MEMORIZERS
- レンタル日記メモライズコミュニティ -
HOME 新規登録 | ログイン | random | mobile | RSS | 検索

新着日記
ランキング
共通テーマ

thehungersite.com

1月ランキングTOP3
1.zara's voice recorder
2.M&N放送局
3.本を読もう!!VIVA読書

ご登録はこちら


2006年:今年の十大ニュースアンケート終了しました。ありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。
投票結果

※デッドリンクにつきましてはこちら







※投稿を見るには各テーマのタイトルをクリックして下さい

投稿するには→こちらへ

新規テーマ作成依頼はこちら

ご意見、ご要望は掲示板






スポンサー広告:共通テーマスポンサーサイト (-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)

社会・政治:共通テーマ労働・雇用問題 (33)

労働問題、雇用問題の全般
  1. 2007/04/29(日)

http://memorizer.blog11.fc2.com/tb.php/225-cfeeceff
(※ご投稿は1テーマにつき1日2件、トータルで1日5件まで。
同一記事の複数テーマへのご投稿はご遠慮ください)

志村建世のブログ
公務員給与の決め方がおかしい at 2011/10/03(月) 13:10:23
(熊さん)3日ばかり前の新聞だけど、公務員の給与をほんの少しだけ減らすって話がありましたね。 (ご隠居)ああ覚えてるよ。人事院勧告で0.23%引き下げってんだからバカにしてるな。政府が言ってた特例で7.8%下げるのとは、えらい違いだ。民間企業の平均に合わせ...

志村建世のブログ
「デフレの正体」を読む(1) at 2010/12/11(土) 17:34:25
 「デフレの正体・経済は『人口の波』で動く」(藻谷浩介・角川oneテーマ21)を読みました。近頃の日本の社会と経済について漠然と感じている不透明感を、文字通り「目からうろこ」的に払拭してくれる本でした。書店でタイトルを見て拾い読みをした時点で、群書の中に...

志村建世のブログ
グダニスクの連帯から学ぶこと at 2010/07/19(月) 15:26:05
 スウェーデンを拠点に活躍しておられる「カーリングおやぢ」さんから、グダニスクの連帯についての2回連続エントリーをトラックバックしていただきました。ポーランドのグダ...

志村建世のブログ
中国における労働基本権の問題 at 2010/06/02(水) 11:16:39
 最近送られてきたJILAF(国際労働財団のメールマガジンによると、国際労働組合総連合(ITUC)は、世界貿易機関(WTO)の5月の理事会に向け、中国の「中核的労働基準」の順守問題で報告書を...

志村建世のブログ
雇用の安定と企業の利益 at 2010/03/21(日) 16:58:58
 今朝のNHK「日曜討論」の主役は、厚生労働大臣の長妻昭だった。その他のゲストはワタミ会長の渡邉美樹氏、連合副事務局長、早大大学院教授の3名のみで、少人数のため落ち着いた討論を聞くことができた。テーマは「雇用、年金、子ども手当」だが、冒頭に出てきた...

志村建世のブログ
湯浅誠に見る官民オセロゲーム at 2010/03/07(日) 13:34:18
 大津留公彦さんのブログを通して、湯浅誠氏の「内閣府参与辞職にともなう経緯説明と意見表明」を読みました。それによると、内閣府参与というのはアドバイザーの立場であり...

志村建世のブログ
湯浅誠・政府の中か外か at 2010/03/01(月) 15:14:07
 昨夜放送のNHKスペシャル「湯浅誠100日間の闘い」を見て、政治を改革することの難しさを考えました。湯浅誠は「反貧困」の著者で、一昨年末の「元祖・派遣村」の村長を務めた人ですが...

志村建世のブログ
ニコニコ生放送「ベーシックインカム」を見る at 2010/02/22(月) 11:43:52
 21日、日曜日早朝の「朝までニコニコ生激論『ベーシック・インカム(キリッ』」をタイムシフト録画で見ました。司会・進行は東浩紀(批評家・東工大教授)で、出演は 堀江貴文(ライブドア元社長) 雨宮処凛(作家・反貧困ネットワーク副代表) 白田秀彰(法学者) 城繁...

志村建世のブログ
公設派遣村で何があったのか at 2010/01/12(火) 15:29:46
 昨年は日比谷公園に設けられた「年越し派遣村」が現代の貧窮を可視化して見せて、一躍世間の注目を集めた。政権交代後の今年は、これが行政の仕事となって各地に公設の越年救済施設が用意された。昨年の派遣村で活動した人たちも、今年の活動に参加して活躍したよう...

志村建世のブログ
生活保護よりも仕事が欲しい at 2010/01/05(火) 23:00:03
 石川啄木の歌に こころよく我にはたらく仕事あれ それをし遂げて死なむと思う というのがある。今年の「公営派遣村」で「生活保護が欲しいんじゃない、働ける仕事が欲しい」と住人が言っているとの記事を読んで、この歌を思い出した。  景気が悪いから求人が少...

志村建世のブログ
35歳を助けたい at 2009/05/07(木) 13:46:13
 昨夜のNHKスペシャルは「35歳を救え」がテーマでした。この世代は、今後20年にわたって働きつづけ、社会経済を支えるとともに、家庭・家族を形成して人口の再生産をする人たちです。この人たちが希望をもって能力を充分に発揮できるかどうかで、日本の国全体の未...

志村建世のブログ
四月でもメーデー at 2009/04/29(水) 21:40:38
 連合のメーデーが5月1日でなくなったのは、2001年からだった。連休の真ん中になるので、組合員や家族が参加しにくいというのが理由だった。「振り替えメーデー」は、それ以来4月29日になっている。今年で日本でのメーデーは80回目になった。私は1970年以降、40回...

高橋さんの写真館
村八分、ってな話。 at 2009/01/15(木) 00:17:19
村八分・・・なんともまあ、いやな響きではありますが、この「八分」とは数量なんですが、何に対する「八分」なんでしょうかねぇ。これはちゃんとした意味があります。村の十の交際のうち八は援助・見舞いはしないっていうんですがね。では十の交際とは?1.冠(成人式)...

志村建世のブログ
理想の労働力とは at 2009/01/06(火) 15:42:16
これは以前から考えていたことですが、昨今の社会情勢や、最近の村野瀬玲奈さんのブログなどを見て、「今どき経営者」にとっての「理想的な労働者」とはどんなものなのか、少し皮肉っぽく、誇張して書いてみたくなりました。  派遣労働者というのは、本当に使いやす...

志村建世のブログ
派遣切りは国策の犠牲者 at 2008/12/26(金) 18:15:10
年内最後の金曜日です。NPO法人「もやい」も、年内の事務は最終日ということで、私はサポーターとしての登録だけを済ませてきました。スタッフは、各地で行われる野宿者の越年・越冬対策に参加するようです。  派遣切りはなぜ起こったのか。労働者派遣法の制定は...

志村建世のブログ
社会の最善化を目的とした資本主義へ at 2008/12/18(木) 12:00:52
昨夜読み終わったムハマド・ユヌスの「貧困のない世界を創る」について紹介文の1回目を書いた最後に、天啓のように「社会の最善化を目的とした資本主義」というキーワードが浮かんできました。著書の副題は「ソーシャル・ビジネスと新しい資本主義」であり、それは「...

志村建世のブログ
企業の社会的責任とは at 2008/12/14(日) 15:17:10
派遣切りなどの問題で、企業の社会的責任を問う論調が増えてきました。私も企業経営者の一員ですから、私なりに、企業には3つの目的があると考えています。  第1の目的は、社会に必要とされる、物またはサービスを提供することです。  第2の目的は、上記の事業...

志村建世のブログ
「ロスジェネ」創刊号を読む at 2008/08/23(土) 11:57:59
超左翼マガジンと自称する「ロスジェネ」の創刊号(6月発行・かもがわ出版)を、やや遅れて読んでみました。150頁足らずのA5判雑誌なので、軽く読めるだろうと思ってとりかかったら、意外にゴツイ内容で、昨日はついにブログに書けませんでした。  巻頭の「ロスジェネ...

志村建世のブログ
「若者はなぜ3年で辞めるのか?」を読む at 2008/04/29(火) 14:29:52
「若者はなぜ3年で辞めるのか?年功序列が奪う日本の未来」(城繁幸・光文社新書)を読みました。日本の社会が依然として40歳から上の価値観で動いており、それが30代以下を犠牲にすることで成り立っている現状を、鋭く指摘しています。現代日本の閉塞状況を、かなり...

志村建世のブログ
ワーキングプアは自己責任か at 2008/03/20(木) 16:20:24
「ワーキング・プアは自己責任か」(門倉貴史・大和書房)を読みました。小飼弾氏のブログ書評を読んで買ってみたのですが、大半の部分は新しい知見が得られたというよりも、すでによく知られていることの整理と確認のように感じられました。「……自己責任か」の問いの...

志村建世のブログ
国際女性デーと右翼 at 2008/03/08(土) 23:48:20
連合と連合東京共催の「3.8国際女性デー中央集会」へ行ってきました。例年この日には集会があって、その起源については私のブログでも記事にしています。今年は起源となった事件から150...

志村建世のブログ
労働組合と政治スト at 2007/10/13(土) 13:33:13
今の政治が「一揆が起きてもおかしくない状況」だと思っている人は少なくないと思いますが、戦後の日本で、労働組合がストライキで政治を変えようとしたことは、何度かありました。  最初は昭和22年の2・1ゼネストです。共産党が主導する産別会議が中心となり、官公...

志村建世のブログ
カネボウ労働組合のこと at 2007/08/28(火) 16:46:10
カネボウは今年の春に化粧品部門を譲渡して、花王と統合した花王・カネボウ化粧品とし、それ以外の事業はクラシエとなりました。カネボウの前身は、東京墨田区の鐘ヶ淵で明治20年(1887)に創業した鐘淵紡績です。昭和10年代には、売上高日本一の大企業でした。戦後に...

なんで屋-驀進劇-
「晴耕雨読」の市場論に学ぶ at 2007/08/03(金) 22:44:19
8/11(土)大阪なんでや劇場 81 時間:21:10~24:15 参加料:1000円(学生500円)テーマ:ブログ「晴耕雨読」の市場論に学ぶ    ブログ「晴耕雨読」参考投稿⇒ 2007/6/18「連邦準備銀行と日銀の違い:ドル紙幣は貨幣ではなく「利子がつかない小額の国債」」他が扱われるので..

志村建世のブログ
福祉対策の公共事業を at 2007/07/20(金) 12:03:34
青少年福祉センターの長谷場夏雄氏の「語録」収録の4回目が、昨日ありました。この人の実践を踏まえた言葉には、いつ聞いても、人の心を揺さぶる迫力かあります。しかも悲壮感ではなく、明るく前向きに、豪快な笑いを交えて語るところが魅力です。しかし語られる内容...

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
早期優遇人生退職金制度 at 2007/06/14(木) 18:34:15
一身上の都合で人生を退職させていただきたく存じます。つきましては国民年金ならびに厚生年金の早期優遇年金一括払い制度を利用させていただきたくお願い申し上げます。社会保険庁殿

志村建世のブログ
私の「新・資本論」(6) at 2007/05/15(火) 13:12:15
世界の貧困は「臨床経済学」を適正に運用すれば解消できる。たとえ2025年まででは無理であっても、今後50年の間には充分に可能でしょう。現在の世界人口のほぼ6分の1に当る10億人が貧困から解放されれば、世界は今よりもずっと安全になる筈です。  貧困が解消し人...

志村建世のブログ
私の「新・資本論」(5) at 2007/05/14(月) 14:54:51
資本を人類共同の利益のために制御することを考えた先駆的な人が、アメリカのノーベル賞経済学者のジェームズ・トービンです。トービンは、すべての通貨取引に低率の取引高税を導入することにより、投機的な取引を抑制するとともに、税収を公共の福祉目的に使用すると...

志村建世のブログ
私の「新・資本論」(4) at 2007/05/11(金) 14:58:20
資本の価値が社会システムの成立を前提としている以上、資本は自らの存在を可能にしてくれる社会システムの維持について責任を負う義務がある。「資本は人類の共同財産」とする思想は、そのように言い換えることもできます。  ジェフリー・サックスの「貧困の終焉」...

志村建世のブログ
私の「新・資本論」(3) at 2007/05/09(水) 12:02:32
現代の世界で、貨幣・資本とは、いったい何でしょうか。歴史的には、貨幣は貴金属でした。持ち運びに便利で価値が安定していることから金(きん)が最適で、ですから今も金(かね)が貨幣の代名詞になっています。しかし今のマネーは、とっくに金との交換性から離脱し...

志村建世のブログ
私の「新・資本論」(2) at 2007/05/08(火) 18:03:29
人間の働きを貨幣で評価するとき、一定の最低基準というものは必要です。一日の中で働ける時間には限度があり、それは睡眠や疲労回復、人間らしい生活に必要な自由時間などとのバランスから、ほぼ8時間とされています。その8時間で、少なくとも1人の人間が1日に必...

志村建世のブログ
私の「新・資本論」(1) at 2007/05/07(月) 17:33:35
「オレの財布は国に預けてある」という感覚は、国という共同体に対する信頼があってはじめて持てる感覚です。それは共同体を小さくすれば、より明瞭になります。子供が働かないからといって、子供に一人前の飯を食う資格がないと思う親はいません。父親の稼ぎは家族み...

志村建世のブログ
長谷場夏雄氏と青少年福祉センター at 2007/05/04(金) 11:30:48
杉浦ひとみさんのブログ記事がきっかけになって、42年ぶりに長谷場夏雄さんと再会できました。長谷場さんが統括寮長をつとめる自立援助ホームの女子寮へ、この火曜日にお訪ねしてきました。私が昭和40年に制作した「成人の日特集・今こそ未来を」(4月24日の「おじい...

このページについて | FAQ | お問い合わせ
dedicated to MEMORIZE

Powered By FC2
レンタルランキング・ユーザーランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。