるな若者 團藤重光 伊東乾・編「反骨のコツ」(朝日選書) at 2007/10/25(木) 23:08:43
團藤刑法の名前で知られる斯界の権威は93歳。東大法学部長から最高裁判事や宮内庁参与を歴任したその経歴を聞けば知らない人はガチガチの保守・象牙の塔に安住するエスタブリッシュメントを想像するかも知れない。実は知行合一を旨とする陽明学徒・反骨の人である。孫ほども

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人を動かす その4●上司のすごいしかけ at 2007/10/25(木) 06:29:46
今回のフォトリーディングのターゲットは 白潟 敏朗さんの『上司のすごいしかけ』です。 今週のテーマ「人を動かす」の四日目です。 今回ご紹介する『上司のすごいしかけ』は、 どうすれば社員はやる気になるのか?にフォーカスした本。 「人を動かす」のテーマの中で

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人を動かす その3●人を動かす 新装版 at 2007/10/24(水) 06:34:56
今回のフォトリーディングのターゲットは (著)D・カーネギー (訳)山口 博の『人を動かす 新装版』です。 今週のテーマ「人を動かす」の三日目です。 三日目にして古典ともいえる本命の登場です。 本の帯にはこんな一文が。 社会人として身に着けるべき人間関係の原則

梟通信~ホンの戯言
迫力満点の歴史劇 吉村昭「ニコライ遭難」(岩波書店) at 2007/10/23(火) 17:26:41
明治24年ロシア国皇太子・ニコライが来日し大津で警備の巡査・津田三蔵に突然サーベルで斬りつけられる。皇太子の命に別状はなかったので津田は無期徒刑が法律の定めだった。しかし超大国ロシアは不凍港を求めて朝鮮半島に進出しようと虎視眈眈、背後の日本にも何時口実を設

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人を動かす その2●求心力―人を動かす10の鉄則 at 2007/10/23(火) 06:29:04
今回のフォトリーディングのターゲットは (著)ジョン C.マクスウェル、ジム・ドーナン (訳)齋藤 孝 の 『求心力―人を動かす10の鉄則』です。 今週のテーマ「人を動かす」の二日目です。 「人を動かす」のひとつとしてのリーダーリップ論の本。 とりわけ圧倒的に人をひ

手当たり次第の読書日記
「胡桃の中の鳥」 北村薫 at 2007/10/22(月) 21:53:24
北村 薫 空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書) いつもお邪魔するKIDさんのところ で、テレビ局の番組づくりの姿勢の情けなさに対して苦言を呈してらっしゃいました。皆さんのコメントも含めて全くその通りだなあと思いながら読んでるうちに、ふっと

フォトリーディング@Luckyになる読書道
心理戦を勝ち抜く●ハーバードでは教えない実践経営学 at 2007/10/22(月) 06:36:00
今回のフォトリーディングのターゲットは (著)マーク・マコーマック (訳)梶村志保の 『ハーバードでは教えない実践経営学』です。 今週は月から金まで「人を動かす」というテーマでやっていきます。 たまにはこういう連続ものも良いかと。 その栄えある1冊目が『ハー

梟通信~ホンの戯言
クスグリ満載 そして詩情も レジナルド・ヒル「死の笑話集」(ハヤカワ・ミステリ) at 2007/10/21(日) 22:24:25
前に取り上げた「死者との対話」の続編。未読の人はそっちから先にどうぞ。でもこれだけ読んでも面白い。現に俺は前編を忘れていた。まあ、よくあることで同じ前編を買わなかっただけでもラッキーだ。前編<ワードマン>連続殺人事件で犯人とされた男の親友である作家・ペン

志村建世のブログ
「『尊厳死』に尊厳はあるか」を読む at 2007/10/21(日) 12:32:17
中島みち・岩波新書の「『尊厳死』に尊厳はあるか」を読みました。尊厳死に鉤括弧をつけているところから、尊厳死協会の活動に批判的な立場かと思いましたが、違っていました。また内容の半分以上が、06年春に大きく問題になった射水市民病院の呼吸器取り外し事件のレ...

梟通信~ホンの戯言
私淑します 原田種成「漢文のすゝめー諸橋『大漢和』編纂秘話」(新潮選書) at 2007/10/21(日) 00:40:18
平成7年に88歳でなくなった漢学者の自伝的エッセイ。原田は諸橋轍次の名を不朽ならしめた大漢和辭典の編纂に大東文化学院の学生の頃から加わった。いわば青春を辞典の完成にかけた人だ。構想(1925年)から現在の形になる(2000年)まで75年の年月をかけて全1

フォトリーディング@Luckyになる読書道
何でもアリ●残業しない技術 at 2007/10/20(土) 07:31:57
今回のフォトリーディングのターゲットは 梅森 浩一さんの『残業しない技術』です。 残業しない技術=「サクっ!」と実践を理想とする仕事術。 というのがウリの、かなり薄い本。 元チェース・マンハッタン銀行日本統轄人事部長として1000人のリストラを敢行した梅

フォトリーディング@Luckyになる読書道
価値ある人脈の作り方とは?●一生モノの人脈力 at 2007/10/19(金) 06:35:00
今回のフォトリーディングのターゲットは (著)キース・フェラッジ タール・ラズ (訳)森田由美の 『一生モノの人脈力』です。 確か『レバレッジシンキング』のオススメ本の中に入っていた1冊。 若干高い金額のせいか、購入までに少々時間がかかりました(汗) 成功するた

手当たり次第の読書日記
『旅立ち 遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄1』 萩原延壽 at 2007/10/18(木) 16:38:16
萩原 延壽 旅立ち 遠い崖1 アーネスト・サトウ日記抄 (朝日文庫 (は29-1)) 待ってましたあ! 祝文庫化!えー、遂にとうとう明日っから日本シリーズ出場をかけてファイターズとマリーンズ今年最後の5番勝負が行われる訳で、何かもうゆっくりブログ書いてる気分じゃ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
技術本●すごい!ホメ方 at 2007/10/18(木) 06:30:14
今回のフォトリーディングのターゲットは 内藤 誼人さんの『すごい!ホメ方』です。 昨日に引き続き、心理コンサルタントの内藤さんの著書。 内藤さんが興味があるのは、理論より「技術」とのこと。 だから本書のこだわりもやっぱり「技術」。 人を褒めるのが大切だとい

フォトリーディング@Luckyになる読書道
心理術●成功者の習慣が身につく「超」心理術 at 2007/10/17(水) 06:26:19
今回のフォトリーディングのターゲットは 内藤 誼人さんの『成功者の習慣が身につく「超」心理術』です。 内藤 誼人といえば、「人たらしのブラック●●術」でおなじみの 心理系の本を多数出版されている心理コンサルタント。 いつも違った切り口で愉しませてくれます。

梟通信~ホンの戯言
帯グラフの呪縛 なぜ待たされると切れるのか 「暴走老人!」(2) at 2007/10/16(火) 23:53:56
前に書いた「暴走老人!」に出てくる話だが、かつて小学校の夏休みなどで生活の計画を帯グラフにすることを求められたのを覚えていないか。朝は6時に起きて身支度をしてラジオ体操に行って、朝ごはんを食べて勉強を2時間やって、、、1日の計画を起床から就眠まできちんと

フォトリーディング@Luckyになる読書道
こころのエンジンに火をつける魔法の質問@マツダミヒロ at 2007/10/16(火) 06:13:37
今回のフォトリーディングのターゲットは マツダミヒロさんの『こころのエンジンに火をつける魔法の質問』です。 今年も2冊出版という大活躍のコーチ、マツダミヒロさんの著書。 ミヒロさんの本でまだ購入していなかった最後の1冊を たまたまマーケットプレイスで安く

手当たり次第の読書日記
『鎧櫃の血』 岡本綺堂 at 2007/10/15(月) 22:46:36
岡本 綺堂 鎧櫃の血 新装版 (光文社文庫) 前に京極夏彦『旧怪談』の話から、「半七捕物帳」シリーズの「猫騒動」も同じく『耳袋』が元ネタだろうというような話をしたことがありますが。「半七」以上に『耳袋』っぽい作品が岡本綺堂には他にあったんでした。「三

フォトリーディング@Luckyになる読書道
最短で最大リターンを●レバレッジ勉強法@本田 直之 at 2007/10/15(月) 06:35:15
今回のフォトリーディングのターゲットは 本田 直之さんの『レバレッジ勉強法』です。 レバレッジシリーズ今年3作目です。 シリーズ内で「実践編」の位置付けられるのが この『レバレッジ勉強法』。 「時間がない」「やる気がない」「続かない」 勉強といえばこんな理

梟通信~ホンの戯言
思い当たるなあ 藤原智美「暴走老人!」(文藝春秋) at 2007/10/13(土) 22:30:40
ここ数年老人の犯罪が急増している。老人の絶対数の増加をはるかに超えた増加率だ。穏やかで物分りの良い存在としてイメージされてきた”老人”はここに来て若者よりもキレやすいとさえいえる。”新老人”の登場だ。それは例外的な一部の老人の個人的な問題ではなくて社会基

フォトリーディング@Luckyになる読書道
年収2000万円の勉強法●プレジデント 2007年 10/29号 at 2007/10/12(金) 06:36:57
今回は書店の店頭で目を奪われた雑誌ネタを。 PRESIDENT (プレジデント) 2007年 10/29号 [雑誌] そうです! 今年のキーワードのひとつ「勉強法」 しかも年収2000万円ですよ、先生! すいません、すっかり興奮してしまいました。 ただ、僕ならずとも年収2000万

フォトリーディング@Luckyになる読書道
発想力●アイデア・ダンプ at 2007/10/11(木) 06:08:41
今回のフォトリーディングのターゲットは 中山マコトさんの『多発発想 アイデア・ダンプ』です。 この本を手にとった時の最初の印象は 「やけに薄いな」でした。 総ぺージ数は95で、「これでも出版できるんだ」 というのが正直に感じたところ。 ただ、読み進めるにした

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【時間術】無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法 at 2007/10/10(水) 06:06:12
今回のフォトリーディングのターゲットは 勝間和代さんの『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』です。 今年上半期から始まったの勉強本ブームの火付け役ともいえる 『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』の著者が贈る 「時間投資術」の本。 これに期待

フォトリーディング@Luckyになる読書道
なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか? at 2007/10/09(火) 07:38:23
今回のフォトリーディングのターゲットは ティモシー・フェリス(著)、田中じゅん(訳)の『なぜ週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』です。 まさに興味をそそるタイトルです。 そのわりには新刊本チェックでひっかからず、 smoothさんところの紹介で初めて知ったと

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【成功本】ミリオネアマインド 大金持ちになれる人 at 2007/10/08(月) 08:26:20
今回のフォトリーディングのターゲットは ハーブ・エッカー著と本田 健(訳)の『ミリオネアマインド 大金持ちになれる人』です。 副題は「お金を引き寄せる「富裕の法則」 」です 資産ゼロから2年半で億万長者となった「お金のカリスマ」こと、 ハーブ・エッカーが教え

手当たり次第の読書日記
うわあ! ブラッドベリの新刊は『たんぽぽのお酒』の続編!! at 2007/10/07(日) 22:00:44
まだ読んでません。買ってもいません。刊行されたという新聞記事を見ただけです。でもこれだけでも、とても黙ってはいられない!だってレイ・ブラッドベリ最新刊『さよなら僕の夏』は、あの本の50年ぶりの続編だっていうんですから……!『たんぽぽのお酒』。自分内ランキ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【ツキ】あの有名人たちが成功した法則! at 2007/10/07(日) 05:49:42
今回のフォトリーディングのターゲットは 來夢さんと神田 晶典さんの『あの有名人たちが成功した法則! 』です。 副題は「春夏秋冬理論でツキの波に乗る 」です 「億万長者は占星術を信じない。しかし・・・ 大富豪は活用する。」 経営コンサルタントと占い師はまる

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【手帳】年収10倍アップ手帳2008 at 2007/10/03(水) 06:47:50
今日はフォトリーディングネタはお休み。 昨日到着した手帳を紹介します。 その手帳とは・・・ BOOKデータベースより引用します 「マトリックスTO DOリスト」で、あなたの時間の使い方が劇的に変わる! 12万部突破のベストセラー『年収10倍アップ勉強法』『年収10倍アッ

手当たり次第の読書日記
『野球の国』 奥田英朗 at 2007/10/02(火) 22:01:48
奥田 英朗 野球の国 (光文社文庫) ファイターズ優勝の喜びを噛み締めてぼーっとしたまま、数日を過ごしてしまいました(笑)。まさかこのままクライマックスシリーズまで丸10日間もぼーっとしている訳にもいきませんからねえ。平常心でいきましょう。さて、この本

志村建世のブログ
「生物と無生物のあいだ」を読む at 2007/10/02(火) 10:59:54
「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一・講談社現代新書)を読みました。読み終って少し茫然とした、不思議な感じの本でした。著者は最先端の生物学者なのに、まるで小説のような表現で各章を書き始めます。だから非常に読みやすいのですが、内容はまぎれもなく生物科学...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
ビジネスマンのための「発見力」養成講座 at 2007/10/02(火) 06:51:41
今回のフォトリーディングのターゲットは 小宮 一慶さんの『ビジネスマンのための「発見力」養成講座 』です。 副題は「こうすれば、見えないものが見えてくる 」です この本は本屋にて購入。そのきっかけは帯にある一文からでした。 「サラダバーのプチトマトのヘタが

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【心理テク】人は「暗示」で9割動く! at 2007/10/01(月) 06:29:48
今回のフォトリーディングのターゲットは 内藤誼人さんの『人は「暗示」で9割動く!』です。 副題は「人間関係がラクになるコミュニケーション心理術」です。 本書は、普段何気なく使っているけれど自分で意識できていない 様々な「コミュニケーション・ルール、テク

梟通信~ホンの戯言
政治ごっこをしていたお友達 上杉隆「官邸崩壊 安倍政権迷走の一年」(新潮社) at 2007/09/30(日) 22:03:25
昨年9月多くの人の期待を集めてスタートした安倍政権。悪夢を見ているようなドタバタの一年間に強行採決に次ぐ強行採決を行っていた。そうしてさなきだに迷走しつつあった日本はいよいよ救いがあるのか疑問ともいえる状態に突入する。外交、内政、どの問題をとっても”美し

フォトリーディング@Luckyになる読書道
世界一簡単に自分を変える方法@白石謙二 at 2007/09/28(金) 06:58:59
今回のフォトリーディングのターゲットは 白石謙二さんの『世界一簡単に自分を変える方法』です。 このタイトルから想像つかないかもしれませんが、 なんと「声」の本です。 もし、自分が何か自信がないところがあって、 「変わりたい」と思ったら、メラビアンの法則で

フォトリーディング@Luckyになる読書道
たった2分で人の心をつかむ話し方 at 2007/09/27(木) 06:34:42
今回のフォトリーディングのターゲットは 木下通之さんの『たった2分で人の心をつかむ話し方』です。 NHK放送文化研究所の「今一番望むものは?」というアンケートで、 第一位は「健康」、そして第二位が「言葉使いが上手になりたい」 だったそうです。要は話し方が上

梟通信~ホンの戯言
狂言と萬斎入門 野村萬斎「萬斎でござる」(朝日文庫)  at 2007/09/26(水) 22:49:10
先日観た一噌さんの笛づくし、そこで三番叟を舞った(踏む、というらしい)美しい姿とダイナミックな動きは今でも脳裏に焼きついている。なるほど多くの人が夢中になって追っかけるはずだ。彼がなぜああもカッコいいのかがこの本を読むと少し分かるような気がする。型の追求

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【LifeHacks】ライフハックス心理学 at 2007/09/26(水) 06:46:11
今回のフォトリーディングのターゲットは 佐々木 正悟さんの『ライフハックス心理学』です。 副題は「みるみる「やる気」と「時間」を引き出す43の方法」です。 『ブレインハックス』に続き、またまた佐々木 正悟さんの本です。 意識していたわけではなく、本当に偶

志村建世のブログ
「天国へのビザ」を読む at 2007/09/25(火) 11:37:06
「天国へのビザ」(春野ことり・東京図書出版会)を読みました。現役の内科勤務医で2児の母でもある著者が、自らの経験を通して感じている現代医療の問題点を、2編の小説として描いたもので...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【感動】大切なことに気づく24の物語 at 2007/09/25(火) 06:31:32
今回のフォトリーディングのターゲットは 中山 和義さんの『大切なことに気づく24の物語』です。 副題は「読むだけで人生がうまくいく「心のサプリ」」です。 本書はいわゆる体験談の集まりです。 人が抱える悩みや問題は、そう簡単に解決できるものではありません。

フォトリーディング@Luckyになる読書道
こうしてあなたは騙される●騙される脳~ブームはこうして発生する~ at 2007/09/24(月) 14:43:53
今回のフォトリーディングのターゲットは 米山 公啓さんの『騙される脳』です。 副題は「ブームはこうして発生する」です。 通販で「ビリーズ・ブート・キャンプ」を買った 話題のラーメン屋の大行列に並んだ 人気のアトラクションに3時間待ちで乗った 「がばいばあち

梟通信~ホンの戯言
文楽の足音が聞こえる 柳家小満ん「べけんや わが師、桂文楽」(河出文庫) at 2007/09/23(日) 12:06:53
東京農大の学生時代に横浜で8代目文楽の高座に接して一目ぼれ、10日間通い詰めた挙句師匠の家に押しかけ、結局内弟子になってしまった。小満んが描き出す文楽の姿には大げさに言えば”逝きし世の面影”すら感じる。初めて高座に登場する文楽をみて小満んは「それにしても

志村建世のブログ
「持続可能な福祉社会」を読む(2) at 2007/09/22(土) 13:40:57
広井氏の持論ともいうべきものが、「人生前半の社会保障」という考え方です。これは、「社会保障といえば主として高齢者の生活を保障するもの」という固定観念からの脱却を促します。従来の日本では、生活のリスクは退職後に集中すると考えられていて、現役時代の生活...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
書かない技術●ドキュメントハックス at 2007/09/22(土) 08:35:47
今回のフォトリーディングのターゲットは 石黒 由紀さんの『ドキュメントハックス』です。 副題は「書かない技術 ムダな文書を作り方からカイゼンする」です。 本書は単なる文章術の本ではありません。 そのドキュメントが必要かどうかから始まり、書くとなったら限ら

あれこれ随想記 
『偽装国家』勝谷誠彦 at 2007/09/21(金) 20:16:23
勝谷誠彦著『偽装国家』扶桑社新書、を読みました。ワイドシューをそのまま活字にした感じの本です。ブログ的とも言えるのでしょうか。乱暴な語り口で、目障りな文体もありますが、そこを割り引いてみれば、なかなかいいことをいっているなという部分もあります。その雰囲気

あれこれ随想記 
『「人間嫌い」のルール』中島義道 at 2007/09/21(金) 20:15:52
中島義道著『「人間嫌い」のルール』PHP新書、を読みました。{/fuki_osusume/}中島氏の著書は、同じ考えというわけではないのに、妙に引かれるものがあります。本書も、「人間嫌い」を実践できるわけではありませんが、とてもおもしろく読みました。興味を持ったところを少

フォトリーディング@Luckyになる読書道
自分OSマニュアル●ブレインハックス at 2007/09/21(金) 08:56:16
今回のフォトリーディングのターゲットは 佐々木 正悟さんの『ブレインハックス』です。 副題は「人生を3倍楽しむ脳科学」です。 タイトルに引かれて買いました。 本書は自分自身の脳の簡易マニュアルのようなもの。例えばPCなら脳にあたるのはWindows VISTA。Windo

志村建世のブログ
「持続可能な福祉社会」を読む(1) at 2007/09/20(木) 17:27:29
「持続可能な福祉社会」(広井良典・ちくま新書)を読みました。副題に「『もうひとつの日本』の構想」としています。理論を中心とした骨っぽい本ですが、書かれている内容は、日本の国の未来を見通した壮大な構想となっています。この著者は「若年層のための年金制度...

志村建世のブログ
ブログで本の読み方が変った at 2007/09/19(水) 22:54:07
私がブログを始めてよかったと思うことの一つは、本を読む絶対数が増えて、読み方も深くなったことです。もともと本好きではありましたが、ここ数年は「いくらいい本を読んで感心したところで、それでどうなるのだ。」と、一種の空しさを感じるようになっていました。...

梟通信~ホンの戯言
魚柄仁之助「冷蔵庫で食品を腐らす日本人 日本の食文化激変の50年史」(朝日新書) at 2007/09/19(水) 22:49:23
我が家で冷蔵庫を買ったのは40年前、どれだけビール瓶(缶ではない)が入るかを確かめて買った。何リットルか覚えてもいないが今家にある冷蔵庫の半分以下の大きさだったと思う。それで3人の子どもがかなり大きくなるまで過ごした。間に合ったのだ。なぜ、今のように大きな

手当たり次第の読書日記
『乱調文学大辞典』 筒井康隆 at 2007/09/18(火) 22:53:37
筒井 康隆 乱調文学大辞典 (講談社文庫 つ 1-3) 『今日の早川さん』を読んだ勢いで『活字学級』を読み返したら、読書欲が更に妙な方向へねじまがってしまった今日この頃です。本に関する本、をもっと読みたくなってしまったのですね、無性に……。で、本棚を引っ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
「正義の経営」で10倍儲ける方法 at 2007/09/18(火) 06:42:18
今回のフォトリーディングのターゲットは 五十棲 剛史さんの『「正義の経営」で10倍儲ける方法』です。 著者の五十棲(いそずみ)さんは、あの船井総研で9年連続売上No1という超カリスマコンサルタント。聞いたことの無い「正義の経営」を提唱しています。この本を買った

梟通信~ホンの戯言
詩の心が巨人を支えた 多田富雄「寡黙なる巨人」(集英社) at 2007/09/17(月) 21:16:57
私は死の国を彷徨していた。どういうわけかそこが死の国であることはわかっていた。不思議に恐怖は感じなかった。ただ恐ろしく静かで、沈黙があたりを支配していた。私は、淋しさに耐え切れぬ思いでいっぱいだった。2001年、67歳・国際的な免疫学者の著者は脳梗塞で倒れ3日

フォトリーディング@Luckyになる読書道
王様は忙しい●王様の速読術 at 2007/09/17(月) 08:48:07
今回のフォトリーディングのターゲットは斉藤 英治さんの『王様の速読術』です。 数ある速読本の中でも、わかりやすさは天下一品かと。 他の速読法、とくにフォトリーディングをやったことのある人が読むと、納得度が高いハズ。 今日もクリック感謝です

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【下流】下流社会 第2章@三浦展 at 2007/09/16(日) 17:25:54
今回のフォトリーディングのターゲットは三浦 展さんの『下流社会 第2章』です。 副題は「なぜ男は女に”負けた”のか」です。 休日出勤した帰りに書店で見つけて即ゲットしました。 『下流社会』では分析するにはサンプル数が少ない といった批判があったのは確か。

手当たり次第の読書日記
『活字学級』 目黒考二 at 2007/09/16(日) 17:20:42
目黒 考二 活字学級 『今日の早川さん』を読んだので、この本のことを思い出しました。ちょっと前までなら活字中毒者、今はもっと実も蓋もなくオタクと呼ばれてしまう早川さん。彼女は基本的にモテないけれど、それでもたまにはデートなんてえものをすることもあり

手当たり次第の読書日記
『今日の早川さん』 COCO at 2007/09/15(土) 22:59:42
coco 今日の早川さん わはははははは!何が楽しいってこのマンガ、どこから出てるかでまず笑えます。早川書房!そう、主人公「早川量子さん」の「早川」ですよー。その他彼女の友人というか知人というか腐れ縁というか、な人達は、「岩波文子さん」「富士見延

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
「兵士」になれなかった三島由紀夫と「兵士」になりたい赤木智弘氏 at 2007/09/15(土) 22:27:29
池田信夫 blog丸山眞男をひっぱたけに紹介されていた赤木智弘氏の「丸山眞男」をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。と、けっきょく、「自己責任」 ですか 続「『丸山眞男』を ひっぱたきたい」「応答」を読んで──を読んで、三島由紀夫の遺作である四部作「

梟通信~ホンの戯言
日本は子どもの楽園だった 「逝きし世の面影」(3)  そしてムコ多糖症のバトン at 2007/09/15(土) 21:50:45
掛け値なしの親日家・モース(1838~1925)は東大で生物学を教え大森貝塚を発見した人だが「日本その日その日」で繰り返し述べている。私は日本が子供の天国であることをくりかえさざるを得ない。世界中で日本ほど、子供が親切に取り扱われ、そして子供のために深い

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【語録】永遠のガンダム語録 at 2007/09/15(土) 08:55:49
今回のフォトリーディングのターゲットは『永遠のガンダム語録』です。 最近帰りが深夜ばかりで、ついにコンビニでこんな本を買うことになりました(汗) 安倍総理の辞任表明から、自民党総裁選への流れていくこの時代に なにかヒットするネタがこの本から見つからないか

無節操ニンゲンのきまま生活
東野圭吾 「回廊亭殺人事件」 光文社 at 2007/09/15(土) 08:55:31
東野 圭吾 回廊亭殺人事件 ひっさびさ読書しました!読み出すとおもしろいんだけどね・・・。東野さんの10数年前の作品です。自分と恋人を焼き殺そうとしたのは誰なのか・・・。自分が秘書を務めていた資産家が病死し、遺産を巡って再び顔を合わせた一家に

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【男はサンプルだ】愛の法則 at 2007/09/13(木) 06:53:14
今回のフォトリーディングのターゲットは 米原 万里さんの『米原 万里の愛の法則』です。 目次をチラ見した時に目に飛び込んできたのが、 「男はサンプルだ」の文字。 なんだか頭から離れなかったので買ってしまいました。 著者の米原 万里さん、同時通訳者としてご活

梟通信~ホンの戯言
大好きだよ扇橋さん 入船亭扇橋「噺家渡世 扇橋百景」(うなぎ書房) at 2007/09/13(木) 00:30:00
青梅までは山二つ越えて行かなきゃならない山間の成木村生まれ。昭和6年。俳句の天才少年が酔っ払いの親の代わりに働かなきゃと高校を中退、人形職人、製麺業、看板屋、捺染業、何をやっても「いい若ェもんがやる仕事じゃねェ」ってどうも、そのころはあんまり根性がなかっ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【人生観】スーパー平社員僕の充実仕事術 at 2007/09/12(水) 07:58:47
今回のフォトリーディングのターゲットは冨田 幹太さんの『スーパー平社員 僕の充実仕事術』です。 副題は、『管理職になりたくない』です。 あまりにストレートなタイトルに、 目次も見ないで買ってしまった1冊です(汗) 現代のサラリーマンの生き方のひとつの方向

梟通信~ホンの戯言
笑う陽気な日本人 「逝きし世の面影」(2) at 2007/09/11(火) 23:18:40
江戸には町内に銭湯と寄席はつきものだったと何かで読んだ。銭湯は分かるけれど寄席がそんなに?1867年に来日した21歳のフランス伯爵ボーヴォワルが言う。この民族は笑い上戸で心の底まで陽気である「夜中のションベンみたいないい女」「?」「目が覚めるようないい女」圓遊

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【平和な心のつくり方】2日で人生が変わる「箱」の法則 at 2007/09/11(火) 06:30:33
今回のフォトリーディングのターゲットは、待ちに待った待望の1冊、 『2日で人生が変わる「箱」の法則』です。 この本は、前作「自分の小さな「箱」から脱出する方法」以前の話。 前作の主な舞台となったザグラム社でもっとも尊敬を集め、 「ルーのミーティング」と言

手当たり次第の読書日記
「坂道の子」 仁木悦子 at 2007/09/10(月) 23:28:39
仁木 悦子 一匹や二匹 ドラマ「天国と地獄」、結局殆ど観ることができませんでした。遅く帰ってきて、終わりのところだけ辛うじて観たんですけれどもね。……うーん、あんまり、観られなくて損した!と思うような出来でもなかったらしい、という印象(苦笑)。端っ

梟通信~ホンの戯言
150年前の美しい日本 渡辺京二「逝きし世の面影」(平凡社ライブラリー) at 2007/09/10(月) 21:19:54
現代の日本人は100年ちょっと前の日本人がどんな生き方をしていたかを知っているだろうか?この本はその頃の日本人が来日した外国人にどのように見えたかを多くの資料にあたって紹介している。これを読んでいるととても豊な幸せな気持ちになってくる。と同時に今のありよ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【できる社員】マインドマップビジネス超発想術 at 2007/09/09(日) 09:17:22
今回はフォトリーディングと関連の深い、マインドマップ関連のムック本を紹介します。 昨年から本格始動した、ブザン・ワールドワイド・ジャパン。 公認インストラクターにおるマインドマップ基礎講座も始まり、本格的にマインドマップを広げる活動が立ち上がってきてい

梟通信~ホンの戯言
漢文とは何か 高島俊男「漱石の夏休み 房総紀行『木屑録』」(朔北社) at 2007/09/08(土) 22:33:52
漱石は23歳・第一高等中学校1年から2年に進級する夏休みに房総半島に旅行する。慶応義塾の学生など4人と24日間舟と歩きの旅である。そのときの見聞を全文漢文の「木屑録」にまとめた。「木屑」とはおがくず、無用のものだがとっておけば役に立つことがあるかも知れぬ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【認知療法とは?】こころのクセを変えるコツ at 2007/09/08(土) 09:25:20
今回のフォトリーディングのターゲットは 姫野友美さんの『クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ』です。 副題は『自分でできる“認知療法”エクササイズ』です。 著者の姫野友美さんはテレビにも出演する認知療法の専門家。 そんな姫野さんは、現代のス

手当たり次第の読書日記
「SIGHT」第33号 at 2007/09/07(金) 23:14:15
SIGHT (サイト) 2007年 10月号 [雑誌] うーん、やっぱり意地を張るのも時と場合によるのかも。本は本屋で買いたい、と以前に書きましたが。「SIGHT」の前号、ついに買い逃してしまいました。藤原帰一坂本龍一ツーショットの広告がどどーんと新聞に載ったの

梟通信~ホンの戯言
能楽博士があなたの質問にこたえる 山崎有一郎・葛西聖司「能・狂言なんでも質問箱」(檜書店) at 2007/09/07(金) 23:04:42
「えのころはびょうびょうと鳴き、ありく」、解りますか?狂言のセリフ。今の言葉に直すと「犬コロはワンワンと鳴き、歩く」。狂言の言葉は昔の日本人が使っていた言葉だ。「~です」というから現代語かと思うとさにあらず、「で候」を略してそう言ったんだ。現代語のデスは

フォトリーディング@Luckyになる読書道
「非常識に儲ける人々」が実践する図解 成功ノート at 2007/09/07(金) 06:36:47
今回のフォトリーディングのターゲットは 神田晶典さん監修の『「非常識に儲ける人々」が実践する図解 成功ノート』です。 あの神田晶典氏が監修した成功本のひとつ。 実は25万部のベストセラーの文庫化なのだ。元の本は100ページほどしかなかったが文庫化でかな

手当たり次第の読書日記
『ミステリの名書き出し100選』 早川書房編集部・編 at 2007/09/06(木) 22:52:21
早川書房編集部 ミステリの名書き出し100選 題名で全ての説明がつきますね、これは。つまりそういう本です(笑)。原寮が序文を書いていますが、彼が編著者だという訳ではなく、純粋に早川書房内部で生まれた企画のようです。序文に先立って置かれている「本書の成立

志村建世のブログ
「戦艦大和」を読む at 2007/09/06(木) 14:25:21
店頭で「戦艦大和・生還者たちの証言から」(栗原俊雄・岩波新書)を手にとって立ち読みしたら、「軍艦大好き少年」の本能が目覚めて、そのまま買ってしまいました。内容は副題の通りで、水上特攻で終る艦の生涯を、関係者の証言で綴ったものです。  大和が世界で唯...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【LifeHack】いつまでもデブと思うなよ@岡田斗司夫 at 2007/09/06(木) 06:46:20
今回のフォトリーディングのターゲットは 岡田斗司夫さんの『いつまでもデブと思うなよ』です。 1年で50Kgものダイエットに成功した著者が送る、最新ダイエット法。 これまでいろいろなダイエット法に挑戦しては、敗北を続けてきたのに、なぜこのダイエット法は驚くほ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
中小企業の★「儲かる仕組み」をつくりなさい@小山 昇 at 2007/09/05(水) 06:38:31
今回のフォトリーディングのターゲットは 小山 昇さんの『「儲かる仕組み」をつくりなさい』です。 副題は『落ちこぼれ企業が「勝ち残る」ために』です。 10年にわたって増収・増益を達成し続けている(株)武蔵野の小山 昇社長の本。 日本経営品質賞などを受賞し、その

手当たり次第の読書日記
『スポーツ発熱地図』 藤島大 at 2007/09/04(火) 12:36:41
藤島 大 スポーツ発熱地図 毎週読んでる連載なのに、今まで気がついていませんでした。「週刊サッカーマガジン」、「無限大のボール」藤島大。カメルーン代表と中津江村、クロアチア代表と十日町のかかわりを通じて、日本人論(というほど肩肘張ったものではないけ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
真理って何?●99・9%は仮説@竹内 薫 at 2007/09/04(火) 06:03:47
今回のフォトリーディングのターゲットは 竹内 薫さんの『99・9%は仮説 』です。 副題は『思いこみで判断しないための考え方』です。 本書の冒頭で見せられる世界地図。 南北が逆転しており、一瞬「何だこれ?」と思わせる。 実はオーストラリアでは普通に売って

梟通信~ホンの戯言
修羅場の先に天国はあるのか 島尾敏雄「死の棘」(新潮文庫) at 2007/09/03(月) 23:12:54
先日読んだ「死の棘日記」につかまってしまった。敏雄とミホの世界が頭から消えない。順序は逆かも知れないが小説の方を読んだ。 日記と同じような記述が多いのに、飽きることもなく日記以上に圧倒されながら600ページを超える小説を読み続けた。あたかも交響曲のテーマ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
できる人は知っている 頭のいい勉強法@箱田 忠昭 at 2007/09/03(月) 06:48:50
今回のフォトリーディングのターゲットは箱田 忠昭さんの『できる人は知っている 頭のいい勉強法 』です。 箱田先生といえば、日本一のセミナー講師として有名。 その箱田先生の勉強本が出ていたので早速読んでみることに。 箱田先生自身があまり頭が良くとご自分で言

手当たり次第の読書日記
『キングの身代金』 エド・マクベイン at 2007/09/02(日) 23:12:31
エド・マクベイン, 井上 一夫 キングの身代金 (ハヤカワ・ミステリ文庫 13-11) 今度の週末に、テレビ朝日系で「黒澤明ドラマスペシャル」というものがあるらしいですね。第1夜が「天国と地獄」、第2夜が「生きる」。映画のリメイクをドラマでやる訳ですか。朝日新聞

フォトリーディング@Luckyになる読書道
今すぐ成功しろ!50のスローガン at 2007/08/31(金) 06:39:07
今回のフォトリーディングのターゲットはジャスティン・ヘラルドさん(訳:桜田直美さん )の『今すぐ成功しろ!50のスローガン 』です。 著者のジャスティン・ヘラルドさんは、たった50ドルの資金で始めた会社を国際的な企業に育てた方。 最初はスローガンをTシャツに

フォトリーディング@Luckyになる読書道
お得なBOX版●ユダヤ人大富豪の教え at 2007/08/30(木) 06:43:07
僕の愛読書である、本田 健さんの『ユダヤ人大富豪の教え』。 このたび愛憎、もとい愛蔵版が出ました。 なんとCD付き! なかなか聞くことの出来ない、本田さんの肉声が聞けるといううれしい利点が! 他に本田さんの声が聞けるのはアイウエオフィス、 フォレスト出版等

フォトリーディング@Luckyになる読書道
絵心に火を●スケッチは3分 at 2007/08/29(水) 06:20:32
今回のフォトリーディングのターゲットは山田 雅夫さんの『スケッチは3分 』です。 この本を読もうと思ったのはやはりマインドマップのため。 前よりも絵を多用するようにはなったものの、いまいち納得のものが描けず、ちょっと停滞ぎみでした。 そこで目についたのが

フォトリーディング@Luckyになる読書道
バカ売れ●スローセックス 完全マニュアル at 2007/08/28(火) 06:45:18
今回のフォトリーディングのターゲットはアダム徳永さんの『実践イラスト版 スローセックス 完全マニュアル 』です。 書こうかどうか迷っていたのはこの本。 近頃amazonでずっとTOP10入りを果たしていますね。 何しろ書店では買えません、恥ずかしくて(汗)。 多分amazo

手当たり次第の読書日記
『しまふく寮通信 コンサドーレ札幌★寮日記』 村野明子 at 2007/08/27(月) 23:42:59
ほんというと、読書日記で広く世間に紹介するような本とはちょっと違うのかもしれません。ブックマークに入れてる「コンサドーレ札幌オフィシャルブログ」の中のひとつ、人気ブログの「しまふく寮通信」。書いてるのは選手寮の寮母さん。それが書籍化されたものです。“寮メ

梟通信~ホンの戯言
ネズミ親子の冒険談 感動? 松浦寿輝「川の光」(中央公論新社) at 2007/08/27(月) 22:23:30
東京郊外の川のほとりに平和な暮らしを楽しんでいるクマネズミの一家。お父さん、二歳のタータ、春生まれたばかりのチッチ。お母さんはチッチを産んで直ぐ死んでしまった。川を暗渠にする工事が始まって一家の家も壊されることは必至、一家は安住の地を求めて旅に出る。凶悪

梟通信~ホンの戯言
凄絶な愛 島尾敏雄「死の棘日記」(新潮社) at 2007/08/27(月) 20:21:18
1917年生まれの島尾敏雄は戦争末期、九州大学を繰り上げ卒業して奄美大島・加計呂麻(かけろま)島に特攻隊長として赴任する。敗戦により危うく特攻出撃をまぬかれた島尾は島の小学校教員をしていた大平ミホと恋愛結婚。新進作家として注目されていた島尾が浮気をしたこ

手当たり次第の読書日記
『幕末入門』 中村彰彦 at 2007/08/25(土) 12:45:22
中村 彰彦 幕末入門 (中公文庫 な 46-6) 内容よりもむしろ、著者名で買った1冊ですね。市民大学講座で語った内容をもとに再整理したもの、だそうです。文字通りの幕末「入門」。海音寺潮五郎司馬遼太郎、そして中村彰彦さんご本人の著作等々でもう頭に入っている、

フォトリーディング@Luckyになる読書道
日本の未来を考える●憲法の力 at 2007/08/25(土) 09:02:36
今回のフォトリーディングのターゲットは伊藤 真さんの『憲法の力』です。 伊藤さんといえば、「夢をかなえる勉強法」「夢をかなえる時間術」などの著作をもつ司法試験対策のカリスマです。 (またカリスマかよ、と思った方。スイマセン) そんな伊藤さんが、満を持して

梟通信~ホンの戯言
このままでいいのか?"俺”よ 寺島実郎「われら戦後世代の『坂の上の雲』」 at 2007/08/24(金) 23:19:05
47年生まれ、団塊の世代の著者は誠実にかつ厳しく自らの世代の特徴を分析する。「ある団塊人の思考の軌跡」が副題。「他者を傷つけたくないし、自分も傷つけられたくない」という精神状況に気づく。そして、対人関係に異常なほど過敏で、他者との距離感をとって自分に沈潜

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【カリスマ】『ハートフルセックス』 at 2007/08/24(金) 06:56:59
今回のフォトリーディングのターゲットは 中谷 彰宏さんと加藤 鷹さんの『ハートフルセックス』です。 副題は『愛を高める72の法則』です。 amazonに画像が無いようなので、携帯で撮ってみました。 こんな感じです。 なかなか刺激的なタイトルですね(汗)。 まずは

手当たり次第の読書日記
「夏と花火と私の死体」 乙一 at 2007/08/23(木) 21:17:16
乙一 夏と花火と私の死体 (集英社文庫) ふと気付くと、8月ももう下旬なんですね。毎日毎日暑いので、何だかもうずーーーっと夏が続くような気さえしていましたが、勿論そんなことはない訳で。サンマ漁のニュースが流れたり、夜になると虫の声がしてきたり、冬用タ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
驚愕!ポジティブ思考は危険『ネガティブのすすめ』 at 2007/08/23(木) 06:40:30
今回のフォトリーディングのターゲットは 最上 悠さんの『ネガティブのすすめ』です。 副題は『プラス思考にうんざりしているあなたへ 』です。 スポーツジムで、自転車こぎをしながら雑誌を見ていた時に 何気に目にとまった本です。 すぐにamazonアタック! 本書で

フォトリーディング@Luckyになる読書道
成功のワナとは?●成功者の告白 at 2007/08/22(水) 06:17:18
今回のフォトリーディングのターゲットは 神田 昌典さんの『成功者の告白』です。 副題は「5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」です。 5年間を3時間で学べる本ということで 少々遅いですが読んでみました。 今でこそいろいろな本を出してる神田さん。 でも当

あれこれ随想記 
『アーロン収容所』会田雄次 at 2007/08/21(火) 22:59:35
会田雄次著『アーロン収容所』中公文庫、を読みました。{/fuki_osusume/}いつか読もうと思いながら、今まで読んでいませんでした。(汗)噂に違わぬ、良書だと思いました。著者の英国に対する印象は、今読んでも、色あせぬものを持っているように思います。私たちの見る西洋

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【TDL】社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった at 2007/08/21(火) 06:22:45
今回のフォトリーディングのターゲットは、香取 貴信さんの 『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』です。 副題は『そうか、「働くこと」「教えること」「本当のサービス」ってこういうことなんだ!』です。 この本に興味を持ったのは、とあるセ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
通勤電車で新聞を読む人はなぜ仕事が遅いのか at 2007/08/19(日) 15:11:19
今回のフォトリーディングのターゲットは 松本 幸夫さんの『通勤電車で新聞を読む人はなぜ仕事が遅いのか』です。 副題は『熱狂的に仕事をこなす技術』です。 タイトルだけ見たら、「また通勤電車本か」と思ってしまうこの本。 僕も手にとった理由はそれ。 でもチ

梟通信~ホンの戯言
幻のユートピア”ソ連”の明暗 米原万里「オリガ・モリソヴナの反語法」(集英社文庫) at 2007/08/18(土) 21:44:38
推定年齢80とも見えるが本人はいつ聞いても50歳だと言い張る。1920年代のファッション(グレタ・ガルボを大げさにしたような)で身を包んで、強烈な香水の野いをふりまきながら校内を傲然と闊歩する。生徒がつけたあだ名は、オールド・ファッション。1960年当時

志村建世のブログ
「医療の限界」を読む at 2007/08/18(土) 21:08:16
いくたまきさんが参加している展覧会を見に、千葉の東金まで行ってきました。いくたまきさんの漫画のほかに、版画、洋画、書、手芸アートを加えた、多彩な個性を楽しめる展覧会でした。  往復の車中で「医療の限界」(小松秀樹・新潮新書)を読みました。内容は私が...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
パートナーと気持ちが100%通う10の法則 at 2007/08/18(土) 08:03:36
今回のフォトリーディングのターゲットは 著:ウィラード・ハーリ、訳:海原 純子さんの『パートナーと気持ちが100%通う10の法則』です。 本書は、どちらかというと女性側から見た、パートナーと 上手くいく方法、という内容の本。 先日ご紹介した、ベスト・パートナー

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【涙】すべての「結果」は引き寄せられている at 2007/08/16(木) 06:15:54
今回のフォトリーディングのターゲットは 澤谷 鑛さんの『すべての「結果」は引き寄せられている』です。 この本を激プッシュするのは、なんとこのお二方。 ・「宝地図ナビゲーター」の望月先生 ・「鏡の法則」の野口先生 巻頭に推薦文を記載しています。お二方とも

梟通信~ホンの戯言
ポンパッ!チリパッハ 諏訪哲史「アサッテの人」(文藝春秋9月号) at 2007/08/15(水) 21:40:04
恒例により芥川賞は読む。ミーハーだ。吃音に悩まされていたときは自分を除外している世界があって、それは澱みなく流れている完璧なものと思って憧れていた。突然吃音から解放されてみたらどうも様子が違う。少年のころ偉大な統一と見えたもの、それは世界の本質を構成し、

M's BOOKcaSe
『ティンブクトゥ』ポール・オースター at 2007/08/15(水) 07:44:57
♪♪ 1冊読み終えるまでずーっと勘違いしてました。 著者の名前はポール・オールスターさんだと思ってた! ( ̄◇ ̄;) エ? チガウノ? ヘンだとは思ったんですよ、我ながら。 有名なポールさんが大集合してるみたいだし。 でもよかった。オースターさんで。 ( ̄▽ ̄) ナニ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
本気で愛される人になる運命の質問@マツダ ミヒロ at 2007/08/15(水) 06:40:56
今回のフォトリーディングのターゲットは マツダ ミヒロさんの『本気で愛される人になる運命の質問』です。 本気で愛される人になる運命の質問 この本はマツダ ミヒロさんが、メルマガ読者さんの 質問に答えていったのがきっかけで生まれた本。 全部で40もの恋愛

志村建世のブログ
「自衛隊 変容のゆくえ」を読む(3) at 2007/08/14(火) 16:56:27
今の日本が平和なのは、日米安保体制によってアメリカ軍に守られているからである、というのは公理でしょうか。そう思いたい人はいるでしょうが、では逆に、アメリカ軍に守られていなかったら、今の日本はソ連や中国から圧力を受けて共産主義国家になり、経済発展もで...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
愛のエール●ベスト・パートナーになるために at 2007/08/14(火) 09:32:01
今回のフォトリーディングのターゲットは ジョン・グレイ博士の『ベスト・パートナーになるために』です。 副題は『男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた 』です。 翻訳はあの映画監督の大島 渚さんです。 仲の良い

手当たり次第の読書日記
『話のもと』 宇野信夫 at 2007/08/13(月) 23:05:36
宇野 信夫 話のもと (1981年) 『旧怪談』を読んでいると、「あ、この話知ってる」というものがいくつかありました。昔うちの母親の本棚から勝手に引っ張り出して読んでいた、宇野信夫『話のもと』『江戸の小ばなし』。タイトル通り、江戸時代の小噺や落語の元ネタな

梟通信~ホンの戯言
「結婚のアマチュア」って? アン・タイラーは辛辣なユーモリスト at 2007/08/13(月) 19:09:44
一目ぼれで結婚したものの二人の性格は正反対。俺も男だからという訳ではないがポーリーンの感情に流され瞬間湯沸かし器かつ支離滅裂な自己中にはウンザリする。しかし居なくなってみると生き生きとした魅力が蘇ってくる、家族のみんなが彼女のエピソードを語りあいたくなる

志村建世のブログ
「自衛隊 変容のゆくえ」を読む(2) at 2007/08/13(月) 17:29:07
この本の主要な部分は、自衛隊が「専守防衛」から「米軍に付随した戦力」へと変化して行く道程の検証です。「日本の国土が侵されたときに、日本人が日本人の指揮により防衛のために戦う」専守防衛は、辛うじて現憲法の下でも許されると解釈されてきました。その専守防...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
戦術的勉強法●もっと効率的に勉強する技術 at 2007/08/13(月) 09:14:41
今回のフォトリーディングのターゲットは 高島 徹治さんの『もっと効率的に勉強する技術』です。 もっと効率的に勉強する技術!―1時間の勉強が30分で終わる! 副題は『1時間の勉強が30分で終わる!』です。 著者の高島さんは、資格コンサルタント、能力開発コンサルタ

手当たり次第の読書日記
『旧怪談』 京極夏彦 at 2007/08/12(日) 23:43:17
京極 夏彦 旧怪談―耳袋より (幽BOOKS) 夏向きの京極夏彦、その2(笑)。書名は、ふるいかいだん、とルビが振ってあります。雑誌「幽」に「旧耳袋」の題で載っていた頃から、時々立ち読みしてはいました。で、ははあ「耳袋」の現代語訳というか翻案ね、なるほど、

フォトリーディング@Luckyになる読書道
こころのモヤモヤを解き放つ魔法の質問@マツダ ミヒロ at 2007/08/12(日) 22:41:35
今回のフォトリーディングのターゲットはマツダ ミヒロさんの『こころのモヤモヤを解き放つ魔法の質問』です。 こころのモヤモヤを解き放つ 魔法の質問 7月末に銀座でセミナーに参加してきた、マツダ ミヒロさんの2冊目の著書がこれ。 先に新しいほうを読んでしまった

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【元祖成功本】富を手にする「ただひとつ」の法則 at 2007/08/11(土) 09:07:28
今回のフォトリーディングのターゲットはウォレス・D・ワトルズ(【翻訳】宇治田 郁江) の『富を手にする「ただひとつ」の法則』です。 この本を買ったのは、とても親しい友人が薦めてくれたから。 僕はその人が嘘をつく人とは全く思っていないので、 あっさりと信じて

M's BOOKcaSe
『ブルースカイ』桜庭一樹 at 2007/08/10(金) 20:15:01
今、この時の自分が、 どれほど何もしていないか、知っている。 昨日までのようにノホホンと読書して、 こうしてタラタラと書いていたりする。 ほんと、何の意味があるんだろう? などと思ったり思わなかったり。(ノ・_-) 1627年のドイツ、ケルン選帝侯領レンス。 祖母

フォトリーディング@Luckyになる読書道
お詫びは技術!●「人たらし」のブラック謝罪術 at 2007/08/10(金) 08:00:16
今回のフォトリーディングのターゲットは 内藤 誼人さんの『「人たらし」のブラック謝罪術』です。 「人たらし」って何だか悪い印象を持ちますよね。 だいたい「たらしこむ」という言葉が悪い意味でしか使わない言葉。 辞書を見ても「だまして自分の思うようにする」な

梟通信~ホンの戯言
難しくなったなあ古川君 古川日出男「ハル、ハル、ハル」(河出書房新社) at 2007/08/09(木) 23:57:40
「ルート350」、「ベルカ、吠えないのか?」で疾走しながら世界を描き出した作家の最近作。この物語はきみが読んできた全部の物語の続編だ。 ノワールでもいい。家族小説でもいい。ただただ疾走しているロード・ノベルでも。いいか。もしも物語がこの現実ってやつを映し

あれこれ随想記 
『反「道徳」教育論』山口意友 at 2007/08/09(木) 23:18:32
山口意友著『反「道徳」教育論』PHP新書、を読みました。サブタイトルは、「キレイゴト」が子供と教師をダメにする!、と記されています。美辞麗句に終始する表層的な「道徳」を考え直してみようということで、かなりつっこんで論が展開されています。マスコミや教育現場で

手当たり次第の読書日記
『川柳でんでん太鼓』 田辺聖子 at 2007/08/09(木) 11:57:27
田辺 聖子 川柳でんでん太鼓 (講談社文庫) 俳句は生真面目、川柳はお笑い。最初に覚えた子供の頃は、無知にも程がありますがそんな風に思っていました。そんな簡単かつ一面的なもんじゃないということを判らせてくれた本です。お聖さんには『古川柳おちぼひろ

M's BOOKcaSe
『憑神』浅田次郎 at 2007/08/08(水) 20:52:58
♪♪ あたふたあたふたしている間に いつの間にか日々が過ぎ去ってゆく。 年を重ねるごとに、それは早く感じる。 それはムダなことだったりするのかなぁ。 そんな日常の中に、ときどき、 ちょっと毛色の違う出来事がやってくる。 するとどーでしょう。 それまでの自分は

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
受動意識仮説と脊髄反射 at 2007/08/08(水) 18:23:35
404 Blog Not Found:書評 - 脳の中の「私」はなぜ見つからないのか? 我々のほとんどは、何かをする時に、まず「何かをしよう」と意識し、それを行動に移すのだと考えている。これが、能動意識仮説。ところが、最近その逆と考えた方がつじつまがあうという研究成果が多く出さ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
爆睡のススメ(嘘)●通勤電車で寝てはいけない! at 2007/08/08(水) 08:15:02
今回のフォトリーディングのターゲットは久恒 啓一さんの『通勤電車で寝てはいけない!』です。 通勤電車で寝てはいけない!―通勤電車と成功の不思議な法則 副題は『通勤電車と成功の不思議な法則』です。 超簡単に言うと、通勤時間の有効活用本なわけです(爆) 日本人

フォトリーディング@Luckyになる読書道
【温故知新】口コミ伝染病@神田 晶典 at 2007/08/07(火) 06:29:44
今回のフォトリーディングのターゲットは神田 晶典さんの『口コミ伝染病』です。 口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム 日本にDRMを広めた神田さんの2001年の本。 まだ読んでませんでした。 ブックオフにて発見したのでゲット! 温故知新といった感じで

M's BOOKcaSe
『猫は幽霊と話す』リリアン・J・ブラウン at 2007/08/06(月) 23:04:04
♪♪ 昼前から夕食後まで 携帯をマナー・モードのまま鞄の中へ入れっぱなし、 という暴力的ともいえる行動をしてしまいました。 そうなんですよ、タムタムさん(仮名)。 いつもはこんなに人気者じゃないのに ホント、こんな時に限ってっ!ですよ。 しかも当日の用件まで連

フォトリーディング@Luckyになる読書道
朝10分の習慣で1日が全部うまくいく! at 2007/08/06(月) 06:43:02
今回のフォトリーディングのターゲットは松本 幸夫さんの『朝10分の習慣で1日が全部うまくいく!』です。 早起きは3文の得、なんてことわざがあるくらいなんで昔から早起きはイイ、ってことは知られてきました。 本書では、早起きではなく、朝の時間の有効活用法を説

あれこれ随想記 
『女性の品格』坂東眞理子 at 2007/08/05(日) 22:03:42
坂東眞理子著『女性の品格』PHP新書、を読みました。家人が買っておりましたので、私も読んでみました。女性だけ出はなく、男性にも十分通用する話でした。内容は、特に目新しいことが書いてあるというよりも、品よく生きていくために、改めて確認していくという感じでした

あれこれ随想記 
『割り箸はもったいない?』田中淳夫 at 2007/08/05(日) 22:02:15
田中淳夫著『割り箸はもったいない?』ちくま新書、を読みました。{/fuki_osusume/}割り箸は自然破壊に通じるという話は、ある程度の説得力を持っています。今までにも何度か、割り箸をやめようという運動がありました。わたしも関心を持ったことが、少なからずあります。最

手当たり次第の読書日記
『百怪図譜』 京極夏彦 at 2007/08/05(日) 17:49:48
京極 夏彦 京極夏彦画文集 百怪図譜 何だかやけに夏らしい本を買ってしまいました(笑)。妖怪作家京極夏彦の、これは文章ではなくて画集です。彼の作中に登場する妖怪たちオールスター揃い踏み。いや、夏だからお化けの本を、と思った訳ではなくてですね。この本

フォトリーディング@Luckyになる読書道
脱ダラダラ残業のススメ●宝くじを買う人は、仕事ができない at 2007/08/03(金) 07:39:40
今回のフォトリーディングのターゲットは水口 和彦さんの『宝くじを買う人は、仕事ができない』です。 宝くじを買う人は、仕事ができない ~「ダラダラ残業」におさらばする10の力~ 「もっと仕事の効率を上げたい」 「あまり残業しないで早く帰りたい」 そんなふうに考

M's BOOKcaSe
『カンバセイション・ピース』保坂和志 at 2007/08/02(木) 18:33:39
♪♪ 子供の頃、成長したら「大人」になると思っていた。 「大人」という存在があるんだと思っていた。 今のワタクシは、成長して大人になったけれど、 昔思い描いていた「大人」っていう生き物とは違うなぁ。 産まれてからこれまでの自分が、 見たり 聞いたり やったり

フォトリーディング@Luckyになる読書道
クレーマーとの大バトル●となりのクレーマー at 2007/08/02(木) 06:31:59
今回のフォトリーディングのターゲットは関根 眞一さんの『となりのクレーマー』です。 となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術 (中公新書ラクレ 244) 著者の関根は、苦情処理のプロ中のプロ。 これまで1300件という、途方もない件数の苦情を 処理してきたとの

梟通信~ホンの戯言
よく書いた!田中森一「闇社会の守護神と呼ばれて 反転」(幻冬舎) at 2007/08/01(水) 22:50:05
1985年の平和相互銀行事件、1986年の撚糸工連事件、三菱重工CB事件、福岡県苅田町長公金横領事件などを東京地検特捜部検事の"エース検事”として手がける。平戸の極貧家庭に育って苦学して検事になり立身出世を考えることもなくひたすら検事の仕事に生き甲斐を感じて

フォトリーディング@Luckyになる読書道
女性起業家のバイブル●自分の会社をつくるということ at 2007/08/01(水) 14:50:40
今回のフォトリーディングのターゲットは経沢 香保子さんの『自分の会社をつくるということ』です。 自分の会社をつくるということ 副題は、「人生を自分で創り出していく生き方 」。 本書は(株)トレンダーズの代表である経沢さんが自分の起業の経験をもとにかかれ

梟通信~ホンの戯言
よせと言われても止せない寄席の素晴らしさ 秋山真志「寄席の人たち」(集英社) at 2007/07/31(火) 21:19:08
寄席ってなんだ?落語(夢丸)を聴くところ、いや漫才(順子・ひろし)や手品(北見マキ)もあるよ。そればっかりじゃない。大神楽(柳貴家小雪)、お囃子(稲葉千秋)、講談(宝井琴調)、紙切り(正楽)、三味線漫談(小円歌)もいて、看板やめくりを寄席文字で書く人(橘

フォトリーディング@Luckyになる読書道
目立てば80%が成功だ●目立つ技術@中山 マコト at 2007/07/30(月) 06:33:23
今回のフォトリーディングのターゲットは中山 マコトさんの『目立つ技術 』です。 仕事がどんどんやってくる 目立つ技術 先日amazonキャンペーンにも協力されていただいた 中山マコトさんの新刊『目立つ技術』。 ちょっと楽しみにしておりました。それは何故か? 営業

M's BOOKcaSe
『素晴らしい一日』平安寿子 at 2007/07/29(日) 09:40:02
♪♪♪ なんてこった! ちょっとオクさん、これっておもしろいっ。 いやいや、そんなに慌てないで ひとまず落ち着いて振り返ってみましょう。 とりあえず思うのは 短編集に♪♪♪つけたことってあったかな? いや、あるけど数が少なかったような気が。 ということですよね

フォトリーディング@Luckyになる読書道
成功の棋士のいう決め手とは?●決断力 at 2007/07/29(日) 09:33:23
今回のフォトリーディングのターゲットは羽生 善治さんの『決断力 』です。 決断力 (角川oneテーマ21) 羽生さんといえば、誰でも知ってる将棋会の有名人。 若くして史上初の7冠を達成した超人でもあります。 そんな最高の将棋棋士が出版、しかもそのタイトルが 『決断

手当たり次第の読書日記
『タグバナ。』 田口壮 at 2007/07/28(土) 23:47:15
田口 壮 タグバナ。 思いがけないところで思いがけない人の名前を、思いがけず見たり聞いたりすることがあるものです。セントルイス・カージナルスの田口壮選手。この本は、彼の公式サイト内の日記から選りすぐった傑作選、とのこと。田口選手といえば私にとって

梟通信~ホンの戯言
輪舞する死 柄澤齊「ロンド」(上下)(創元推理文庫) at 2007/07/27(金) 21:53:15
20年前に3日間だけあまり知られていない画廊で公開された幻の名画「ロンド」。わずかな人しか実物を観ていないその絵がその年の絵画大賞を受賞する。その矢先に作者・三ツ桐威は交通事故で死亡、名画の行方が不明になる。その絵は「死をテーマとし、死と死の表象を描いた

フォトリーディング@Luckyになる読書道
「CD起業」のススメ@作野 裕樹 at 2007/07/27(金) 06:55:39
今回のフォトリーディングのターゲットは作野 裕樹さんの『「CD起業」のススメ 』です。 「CD起業」のススメ―20代で成功するインターネット儲けの新法則 副題は「20代で成功するインターネット儲けの新法則」 「CD起業」って何だ? と思うかもしれませんが、簡単に

フォトリーディング@Luckyになる読書道
ブランディングのバイブル●パーソナルブランディング at 2007/07/26(木) 06:43:58
今回のフォトリーディングのターゲットはピーター・モントヤの『パーソナルブランディング』です。 パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す 本書はレバレッジシリーズの本田さんの訳書。 レバレッジ・シンキングのオススメ書のなかの

手当たり次第の読書日記
「本所深川散歩」 司馬遼太郎 at 2007/07/25(水) 22:22:14
司馬 遼太郎 街道をゆく〈36〉本所深川散歩・神田界隈 調子に乗って、芥川龍之介連想ネタの続き。そういえば司馬遼さんが、「街道をゆく」シリーズの中で芥川の話をしてなかったっけ、とふと思い出したのです。確か東京が舞台の時だった、と「本郷界隈」やら「赤

M's BOOKcaSe
『FINE DAYS』本多孝好 at 2007/07/25(水) 20:34:47
♪♪ 忙しくなくなってきたし、 久しぶりに本多さんでスッキリしたいなぁ。 そんな風に思っちゃいました♪ 前回読んだ後、どれくらい経ってるんだろう? と思って見てみたら… #去年の8月に読んだのが最後だったんですね。 ホントに久しぶりの本多さんです。 FINE DAYS

手当たり次第の読書日記
『六の宮の姫君』 北村薫 at 2007/07/24(火) 15:49:49
北村 薫 六の宮の姫君 (創元推理文庫) 芥川龍之介の話から思い出した本。北村薫デビュー作から続く「円紫さんと私」シリーズ、第2長編です。「日常の謎」派の代表ともいうべきシリーズですが、長編は2つとも、ちょっとそこからははみ出した感じになってますね。『

フォトリーディング@Luckyになる読書道
成功のサイクルを回せ!●成功の9ステップ(第2回) at 2007/07/24(火) 11:19:49
今回のフォトリーディングのターゲットは前回に引き続きジェームス・スキナーの『成功の9ステップ』です。 成功の9ステップ 『成功の9ステップ』。 前回は第二部までの内容で、成功の土台となる パーソナルパワーの育成にフォーカスしました。 今回は第三部の「成功の

手当たり次第の読書日記
「蜘蛛の糸」 芥川龍之介 at 2007/07/23(月) 17:52:44
芥川 龍之介 芥川龍之介全集〈2〉 7月24日。明日だったんですね。芥川龍之介の命日。今年で没後80年、だそうです。芥川というととにかく大昔の作家とばかり思っていましたが、もしも35歳で自殺などせずに天寿を全うしていたとしたら、そう昔の人ともいえなくなる

フォトリーディング@Luckyになる読書道
パーソナルパワーとは?●成功の9ステップ at 2007/07/23(月) 06:45:40
今回のフォトリーディングのターゲットはジェームス・スキナーの『成功の9ステップ』です。 成功の9ステップ この本の著者、ジェームス・スキナー氏はあの『7つの習慣』を 日本に紹介した人。100万部以上売れた『7つの習慣』と関連商品を 扱う会社を売却して、一生

M's BOOKcaSe
『ペギー・スー 2 蜃気楼の国へ飛ぶ』セルジュ・ブリュソロ at 2007/07/20(金) 20:02:00
えぇっと。 いただきもの、しちゃいましたっ。 違いますよ、そこ↑のお兄さん。 だいたい、食べ物頂いたとしても アナタにはあげません!(。`Д´。)ノ もしも、ですよ? もしも犬を飼ってるこのワタクシに、 猫用の食料をくれる人がいたならば。 ( ̄ー ̄; イタナラハ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
ご利用は戦略的に●「やり直し」のメルマガ営業術 at 2007/07/20(金) 06:40:35
今回のフォトリーディングのターゲットは 平野 友朗さんの『やり直しのメルマガ営業術 』です。 メルマガといえばビジネスパーソンにとっては当たり前のツール。 一人で何誌も購読しているってことも珍しくありません。 それゆえ、なかなかしっかりと読んでもらえないと

志村建世のブログ
旧著の連載を終って at 2007/07/19(木) 11:01:05
この1月から続けてきた「続きを読む」を使っての、私の旧作の連載が終りました。詩集「愛それによって」は1月1日から3月23日まで、「おじいちゃんの書き置き」は3月24日から7月18日までの連載でした。長期にわたってお読みくださった方々に御礼申し上げます。今...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
月に100万稼げるドロップシッピング@竹内謙礼 at 2007/07/19(木) 05:57:03
今回のフォトリーディングのターゲットは竹内謙礼さんの『月に100万稼げるドロップシッピング 』です。 月に100万稼げるドロップシッピング ドロップシッピングという言葉を聞いたことのある人はそれなりに多いと思います。 でも、楽天などに出店しているネットショップ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法@勝間和代 at 2007/07/18(水) 06:48:29
今回のフォトリーディングのターゲットは勝間和代さんの『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』です。 無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 ついに買ってしまいました、この本。 世の中の勉強本ブームにはすっかり乗り遅れました(汗) 何をためらっていたか

手当たり次第の読書日記
『サム・ホーソーンの事件簿?』 エドワード・D・ホック at 2007/07/17(火) 21:33:42
エドワード D.ホック, 木村 二郎 サム・ホーソーンの事件簿 5 (5) 何でだか買っちゃうシリーズです。大傑作!とか歴史的名作!とかではありません。ミステリ職人エドワード・D・ホックの腕の冴えを堪能できる佳品ではありますが、たとえばアメリカのミステリ史を

フォトリーディング@Luckyになる読書道
超攻撃的コミュニケーション術●ウケる技術 at 2007/07/17(火) 06:26:17
今回のフォトリーディングのターゲットは『ウケる技術』です。 ウケる技術新潮社水野 敬也(著)小林 昌平(著)山本 周嗣(著)発売日:2007-03おすすめ度:amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 本書は水野 敬也/小林 昌平/山本 周嗣、という3人の共著です(敬称略)。

フォトリーディング@Luckyになる読書道
ハンカチのご用意を●鏡の法則コミック版 at 2007/07/16(月) 06:45:50
今回のフォトリーディングはの野口嘉則さんの『鏡の法則コミック版』です。 コミック 鏡の法則 +幸せを引き寄せる18のメッセージ 作画は竹沢宵子さんです。 数々の未読本の中から、一番お手軽なこれをもってきました。 100万部を突破した前作『鏡の法則』。 なのに

手当たり次第の読書日記
『中村雅楽探偵全集? 目黒の狂女』 戸板康ニ at 2007/07/15(日) 23:10:09
戸板 康二 目黒の狂女 (創元推理文庫 M と 2-3 中村雅楽探偵全集 3) 中村雅楽全集、3巻目まできました。初登場時に既に「老優」だった雅楽翁。シリーズが長期化するにつれて、正確に何歳なのかとか生年はいつかというようなことはぼかさざるを得なくなってます。ポ

M's BOOKcaSe
『FUTON』中島京子 at 2007/07/15(日) 19:14:20
♪♪♪ なんかさぁー。 本とか読んでても空白ができちゃうんだよね。 ちょっと休憩しようよー。 そう言って入ったチェーン店のコーヒーショップで 席に着くなり友人がぼやいた。 え、なに? 今、目の前にいる友人とは、 あまり本の話をしたことがない…ような気がする

志村建世のブログ
俳句と書「花てぼ」の世界 at 2007/07/15(日) 11:54:42
太田雪影さんの俳句集で、Sho-graphyと名乗っています。Sho-graphyは著者の造語で、書道作品のすべてを表す英語表記ということです。自作の俳句56句を書にしたものを四季に分けているのですが、ユニークなのは、その下地になっている画面です。薄墨を散らした抽象画の...

梟通信~ホンの戯言
碌々として此の生を終ゆるに堪ゆべきか  高島俊男「座右の名文」(文春新書) at 2007/07/14(土) 22:03:42
名前だけは十分すぎるくらいよく知っている。しかし、その人物の書いたものを直接読んだかとなると甚だ心もとない。鷗外、漱石あたりはまだしも、露伴、柳田國男、寅彦、茂吉となると殆ど教科書に載っていた程度。まして新井白石、本居宣長、内藤湖南、津田左右吉などはじ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
SMO/LPOって何だ?という人へ●SEO SEM Technique Vol2 at 2007/07/13(金) 06:52:19
今日のフォトリーディングのターゲットは 今回で2冊目となる雑誌『SEO SEM Technique Vol2』です。 SEO SEM Technique Vol.2 今回で2回目となる、SEO/SEM雑誌。 ところがオーバーチュアの仕様変更の影響か、 8割くらいSEMネタで埋め尽くされております(汗) なので、SE

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人は見た目が10割!?●格差社会の世渡り at 2007/07/11(水) 22:38:27
今日のフォトリーディングのターゲットは 中野 雅至 さんの『格差社会の世渡り』です。 副題は「努力が報われる人、報われない人」。 人は見た目が10割ってなことがさらっと書かれていて 正直どうしたもんかなぁ?と思いつつ買った本。 先日の『とてつもない日本』を

あれこれ随想記 
『少子社会日本』山田昌弘 at 2007/07/10(火) 23:01:35
山田昌弘著『少子社会日本』岩波新書、を読みました。パラサイト・シングル論の著者、山田氏の少子化の原因を探る本です。今までは、気がつきながらもタブー視して語られなかった少子化の原因が述べられています。著者の論旨は分かりやすく説得力があります。> 現在進行中

あれこれ随想記 
『「悩み」の正体』香山リカ at 2007/07/10(火) 23:00:59
香山リカ著『「悩み」の正体』を読みました。{/fuki_osusume/}「悩み」が全くないという人はいないのでしょう。しかし、その「悩み」はそれぞれで、病的なものから、気分の落ち込み程度のものまでいろいろでしょう。本書には、あらゆる「悩み」が書かれています。人の「悩み

梟通信~ホンの戯言
小三治の自殺  矢野誠一「志ん生の右手」(河出文庫) at 2007/07/10(火) 21:54:04
「落語は物語を捨てられるか」、この随筆集が1991年に単行本で出版された時の書名であり、文庫本の副題にもなったエッセイが冒頭に載っている。ある永六輔構成・演出の催しで毒蝮三太夫と柳家小三治が「湯屋番」を演じたことについて書いている。(毒蝮は)客席を湧かせ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人生を変える!「心のDNA」の育て方 at 2007/07/10(火) 06:43:27
今日のフォトリーディングのターゲットは 石井 裕之さんの『「心のDNA」の育て方~夢と目標を実現する7つの心理セラピー~(CD付)』です。 ちょっとタイトルが長いですね。 コールドリーディングで有名な石井さん。 ですが、本書ではコールドリーディングの話は一切なし

フォトリーディング@Luckyになる読書道
想像力で創造しよう●Value Seeds100 at 2007/07/10(火) 06:31:12
今日のフォトリーディングのターゲットは前田めぐるさんの『Value Seeds100―ワーキングマザーが見つけたバリューのタネ』です。 顧客バリューアドバイザーの前田めぐるさんが 日々考えたアイディアの詰まった本。 クライアントの企業の視点ではなく、 徹底的に顧客視

M's BOOKcaSe
『小学生日記』華恵 at 2007/07/09(月) 17:33:31
♪♪♪ いったいどうしたんだろう、自分。 最近なんだか、心が落ち着かない。 こんなことブログで書いてどうするの?と思うけど ブログやってるんだから書いておけば?くらいの、 そんなノリでお届けします。本日のMOWはこちら。 昨日の帰りに図書館に寄って、また本を借

梟通信~ホンの戯言
殺し屋見本市です ロバート・J・ランディージ編「殺しのグレイテスト★ヒッツ」(ハヤカワ文庫) at 2007/07/08(日) 21:56:28
手錬のミステリ作家15人が書いた殺し屋の物語。「必殺仕事人=藤枝梅安」とか「Mr.&Mrs. スミス」「コラテラル」「ゴルゴ13」「007」、、人々は殺し屋が好きだ。西部劇などでも大事な登場人物だよな、賞金稼ぎとか。俺も嫌いじゃない。当たり前のことだが殺し屋は人を

手当たり次第の読書日記
『司馬遼太郎が考えたこと』 司馬遼太郎 at 2007/07/08(日) 12:42:36
司馬 遼太郎 司馬遼太郎が考えたこと〈1〉エッセイ1953.10~1961.10 (新潮文庫) 父親がこのシリーズを買い始めた時、最初は「ふーん」としか思いませんでした。司馬さんのエッセイ集なら、もう殆どあるんじゃなかったっけ。わざわざ改めて年代順に読まなくても……

梟通信~ホンの戯言
歳月だけではない稲妻の一瞬でも! 茨木のり子・遺作「歳月」(花神社) at 2007/07/07(土) 22:50:37
昨年2月に亡くなった茨木のり子は、1975年夫に先立たれてから、40編近い詩を書き溜めながら公表はしなかった。この詩集をまとめた甥が何故出版しないのかと尋ねたら一種のラブレターのようなもので、ちょっと照れくさいと答えたそうだ。それらの作品は、書斎の中の故

M's BOOKcaSe
『生きてるだけで、愛。』本谷有希子 at 2007/07/07(土) 12:45:24
♪ ついこの間の、雨が降っていた日。 ガソリンスタンドに併設されているカフェで 注文するために順番待ちをしていた。 自分のために発せられた言葉 「お待たせしました。ご注文はお決まりですか?」 に、やっと辿り着いたので、早速声を出す。 「アイス豆乳ラテのSサイズ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
鍵はイメージ力?●企画書は1行 at 2007/07/06(金) 17:48:14
今日のフォトリーディングのターゲットは 野地 秩嘉さんの『企画書は1行』です。 企画書は1行 昨年出た本ということで少々時流には 載っていません。ただタイトルがどうしても 気になったので購入してしまいました。 「たった1行で伝えたい想いをどう表現するか?」

M's BOOKcaSe
『幸福ロケット』山本幸久 at 2007/07/06(金) 08:04:08
♪♪ どうしよう、遅くなっちゃった。 門限があるわけじゃないけれど 暗くなってから家に帰るなんて。 怒られたりしちゃうかな…。 ずしんと静まりかえった細い道を ひとり歩くことはまだ珍しかったあの頃。 ときどき遊びに来る公園の、横を通った。 闇を抱え込んだ木々が

梟通信~ホンの戯言
これでは試験は落第だな 松岡正剛「17歳のための 世界と日本の見方」(春秋社) at 2007/07/05(木) 23:22:32
著者が帝塚山学院大学・人間文化学部の一年生に行った講義を基にしている。はじめ著者が学生たちに予備講義をしたときに、ブツダのことや帯のこと三味線のこと、伊勢神宮、連歌、ドストエフスキー「罪と罰」、与謝野晶子、、みんな何も知らない。これでは世界と日本の相互関

志村建世のブログ
新書「エスペラント」を読む(2) at 2007/07/04(水) 16:47:47
言語の変化の歴史を辿ってみると、ちょっと常識とは違う現象に出会います。古代語にさかのぼるほど、屈折(語形がいろいろに変化する)が複雑で、文法に例外が少ないのです。これはインドのサンスクリットやラテン語など、インド・ヨーロッパ語族に顕著に見られる現象...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
説得のココロ学●説得の心理戦に絶対勝つ法則 at 2007/07/04(水) 06:29:39
今日のフォトリーディングのターゲットは、 齋藤 勇さんの『説得の心理戦に絶対勝つ法則』です。 齋藤 勇さんは立正教大学の心理学の教授。 心理学の教授にしてはすごいタイトルをつけるものだと 感心して読む気になった本。 ビジネスパーソンに説得は必須のスキル。

手当たり次第の読書日記
「半人前」 星新一 at 2007/07/03(火) 23:42:44
星 新一 妄想銀行 いつも読んで下さってる方にはもうお判りのことと思いますが、私の本の読み方というのは、およそ系統立ったところがありません。ミステリ「好き」、幕末「好き」ではあっても、「マニア」には決してなれない所以。特定の分野全体を押さえる、という

M's BOOKcaSe
『あなたの犬は幸せですか』シーザー・ミラン&メリッサ・ジョー・ベルティエ at 2007/07/03(火) 20:50:06
♪♪ こ…こわかったです…。 この本のタイトルを見たとき、 もちろん読んでみたいとは思ったけれど 「ウチのハピ子が不幸なのが判明したら…」 と思うと、なかなか読む勇気が湧かなかった。 (-""-;)ムムゥ。 だって、 「あなたの犬は幸せですか?」 と問

フォトリーディング@Luckyになる読書道
日本人への応援歌●とてつもない日本 at 2007/07/03(火) 11:43:02
今日のフォトリーディングのターゲットは 麻生 太郎外務大臣の『とてつもない日本』です。 現在の外務大臣という立場で本を出版して 良いんでしょうか? 秋葉のオタクへの認知度も昨年かなり向上したようですし、 やることが普通の政治家とは一味違うようです。 ちょう

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
ネットイナゴ=プロレタリアート論 at 2007/07/02(月) 19:25:15
極東ブログ:[書評]ウェブは資本主義を超える(池田信夫) この書籍全体が示唆するものは相当に長い射程を持っている。を中心に、書評の書評。一方で、fromdusktildawn このレビューを読んだ限りでは...射程は長くても的には当たりそうもない感じ。若い頃、ドラッカー、トフラ.

手当たり次第の読書日記
『新選組残日録』 伊東成郎 at 2007/07/02(月) 11:12:58
この前読んで、めっぽう面白かった『新選組二千二百四十五日』。その著者伊東成郎さんの新刊です。どういう訳だかアマゾンでヒットしなかったので明記しておきますと、新人物往来社刊。ハードカバー本体価格2,800円なり。書名よりもまず先に、帯の文句が目に飛び込んできま

フォトリーディング@Luckyになる読書道
無限大の成果を生み出す自己投資術●レバレッジ・シンキング at 2007/07/02(月) 07:52:54
今日のフォトリーディングのターゲットは 本田 直之さんの『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方~「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法~』です。 副題は「無限大の成果を生み出す 4つの自己投資術」。 少ない労力で最大の成果を得るための最強の仕事術本。 一

梟通信~ホンの戯言
 「すくえあ」の能楽講座&「ようこそ 能の世界へ 観世銕之丞能がたり」(暮らしの手帖社) at 2007/07/01(日) 21:43:46
土曜日の午後、国立能楽堂・大講義室で開かれた「『すくえあ』の能楽講座」に行ってみた。16日の公演に先立って、それぞれの曲のシテが、その曲について見どころや聞きどころを解説してくれた。「翁」、辻井八郎(今回披き)がこの曲の特殊性を詳述、「翁構え」をしてみせ

M's BOOKcaSe
『遺失物管理所』ジークフリート・レンツ at 2007/07/01(日) 09:10:47
♪ ぬぼーっとしてるね、と言われるワリには ワタクシは物を忘れたり落としたりしない。 家の中ではナニかが行方不明になるけれど 外に出たらそーゆーことがないなぁ。 無意識ながら、外では気を張ってるのかもっ?! ( ̄◇ ̄)b エライ!! 遺失物管理所 モバイルの方は

梟通信~ホンの戯言
なるほど大江健三郎には書けない小説だ 長嶋有「夕子ちゃんの近道」(新潮社) at 2007/06/30(土) 22:39:36
なんかブログみたいだなあ。それぞれかいろんな人生を生きていてそれはそれなりに劇的でもあるらしい。でもそれがリアルに皆の前に提示されるのは夕子ちやんの先生との恋愛のことだけ。いやそうじやないかー店長と瑞枝さん、フランソワーズの間に過去何があったかはお互いに

フォトリーディング@Luckyになる読書道
非常識な加速勉強法とは?●頭の回転が50倍速くなる脳の作り方 at 2007/06/30(土) 07:54:32
今日のフォトリーディングのターゲットは 苫米地英人さんの『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方~「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法~』です。 副題は「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法」。 苫米地さんといえば、 オウム真理教信者の脱洗脳や『奇跡

梟通信~ホンの戯言
ああ、悩ましい地球温暖化問題の真実 池田清彦「環境問題のウソ」(ちくまプリマー新書) at 2007/06/29(金) 22:42:00
第1章「地球温暖化問題のウソとホント」結論から。さっき長く書いたけど一瞬にして消えてしまったのだ。手抜き。どう考えても地球温暖化なんて大した問題じゃない。大変だ大変だと騒いでお金が儲かる人ならばともかく、そうでない僕は、他人の金儲けを助けるために、快適な

志村建世のブログ
ウェブ社会をどう生きるか(3) at 2007/06/29(金) 12:00:42
ウェブで集合知が形成されるという楽観論は、機械的な情報処理に対する手放しの信頼に基づいています。しかし玉石混交の情報の海の中から、玉を選り分ける作業は、機械任せで可能なものでしょうか。情報は言語として流通していますから、機械は言語を選り分けることは...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人生が変わる3日間●すごい「実行力」 at 2007/06/28(木) 15:12:57
今日のフォトリーディングのターゲットは 石田 淳さんの『すごい「実行力」』です。 副題は「結果は3日で出る」です。 【あなたの「期待に必ず応える」本】 ・「計画通り」にい仕事を進める技術 ・「スピード力」を3倍に高める技術 ・自分の好感度をグンと上げる技術

志村建世のブログ
ウェブ社会をどう生きるか(2) at 2007/06/28(木) 13:47:34
少し間があきましたが、西垣通氏の岩波新書新刊の続きです。ウェブ社会の肯定面としてよく引き合いに出されるのがウィキペディアで、「集合知」の代表選手のような地位を占めています。私もよく利用しますが、常に最新知識を得られるのが便利で、内容の信頼性も高いと...

M's BOOKcaSe
『キャベツの新生活』有吉玉青 at 2007/06/28(木) 07:43:19
♪♪♪ どうしよう。 なんだか、焦ってしまった。 今のワタクシは、いったいナニが大切なんだろう。 どーしても気になる、大切なものって、あるかな。 住んでる場所が ある日なくなったりしたら、 なくして後悔するのは なんだろう。どれだろう。 お気に入りの本以外に

梟通信~ホンの戯言
割り箸こそ森の味方 田中淳夫「割り箸はもったいない?ー食卓から見た森林問題」(ちくま新書) at 2007/06/28(木) 01:44:20
マイ箸運動というのがある。割り箸は資源の無駄使い、森林破壊、環境破壊につながるから自分で塗り箸を持って歩こうという。恥ずかしながら俺もその主旨に賛成でタイに行った時に竹製で袋に入った箸をマイ箸用に買って帰ったこともある。使ってはいないが。恥ずかしながら、

フォトリーディング@Luckyになる読書道
自分で作るな!?●バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本 at 2007/06/27(水) 06:43:50
今日のフォトリーディングのターゲットは 中山 マコトさんの「「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本」です。 先日ご紹介して、amazonキャンペーンにも参加した本 『お店の「バカ売れ」ポイントをつくる技術』が面白かったので、 中山さん既刊をゲットし

M's BOOKcaSe
『迷子の自由』星野博美 at 2007/06/26(火) 06:46:15
♪♪ 記憶にある限りでは 一度だけ、 迷子になったことがある。 ┐(  ̄ー ̄)┌ ヤッパリネ…。 まだひとりで電車に乗ったことがなかった頃、 自宅から2つ目の駅ではぐれてしまった。 引率の大人♀1人に連れられて、 5、6人くらいの子供と英語劇を観に行った後だった。

梟通信~ホンの戯言
当今「押売り」のいない訳 佐藤愛子「今は昔のこんなこと」(文春新書) at 2007/06/24(日) 22:04:33
盥ー若い人、この字が読めますか?書くとなると、俺も最初から覚えていない。タライ、産湯に使い、洗濯をし、行水に欠かせず、西瓜やラムネを冷やした。あれだけ不可欠の道具だったのに「カアサン僕のあの水浴びしたタライどうしたでしょうね?」。「タライ回し」の語源、こ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
スミマセン●質問で学ぶシンプルコーチング at 2007/06/24(日) 08:11:35
今回のフォトリーディングのターゲットは マツダ ミヒロさんの『質問で学ぶシンプルコーチング』です。 先日はamazonキャンペーンにも参加させていただいた本書。 その甲斐あって、本部門で1位に輝きました。 質問で学ぶシンプルコーチング 何故タイトルが「スミマセン

手当たり次第の読書日記
『灯台』 P・D・ジェイムズ at 2007/06/24(日) 00:07:54
P.D.ジェイムズ, 青木 久惠 灯台 P・D・ジェイムズ、1920年生まれ。これの原書の刊行は2005年だそうですから、何と85歳での執筆! しかもそれが短いエッセイとか自伝とか枯れた味わいもまたよしの純文学とかじゃなくて、構成も堅牢な本格長編ミステリですよ。脱帽!

M's BOOKcaSe
『ナ・バ・テア』森博嗣 at 2007/06/23(土) 01:36:56
♪ 前作『スカイ・クロラ(#こちら)』を 読んでいるときから、疑問に思っていた。 森さんは普通に生活できているんだろうか? 小説を書くとき 作者は、 自分の頭の中にもともと存在するものからしか 文章にすることは出来ないんですよね、たぶん。 んー、どーなんだろ

手当たり次第の読書日記
えっ朝日ソノラマ解散!? 「ネムキ」の運命は(汗) at 2007/06/22(金) 17:37:49
ネムキ 2007年 07月号 [雑誌] 既に各所で話題になっておりますが……今朝の新聞を見てびっくりしました。株式会社朝日ソノラマ9月末で営業停止!真っ先に思ったのが、「で、雑誌はどうなる?」ということ。「ネムキ」は? 「ほんとにあった笑っちゃう話」は? 

志村建世のブログ
ウェブ社会をどう生きるか(1) at 2007/06/22(金) 15:26:21
このタイトルは、西垣通氏の近著(岩波新書)の題名です。本来は「『……』を読む」とすべきところですが、書評というよりも、これを読んで自分が考えたことが中心になりそうなので、あえてタイトルをそのまま借用しました。いま2回目を読んでいるところです。  第...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
コミュニケーションの達人の極意とは●伝える力 at 2007/06/22(金) 06:35:44
今日のフォトリーディングのターゲットは 池上 彰さんの「伝える力」です。 副題は、「「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える!」です。 いやぁ、この3つのチカラがあれば仕事変わるでしょ! ウンウンと頷きながら注文しちゃったこの本。 ビジネスの基本であり、

手当たり次第の読書日記
『幕末バトル・ロワイヤル』 野口武彦 at 2007/06/21(木) 20:44:20
野口 武彦 幕末バトル・ロワイヤル 「週刊新潮」連載のシリーズだそうです。こんなタイトルですが、幕末についての話になるのは実は本書の後半。天保の改革の話から始まります。何度も言ってますが『風雲児たち』ハマリまくりの私にとっては、まずそれだけでもう物凄

M's BOOKcaSe
『図書館の神様』瀬尾まいこ at 2007/06/20(水) 08:00:22
♪♪ 本を読み始めたのが最近もイイトコなワタクシは 学校の図書室へなんて行ったことがなかった。 あ、違った。 大学では授業のために通ったときがあったっけ。 でも、それくらいだったなぁ。 瀬尾さんのこの物語を読んでいたら なんだかヤケに悔しくなってしまった。 う

フォトリーディング@Luckyになる読書道
社長の器とは?●社長になって良い人、ダメな人 at 2007/06/20(水) 06:40:55
今日のフォトリーディングのターゲットは 丸山 学さんの「社長になって良い人、ダメな人」です。 丸山 学さんは行政書士としては珍しい人。 会社設立手続き、契約書作成代理、資金調達などの法務面だけでなく、 マーケティングやビジネスモデルの構築など経営の全般

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人生をマネジメントする基礎体力●「計画力」を強くする at 2007/06/19(火) 06:41:41
今日のフォトリーディングのターゲットは 加藤昭吉さんのの「「計画力」を強くする」です。 実のところ、この本は購入リストに入ってませんでした(汗) 手持ちの本がなくなった一瞬のスキに、書店の店頭で直感に 滑り込んできたという本。 多分、これから先のビジネス

梟通信~ホンの戯言
お茶目だなあ 「倚りかからず」の詩人 茨木のり子「ハングルへの旅」(朝日文庫) at 2007/06/18(月) 21:30:51
1976年、50歳の詩人・茨木のり子は朝日カルチュアセンターの生徒としてハングルを勉強し始める。当時の日本では、ハングルを習うことは珍しいことで彼女は「どういうわけで?」と質問攻めにあったようだ。フランス語や英語を習っていると言えば当たり前のように受け止

梟通信~ホンの戯言
「愚行権」「寛容」 イデオロギーの有効性 佐藤優「国家と神とマルクス」(2) at 2007/06/17(日) 14:25:30
昨日紹介した「国家と神とマルクス」の中に次のような言葉がある。白井との対談で。白井が「戦後の日本は戦時中の経験から国家の暴力はきわめて危険だと言う健全な感覚を持っていたはずなのに(今それが無くなっているようだ)」という発言を受けて健全かどうかはともかく、

M's BOOKcaSe
『デセプション・ポイント』ダン・ブラウン at 2007/06/17(日) 07:47:21
♪ 国家偵察局(NRO)に勤務するレイチェル。 彼女の仕事は、大統領のための機密情報分析。 上院議員セクストンの娘であるレイチェル。 彼女のその父親は、現在、大統領選へ出馬中。 現職大統領に関連する仕事をしてるのに、 対立候補の実の娘なんですね、主人公の彼

梟通信~ホンの戯言
恥ずかしながら勉強させていただきます 佐藤優「国家と神とマルクス」(太陽企画出版) at 2007/06/16(土) 23:45:51
『「自由主義的保守主義者」かく語りき』が副題。保守主義とは、人知を超えるところの価値を尊重するということ、自分の好き嫌いは関係なしに、現にあるところの伝統を尊重する。自由主義的とは、自分の考えるところの保守主義に対して、違う保守主義や進歩主義の人がいても

M's BOOKcaSe
『超・ハーモニー』魚住直子 at 2007/06/15(金) 21:45:51
♪ 家族って不思議だな。 そんな風に思うときがある。 普段 人と知り合っていく時には 必ずといっていいほど、会話がある。 どんな人なのかは ちゃんと話してみなきゃ分からない。 同級生や同僚だったら 直接話さなくても聞こえてくる会話で ある程度判断できるかもしれな

梟通信~ホンの戯言
流れ続ける俺の身体  福岡伸一「生物と無生物の間」(講談社現代新書) at 2007/06/14(木) 22:30:10
波打ち際に作られた不思議な砂の城。風が吹き波が洗うが城はその姿を変えない。それは小さな海の精霊たちが、うまずたゆまず崩れた場所を探し、削れた壁を直し、開いた穴を埋めているから。それだけではない。精霊たちは壊れそうな箇所を先回りして修復・補強をしている。

フォトリーディング@Luckyになる読書道
悩めるSEを救う●ITコーチング入門 at 2007/06/14(木) 06:26:52
今日のフォトリーディングのターゲットは 樋口 節夫さんの「ITコーチング入門」です。 副題は 「SE・ITエンジニアのための問題解決とスキルアップ」です。 樋口さんはITアーキテクトをしながらコーチングのスキルを磨き、 ITコーチングをいう分野を確立されたお方。

M's BOOKcaSe
『ゼラニウム』堀江敏幸 at 2007/06/13(水) 07:45:42
♪♪ 好みも人それぞれな読書だけれど、 その日の気分によっても随分と変化しちゃうもの。 なにも考えずにすむような、 そんな時間を望んでいる時だってあったりする。 作者の言いたいことはなんなんだろうなー、 この登場人物はこう考えてるんだろうなー、 物語の展開は

フォトリーディング@Luckyになる読書道
熱狂的な購買意欲をもたらす「圧倒的なウリ」とは?●オレなら、3秒で売るね! at 2007/06/13(水) 06:18:48
今日のフォトリーディングのターゲットは マーク・ジョイナー著、林田レジリ浩文訳の「オレなら、3秒で売るね!」です。 例のごとく、フォレスト出版のamazonキャンペーンに協力した本書。 著者のマーク・ジョイナーは日本では知られていませんが、 アメリカではイン

梟通信~ホンの戯言
木戸幸一は戦争を回避しえたか 鳥居民「昭和二十年」第一部=1から at 2007/06/12(火) 22:51:32
前に書いた鳥居民の「昭和二十年」(1)は、面白かった。1月2日3日と内大臣・木戸幸一のことが書いてある。彼は元々は休日に書斎に閉じこもるような男ではなく正月の2・3日はゴルフに行くのが恒例だった。その男が内大臣になって(15年)からこの両日は家にいるようになっ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
「理想の未来」を引き寄せる●夢をかなえる時間術 at 2007/06/12(火) 06:16:26
今日のフォトリーディングのターゲットは先日紹介した、 「夢をかなえる勉強法」に引き続き、カリスマ塾講師の伊藤 真さんの 「夢をかなえる時間術」です。 司法試験合格生を多数生みだしてきた伊藤さんの時間術とは、 なんと「理想の未来」を引き寄せる方法とのこと

梟通信~ホンの戯言
幽玄とはエロスの極致? 瀬戸内寂聴「秘花」(新潮社) at 2007/06/11(月) 20:53:01
世阿弥は72歳のときに将軍・義教により佐渡島に流罪を申し付けられる。前に読んだ杉本苑子「華の碑文 世阿弥元清」とは違ってこの小説は世阿弥が佐渡に渡るところから始まる。前半は回想の形で義満に見出され寵愛を受けたときのこと、父観阿弥の教えなどが語られる。特に

M's BOOKcaSe
『サマータイム』佐藤多佳子 at 2007/06/11(月) 19:56:25
♪♪ 中学へ入学したときは、 友人に誘われるまま部活へ入った(#こちら)。 高校1年生のときには、 芸術課目の授業で書道を選択したら 1学期の終わりに先生に呼び出された。 書道の先生は、職員室にはいない。 書道専用教室のとなりに畳敷きの控え室があって、 いつも

フォトリーディング@Luckyになる読書道
「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術@松尾昭仁 at 2007/06/11(月) 06:35:34
今日のフォトリーディングのターゲットは松尾 昭仁さんの 「「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術」です。 amazonキャンペーン告知にも強力させていただいた1冊。 松尾さんのセミナーを受講したことがあります。 セミナーにかける熱い想いが伝わってくる、そして内容も

手当たり次第の読書日記
『シャーロック・ホームズの冒険2 まだらの紐』 JET at 2007/06/10(日) 23:42:38
作画/JET 原作/コナン・ドイル シャーロック・ホームズの冒険2/まだらの紐 うーん、やっぱりこっちのほうがいいなあ。JETによる古典ミステリのマンガ化シリーズです。エラリー・クイーン、明智小五郎、金田一耕助、そして何といってもシャーロック・ホームズ!今

梟通信~ホンの戯言
お久しぶり ゴダードさん ロバート・ゴダード「眩惑されて」(講談社文庫) at 2007/06/10(日) 22:18:00
今朝、グアラグアラグオーン!ゴロゴロ、雷が凄かった。「周りが真っ白になってカルピスの中を歩いているようだった」とFMで誰かがしゃべっていた。ゴダードの作品を読んでいると闇の中に不気味に響く雷音と突然漆黒を切り裂く稲妻を感じることがある。一瞬の閃光、謎がチ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
カリスマ塾長の教え●夢をかなえる勉強法 at 2007/06/10(日) 18:06:25
今日のフォトリーディングのターゲットは伊藤 真 さんの 「夢をかなえる勉強法」です。 夢をかなえる勉強法伊藤 真 司法試験の合格者を多数輩出する塾の塾長である伊藤さん。 タイトルからして単なる勉強法の本ではないと思いましたが、 実際に本書には、 「試験に受

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人生が決まる「一言」大集合●「たった一言」の心理術 at 2007/06/09(土) 16:11:40
今日のフォトリーディングのターゲットは多湖 輝(たご あきら)さんの 「「たった一言」の心理術」です。 「たった一言」の心理術―あなたの人生は「この言葉」で決まる多湖 輝 同じことを言っているのに、なぜ思ったとおりに伝わらないのか? そんな状況を経験したことは

M's BOOKcaSe
『ブラフマンの埋葬』小川洋子 at 2007/06/09(土) 06:46:39
♪♪ 犬と一緒に暮らしていたりすると、 「あ、絶対今こう思ってるな。」 と、分かってしまうときがある。 頭の中はボールで一杯のハピ子↓とか。 はいはい、今投げますよ。 楽しいことならイイけれど、 「近づいてきて身体ナデたりしないでよね。」 なーんて、態度で

手当たり次第の読書日記
『新選組二千二百四十五日』 伊東成郎 at 2007/06/08(金) 23:03:33
伊東 成郎 新選組二千二百四十五日 一体これで何冊目だ新選組の通史、と自分で自分に突っ込みつつも、やっぱり買ってしまいましたこんな本を。新選組定番本、とでもいうべきものはもう何冊か読んでいます。新選組通史の大体のところは頭に入っているつもりなんです

志村建世のブログ
「現代の貧困」を読む at 2007/06/08(金) 11:42:14
「現代の貧困」(岩田正美・ちくま新書)を読みました。ワーキングプア、ホームレス、生活保護と3つを並べて副題にしています。そもそも貧困とは何であるのか、原点から考えさせてくれる好著でした。「貧困者が増えている」と感じるときの、その貧困の中身を定義する...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
天使と悪魔Googleの評●グーグル革命の衝撃 at 2007/06/08(金) 10:45:19
今日のフォトリーディングのターゲットは、 あのNHKの取材班が長期取材したという「グーグル」の本 「グーグル革命の衝撃」です。 グーグル革命の衝撃NHK取材班 本の帯には、 「情報帝国は我々に何をもたらすのか?」 とあります。 Googleによっインターネット検

手当たり次第の読書日記
「危険な署名」 赤川次郎 at 2007/06/07(木) 23:33:01
赤川 次郎真夜中のための組曲昨夜のニュースを観ていて、思い出した短編です。反戦を訴える街頭署名に応じた男。ある日突然、警察が彼の事を聞き回り始めます。職場で、家の近所で、彼の一家に向けられる目はよそよそしくなるばかり。彼らはどんどん追い詰められ、

志村建世のブログ
「あなたの孫が幸せであるために」について at 2007/06/07(木) 11:34:59
私の著書を紹介する同名のブログサイトが、期間の満了により、この6月一杯あたりで終了になるようです。今ですと一冊の全文が無料で読めますのでご案内します。もちろん書籍としての購...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
大きな違いを生む金曜日のすごし方●1週間は金曜日から始めなさい at 2007/06/07(木) 06:11:51
今日のフォトリーディングのターゲットは臼井 由紀さんの 「1週間は金曜日から始めなさい 」です。 副題は「仕事と人生が楽しくなる時間活用術」。 今月2札目の時間術関連本です。 臼井さんはマネーの虎にも出演していたほどのお方。 実はただの主婦だったという臼井さ

あれこれ随想記 
『正しく生きるとはどういうことか』池田清彦 at 2007/06/06(水) 23:34:45
池田清彦著『正しく生きるとはどういうことか』新潮文庫、を読みました。正しく生きるということは、道徳的に生きることではない、これが著者の基本にあります。いろいろな観点から掘り下げて、脱線しながらも、持論を展開していきます。著者の意見をまともに受け取ると問題

志村建世のブログ
「建築紛争」を読む at 2007/06/06(水) 17:13:24
五十嵐敬喜・小川明雄による公共事業・都市政策リシーズの4冊目(岩波新書)です。前著「『都市再生』を問う」は「建築無制限時代の到来」に対する警告でしたが、これは具体的な建築紛争...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
人心自在操作術●ホムンクルスの目 at 2007/06/06(水) 06:45:09
今日のフォトリーディングのターゲットは 石井裕之さんの「ホムンクルスの目」です。 ホムンクルスの目石井 裕之 タイトルを見ただけでは何の本か全くわからない本書。 実はコールドリーディングのテクニックをわかりやすく解説した本なのです。 特に巻頭は漫画になっ

梟通信~ホンの戯言
食うための戦争とは? 藤木久志「雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り」(朝日新聞社) at 2007/06/05(火) 22:31:40
中世は戦争の時代であった。戦争という言葉から受けるイメージは平和な農村を襲う不幸であり侵略するものである。しかし実態はもっと悲惨なものだった。生産性が低い上に凶作が続き飢餓に苦しむ中世日本の底辺にあっては、戦争は食うための戦争という性格を秘めていたのだ。

M's BOOKcaSe
『くそったれ、美しきパリの12か月』スティーヴン・クラーク at 2007/06/05(火) 07:41:37
♪♪ ついこの前、道を歩いていて小腹が空きました。 そしたらパン屋が現れたので迷わず扉を開ける。 んー、バターの香り。。。(* ̄ρ ̄) その瞬間、クロワッサンに決めました。 あった、あった。ひとつ買おうっと。 「すみません、このクロ……!!!」 店員さんに注

フォトリーディング@Luckyになる読書道
上司の心理が丸わかり●「上司が読める」と面白い at 2007/06/05(火) 06:49:39
今日のフォトリーディングのターゲットは渋谷 昌三さんの 「「上司が読める」と面白い」です。 「上司が読める」と面白い渋谷 昌三 もし、あなたの周りの上司の何気ないしぐさや一言から 上司の考えていることがわかるとしたら? そんなこと、実はあるんですね(^^) こ

手当たり次第の読書日記
『小説佐久間象山』 井出孫六 at 2007/06/05(火) 00:16:04
井出 孫六 小説 佐久間象山〈上〉 こんなシンプルなタイトルだから、きっと冷静にして正確を心がけた端正な伝記小説なんだろうな。と思って読み始めてみたら。いやあめっぽう面白かったです!「序章 黒船出航」──出航、ですよ。黒船現る、じゃないんです。今まさ

M's BOOKcaSe
『カムフラージュ』リンダ・ハワード at 2007/06/04(月) 07:37:15
♪ もう懲りたのかと思いきや。 ( ̄∀ ̄*)オモイキヤ? 読んじゃいました、リンダさん。 (* ̄0 ̄*) エェー?! なんてゆー日なのかしら、今日は。 5年も打ち込んできた仕事でクビ宣告されるわ、 別れてから会ってもいない元夫が重症らしいわ、 ほんともう、とんでもない

フォトリーディング@Luckyになる読書道
静粛なイメージを覆す!?裁判官の爆笑お言葉集 at 2007/06/04(月) 06:59:45
今日のフォトリーディングのターゲットは長嶺 超輝さんの 「裁判官の爆笑お言葉集」です。 裁判官の爆笑お言葉集長嶺 超輝 長嶺さんの経歴を見ると、司法試験を7回連続して不合格のため断念。 その後は裁判傍聴に明け暮れるという日々を過ごす。 2005年の最高裁判所裁判

フォトリーディング@Luckyになる読書道
お客様の心をわしづかみにする28のステップ●究極のセールスレター at 2007/06/03(日) 08:26:46
今日のフォトリーディングはダイレクト・マーケティングの世界的グル、ダン・ケネディの「究極のセールスレター」です。 正直、紹介するのが遅いかなと少々迷いましたが、 やはり良い本ですので書いてみることにしました。 究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に

M's BOOKcaSe
『熱帯魚』吉田修一 at 2007/06/02(土) 13:38:17
♪♪ こうしなきゃ、あぁしなきゃ。 大輔は そうして成長してきた。 こうしてやろう、あぁしてやろう。 大輔は そうして押しこめていく。 ほんとうの、自分を。 表題作の「熱帯魚」を読んで、 大輔の生き方に郷愁を覚えながらも どうにも胸苦しくなってしまった…。

M's BOOKcaSe
『輪違屋糸里』浅田次郎 at 2007/06/01(金) 07:40:13
♪ いやぁー、ビックリしましたっ。 #ぶんこやさんのところでこの本を知ったあと 偶然知人から上下巻をいただいてしまいました。 うれしーっ!みなさん、ありがとう!(←?) o(T◇T)o カンドウ デスネ。 人は忘れる生き物。 それは分かってるんだけど 忘れたくない、

フォトリーディング@Luckyになる読書道
ハイリターンな時間投資法とは?●レバレッジ時間術 at 2007/06/01(金) 06:40:29
「時は金なり」ではなく「時は人生なり」。 全ての人に平等に与えられる「時間」。 その「時間」さえも「投資」で増やしてリターンを得る という考え方を説いた本が出現しました。 今日のフォトリーディングは本田直之さんの「レバレッジ時間術」です。 ふらっと会社

手当たり次第の読書日記
『小説こちら葛飾区亀有公園前派出所』 原作・秋本治 at 2007/05/31(木) 22:35:45
大沢 在昌, 秋本 治 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所 何はともあれ、西上心太氏の解説をまず。 今や国民的な漫画となって久しい『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下『こち亀』)と、日本推理作家協会を代表する七人の作家の小説世界が融合した、前代未聞、空

フォトリーディング@Luckyになる読書道
週末起業の超王道●ネット・コーチングで開業しよう! at 2007/05/31(木) 07:01:05
コーチング関連本の中でちょっと異色な本を見つけました。 杉本 良明さんの「ネット・コーチングで開業しよう!」です。 フォトリーディングしやすい良書でした。 ネット・コーチングで開業しよう!―副業だからリスクゼロ インターネットを使ったコーチング・ビジネス杉本

フォトリーディング@Luckyになる読書道
生存本能に効く●「ほめる」技術 at 2007/05/30(水) 22:35:44
コーチングでは、相手の存在を承認することから全てが始まります。 その中でも重要な位置を占めるのが「ほめる」ということ。 その「ほめ方」を「技術」として伝える本があります。 今日のフォトリーディングは鈴木 善幸さんの 「コーチングのプロが教える「ほめる」技術

M's BOOKcaSe
『猫は床下にもぐる』リリアン・J・ブラウン at 2007/05/30(水) 07:41:03
♪♪ もとはバリバリの新聞記者だったクィララン♂。 年の頃50の今、遺産を相続して新聞社を辞め、 ピカックスへ引っ越してきてまるまる2年。 同居家族はシャム猫のココ♂とヤムヤム♀の2人。 なにやらなにかが始まりそうな気配… ひとーつ。 あったかくなるとピカ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
決算書は右脳で読め●右脳でわかる! 会計力トレーニング at 2007/05/29(火) 06:42:53
決算書って数字を頑張ってみるもんだと思っていました。 しか~し、この本を読んで別の手法があることを知りました。 ということで今日のフォトリーディングは田中 靖浩さんの 「右脳でわかる! 会計力トレーニング」です。 右脳でわかる! 会計力トレーニング田中 靖浩

フォトリーディング@Luckyになる読書道
企業病に効く!ビジネスコーチング at 2007/05/28(月) 06:41:52
ビジネスコーチングって何? 本屋で見かけた瞬間に興味を持ったので泉 一也さんの「企業病に効く!ビジネスコーチング」をゲット、すぐさまフォトリーディングです。 企業病に効く!ビジネスコーチング泉 一也 どうして個人のスキルが高いのに組織でパフォーマンスを出せ

手当たり次第の読書日記
「別冊歴史読本 決定版江戸時代考証総覧」 at 2007/05/27(日) 23:31:48
京都から北海道へ空輸(違)の古本シリーズ第2弾。「歴史読本」誌1994年の別冊特集号です。上は江戸城内の将軍・大名たちの仕事ぶりから、下は庶民の娯楽まで、「将軍の生活と大奥」「江戸時代の浪人」「江戸時代の敵討」「川柳・小咄に見る江戸の武士」……江戸時代について

志村建世のブログ
「親米と反米」を読む at 2007/05/27(日) 16:30:01
吉見俊哉の「親米と反米」(副題・戦後日本の政治的無意識・岩波新書)を読みました。戦前・戦中を含む長い日米関係の歴史を踏まえて、私たちの無意識にも浸透している「内なるアメリカ」に改めて気づかせてくれる本でした。象徴として精密に検証されているのが、戦後...

フォトリーディング@Luckyになる読書道
幸せになるレシピ、あります(和田 裕美の幸せレシピ) at 2007/05/27(日) 09:49:08
フォトリーディングの講座で使ったのは和田さんの本でした。 今日はそんな和田 裕美さんの「和田 裕美の幸せレシピ」をフォトリーディング。 和田裕美の幸せレシピ―人に愛されるための36の扉和田 裕美 副題は、「人に愛されるための36の扉」です。 『シティリビング』

M's BOOKcaSe
『些末なおもいで』埜田杳 at 2007/05/27(日) 07:56:05
♪ 「今、ナニ作ってるの?」 「え?ヤサイイタメ?」 「今度買い物行くとき、付き合ってくれる?」 暗い道 街灯の下 携帯電話に向かって男性が問いかける。 「ナマエ、なんてゆーんだっけ?」 てっきり恋人と話してるのかと思っていたら… ワタクシ、初めて出会い系に

フォトリーディング@Luckyになる読書道
潜在意識を動かすセールス手法 at 2007/05/26(土) 10:46:41
占い師が使うテクニック、コールドリーディングをセールスに応用する実践本、 「なぜ、あの占い師はセールスが上手いのか?」をフォトリーディング。 なぜ、あの占い師はセールスが上手いのか? 誰でも何でも売れるセールス・テクニック「コールドリーディング・セールス」

梟通信~ホンの戯言
天才とは? 茂木健一郎「天才論」(朝日新聞社 at 2007/05/26(土) 00:01:25
今やや露出過剰気味の感もある脳科学者。東京工大で脳科学、認知科学を、東京芸大で美術解剖学を教えている。 このブログでも「脳と仮想」を取り上げたことがある。最新の脳科学知識に幅広い芸術分野に対する造詣もあって凡百の科学評論家の及ばないスリルのある考察が売れ

手当たり次第の読書日記
「斬ってはみたが」 司馬遼太郎 at 2007/05/25(金) 23:36:47
司馬 遼太郎 アームストロング砲 昨日に引き続き、『幕末百話』の話です。鳥羽伏見の戦いの後で官軍が、幕府方が大坂城内に残した地雷火をチェックするのに市民に踏ませて試していたというヒドイ話(汗)。司馬遼先生の「侠客万助珍談」にも取り入れてありましたが、

M's BOOKcaSe
『笑う山崎』花村萬月 at 2007/05/25(金) 07:48:39
♪♪♪ 砂糖とミルクを入れた珈琲を飲みつつ「笑う山崎」 娘パトリシアを愛する余り叱れない「山崎の憂鬱」 新幹線で京都へ向かう「山崎の帰郷」は危険を伴う 参考人として出向いた京都N署で「炙られる山崎」 その男は聞いた。規則正しく「走る山崎」の靴音を 「山崎

フォトリーディング@Luckyになる読書道
成功法則の表と裏 ネットで儲かる秘訣とは? at 2007/05/25(金) 06:41:00
ネットで儲ける本、多数出版されていますね。 今日はその中でも私のイチオシ、平賀 正彦さんの「あなたの会社&お店がネットで儲かる」をフォトリーディングしたので激プッシュ。 あなたの会社&お店がネットで儲かる! 〔DVD付〕平賀 正彦 この本は、 ▼「ネットで稼

手当たり次第の読書日記
『幕末百話』 篠田鑛造 at 2007/05/24(木) 22:30:39
篠田 鉱造 増補 幕末百話 という訳で、京都で買い込んできた古本の話をば。私が買ったのは昭和44年初版・48年7版の角川選書バージョンなんですが、「中身」は更にもっとずっと古いものです。明治35年頃、維新前を知る老人達に思い出話をして貰って、新聞に連載

フォトリーディング@Luckyになる読書道
アフィリエイトに有効なSEO対策とは? at 2007/05/24(木) 06:48:31
ブログでアフィリエイトする人が増えています。 今日はそんな人必見の書、矢代 竜也さんの「アフィリエイトSEO対策テクニック」をフォトリーディング。 アフィリエイトSEO対策テクニック矢代 竜也 この本は「稼げるブログを構築するための手順」と その中の重要な要素

M's BOOKcaSe
『カム・トゥギャザー』ジョジー・ロイド&エムリン・リーズ at 2007/05/23(水) 07:38:35
♪ あぁ、なんだろう。 調子悪いなぁ、きょうは。 でも友達には会いに行かなきゃ。 前から約束してたんだし…。 不安を感じつつ、ワタクシは出かけていた。 会って店に入って注文した直後から 仕事先の上司がいかにイヤなヤツか、 新しく始まった恋がどれほど理不尽か、

フォトリーディング@Luckyになる読書道
働かないで年収5160万円稼ぐ方法@川島 和正 at 2007/05/23(水) 06:38:04
川島 和正さんの「働かないで年収5160万円稼ぐ方法」をフォトリーディング。 働かないで年収5160万円稼ぐ方法川島 和正 アスコム 2007-04-28by G-Tools 正式タイトルは、超長いです。 「 たった1年で収入を24倍にした 元「月収24万円の平社員」が明かす 働か

梟通信~ホンの戯言
期待通り!面白そうだ 鳥居民「昭和二十年」(草思社) at 2007/05/22(火) 22:51:41
丸谷才一の「ゴシップ的日本語論」で知った本だ。1985年刊行以来今までに出ている11巻までがAMAZONの古本で揃うので買ってしまった。ようやく今日読み始めた。昭和20年の1月1日から毎日を膨大な資料に当たって詳述していく。第一部=1に挟んであった「著者の言葉

フォトリーディング@Luckyになる読書道
iPhone のビジネスモデルとは? at 2007/05/22(火) 06:17:58
岡嶋 裕史さんの「iPhone 衝撃のビジネスモデル」をフォトリーディング。 iPhone 衝撃のビジネスモデル岡嶋 裕史 光文社 2007-05-17by G-Tools iPhoneといえばあのアップルが今年発表し、 「電話を再発明する」と宣言した戦略製品。 社名も変更して意気込むこの製品に

M's BOOKcaSe
『二人乗り』平田俊子 at 2007/05/21(月) 07:40:19
♪ 西の方で青信号にハチが群がっていたなぁ。 ついに突然変異が始まったのかしら。 どこかの研究室から逃げ出したのかも。 そこの研究員は青が嫌いに違いない。 いつも青い服を着ている輩に恋人を奪われて 好きだった色も恨めしくなってしまったんだろう。 あぁ、いけない

フォトリーディング@Luckyになる読書道
日本人のしきたり@飯倉 晴武 at 2007/05/21(月) 03:47:45
飯倉 晴武さんの「日本人のしきたり」をフォトリーディング。 日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心飯倉 晴武 青春出版社 2003-01by G-Tools 副題は「 正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心」。 今回は義理の

梟通信~ホンの戯言
世界を動かす思想 デヴィッド・ハーヴェイ「新自由主義 その歴史的展開と現在}(作品社) at 2007/05/20(日) 01:25:14
ブッシュ大統領は、イラクに対する先制的予防戦争を遂行する上で、他のいっさいの理由に根拠がないことが分かった時、イラクに自由を与えるだけで戦争は十分に正当化されるという考えに訴えた。イラク人は自由になった。それだけが真に重要なのだと。”自由”は全てに優先す

手当たり次第の読書日記
『ダックスフントのワープ』 藤原伊織 at 2007/05/19(土) 21:44:17
藤原 伊織 ダックスフントのワープ 藤原伊織が亡くなってしまいました。まだそんな年齢ではないのにと思いますが、ガンだったのでは致し方ない。惜しい人が次々亡くなっていくなあ……。藤原作品で最も有名なのは、何といっても『テロリストのパラソル』でしょう

M's BOOKcaSe
『ニューヨークの魔法使い (株)魔法製作所』シャンナ・スウェンドソン at 2007/05/19(土) 13:48:04
♪ テキサスからニューヨークへ出てきたケイティ♀は 1年経っても毎日まいにち驚きの連続! 背中に羽根を付けた人が歩いてるんだもん。 でもまぁ、これがNYって街なのよね? 裸でうろつく人とか 強盗とかに遭ってないだけ 私はまだイイ方なんだわ、きっと。 でも

フォトリーディング@Luckyになる読書道
絶対速読記憶術@椋木 修三 at 2007/05/18(金) 07:34:39
椋木 修三さんの「絶対速読記憶術」をフォトリーディング。 絶対速読記憶術椋木 修三 大和書房 2007-05by G-Tools 仕事帰りの書店にてゲット。 速読+記憶術ということですぐに購入しました。 それにしても、インパクトのある名前です。 今日もクリック感謝です

M's BOOKcaSe
『ドールの庭』パウル・ビーヘル at 2007/05/16(水) 06:46:02
♪♪ ときどき思う。 この世界はなんてメンドウクサイんだろう、と。 ココロの問題だけでも山積みだっていうのに モノゴトが覆い被さってくることまであったりする。 美しい王妃オディシアは 王が亡くなり女王となった。 美しい都を作り、美しい自分よりも美しい庭を作

手当たり次第の読書日記
「愛の傾き」バトンを受け取りました at 2007/05/15(火) 20:13:00
先週、なおみさん から頂いていた「愛の傾き」バトン。「あなたが好きなキャラを3人選んで回答して下さい」というものです。これは面白そう、週末にやろーっと、と軽く考えていましたが、予想外に人選に難航しました……。途中から加わったらしい条件の「サイト・ブログで正

フォトリーディング@Luckyになる読書道
凡人が面白いほど進化する成功手帳術@下川 浩二 at 2007/05/15(火) 07:46:44
下川 浩二 さんの「凡人が面白いほど進化する成功手帳術」をフォトリーディング。 凡人が面白いほど進化する成功手帳術下川 浩二 河出書房新社 2006-11-21by G-Tools , 2007/05/15 世の中には手帳術の本が溢れています。 それでも次々と出される手帳術の本。 一体何が違

梟通信~ホンの戯言
日本が朝鮮にしたひどいこと 上垣外憲一「文禄・慶長の役 空虚なる御陣」(講談社学術文庫) at 2007/05/14(月) 22:12:41
秀吉だけが狂気に取り付かれたように世界制覇を己の使命と思い込み、まず明を征服しようと考える。朝鮮のごときは問題ではない。明侵略の手伝いをすればよし、さもなくば鎧袖一触、踏み倒していくばかりだ。考えるだけなら無害だが、あいにく彼は日本を統一したばかり、生野

M's BOOKcaSe
『マリコ/マリキータ』池澤夏樹 at 2007/05/14(月) 07:03:42
♪♪ 超自然現象とかじゃなくて、 なにかを感じた自分自身を自然と受け止められる人。 そーゆー人をうらまやしく思うことがある。 池澤さんの短編集。 「マリコ/マリキータ」 仕事で行ったグァムの島で ぼくは日本人のマリコに出逢った。 次に訪れる時まで、彼女は待

フォトリーディング@Luckyになる読書道
コロリ力@佐藤富雄 at 2007/05/14(月) 06:38:32
佐藤富雄さんの「コロリ力」をフォトリーディング。 コロリ力―知らぬ間に人をとりこにする「脳」の使い方佐藤 富雄 副題は「知らぬ間に人をとりこにする「脳」の使い方」です。 「コロリ力(りょく)」とは? 生き残る、勝ち残るということに特化したDNA【成功遺伝子

M's BOOKcaSe
『熊の敷石』堀江敏幸 at 2007/05/13(日) 08:20:56
♪♪ 先日ワタクシの友人のひとりであられます クマ男さん(#記事はこちら) には危ないところを助けていただきました。 ありがとう、クマ男さん!( ̄▽ ̄)ノ とゆーことで、ワタクシは 熊には親しみを感じずにはいられません♪ 熊の敷石 モバイルの方はコチラ なんだか

手当たり次第の読書日記
「姥だてら」 田辺聖子 at 2007/05/12(土) 22:51:50
田辺 聖子姥うかれ「姥野球」の話をしたら、続きがあったのを思い出しました。シリーズ3冊目の『姥うかれ』、この中の「姥だてら」で、阪神タイガース21年ぶりの優勝に熱狂する歌子さん77歳の姿が描かれているのですよ。勝つか引き分けで優勝が決まるというその夕

M's BOOKcaSe
『わるガキ日記 ボクはあぶない0歳児』サイモン・ブレット at 2007/05/12(土) 13:46:19
♪♪ 昨日夜道を歩いていたら、スナックから歌声が。 「♪とぉさん、かぁさん、ありがとぅ。たーぃせーつなヒトができたの、ですっ♪ パラッパラ、パラッパラ、パラッパパッパッパッ…♪」 はっ!( ̄+ー ̄) そうか! 元モーニング娘。で元ミニモニ。で元Wで元ギャルルの辻

フォトリーディング@Luckyになる読書道
激しく笑った4コマ 機動戦士ガンダムさん at 2007/05/12(土) 08:52:02
GW中もフォトリーディングを忘れなかったLuckyUSです。 帰省からの帰りの飛行機でも、先日とりあげた「思いやりの日本人」を 読んだものです。 実は他にも機内で読んだ本があります。 それがコレ。 機動戦士ガンダムさん さいしょの巻大和田 秀樹 矢立 肇 富野 由悠季

手当たり次第の読書日記
「姥野球」 田辺聖子 at 2007/05/11(金) 23:39:39
田辺 聖子姥ざかりエッセイを読むと、野球は判らない、関心ないとよく書いてる田辺聖子さんですが。それほどでもないんじゃないかなあ、と思うんですよね。佐藤愛子エッセイに野球の話が登場する頻度に比べれば確かにめちゃくちゃ少ないですが、阪神ファンだとも書い

フォトリーディング@Luckyになる読書道
話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる!@植西聰 at 2007/05/11(金) 06:45:44
植西 聰さんの「話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる!」をフォトリーディング。 話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる!植西 聰 この本は、ビジネス系というよりは 「パートナーシップ」に重点を置いています。 好きな人と親密になるための話し方や、

M's BOOKcaSe
『ゆるるんハワイ キャプテン・ムックのアロハな旅』関口和之 at 2007/05/10(木) 08:01:00
♪♪♪ いやぁー、ハワイだなぁぁぁ。 ↓こんなのとか、こんなのとか↓ それにこんなの↓とか? あれ?ハワイにハピ子連れてきたんだっけか。 短い旅行のために検疫通したんだっけかなー。 …。 すみません。ウソついてました。 ここは立派に日本ですよね、そうですよ

フォトリーディング@Luckyになる読書道
嶋浩一郎のアイデアのつくり方 at 2007/05/10(木) 06:34:33
嶋浩一郎さんの「嶋浩一郎のアイデアのつくり方」を フォトリーディング。 嶋浩一郎のアイデアのつくり方嶋 浩一郎 著者の嶋浩一郎さんは広告会社のクリエイター。 まさにアイデアの専門家ですね。 そういう人の発想法を知りたくないですか? ポイントは情報を「集めて

フォトリーディング@Luckyになる読書道
セールス文章実践ドリル@竹内謙礼 at 2007/05/09(水) 07:08:52
竹内謙礼さんの「セールス文章実践ドリル」を フォトリーディング。 ネットで稼げるコピーが3日で書ける! セールス文章実践ドリル竹内 謙礼 ネットで稼げるコピーが3日で書ける! というのが最大のウリのこの本。 相手の購買意欲を高めるブログ文章術というのがあったの

M's BOOKcaSe
『シルシー』マリー・ルドネ at 2007/05/09(水) 07:04:46
♪♪ シルシーはいない。 私と同じ名前だった 寄宿学校で一緒だった 共に映画の仕事を夢見た 新大陸へ行く約束をした シルシーは死んだ。 私は教員となった。 赴任先はシルシーの故郷。 シルシーがいない… 寄宿学校で仲良しっていったら 丸1日ずーっと一緒にい

梟通信~ホンの戯言
世が世なら不敬罪ですぞ 丸谷才一「ゴシップ的日本語論」(文藝春秋) at 2007/05/08(火) 22:18:01
この本の表題にもなっている「ゴシップ的日本語論」に書いてあったことにはビックリした。昭和史は、昭和天皇の言語能力といふところから攻めてゆけば、かなりよくわかってくる。そのことをどうしてしないのか。単に政治経済だけを論じることが日本の国運を論じることだと思

M's BOOKcaSe
『指先の花 映画「世界の中心で、愛をさけぶ」律子の物語』益子昌一 at 2007/05/07(月) 07:44:22
♪♪ こっ…、これはっ!!( ̄◇ ̄;) 映画のノベライズの存在は知ってました。 知ってて今まで放置してたんですけども… 読んで良かったですー♪ 台風が近づいてきている。 好きな人がいて その人の子供を身ごもっていて 結婚さえも申し込まれている、いま。 わたし

フォトリーディング@Luckyになる読書道
思いやりの日本人@佐藤綾子 at 2007/05/06(日) 19:32:53
佐藤 綾子さんの「思いやりの日本人」 をフォトリーディング。 思いやりの日本人佐藤 綾子 福岡空港の書店にて、ゲット。 羽田までのフライト中にフォトリーデングしました。 今日もクリック感謝です

M's BOOKcaSe
『マイ・ハートビート』ギャレット・フレイマン=ウェア at 2007/05/06(日) 07:35:04
♪♪♪ そうそう。 昨日は朝の寝不足がたたって昼間ウトッとしてしまい、 友人との約束に大幅な遅刻をしてしまったMOWです。 ごめんごめんすいませんもうしわけありません<(_ _)> ここで謝っても、ブログの存在は教えてないんですけど。 意味ないなー、と思

志村建世のブログ
「少子社会日本」を読む(4) at 2007/05/03(木) 17:06:39
女性の社会進出は止まらないし、止めるべきではありません。性別役割分業の時代は終りました。男の子にも女の子にも、同じ大きさの未来がなければなりません。そうなると家庭経済のありようも変ります。男の収入に頼って家計をまかなうという常識から卒業して、男女ペ...

M's BOOKcaSe
『モモの物語』エリック=エマニュエル・シュミット at 2007/05/03(木) 00:28:06
♪♪♪ 「あーっ!オニオシ座だぁ♪」 暗くなり始めた空を指さして ちいさな女の子が言った。 嬉しそうに、少しだけ自慢げに。 …オリオン座のことかな。 一瞬にして駆け巡った思考が 少女の指さす方向へ ワタクシの視線を移動させる。 …ほんとにオニオシ座ってあるの

志村建世のブログ
「少子社会日本」を読む(3) at 2007/05/02(水) 14:16:00
この本による私にとっての最大の「目から鱗」は、「女性の社会進出が晩婚化を促進した」という常識の反転でした。著者は調査を進めるにつれて、仕事が面白くなって婚期を遅らせた女性よりも、結婚相手が見つからないから仕事を長くつづけている女性の方が、ずっと多い...

M's BOOKcaSe
『ボンジュール!パリのまち』伊藤まさこ at 2007/05/02(水) 07:42:13
♪♪ GWまっただ中だからでしょうか。 擬似旅行できる本に自然と目がいっちゃいます。 伊藤まさこさんが娘の胡春ちゃんと一緒に パリへ遊びに行ってきました! 母子でパリは、もう4回目なんですよっ! とゆーこの本。 ため息が出ちゃいますー。 (* ̄0 ̄*) イイナー。

志村建世のブログ
「少子社会日本」を読む(2) at 2007/05/01(火) 19:04:48
私がいま書いているのは、書籍のそのままの紹介ではなく、この本を読んで私が考えたことを加味していますので、ご承知ください。  話を明瞭にするために、結婚しない(できない)子供を持たない(持てない)男と女の典型例を想像してみます。まず、大学は出たけれど...

M's BOOKcaSe
『ランチブッフェ』山田宗樹 at 2007/05/01(火) 07:48:02
♪ ブッフェなんてゆーとお洒落感が漂いますね。 いわゆる、アレでしょ? 時間制限はあるかもしれないけど なんでも食べられるだけ食べていいですよ、 ってゆーのですよね。知ってたけどっ。 ( ̄ー ̄; ホントニ? ワタクシとしてはケーキに力を入れてほしい! 最後に食べる

フォトリーディング@Luckyになる読書道
高額セミナーの内容が詰ったCD付き@「できる人」の話し方&人間関係の作り方 at 2007/04/30(月) 08:42:24
箱田忠明先生の「「できる人」の話し方&人間関係の作り方」に 付属してくるCDを聞きました! フォトリーディングはもちろん出来ません(汗) 「できる人」の話し方&人間関係の作り方~なぜか、「好印象を与える人」の技術と習慣~箱田 忠昭 それにしてもこんな内容

M's BOOKcaSe
『てるてるあした』加納朋子 at 2007/04/30(月) 07:05:09
♪♪♪ そういえば小学生のころ、 おはようばぁちゃん がいた。 「おはよう。」 「おはよう。」 「おはよう。」 小学校への通学路が、彼女の散歩道。 朝の散歩の時間は小学生の登校時間。 おはようばぁちゃんは すれ違う子供全員に声をかけてくれた。 彼女の姿が見えない

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
自己と他者と遺伝子と at 2007/04/29(日) 22:02:23
利己的遺伝子と利他的な遺伝子とをめぐって池田信夫氏とNATROM氏の間でちょっとしたconflict or skirmishが起きているらしい。その前にこれら二つの概念の前提となる「自己」とか「他者」って何だろかと思ってしまう。

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
自己と他者と遺伝子と at 2007/04/29(日) 22:00:15
利己的遺伝子と利他的な遺伝子とをめぐって池田信夫氏とNATROM氏の間でちょっとしたconflict or skirmishが起きているらしい。その前にこれら二つの概念の前提となる「自己」とか「他者」って何だろかと思ってしまう。

フォトリーディング@Luckyになる読書道
成約率が20倍になった「セールスレター」の秘密 at 2007/04/29(日) 09:03:56
宮川 明さん, 濱田 昇さんの「成約率が20倍になった「セールスレター」の秘密」 をフォトリーディング。 成約率が20倍になった「セールスレター」の秘密―誰でもカンタンに「儲かるホームページ」を作れる方法とは?宮川 明 濱田 昇 副題は、 「誰でもカンタンに「儲かる

フォトリーディング@Luckyになる読書道
経済自由人にあなたもなれる@藤田隆志 at 2007/04/28(土) 12:21:49
藤田隆志さんの「経済自由人にあなたもなれる」をフォトリーディング。 副題は「資産13億の私が明かす金銭的サクセスへの31カ条 」です。 この本を買った理由は間違いなく「経済自由人」という言葉。 どうしたらなれるのか? 今日もクリック感謝です

M's BOOKcaSe
『ローズガーデン』桐野夏生 at 2007/04/28(土) 06:11:15
♪♪ たしかに今まで、自分から覗いてました。 探偵村野ミロの生活を… ||||||||||ー ̄) ジー… でも今回の短編集は冒頭から始まる表題作を 「見たい、見たくない、でも見たい…?」 という複雑な心境で読み進めました。 桐野さんの作品なのに、油断してました。 ミロ

〓さざまるの雑記〓
司馬遼太郎著『国盗り物語』 at 2007/04/27(金) 17:39:53
司馬遼太郎著『国盗り物語(一)~(四)』を読み終わりました。 戦国武将、斎藤道三

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
三島由紀夫にも筆の誤り? at 2007/04/27(金) 13:22:43
知人に三島由紀夫ヲタな人がいて、その人いわく「金閣寺」に書き間違いとしか思えない箇所があり、出版後、半世紀経ているのに「そのまま」になっているという。もう同じ小説を5、6回読んでいる人だ。

本を読もう!!VIVA読書!
『ハゲタカは飛んでゆく』 ラリー・S・ジュニア著 高木ハジメ at 2007/04/26(木) 23:59:39
安倍首相がいよいよはじめての日米首脳会談のために訪米します。小泉元首相はブッシュ大統領といると、日本にいるとき以上にはしゃいでいたパフォーマンスを見事にして見せましたが、安倍首相はどうでしょうか。日本のアメリカに対する信頼感は、北朝鮮の拉致が明確

本を読もう!!VIVA読書!
『なぜ教育論争は不毛なのかー学力論争を超えて』 苅谷剛彦 at 2007/04/26(木) 23:57:55
全国230万人以上の小6・中3の生徒たちが参加した、昨日の全国一斉学力テスト、数で言えばセンター試験の4倍近くですね。このテストに関しては、以前のコラム 『学力テストに関して:新しい教科書問題』 で書きました。端的に言えば、生徒の基礎学力を上げてやりたい

フォトリーディング@Luckyになる読書道
オレンジレッスン@犬飼ターボ at 2007/04/26(木) 23:55:56
犬飼ターボさんの「オレンジレッスン」をフォトリーディング。 オレンジレッスン。―あなたはどんどん幸せに成功する!犬飼 ターボ 副題は「あなたはどんどん幸せに成功する! 」です。 今日もクリック感謝です

このページについて | FAQ | お問い合わせ
dedicated to MEMORIZE

Powered By FC2
レンタルランキング・ユーザーランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。